プラン ルカ スト 副作用。 医療用医薬品 : プランルカスト

プランルカスト:オノン

プラン ルカ スト 副作用

関連記事 プランルカストはアレルギー性鼻炎に効果あり プランルカストはアレルギー性鼻炎に効果があります。 鼻水や鼻づまり、くしゃみなど鼻粘膜のアレルギー症状だけでなく、花粉によってアレルギー性の症状を引き起こす花粉症の症状の緩和にも使用されます。 プランルカストはロイコトリエン拮抗薬という種類に分類され、アレルギー反応を引き起こすロイコトリエンという体内物質のはたらきをおさえる新しいタイプの「抗アレルギー薬」です。 同じくアレルギー反応を引き起こすヒスタミンという物質の働きをおさえる「抗ヒスタミン薬」とは別の働きをします。 プランルカストは咳や喘息にも効果あり プランルカストはアレルギー性鼻炎や花粉症以外にも、咳や気管支喘息といった症状にも効果があります。 プランルカストが喘息に深くかかわるロイコトリエンという体内物質を強力におさえ、症状を改善します。 医師の指示通りに正しく使用すれば、プランルカストは副作用はでにくい比較的に安全な薬とされていますが、人によっては胸やけ、吐き気、腹痛、胃部の不快感、口内炎、下痢、発疹、頭痛などの副作用が現れる場合があります。 発疹、蕁麻疹、多形滲出性紅斑、かゆみ、頭痛、眠気、けいれん、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、胃部不快感、四肢痛、乳房腫脹・硬結、乳房痛、女性化乳房 めったにないですが、症状が重い副作用として、アナフィラキシー・ショック、肝機能障害などを引き起こす場合があります。 薬を使用した後に副作用と考えられる体調の変化が現れた場合は早めに医師か薬剤師に相談してください。 眠気は出る? プランルカストでは、眠気の副作用も報告されています。 ただしプランルカストは抗アレルギー薬であり、抗ヒスタミン薬と比較すると眠気の副作用は少ないといえます。 そのため、仕事中や勉強中、車の運転の前でも使用できます。 抗ヒスタミン薬の効果と眠気の強さについて、詳しくは関連記事をごらんください。 関連記事 プランルカストを使用する際、飲み合わせに注意するべき薬があります。 睡眠導入薬として知られている「ハルシオン」や「トリアゾラム」、抗不安薬「サイレース」、「ロヒプノール」、片頭痛の治療薬 「クリアミン」、「カフェルゴット」などがあげられます。 その他ホルモン剤などもプランルカストとの飲み合わせに注意が必要です。 他にも使用している薬がある場合や、プランルカストを使用中に病院を受診する場合は、必ず医師や薬剤師に申告しましょう。 風邪薬との飲み合わせは? 風邪薬には抗ヒスタミン成分が配合されているものが多く、花粉症の治療で抗ヒスタミン薬を使用している場合は成分が重複するため同時に使用することはできません。 同じ花粉症の薬であるプランルカストは抗アレルギー薬であり抗ヒスタミン成分は含まれていないため、風邪薬と併用できる場合もあります。 ただし、自己判断で薬は使用せず、必ず医師・薬剤師に相談してください。 プランルカストには「プランルカスト錠112. 5」、「プランルカスト錠225」、「プランルカストDS」とさまざまな種類があります。 プランルカスト錠112. 5とプランルカスト錠225の違い 「プランルカスト錠112. 5」、「プランルカスト錠225」の違いは、薬1錠中に含まれる有効成分量の違いです。 有効成分量には112. 5mgと225mgがあります。 症状などによって、医師の判断によりどちらの薬を処方されるか異なります。 「プランルカストDS」とは? プランルカストのドライシロップ(DS)のことです。 ドライシロップは粉状の薬で、薬自体に甘い味や香りがついていて、水に溶かしてシロップ状にして飲む薬であり、子どもに飲ませやすいことが特徴です。 錠剤・カプセルの違い プランルカストには錠剤とカプセルがあります。 プランルカストだけではなく薬全体にいえることですが、錠剤もカプセルも効果は基本的に同じです。 錠剤やカプセルの飲みやすさは人によって違いがあります。 一般的に、錠剤の場合は飲んでからすぐに溶け始めるので効果を早く感じられ、カプセルの場合は飲んでから効き始めるまで少し時間がかかります。 プランルカストの用法・用量はどれも年齢や症状によって調整されるため、医師または薬剤師の指示を守って正しく使用してください。 プランルカスト錠112. 5mgの場合 15歳以上の成人は1回2錠を1日2回(計4錠)を朝食後および夕食後に使用します。 プランルカスト錠225mgの場合 15歳以上の成人は1回1錠を1日2回(計2錠)を朝食後および夕食後に使用します。 乳幼児・小児 小児にプランルカストを使用する場合は一般的に液体状のプランルカストDSをコップ一杯程度の水に溶かして使用します。 プランルカストは小児喘息にも効果があります。 また、1歳未満の乳幼児にプランルカストを使用しても安全性に問題はないとされますが、プランルカストの用法・用量は必ず医師の指示にしたがって使用してください。 妊娠中・授乳中 妊娠中、授乳中はプランルカストの使用には注意が必要です。 プランルカストの使用時期は医師の指示にしたがって使用してください。 プランルカストを使用した場合の副作用などのリスクよりも、症状の治療をおこなった際のメリットのほうが高いと判断した時に使用するというのが原則となっています。 プランルカストは「オノン」のジェネリック医薬品です。 開発費がかからないため、プランルカストは先発薬であるオノンよりも安く手に入れることができます。 プランルカストはさまざまな製薬会社から販売されており、薬価は製品によって異なります。 なお、錠剤タイプの薬はオノンにはなく、プランルカストのみです。 プランルカスト錠112. 5mg 23. 7円〜25. 4円 プランルカスト錠225mg 45. 9円 プランルカストカプセル112. 5mg 23. 7円〜24. 4円 プランルカストカプセル225mg 45. 0円〜35. 錠剤、カプセル、粉状とさまざまな種類があり小児から大人まで幅広く対応できるプランルカストですが、使用する際は必ず医師の指示にしたがい、用法・用量を守って使用してください。

