溝の口 一人焼肉。 『焼肉ライク溝の口店』が東急溝の口改札前に12月13日オープン!

溝の口で昼から飲みたい!昼飲みするならこの店5選

溝の口 一人焼肉

毎日、デカ盛り、大盛り、おかわり自由、食べ放題のお店を探しています。 後回しにすると、どんどん魅力がなくなっていきます。 では、 動画でお届けしています。 チャンネル登録お願いします。 ランチタイムなら、ほとんどの 焼肉屋が 値段が安くて、 1人でも入りやすいです。 しかし、 ランチタイムを終えると、 値段が高くなり、 1人で入りにくくなります。 そんな時は、 一人焼肉専門店が オススメです。 一人焼肉専門店で最も有名なのが、「 焼肉ライク」です。 1人焼肉に 革命を起こしました。 1人で 焼肉を気軽に味わえるように、様々な工夫が凝らしてあります。 国内1号店の 新橋店をはじめ、 新宿西口店、 渋谷宇田川町店、 横浜鶴屋町店、 松戸南花島店、 五反田西口店、 秋葉原電気街店、 上野店、 赤坂見附店、 海老名さがみ野店、 池袋東口店、 天満橋店、 町田北口店、 立川通り店、 溝の口店、 神保町店、 船橋ららぽーと前店、 神戸三宮店、 熊本下通り店など 店舗がどんどん増えています。 海外(台北店、インドネシア店)にも出店しています。 メニューや 店舗情報など より詳しい情報は、から確認お願いします。 話題性抜群のお店であるため、以前に 全メニューを調査してまとめています。 よかったら、ご覧ください。 <> 今回は、 神保町店の ランチタイムを調査しに向かいました。 調査結果を報告します。 神保町駅から徒歩2分、「 焼肉ライク 神保町店」に到着です。 オープン初日である2020年3月16日(月)の16時30分頃に来店です。 営業時間は、11時から23時までです。 広告 メニューです。 500円台から用意されています。 ランチタイム(11時から17時まで)は、 ご飯おかわり自由です。 期間限定です。 17時を少しでも過ぎたら、追加のおかわりは 有料になります。 一人一台の 無煙ロースターで楽しめます。 入店します。 店内は、 カウンター席のみです。 店員さんに案内され、 席に着きます。 メニューは、 タッチパネルで注文します。 171• 126• 146• 183• 248• 858• 380• 412• 465• 268• 256• 1,184• 143• 1,791• 281• 465• 57 アーカイブ• 108•

次の

一人焼肉!「焼肉ライク 神保町店」で匠カルビ&ハラミセットメニュー!進撃のグルメ(デカ盛り・メガ盛り・特盛・大盛りetc)世界一のデカ盛り・大盛りグルメサイトを目指しています!!!

