北斗の拳 裏ボタン。 【信頼度】裏ボタン特集|CR北斗の拳7転生

北斗の拳7 転生 裏ボタン レインボーに光れば!?十字キーで復活を知る!曲開放はナシ

北斗の拳 裏ボタン

目次(タップで該当箇所に飛びます)• 50円 21. 5 22. 6 3. 03円 20. 5 21. 5 3. 33円 20. 0 21. 1 3. 57円 19. 7 20. 7 等価 19. 1 20. 1 【ボーダー算出条件】6時間遊技・電サポ中の増減なし CR北斗の拳6慈母 ゲームフロー 通常時の大当たりは3種類存在します。 16R大当たりの「 HYPER BONUS」、5R大当たりの「 BONUS」、2R大当たりの「 ユリアチャージ」となります。 CR北斗の拳6慈母 打ち方・止め打ち手順 電サポ中止め打ち攻略 電サポの開放パターンは拳王や天翔百列と同じですが、電チュー入賞が1個に変更。 一般入賞口の入賞率が高く、玉が減りにくくなっているものの、玉増えは期待しづらいです。 玉減りを抑えるためにも実践しましょう。 ユリアを選択すると突入するのは一発告知に特化したST。 一発告知ST中の最大の特徴は、リーチが成立すれば大当たり濃厚となる点です。 主な演出は、慈母専用に追加されたユリアセリフ予告と水晶点灯予告の他、シリーズではお馴染みの図柄アクションの3種類。 チャンスアップパターンに注目しましょう。 味方キャラがジュウザなら激アツで、リハクなら大当たり濃厚です。 最弱キャラのヒューイでも、「ST最終回転での登場」や「ステップアップ予告でのヒューイ止まり&登場」が 勝利濃厚という裏法則も存在します。 南斗五車星キャラ別信頼度 パターン 信頼度 ヒューイ 弱攻撃 2. 色変化は当該回転の大当たり期待度を、セリフや黒王号のアクションは次回転以降の大当たり期待度をそれぞれ示唆します。 色系予告 当該回転での期待度を示す予告演出。 パターン 信頼度 青 7. パターン 信頼度 地面を蹴る 小 5. パターン 信頼度 通常 黒 9. その分、16R確変の振り分けが多少アップしましたが、出玉の瞬発力は明らかに低くなっていますね。 メインの大当たり時の時短が40回から50回に増えたことにより、多少ST継続率は多少アップしているものの、甘デジと言え、物足りなさを感じるユーザーも多いでしょう。 瞬発力の傾斜も抑えられ、どんどんマイルドスペック機中心の構成になっていくんでしょうね… -----スポンサードリンク-----.

