黒子 の バスケ 強 さ ランキング。 黒子のバスケの劇場版見てきたから、強さランキング作った!! : ジャンプ速報

黒子のバスケ、キャラの最強は誰だと思いますか?

黒子 の バスケ 強 さ ランキング

私たちが住む日本には、人に教えたくなるような素晴らしいバスケの漫画が多くあります。 連載当時のルールと現在では違いはあれど、そのストーリーや展開は今も胸が熱くなるような名作ばかりです。 そこで今回は、「超有名なバスケット漫画」や、「隠れた名作」をご紹介します。 漫画から学べることは本当に多くあります。 練習メニューや大会の雰囲気、バスケットに取り組む姿勢など。 大人が読むのもいいですが、子供がよりバスケットを好きになるために漫画をプレゼントするのもオススメです! 是非ご紹介するバスケット漫画を手にとってみてください。 あなたのバスケットの考え方が一段と深まることは間違いありません! とても一言では語ることの出来ない、名作中の名作である「SLAM DUNK」。 真っ赤なリーゼントヘアーが目を引く主人公、桜木花道がバスケに出会い、不良の道から徐々にバスケにのめりこんでいく様子を描いた作品です。 連載当初はギャグ漫画路線でしたが、連載を重ねるにつれ王道のバスケ漫画へと発展していきました。 「安西先生…バスケが…したいです。 」や、「リバウンドを制する者はゲームを制す!」など、名言を挙げればキリがありません。 作者である井上雄彦氏の画力も伴い、全31巻とは感じさせない、濃い内容となっています。 もしもこの作品を読んだことがない人がいたら、それは人生を損していると言わざるを得ないでしょう。 2位 あひるの空 51巻 日向武史 「あひるの空」も名作バスケ漫画として挙げられる作品のひとつです。 華奢な主人公、車谷空が入学した九頭竜高校、通称クズ高では、バスケ部がほとんど機能していなく、ヤンキーの溜まり場と化していました。 そのヤンキーたちを説得し、どうにかバスケ部を始動させ、様々な困難を乗り越えて這い上がっていく、泥臭い作品となっています。 「あひるの空」の一番の特徴は、少年漫画でありながら必ずしも勝利し続けることがないストーリーです。 メンバーのいじめや、両親の問題など、バスケ以外のストーリーが複雑に絡み合い、重厚なストーリーを展開しています。 まだ連載途中の作品ですので、ぜひ1巻から読み進めてみてはいかがでしょうか。 3位 DEAR BOYS 全23巻 八神ひろき 「黒子のバスケ」もバスケ漫画を語る上で外せない作品です。 バスケ部で偶然奇跡のような才能を持った5人の選手「キセキの世代」が集まった帝光中学校は、中学で全国大会3連覇を成し遂げました。 その「キセキの世代」が認める「幻のシックスマン」が本作の主人公、黒子テツヤです。 黒子は高い運動能力は持っていませんが、「影が薄く存在感がない」という特徴を持っています。 所属する誠凛高校は、部員全員が1年生でありながら、前年にインターハイ都予選の決勝リーグに出場する将来有望なバスケ部です。 そこに黒子と、アメリカ帰りの火神大我が入部し、全国制覇を目指していくストーリーです。 「なりたいじゃねーよ。 なるぞ!」や、「一人で勝っても意味なんかないだろ」など、熱いシーンが多い作品となっています。 主人公である元短距離走の選手で、現在は車椅子バスケの選手である戸川清春、高校を中退し自分の生きる道を模索中の野宮朋美、野宮と同じ高校のバスケ部のエースで、その後車椅子バスケに出会うことになる高橋久信を中心に物語が描かれていきます。 様々な人間の葛藤や現実を描き、ただのバスケ漫画ではなく、自分の人生についても考えさせられる作品です。 「今いる場所がつまんねえ職場だろうと、俺の道であることに変わりはねえ。 俺のゴールにどうやって繋がるかは知らねえが、いつか繋がることだけは確かだ。 」や、「命が短いなら濃さで勝負!」など、本当に心に響くような名言が多く残されています。 最近になって連載再開された作品ですので、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。 9位 BUZZER BEATER 全4巻 井上雄彦 ランキング 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 商品名 画像 作者 井上雄彦 日向武史 八神ひろき 藤巻忠俊 浅田弘幸 藤井五成 西山優里子 井上雄彦 井上雄彦 波切敦 まとめ:バスケット漫画おすすめ人気ランキングベスト10 2019年最新版のおすすめバスケット漫画を幅広いジャンルでご紹介しました! 漫画(コミック)というだけで面白いのは当然ですが、読んで学べるということもメリットがあります。 一言でバスケット漫画と言っても、高校を舞台にした王道のものから、ストリートバスケや車椅子バスケと多種多様です。 ストーリーからも学べることがありますし、練習の基準値や考え方など。 本当に学べることが多いです。 大人の方にも当然オススメですが、子供にもっとバスケットに興味を持ってもらうためにプレゼントするのもいいと思います! ご紹介した10個の漫画を、まだ読んだことがない場合は、是非一度手にとってみてくださいね。 中川 直之 NAKAGAWA NAOYUKI こんにちは。 考えるバスケットの会【会長】中川直之です。 また、これまで10万人のバスケ人生を変えた世界基準のノウハウを7つのテーマに分けて公開した書籍「」の著者でもあります。 このほかにもプロアスリートメンタルコーチとしても活動しており、Bリーグ、実業団選手などのメンタルサポートをしてたりもします。 NBA選手のスキルなど試合で使えるドリブルテクニックを徹底解説しています。

