いいから気持ちよくするから。 罪悪感や優柔不断から卒業! 気持ちのいい「モノの捨て方」3つのコツ|ウーマンエキサイト

初体験が痛いのは当たり前⁉エッチを「気持ちいい」と感じるまでの3ステップ

いいから気持ちよくするから

1:お尻エッチしたことある? お尻エッチってしたことはありますか? 筆者の友人30人に話を聞いてみると、「ない」という人がほとんど。 そんな中でひとりだけ「ある」と答えた人がいました。 それほど、お尻エッチというのは珍しいプレイのようです。 しかし、その存在は知っていたようで、興味はあるのではないかと予想できます。 そこで、みなさんの好奇心を満たすためにお尻エッチ体験談を集めに居酒屋をまわってきました。 2:お尻エッチの体験談5つ それでは早速お尻エッチ体験談をご紹介しましょう。 居酒屋で知り合った男女にお話を聞いてきました。 でも実際はかなり難しいですよ。 慣れない人は手を出すべきものではないと思いました。 まず、腸内をきれいにしておかないと大変なことになりますから」(Eさん・28歳男性) これ以上のコメントを載せることは憚られたため、ここまでとしておきます。 もし試す場合は、しっかりと衛生面の管理をしておきましょう。 (2)気持ちよくはない 「あんまり気持ちよくなかったですね。 たぶん、慣れが必要なんだと思いますし、気持ちよくなるには、その道のプロみたいな人とエッチをして、慣らしていかないとダメなんだと思います」(Nさん。 32歳女性) 本来のお尻の使用目的とは違う方法で使用しているため、気持ち良さを感じるのは難しいようです。 無理をすればお尻が傷ついてしまうという危険性も。 (3)器具を使用 「エネマグラって知ってる? お尻に入れる道具で、前立腺をマッサージする目的で作られた器具なんだけど、それで前立腺を刺激するとドライオーガズムっていって、すっごい快感を体験することができるのよ。 男はやみつきになっちゃうから、使わないほうがいいかも?」(Tさん・27歳LGBT) 道具を使うことでお尻エッチを楽しんでいるという人もいました。 しかし、初心者が安易に試すのは難しい印象があります。 (4)妊娠のリスクがない 「お尻のエッチは、妊娠のリスクがないのがいいですね」(Eさん・26歳男性) 確かに避妊をしなくても妊娠のリスクはありません。 しかし、衛生面を考えるならしっかりとコンドームを着用してすることをおすすめします。 (5)慣れてくると… 「彼からの提案で体験したことがあります。 最初は痛かったんですけど、2~3回目くらいから慣れてきましたね。 子宮に振動が届くようにしてやるとヤバいですね。 ちょっと意識が飛びそうなくらい気持ち良かったです」(Hさん・33歳女性) 慣れてくると気持ちよくなってくるようです。 しかし、あまり激しくするのは気をつけたほうがいいかもしれません。 お尻の穴や腸に負担がかかってしまいます。 3:お尻エッチを気持ちよくするコツ5つ 今度はお尻エッチを気持ちよくするコツをご紹介します。 『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者である、恋愛コラムニストの箱崎キョウコさんにお話を伺いました。 (1)しっかりと衛生面の管理 箱崎:衛生面の管理はしっかりとしておきましょう。 特に寝室でする場合は危険。 ベッドなどに、排泄物が付着してしまうこともあります。 なので、初めての場合は特に、汚れてもいい場所ということで、お風呂場がおすすめです。 (2)まずは指から 箱崎:最初から男性器を挿入するようなことはしてはいけません。 ローションをしっかりと馴染ませて、最初は小指、人差し指と、徐々にお尻に入れるものを大きくしていくようにしましょう。 いきなり大きなものを挿入しようとすると、お尻の穴が裂けてしまったり、強い痛みがともなう場合があります。 慣れてきたら指を2本入れてみるなどして、慣らしていきましょう。 (3)無理には動かさない 箱崎:道具や男性器を入れる場合、いきなり根元まで入れるのではなく様子を見ながらゆっくりと入れていきましょう。 馴染んでくる前に無理に入れたり、動かしたりすると傷ついてしまうことがあります。 また腸内にはさまざまな菌がいるため、コンドームの着用は絶対に行いましょう。 挿入される場合、圧迫されるような感覚があって、声が漏れてしまうこともあります。 ただし、これは気持ちいいからではないので、男性が勘違いして動かすと痛みを伴う場合があります。 (4)慣れてきたらゆっくり動かす 箱崎:慣れてきたらゆっくりと動かすようにしましょう。 膣と違い、基本的にお尻というのは、出すところで入れるところではありません。 なので強すぎる刺激には弱い面があります。 痛みを伴ったり、傷ついてしまうこともあるので十分に注意してください。 (5)開発 箱崎:基本的に、性感帯の開発というのは時間がかかります。 一度や二度試したら、すぐに気持ちよくなるということは少ないです。 じっくりと時間をかけて気持ちよくなっていくので、もしもお尻エッチを楽しみたいと思うのであれば、じっくりゆっくり開発していきましょう。 最初は痛いだけかもしれませんが、お尻からものが出て行く感覚を味わっていくといいでしょう。 基本的にお尻の快感というのは挿入時よりも、排出時に感じるものだということを覚えておいてください。 慣れてきたらいろいろと試してみて、気持ちいいポイントなどを見つけてみましょう。 4:まとめ お尻エッチというのは、まったくの知識がないままプレイしてしまうと大変に危険です。 お尻を傷つけてしまうこともありますし、痔を引き起こしてしまう可能性も。 無理に挿入をすると痛みを伴いますから、十分に知識をつけ、様子を見ながら行うことをおすすめします。 この記事を書いたライター 月島もんもん M. Tsukishima プロのゴーストライターとして、芸能人、医師、文化人の代筆を手掛けること10年。 各業界の裏話やぶっちゃけ話に精通している。 路上パフォーマーとしても活躍。