溝の口 一人焼肉

こちらもぜひ読んで頂きたいのですが、まずはから「焼肉ライク」の想いを引用させて頂きます。 欲しかった、 1人で行ける焼肉屋 ぱっと焼肉を食べたい時に、1人で行きにくいのが焼肉屋。 だからつくりました、1人1台ロースター。 自分のペースで、自分の好きな焼き加減で。 無煙ロースターなので臭いや煙の気になるサラリーマンや女性の方にも安心です。 そう、「焼肉ライク」は1人で行ける焼肉屋。 その 極めて合理的ながらお一人様にとって快適なシステムは、一度経験されると最初は驚かれると思います。 どんどんを出店を加速している焼肉ライクですが、新店舗ができるとたいていバラカルビ定食などが税込550円で食べれる超絶にお得な記念価格を実施します。 自分も首都圏の行けそうな場所で開店した場合は必ず行くことにしました。 第一弾は2019年10月15日にオープンした目黒東口店。 「匠カルビ&ハラミセット100g」という比較的肉が高級なメニューをこれまた550円で頂きました。 大満足。 そして、今回は2019年12月13日にオープンした溝の口店のレポートです。 目黒店も町田店も駅からのすぐに好立地でしたが、溝の口店は東急田園都市線の改札すぐというこれ以上ない好立地にありました。 2019年12月13日オープン「焼肉ライク」溝の口店のオープン記念価格 によるとオープン記念価格は以下の通りです。 これは町田北口店でもやっていました。 この日に行くか迷いましたが、この超絶にお得な値段では何時間待ちか分かりません。 行って売り切れだったら元も子もない。 ということで、これは諦め、冷静に12月14日 土 ~12月16日 月 の期間限定限定セットを狙うことにしました。 目黒ではバラ・カルビセット200g、町田北口店では匠カルビ&ハラミセット100g、なので今度は順番的に牛すき焼肉セット150gを食べるつもりで、14日の土曜日現地に向かいました。 「焼肉ライク」溝の口店の外観と行列の様子 「焼肉ライク」溝の口店はすぐに見つかりました。 田園都市線溝の口駅の改札をでてすぐのところにあったからです。 どうやらetomo エトモ という東急系の商業施設の一角のようです。 13:05でこの行列。 すぐに係の人から「1時間待ちですがよろしいでしょうか?」と声がかかります。 これに限らず目黒や町田よりもオペレーションがきちっとしていて店内も含め大変スムーズ対応でした。 実際は回転がよく、40分ちょっと待って入店することができました。 花束はなんと焼肉ライクの社長から来ています。 FC加盟店など何か本体と経営が違うのでしょうか? 目黒店には浦和レッズの槙野選手、町田北口店にはアンジャッシュの渡部建さんから花束が届いていましたが、溝の口店には芸能人らしき方からの花束はありませんでした。 店内は思ったほど広くありません。 ネットで調べると13席 右隣の店はイタリアンで大きなピザ窯が見えました。 近いうちに開店するみたいです。 店内のディスプレイには「一人一台!自分だけの無煙ロースター」「自分のペースで!好みの焼き加減で!」「提供3分 ひとり焼肉」などの文字が踊ります。 記念価格でなくともバラカルビセット100gは530円! 税別。 やはりこれは良いなぁ。 さて、13:48ころ、43分ほど待って店内へ案内されました。 「焼肉ライク」溝の口店の店内の様子 安いといえ、当然のようにシンプルながらおしゃれなデザイン。 席の横にはカゴもありました。 ただかばんを入れると上着が入るか心配でしたが、かばんの上にのせてなんとかしました。 そして6種類のたれ。 淡麗あっさり生醤油だれ・濃厚コク生醤油だれ・ブレンド焦がし味噌だれ・レモン汁・旨辛コチュジャン・にんにくおろし。 すっかりおなじみになりました。 手元の引き出しにはお箸、おしぼり、爪楊枝が入っています。 全店舗同じですが、この引き出しは改めて良いアイデアと思います。 注文はディスプレイから。 予定通り牛すき焼肉にしようかと思ったのですが、待っている間にかなり空腹になったので予定を変更してバラカルビセットにしました。 これが1番お得ですしね。 また、ご飯は大盛にしました。 お盆が置かれるスペースにはメニューがあります。 これは初めて見ました。 火を入れます。 3分で提供される焼肉ライクですが、今回は1分!でバラカルビセット200gが到着しました。 「焼肉ライク」溝の口 店で頂いたバラカルビセット200g やはり200gは迫力があります。 大きいと見栄えも良いですね。 なお、この無煙ロースターですが、火力はすぐにMAXになります。 このままだとすぐに焦げるので手元で調整して半分くらいの火力でで十分かなと思います。 しかし空腹で箸が進むとはいえ、200gは結構ボリュームがあります。 これにご飯大盛はそこそこ大食いの方でも満足できる量ではないでしょうか? 肉は柔らかくジューシーで美味しい。 少し飽きてきたらレモンやにんにくなどを加えて味変できるのが素晴らしい。 さて食事が終わり、引き出しを開けてお手拭きで口をふきと爪楊枝で歯を少し掃除します。 なんでも1人でできるのは楽で良いですね。 お会計は税込550円。 現金のみですが、文句はありません。 それにしても溝の口店は13席と狭いこともあるかもしれませんが、スタッフの対応が良く、開店2日目とは思えないような手際の良さでした。