次の

黒子のバスケはどうして売り上げほど世間で評価されてないんや

黒子 の バスケ 強 さ ランキング

ポジションは関係なく、個人的な意見で答えさせていただきます SS:ゴールド S:シルバー、赤司、黄瀬 AAA:紫原 AA:火神、青峰 A:緑間、ジャバウォック他の三人 B:灰崎、実渕、葉山、根武谷、木吉 C:氷室、笠松、高尾、花宮、今吉、日向、伊月、岡村、宮地 D:桜井、早川、若松、大坪、中村、虹村、福井、劉、小金井、水戸部、木村、瀬戸 E:その他 結構甘めに考えました キセキ贔屓 黄瀬をAAAにすべきかSにすべきか悩みましたが、才能を考えればSなのでは?と思いSにしました。 黄瀬贔屓 AAAとAAの三人の差はあまりないはずです……すみません。 木吉は怪我をしてなければ、虹村は……まぁ、大目に見てください ゴールドは明らかに赤司より強いです。 融合した赤司よりもゴールドの方が上です。 この試合は本来なら「100回戦っても99回は負ける」ような試合です。 今回の試合は「奇跡的な1回きりの勝利(まぐれ)が起きただけ」のことです。 そもそも「ゴールド&シルバーは、キセキの世代と同等かそれ以上」と最初から明言されています。 しかも練習など一切しないにもかかわらず、です。 ストーリーを読んでいれば分かると思いますが、ジャバは前半はまったく本気を出してないです。 彼等が本気を出してきたのは終盤のみ。 そして結果は「1点差(辛勝)」。 最初から最後までもし本気でやられていたら前半で圧倒的大差をつけられて惨敗ですよキセキは。 なので「強い順」に並べること自体が無意味です。 そももそもレベルが違うんですから。 それでもどうしても順位をつけるというのなら SSS:ゴールド SS:シルバー S:なし AAA:なし AA:なし A:赤司 (以下省略) って感じですね。

次の

黒子のバスケで無冠の五将と虹村先輩は同じ学年ですがどちらが上な...