次の

SEXする時、女と男どっちが気持ちいいのですか?

いいから気持ちよくするから

adobe. com このように「捨てる」という行為が嫌だから、苦手だから、ついついモノを溜め込んでしまう人は多いと思います。 捨てるのはもったいないし、いつか使うかもしれないし... と、たくさんのモノを捨てずに持っている。 使ってもいないのに。 食べて活動して老廃物を捨てていく人間のカラダと同じく、暮らしもモノを買って使い、不要になったら捨てなくては、健康であり続けることはできません。 スッキリ気持ちよく暮らすためには、 家の中のモノの循環をよくする必要があるのです。 何かで使うかもと取っておいた紙袋、気づくとかなりの枚数になっていませんか? なかには変色し始めているモノもあったりして…。 適正な量のモノを持ち、それらすべてを日々しっかりと使い、使い切ったら捨て、また新しく買う。 この一連のモノの流れをスムーズにするためにも、「捨てる」行為はとても大切です。 そうはいっても何をどのタイミングに捨てたらいいのか分からない… という場合は、次の3つを念頭に置いておくと捨てやすくなりますよ。 「使えるけれど使わないモノ」を追い出す 景品や粗品でもらった文具やタオルなど、家のどこかで眠ったままになっていませんか? なんとなく買い足しているうちに増えてしまったお皿やマグカップ、全部ちゃんと使っていますか? 使えるから「とりあえず取っておく」では死蔵品が増えるだけ。 今の暮らしに必要かどうかを考え、使わないと決めたモノはすぐに手放しましょう。 「いつか使うかもしれない」もNGです! 今、実際に使っているモノの量が、ちょうどいい量なのです。 それ以外は、じつはなくても困らないモノのはず。 目の前のいつもの暮らしを快適に、充実させることに集中しましょう。 グラスをたくさん持っていても、使っているのはごく一部のはず。 数を減らすと収納スペースに余裕ができて、食器棚も使いやすくなります。 「買う」ことと対で考える 買い物って楽しいですよね。 買うことで元気が出たり、お気に入りを持つことで幸せを感じたり。 ですのでモノが増えるからという理由で買い物をガマンする必要はありません。 その代わり、 「新しいモノを迎え入れたら、何かを手放す」ということを少し意識するようにしましょう。 新しい服を数枚買ったら、その分の収納場所が必要になるわけですから、最近あまり身につけていない衣類を数枚処分する、といった具合です。 これを習慣にしてしまえば、モノの量が増えることはありません。 「使い切るルール」を作る 食材や調味料、歯磨き粉やティッシュペーパーなど、目に見えて減るモノは使い切った! と認識しやすいのですが、使い切ったかどうか迷うモノも多いです。 例えばタオル。 擦り切れるまでタオルを使い倒す人は少ないと思いますが、ではどのタイミングで使い切ったと判断して新しいタオルと交換するのか? これは人によって、各家庭によってさまざまだと思います。 お箸もそうです。 折れるまで使うのが、使い切ったということでもないはず…。 ハブラシや下着、スポンジなども同じです。 これらに決められた新旧交代のタイミングはないので、肌触りが悪くなってきたらタオルを交換する、お箸は毎年お正月に新調するなど、 自分なりに納得できるルールを作りましょう。 マイルールに従うことで、気持ちよくラクにモノとお別れすることができるはずです。 暮らしに正解やお手本はありません。 自分が、家族が心地よく快適に生活できればそれでOK。 ルールは各家庭で違っていてもいいのです。 サイズが小さくなった子ども服や着古したTシャツなど、不要な衣類をこのタイミングに洗い出し、暮らしの循環から追い出しましょう。 新品に近いものは、面倒でなければ人に譲るのもアリです。 不要なモノは処分していいのですが、 ウエスとして利用してから捨てるのがおすすめ。 私にとってウエス作りは、これまでお世話になった服とのお別れの儀式。 あれこれ懐かしく思い出しつつ、感謝しながら服にハサミを入れます。 ウエスは 大小2サイズ作っておくと便利です。 大きめサイズは窓ガラスや鏡などの広い面積のものを拭く時に、小さめサイズは調理中に飛び散った調味料や容器の口から垂れた油などを拭く時に重宝します。 サッと吹いてそのままポイッと捨てられるので、 掃除がノンストレス! フライパンやお皿に残った油なども、ウエスで拭き取ってから洗うとラクですよ。 洗面所のちょっとした汚れなどもウエスでひと拭き。 こんな感じに日々使うので、小さめウエスはまとめて容器に入れ、キッチンと洗面コーナーにそれぞれ置いています。 時短掃除になるだけでなく、最後まで使い切った! という 充実感を得られるのもウエスの魅力です。 モノに感謝して気持よくサヨナラし、そして新しいモノを喜んで迎え入れる、こんなモノとの付き合い方ができる暮らしが理想ですね。

次の

お尻エッチの体験談5選!お尻エッチを気持ちよくするコツは?