次の

ラッシュアディクト〜副作用について〜|ラッシュアディクト

プラン ルカ スト 副作用

抗ロイコトリエン薬の作用機序 アレルギー症状を引き起こす物質としてヒスタミンが有名ですが、ロイコトリエンはヒスタミンと同じように炎症やアレルギー反応に関与する化学物質です。 ロイコトリエンは鼻粘膜の炎症や腫れを引き起こすことによって、鼻づまり(鼻閉)の原因となります。 これによって、アレルギー性鼻炎(花粉症)の症状を引き起こします。 また、ロイコトリエンは呼吸に関わる気管支周辺の筋肉収縮にも関与しています。 そのため、気管支喘息の発作を誘発させます。 このように、 ロイコトリエンは様々なアレルギー反応に関わっています。 そのため、このロイコトリエンの働きを抑えることができれば、先に挙げたロイコトリエンによって引き起こされるアレルギー反応を抑制することができます。 このように、ロイコトリエンの働きを抑える薬を 抗ロイコトリエン薬と呼びます。 抗ロイコトリエン薬の主な作用機序としては、「ロイコトリエン受容体の阻害」があります。 ロイコトリエンが作用するための受容体を抑制することによって、抗アレルギー作用を得ることができます。 このように、ロイコトリエン受容体の阻害作用によって抗アレルギー作用を示す薬がプランルカスト(商品名:オノン)です。 プランルカスト(商品名:オノン)による血管透過性の抑制 ロイコトリエンは血管拡張作用や血管透過性の亢進によって鼻づまりを引き起こします。 血管透過性とは、「 血管の中に含まれるタンパク質などの比較的大きな物質が、血管の中から外へ出やすくなる作用」と考えれば良いです。 正常な血管であれば、水や低分子などの小さい物質以外は通過できなくなっています。 しかし、炎症やアレルギー反応が起こっている場合であると、いつもは血管内に存在している白血球などが血管の外へ出て働くようになります。 このような作用が「血管透過性の亢進」です。 ロイコトリエンによって血管が拡張し、血管透過性の亢進が起こると、その分だけさまざまな分泌物が血管の外に出ていきます。 これによって腫れが起こります。 そのため、このロイコトリエンの働きを抑えることができれば、これらのアレルギー作用も抑制することができます。 ヒスタミンとは異なり、ロイコトリエン阻害作用によって気管支喘息やアレルギー性鼻炎(花粉症)の症状を改善する薬がプランルカスト(商品名:オノン)です。