黒子 の バスケ 強 さ ランキング

中学時代、10年に1人のバスケットボールの才能を持つと呼ばれる選手が5人いました。 彼らは「キセキの世代」と呼ばれており、高校生になると5人は別々の高校に入学して全員が敵同士となります。 そんな天才たちに挑むのが「火神大我」と「黒子テツヤ」。 「火神大我」は恵まれた体格と実力を持っており、アメリカで生活していた為「キセキの世代」には含まれていませんが同等かそれ以上の実力を秘めるエース。 そしてもう一人の黒子テツヤは中学時代「キセキの世代」と共に戦い「幻の6人目」と噂されたパス回しに特化した選手です。 この2人を中心に躍進を続ける誠凛高校が、「キセキの世代」と対決していく物語になっています。 イケメンスポーツアニメ【黒子のバスケ】が人気の秘密 「青峰大輝(あおみねだいき)」は、トリッキーな動きと天才的な才能で、「キセキの世代」の中でもエースとして活躍していたキャラクターです。 有り得ない体勢からのシュートや野性的で超攻撃的なスタイルが特徴です。 典型的なオレ様タイプで、相手が先輩だろうと全く言う事をききません。 元々はバスケが大好きな少年だったのですが、中学時代、対戦チームに張り合う相手が存在セず、本気を出せずにバスケを楽しむ事が出来なくなっていきました。 青峰大輝(あおみねだいき)が人気の理由 見た目やトリッキーなプレースタイル、オレ様系が好きな方にはたまらないキャラですが、人気の秘密はキャラにピッタリの声です。 声優は「諏訪部順一」さんが演じており、見た目や動き以上に声の魅力が凄いキャラクターでもあります。 青峰大輝(あおみねだいき)の名言• 「オレに勝てるのはオレだけだ」• 張り合える相手がいなかった頃の口癖 【黒子のバスケ】赤司征十郎(あかしせいじゅうろう)のキャラクター紹介 「赤司征十郎(あかしせいじゅうろう)」は、「キセキの世代」の中でも主将を務めるほどの貫禄の持ち主。 「青峰」がオレ様キャラで周りを従わせるタイプなら、「赤司」は天帝のような貫禄で周りが自然に従ってくるタイプです。 「赤司」の中には、勝利に徹する非情な性格と、仲間の力を最大限に引き出す温厚な性格、2つの人格があります。 赤司征十郎(あかしせいじゅうろう)が人気の理由 2つの人格を持つ「赤司」ですが、人気なのは意外にも非情な性格の「赤司」。 自分の言う事は絶対であり、試合中において、前に立ちはばかる事もゆるしません。 アニメの中では、中学時代のマネージャーが「赤司様」と呼んでいるのですが、赤司ファンも同じように「赤司様」と呼び、アニメの中だけでなく現実でも「赤司」の天帝的なキャラクターは大人気です。 赤司征十郎(あかしせいじゅうろう)の名言• 「勝つのは俺だ。 洛山を討つなど100年早い!」• 試合で火神を圧倒してシュートを決めるシーン 「黄瀬涼太(きせりょうた)」は、「キセキの世代」の中で一番最後に加入した天才。 バスケ歴はたったの2年ながら、驚くべき成長速度とそのセンスで「キセキの世代」と呼ばれるまで上り詰めました。 モデルとしても活躍し、チャラいキャラクターからか、いじられキャラとして扱われる事の多い黄瀬です。 しかし今後の伸びしろとセンスから完全に才能を開花させれば、「キセキの世代」でも最強かもしれないと言われています。 黄瀬涼太(きせりょうた)が人気の理由 黄瀬の特技は「模倣」であり、「キセキの世代」全員の技を模倣する「完全無欠の模倣」も習得します。 ところが、その運動量に体がついて行かず、怪我に悩まされる黄瀬。 実力はあるものの、結果がなかなか出ない姿を見ていると、応援したくなるキャラクターになっています。 女性ファンの多い黒子のバスケですから、その優しくて甘いマスクも人気の秘密なのは言うまでもありません。 黄瀬涼太(きせりょうた)の名言• 「女だの肩書だの、欲しけりゃくれてやるよ。 いくらでも」• 完全無欠の模倣を初めて使うシーン.

次の