東京 エバー グリーン クリニック。 クリニック グリーングラス|訪問診療|医療法人社団永生会(東京都八王子市 医療・介護)

横浜の内科・循環器科・心臓血管外科は横浜グリーンクリニック

東京 エバー グリーン クリニック

日本ではまだ価格が25-30万円ほどと高価なところが多く検査そのものも、外注先が不明瞭なところがほとんどです。 私達はイギリスにある世界大手の検査施設であるYourgene healthと連携しており、日本に居ながら、世界最高標準の安心できる検査が、低価格で受けられる施設となっています。 万一異常が見つかった場合でも安心できる病院と複数連携できており、羊水検査代も当クリニックが負担させていただいています。 私たち自身が、自分ならここを使いたい、と思うようなサービスを提供出来るクリニックを目指しています。 当院でNIPTを受ける6つのメリット 東京エバーグリーンクリニックは完全予約制でNIPT検査を実施 事前の検査説明〜医師の問診〜採血まで個室にて妊婦様お一人ずつ対応いたします。 出来る限り、他の妊婦様と顔を合わせることなく、来院〜お支払いまで対応したいと考えております。 また、事前の検査説明及び医師の問診はご主人様とご一緒にお受けいただけます。 キレイで清潔感のあるクリニックで検査。 検査結果が陽性の場合には、羊水検査料金を当クリニックが全額負担いたします。 検査結果をお受け取りになったあとでも、疑問や不安がありましたら、電話メールなどで、医師と直接ご相談できます。 世界の基準に近づけた低価格。 当クリニックの新型出生前診断は年齢制限などの諸条件はありません。

次の

小児科

東京 エバー グリーン クリニック

理事長/院長 外山 雅章 masaaki toyama• オフィス外山(株) 代表取締役• Team TOYAMA Project 代表• 心臓血管外科専門医/米国医師免許• 亀田総合病院心臓血管外科顧問• 太田記念病院心臓血管センター顧問• 北京大学医学部客員教授• 主著:「頼れる医者に出会いたい」 ビジネス社• 慶應義塾大学医学部卒(1967) 心臓外科医。 慶応義塾大学医学部卒業後、米国ニューヨーク州立大学バッファロー総合病院、カンサス大学メディカルセンターなどで一般外科と胸部外科の臨床研修を修了。 その後、フロリダ州マイアミで多くの心臓手術を執刀する。 1983年に帰国。 専門は冠動脈バイパス手術や弁膜症手術など、成人の心臓手術。 特に、冠動脈バイパス手術では日本のパイオニア的存在。 数年前から遺伝子関連検査により臨床的にがんが発現する前の段階を捉え、がんになるリスクを少しでも低下させるためのカウンセリングを行っている。 医学博士 浅田次郎著「天国までの百マイル」のモデルとしても知られる。 メッセージ 私は日・米両国で長く胸部外科、心臓血管外科領域で治療に専念して参りました。 その中で常にがんや心臓病にはならないことが第一だと考えていました。 どんなに優れた技術を持って治療を施しても不幸な転帰に到ることはしばしばあります。 従って病気にならない、なりにくい対応を日常生活に取り入れることが極めて重要となります。 予防医学の重要性が議論され実践されねばなりません。 一方、不幸にして重い病気 特にがんに羅患した場合現代医学の標準治療 手術、抗がん剤、放射線 のみではなかなか軽快・治癒にもで到らないことは周知の通りです。 しかし、標準治療を受けながら更なる補完的な治療を受けることによってQOL 生活の質 が高まり快適な日常を送れるケースも多々あります。 当クリニックでは、以下の2点に力を入れて患者さまの健康で快適な生活に貢献したいと思っています。 病気にならない、なりにくい いわゆる予防医療を「遺伝子関連検査」や「サプリメントの使用」などによって提供する 不幸にして、がんが発見された場合 現代の標準治療を行う担当医と協力し、補完治療を提供する 健康を長く維持されたい方、不幸にしてがん等に羅患された方など、当クリニックにご興味をお持ちいただきましたらご相談ください。 略歴 1970~1978年 米国ニューヨーク大学バッファロー総合病院、カンサス大学付属病院などで、一般外科の研修に続き、当時米国で三指に入るとされるロバート・リース教授の下で胸部外科・心臓外科の専門研修を受ける。 1978~1983年 リース教授とともにフロリダ州マイアミに移動、心臓血管外科のプライベート・プラクティスに従事。 多くの小児および成人の心臓手術を執刀する。 1983~2012年 日本の亀田総合病院から心臓血管外科部長として招聘され就任。 多くの手術を行うとともに若い心臓血管外科医の育成に力を注ぐ。 この間中国国内でも多くの手術、講演を依頼され指導に出向く。 ブッシュ元大統領訪日の際、不測の事態に備え外科医としての待機をホワイトハウスから依頼され、無事帰国を見守る。 帰国後感謝状を贈られる。 2012年 亀田総合病院心臓血管外科顧問の立場で、臨床・教育に関わりながらTeam TOYAMAProjectを立ち上げる。

次の

小児科

東京 エバー グリーン クリニック

Yokohama Green Clinicは、あなたの内科各種全身疾患を総合診断する最初の医者(プライマリーケア)です。 何か異変を感じたら、最初に相談できる気軽な医者の友人がいたらと思ったことがありますか?Yokohama Green Clinicは、まさにその役を果たすことを目的としています。 Yokohama Green Clinicは内科、循環器科、心臓血管外科、抗加齢医学のクリニックです。 日本人の死因の1割は循環器系の疾病と言われています。 そして、その循環器系疾患は重大な結果を生むという特徴があります。 健康年齢は血液で計ることができます。 高血圧、心筋梗塞、不整脈など、血液の老化から起きる疾患は多岐にわたります。 そういった循環器系の疾患は、時に致命的な後遺症を残すことも、予防が重要視される所以です。 日本では一部セレブの特権と思われる「あなた専門医」、プライマリーケアは、欧米では広く普及しています。 横浜グリーンクリニックでは、リーズナブルな費用であなたの健康を守る専門アドバイスを提供します。 何かがあってからでは手遅れです。 少しでも気になると思ったら、専門医にご相談いただくことをお勧め致します。 横浜グリーンクリニック院長 市川 由紀夫 手遅れな症状や、症状が進んでからの手術を施して感じるのは、早期発見の重要性です。 もう3ヶ月、いや、1ヶ月早く見つけるだけではるかに簡単な対処で済んだ、と思う経験は数えきれません。 しかし、一般の人からみて、早期発見が重要と分かっていても、何か異変を感じたり、疲れやすくなった程度で、どの医者にかかったら良いかの見当がつきません。 そこから、なんとなく先延ばし、をすることになり、リスクを更に高めてしまいます。 ここで、 プライマリーケアのシステムがお役に立ちます。 プライマリーケアの目的は、 あなたの最初の健康相談役として、適切な舵取りを医師の目から提供することにあります。 これにより、素人判断で先延ばしにするリスクは軽減されます。 また、こうしたプライマリーケアには、他にも利点があります。 それは、日頃から定期的に健康状態を拝見させて頂くことで、適切なアドバイスが可能になる点です。 ギリギリまで待って、一見さんの飛び込み診療をするのは、医師にとっても難易度が高くなります。 しかし、日頃から、 患者さんの体質把握も含めたメディカルヒストリーを築いておくことで、いざという時の対応がより適切に提供できます。 素人判断をする前に、そして、分からないまま放っておかずに、プライマリーケアをご活用下さい。 万一の 治療費の数十分の一の費用で、たくさんの疾患を未然に防ぐ手助けをします。

次の