いいから気持ちよくするから

自慰はしてます。 自分でするのは気持ち良いのですが、今彼と何回もセックスしてますが全く気持ち良くありません。 中が感じないです。 準備出来ていなくても保護のために濡れるので、 勘違いされてるんでしょう。 レイプみたいなもので、怖いし痛いから、尚更萎縮するので悪循環です。 実は男性側も、本当の意味では気持ちよくないのですが、気付く余裕すらないのでしょう。 締まりがよくて、よく濡れるくらいに思っているんじゃないかな? 気持ちよくない というと、色々問題になるので、 今日は入れちゃダメよ?と言って、 調子が悪いけど、エッチはしたい等、入れられない理由はこじつけでいいです。 彼に寝転んでもらって、下着 パンツははいたままで 姿で、キスしたり、なめてみたり 彼を触ったり、こすり付けたりと、 自由に遊んでみるといいですよ? ダメそうなら、入れない。 一応、サービスに射精だけは手伝ってあげてください。 口の必要はないよ、男は自慰なれしてるので、雰囲気だけで自分の手でできるから 服越しに押し付けたり、こすりあわせてみて、 もし、きもちよくなれたとすると、 挿入前の準備不足です。 直ぐに挿入させずに、イチャイチャの時間を増やして下さい。 もし これをしても、まったくだめとなると重症かも・・・。 実は、スワッピングや、乱交等の中に来るカップルの何割かは、不感症やパートナーが下手で満足できていない事が多いです。 いわゆる発展場のハズなのに下手な人が多くてビックリします。 幸せで気持ち良いセックスで充足していたらわざわざ外部に求める必要なんてないんです。 色々な本や、dvdもあるので工夫して二人で二人のセックスを育てて下さいね。 実はセックスって、お互い若く、時間を割けて、健康で楽しめる時間って少ないので、大切にしてください。 だんだん年を取ったり、女性は妊娠出産で体調がかわったり、故障が出たり、子供に気をとられたり、お互いに仕事や生活に追われたりと、 心技体揃ったセックスは、あ あの時だったって思います。 二人のセックスを育てていれば、ずっと楽しめますが、やっぱり年は取ると体力は衰えます。 人生一度きりですから、パートナーとのセックス楽しんでください。 自慰はしてます。 準備出来ていなくても保護のために濡れるので、 勘違いされてるんでしょう。 レイプみたいなもので、怖いし痛いから、尚更萎縮するので悪循環です。 実は男性側も、本当の意味では気持ちよくないのですが、気付く余裕すらないのでしょう。 締まりがよくて、よく濡れるくらいに思っているんじゃないかな? 気持ちよくない というと、色々問題になるので、 今日は入れちゃダメよ?と言って、 調子が悪いけど、エッチはしたい等、入れられない理由はこじつけでいいです。 彼に寝転んでもらって、下着 パンツははいたままで 姿で、キスしたり、なめてみたり 彼を触ったり、こすり付けたりと、 自由に遊んでみるといいですよ? ダメそうなら、入れない。 一応、サービスに射精だけは手伝ってあげてください。 口の必要はないよ、男は自慰なれしてるので、雰囲気だけで自分の手でできるから 服越しに押し付けたり、こすりあわせてみて、 もし、きもちよくなれたとすると、 挿入前の準備不足です。 直ぐに挿入させずに、イチャイチャの時間を増やして下さい。 もし これをしても、まったくだめとなると重症かも・・・。 実は、スワッピングや、乱交等の中に来るカップルの何割かは、不感症やパートナーが下手で満足できていない事が多いです。 いわゆる発展場のハズなのに下手な人が多くてビックリします。 幸せで気持ち良いセックスで充足していたらわざわざ外部に求める必要なんてないんです。 色々な本や、dvdもあるので工夫して二人で二人のセックスを育てて下さいね。 実はセックスって、お互い若く、時間を割けて、健康で楽しめる時間って少ないので、大切にしてください。 だんだん年を取ったり、女性は妊娠出産で体調がかわったり、故障が出たり、子供に気をとられたり、お互いに仕事や生活に追われたりと、 心技体揃ったセックスは、あ あの時だったって思います。 二人のセックスを育てていれば、ずっと楽しめますが、やっぱり年は取ると体力は衰えます。 人生一度きりですから、パートナーとのセックス楽しんでください。

次の