次の

プランルカスト錠の効果と副作用

プラン ルカ スト 副作用

ロイコトリエン受容体拮抗薬 この薬をファーストチョイスする理由(2019年9月更新)• ・1日1回服薬の点と、後発品も発売され患者負担も少し軽減されてきたので。 また小児から成人まで剤型も豊富で処方しやすい。 (60歳代開業医、一般内科)• ・1日1回で自身で内服してみて、とても効果があるから使用している。 短所は特にないと思います。 (50歳代病院勤務医、血液内科)• ・昔はプランルカストが多かったですが、高齢患者の増加やコンプライアンス・アドヒアランス、ポリファーマシー問題などから、モンテルカストが多くなり、こちらの方が主流になりました。 きっちり使ったら、薬効的にはプランルカストの方が少し上だと感じてはいますが。 (50歳代病院勤務医、呼吸器内科)• ・喘息患者のステロイド吸入剤でコントロール不良例に対する上乗せで結構効果を認めています。 (50歳代診療所勤務医、腎臓内科)• ・成人では1日1回1錠内服でよいためコンプライアンスが良い点が長所。 ただし、小児のチュアブル錠ではアレルギー性鼻炎の適応がなく、オノンを処方せざるを得ないことが多い。 (30歳代診療所勤務医、耳鼻咽喉科)• ・服薬回数、錠数が少ないのが利点。 この系統は全般に効く人効かない人の差が大きいように思います。 (50歳代病院勤務医、一般内科)• ・難治性重症喘息まではいかなくともややコントロールの難しい喘息患者さんに使用します。 時に効果があります。 (50歳代病院勤務医、呼吸器外科) ロイコトリエン受容体拮抗薬 この薬をファーストチョイスする理由(2017年4月更新)• ・剤型が豊富で使いやすく、これといった問題も起きていない。 1日1回なのでコンプライアンスが良い。 オノンは1日2回のため、飲み忘れる患者もいる。 (40歳代開業医、循環器内科)• ・難渋していたアレルギー症例に処方したところ、効果を実感した例がある。 それから処方を増やしている。 (50歳代診療所勤務医、一般内科)• ・1日1回投与で済み、細粒の味が良いため小児では使いやすいです。 副作用で困ったこともほとんどありません。 効果に関しては、効く子供にはきちんと効く、という感じです。 (60歳代開業医、小児科)• ・1日1回の内服でも、ある程度は効果が得られる。 OD錠、チュアブルをよく処方している。 (60歳代病院勤務医、一般内科)• ・小児の気管支喘息によく処方している。 剤型も細粒、チュアブルがあり小児でも内服しやすい。 (40歳代病院勤務医、小児科)• ・効果が強いとは言い切れないが、喘息予防に使っている。 (50歳代開業医、一般内科) 用法・用量 (添付文書全文) 1.気管支喘息:モンテルカストとして10mgを1日1回就寝前に経口投与する。 2.アレルギー性鼻炎:モンテルカストとして5〜10mgを1日1回就寝前に経口投与する。 <用法・用量に関連する使用上の注意> 1.モンテルカストフィルムコーティング錠はモンテルカストチュアブル錠と生物学的に同等でなく、モンテルカストチュアブル錠はモンテルカストフィルムコーティング錠と比較してバイオアベイラビリティが高いため、モンテルカストフィルムコーティング錠5mgとモンテルカストチュアブル錠5mgをそれぞれ相互に代用しない。 2.気管支喘息及びアレルギー性鼻炎を合併し気管支喘息の治療のために本剤を用いる成人患者には、モンテルカストとして10mgを1日1回就寝前に経口投与する。 副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない(再審査対象外)。 1.重大な副作用(頻度不明) 1).アナフィラキシー:アナフィラキシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し適切な処置を行う。 2).血管浮腫:血管浮腫が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し適切な処置を行う。 3).劇症肝炎、肝炎、肝機能障害、黄疸:劇症肝炎、肝炎、肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し適切な処置を行う。 5).血小板減少:血小板減少(初期症状:紫斑、鼻出血、歯肉出血等の出血傾向)が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 2.その他の副作用:次のような症状又は異常が現れた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。 