次の

焼肉ライク 溝の口店

溝の口 一人焼肉

こちらもぜひ読んで頂きたいのですが、まずはから「焼肉ライク」の想いを引用させて頂きます。 欲しかった、 1人で行ける焼肉屋 ぱっと焼肉を食べたい時に、1人で行きにくいのが焼肉屋。 だからつくりました、1人1台ロースター。 自分のペースで、自分の好きな焼き加減で。 無煙ロースターなので臭いや煙の気になるサラリーマンや女性の方にも安心です。 そう、「焼肉ライク」は1人で行ける焼肉屋。 その 極めて合理的ながらお一人様にとって快適なシステムは、一度経験されると最初は驚かれると思います。 どんどんを出店を加速している焼肉ライクですが、新店舗ができるとたいていバラカルビ定食などが税込550円で食べれる超絶にお得な記念価格を実施します。 自分も首都圏の行けそうな場所で開店した場合は必ず行くことにしました。 第一弾は2019年10月15日にオープンした目黒東口店。 「匠カルビ&ハラミセット100g」という比較的肉が高級なメニューをこれまた550円で頂きました。 大満足。 そして、今回は2019年12月13日にオープンした溝の口店のレポートです。 目黒店も町田店も駅からのすぐに好立地でしたが、溝の口店は東急田園都市線の改札すぐというこれ以上ない好立地にありました。 2019年12月13日オープン「焼肉ライク」溝の口店のオープン記念価格 によるとオープン記念価格は以下の通りです。 これは町田北口店でもやっていました。 この日に行くか迷いましたが、この超絶にお得な値段では何時間待ちか分かりません。 行って売り切れだったら元も子もない。 ということで、これは諦め、冷静に12月14日 土 ~12月16日 月 の期間限定限定セットを狙うことにしました。 目黒ではバラ・カルビセット200g、町田北口店では匠カルビ&ハラミセット100g、なので今度は順番的に牛すき焼肉セット150gを食べるつもりで、14日の土曜日現地に向かいました。 「焼肉ライク」溝の口店の外観と行列の様子 「焼肉ライク」溝の口店はすぐに見つかりました。 田園都市線溝の口駅の改札をでてすぐのところにあったからです。 どうやらetomo エトモ という東急系の商業施設の一角のようです。 13:05でこの行列。 すぐに係の人から「1時間待ちですがよろしいでしょうか?」と声がかかります。 これに限らず目黒や町田よりもオペレーションがきちっとしていて店内も含め大変スムーズ対応でした。 実際は回転がよく、40分ちょっと待って入店することができました。 花束はなんと焼肉ライクの社長から来ています。 FC加盟店など何か本体と経営が違うのでしょうか? 目黒店には浦和レッズの槙野選手、町田北口店にはアンジャッシュの渡部建さんから花束が届いていましたが、溝の口店には芸能人らしき方からの花束はありませんでした。 店内は思ったほど広くありません。 ネットで調べると13席 右隣の店はイタリアンで大きなピザ窯が見えました。 近いうちに開店するみたいです。 店内のディスプレイには「一人一台!自分だけの無煙ロースター」「自分のペースで!好みの焼き加減で!」「提供3分 ひとり焼肉」などの文字が踊ります。 記念価格でなくともバラカルビセット100gは530円! 税別。 やはりこれは良いなぁ。 さて、13:48ころ、43分ほど待って店内へ案内されました。 「焼肉ライク」溝の口店の店内の様子 安いといえ、当然のようにシンプルながらおしゃれなデザイン。 席の横にはカゴもありました。 ただかばんを入れると上着が入るか心配でしたが、かばんの上にのせてなんとかしました。 そして6種類のたれ。 淡麗あっさり生醤油だれ・濃厚コク生醤油だれ・ブレンド焦がし味噌だれ・レモン汁・旨辛コチュジャン・にんにくおろし。 すっかりおなじみになりました。 手元の引き出しにはお箸、おしぼり、爪楊枝が入っています。 全店舗同じですが、この引き出しは改めて良いアイデアと思います。 注文はディスプレイから。 予定通り牛すき焼肉にしようかと思ったのですが、待っている間にかなり空腹になったので予定を変更してバラカルビセットにしました。 これが1番お得ですしね。 また、ご飯は大盛にしました。 お盆が置かれるスペースにはメニューがあります。 これは初めて見ました。 火を入れます。 3分で提供される焼肉ライクですが、今回は1分!でバラカルビセット200gが到着しました。 「焼肉ライク」溝の口 店で頂いたバラカルビセット200g やはり200gは迫力があります。 大きいと見栄えも良いですね。 なお、この無煙ロースターですが、火力はすぐにMAXになります。 このままだとすぐに焦げるので手元で調整して半分くらいの火力でで十分かなと思います。 しかし空腹で箸が進むとはいえ、200gは結構ボリュームがあります。 これにご飯大盛はそこそこ大食いの方でも満足できる量ではないでしょうか? 肉は柔らかくジューシーで美味しい。 少し飽きてきたらレモンやにんにくなどを加えて味変できるのが素晴らしい。 さて食事が終わり、引き出しを開けてお手拭きで口をふきと爪楊枝で歯を少し掃除します。 なんでも1人でできるのは楽で良いですね。 お会計は税込550円。 現金のみですが、文句はありません。 それにしても溝の口店は13席と狭いこともあるかもしれませんが、スタッフの対応が良く、開店2日目とは思えないような手際の良さでした。

次の