次の

北斗無双 夢幻闘乱(甘デジ)重要演出信頼度・裏ボタン

北斗の拳 裏ボタン

1983年から連載された80年代を代表するマンガ・北斗の拳をモチーフにしたバトルタイプのST機で、トキを主軸にした世界観を実現。 緊張感を凝縮した天翔百裂スペック、多数搭載された新規演出、ゼロアタッカーなどが特徴。 3)、突確を搭載。 天翔モード移行時は潜確の可能性がある。 液晶上部から降臨する天翔百裂&北斗七星、下部から上昇して回転する新死兆星、左右に3つずつの可動体の各ギミックを搭載。 大当たり中、電サポ中は右打ちする。 盤面右下に2つのアタッカーを配置。 上部アタッカーと下部のスライドタイプのアタッカーが交互に開放し、タイムラグもほとんどないため死に玉はほぼ発生しない。 上部アタッカーの上にあるのが電チュー。 電サポ中のメイン演出はバトルとなる。 14年に発表された『CR北斗の拳6』の兄弟機だが、ダブルカウンターやカサンドラチャンス、無想転生BONUSなど、新規演出も多数搭載されている。 ラウンド中などに、プレミアム出現確率がアップするプレミアムモード(通常時orST中)を選択することができる。 有情ゾーン 有情図柄出現から突入する先読みゾーン。 新規搭載演出だ。 チャンス目先読み予告 チャンス目(左と中、もしくは中と右が同一図柄)が連続して表示されたらチャンス。 3・7ならチャンス拡大!? 南斗集結予告 新規演出で、南斗六聖拳と南斗五車星の2種類。 連続予告が続いて南斗が集結。 5人集まれば大チャンスだ。 図柄連続予告 中に「北斗の拳」や「有情」の各図柄停止で連続予告開始。 続くほど期待できる。 ストーリー連続予告 シリーズ機にも搭載されていたお馴染みの連続予告。 4連続に期待だ。 乱舞連続予告 ケンシロウが乱舞してザコをなぎ倒す中、図柄の高速停止を繰り返す。 100人なぎ倒せば! ザコ叩きステップアップ予告 新規搭載されたステップアップ予告だ。 セリフ予告 大別すると、味方系、敵系、ザコ系の3種類。 ドデカセリフや爆死予告に発展することがある。 背景カットイン予告 リーチ後、ボタンを押すことで発生する可能性がある。 各ステージorゾーンによって出現するキャラが変化。 アツい。 「山」から始まる。 ハズレ後の発展に期待。 五車星系リーチは他にも「ヒューイ」や「シュレン」などがある。 赤タイトルで信頼度がアップする。 拳王軍系リーチには「拳王侵攻隊」や「リュウガ」もある。 バトル系リーチの中では「シンリーチ」と並んで弱めだ。 「この女は死兆星を見ているのだ!」。 同程度の信頼度となる「ウイグルリーチ」もある。 バトル系リーチには、他にデビルリバースゾーンで出現する「デビルリバースリーチ」、牙一族ステージなどで出現することがある「牙一族リーチ」、そして「アミバリーチ」がある。 3Dで展開される。 カットインにも注目だ。 約束は果たされるのか? ストーリー系リーチは、他に「ジュウザリーチ」もある。 ケンシロウがトキに会えれば天翔モードへ。 32回転の間、潜確の可能性がある。 ヒビ割れステップアップやマミヤ強襲といった各予告演出がある。 なお、カサンドラチャンスからは2Dトキバトルリーチに発展することもある。 天翔BONUS 通常時の出玉あり大当たりは必ず天翔BONUS。 払い出し出玉2016個の16R大当たりとなる。 右打ちする(以下、大当たり中、モード中は右打ち)。 なお、電サポ時も天翔BONUSなら16R確定だ。 BATTLE BONUS 電サポ時の大当たりの一つで、トキとラオウの新規バトルボーナスだ。 ラウンド中のバトルにトキが勝利すれば16R、敗北すると実質8R。 無想転生BONUS ダブルカウンターor無想転生フリーズから突入する可能性がある電サポ時の大当たりの一種。 16R分の出玉を獲得できるだけでなく、保留で……? 北斗天帰拳 電サポ中に天帰拳図柄が出現し2R突確で当たると北斗天帰拳でST復活! ラオウ登場ならBATTLE BONUSへ。 真乱世モード 潜確以外の大当たり後に必ず突入するモードで、電サポ100回転の初めの32回転でST。 カウンター表示、ダブルカウンター、二指真空把、百裂脚、黒王乱入、でかいババア、有情拳ステップアップといった多数の各予告がある。 通常の背景はケンシロウだが、先読みでトキ背景になる。 一子相伝ゾーン 電サポ100回転のうち、32回転の真乱世モード終了後のラスト4回転のST中ゾーン。 北斗3兄弟が開眼すれば! ラオウ出現は大チャンスだ。 ここまでのST36回転で大当たりになる確率は約69. 心音先読み、画面割りステップアップ、画面炎上ステップアップ、扉、ルーレットなどの各予告が出現する可能性がある。 電サポ100回転で大当たりする確率は約75%だ。 ラウンド昇格 大当たり直後、ラウンド中に昇格するチャンスがある。 出典:パチンコビレッジ•

次の

ぱちんこCR北斗の拳6 天翔百裂

北斗の拳 裏ボタン

00円 22. 4 21. 7 20. 9 20. 3 3. 57円 23. 4 22. 7 22. 0 21. 3 3. 33円 23. 9 23. 3 22. 6 21. 8 3. 03円 24. 7 24. 0 23. 4 22. 7 2. 50円 26. 6 26. 2 25. 5 24. 00円 18. 0 17. 3 16. 8 16. 2 0. 92円 18. 4 17. 9 17. 3 16. 8 0. 89円 18. 7 18. 1 17. 5 17. 0 0. 75円 19. 8 19. 4 18. 8 18. 2 0. 60円 21. 7 21. 6 20. 9 20. バトルボーナス 通常時の初当たり後に突入するボーナス。 滞在ステージに応じてた対戦相手の攻撃に 耐えるか回避できればバトルモードに突入! 攻撃パターンにチャンスアップあり。 バトルボーナス中の攻撃パターン 対戦相手 期待度 ラオウ 天将奔烈<北斗剛掌波<パンチ の順に期待。 ファルコ 衝の輪<元斗白華弾<手刀 の順に期待。 カイオウ 暗琉霏破<凄妙弾烈<パンチ の順に期待。 突入時に10R 1500発払い出し の出玉と、 小当たりRUSH分の出玉を獲得できる 本機のメイン獲得出玉契機。 消化中に登場するキャラやバトル演出が異なる模様。 究極神拳RUSH中のステージ ステージ キャラ・演出 伝承者の道 ケンシロウと強敵たちの伝統のバトル 修羅! 保留変化予告 赤保留はチャンス。 該当タイミングでボタンを押してみよう。 新内規の機種にしては継続率が低め。 小当たりRUSH突入時は、 必ず10大当たりから始まるので 1500発 払い出し と小当たり分の出玉を 獲得することができます。 19で15賞球です。 ですが小当たりRUSHに突入できなかった場合 4R 約600発払い出し か2R 短開放 の出玉しか得られない絶望的状況となります。 確変中の大当たり確率がセブン2やガンツに比べて 軽めなので小当たりの性能自体は低い可能性もありますが 右のゲージ次第といった感じですね。 また詳しい情報がわかれば追記します。 感想と評価 P北斗の拳8 覇王の、 感想と評価を募集しています。

次の