1).過敏症:(頻度不明)皮疹、そう痒、蕁麻疹、肝臓好酸球浸潤。 2).精神神経系:(頻度不明)頭痛、傾眠、情緒不安、不眠、幻覚、眩暈、感覚異常(しびれ等)、異夢、易刺激性、痙攣、激越、振戦、夢遊症、失見当識、集中力低下、記憶障害、譫妄、強迫性症状。 3).呼吸器:(頻度不明)肺好酸球増多症。 4).消化器系:(頻度不明)下痢、腹痛、胃不快感、嘔気、胸やけ、嘔吐、便秘、口内炎、消化不良。 6).筋骨格系:(頻度不明)筋痙攣を含む筋痛、関節痛。 7).その他:(頻度不明)口渇、尿潜血、血尿、尿糖、浮腫、倦怠感、白血球数増加、尿蛋白、トリグリセリド上昇、出血傾向(鼻出血、紫斑等)、動悸、頻尿、発熱、脱毛、挫傷、脱力、疲労、遺尿。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (重要な基本的注意) 1.本剤は、喘息の悪化時ばかりでなく、喘息が良好にコントロールされている場合でも継続して服用するよう、喘息患者に十分説明しておく。 2.本剤は気管支拡張剤、ステロイド剤等と異なり、すでに起こっている喘息発作を緩解する薬剤ではないので、このことは患者に十分説明しておく必要がある。 3.気管支喘息患者に本剤を投与中、大発作をみた場合は、気管支拡張剤あるいはステロイド剤を投与する必要がある。 4.長期ステロイド療法を受けている患者で、本剤投与によりステロイドの減量をはかる場合は十分な管理下で徐々に行う。 5.本剤投与によりステロイド維持量を減量し得た患者で、本剤の投与を中止する場合は、原疾患再発の恐れがあるので注意する。 6.本剤との因果関係は明らかではないが、うつ病、自殺念慮、自殺及び攻撃的行動を含む精神症状が報告されているので、患者の状態を十分に観察する。 7.本剤を含めロイコトリエン拮抗剤使用時に好酸球性多発血管炎性肉芽腫症様の血管炎を生じたとの報告があり、これらの症状は、おおむね経口ステロイド剤の減量・中止時に生じているので、本剤使用時は、特に好酸球数の推移及びしびれ、四肢脱力、発熱、関節痛、肺浸潤影等の血管炎症状に注意する。 8.本剤投与により効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり投与しないように注意する。 併用注意:フェノバルビタール[本剤の作用が減弱する恐れがある(フェノバルビタールがCYP3A4を誘導し、本剤の代謝が促進される)]。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない(海外の市販後において、妊娠中に本剤を服用した患者から出生した新生児に先天性四肢奇形がみられたとの報告がある。 これらの妊婦のほとんどは妊娠中、他の喘息治療薬も服用していた。 本剤とこれらの事象の因果関係は明らかにされていない)]。 2.授乳中の婦人に投与する場合は慎重に投与する[動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されている]。 (小児等への投与) 1.気管支喘息: 1).6歳以上の小児の気管支喘息に対しては、モンテルカストチュアブル錠5mgを1日1回就寝前に投与する。 2).1歳以上6歳未満の小児の気管支喘息に対しては、モンテルカスト細粒4mgを1日1回就寝前に投与する。 3).1歳未満の乳児の気管支喘息、新生児の気管支喘息、低出生体重児の気管支喘息に対するモンテルカスト製剤の安全性は確立していない[国内でのモンテルカスト製剤の使用経験がない]。 2.アレルギー性鼻炎:小児のアレルギー性鼻炎等に対するモンテルカスト製剤の安全性は確立していない[国内でのモンテルカスト製剤の使用経験がない]。 (適用上の注意) 1.薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 2.本剤は、食事の有無にかかわらず投与できる。 (その他の注意) プラセボ対照臨床試験41試験を対象に統合解析を行った結果、本剤投与群9,929例中1例において自殺念慮が認められたのに対して、プラセボ群7,780例において自殺念慮は認められなかった。 また、プラセボ対照臨床試験46試験を対象に統合解析を行った結果、行動変化に関連する事象(不眠、易刺激性等)が、本剤投与群11,673例中319例(2. 2.使用期限内であっても、開封後はなるべく速やかに使用する。 (保管上の注意) 遮光(開封後防湿)。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の