少年時代 造語。 井上陽水の「少年時代」という歌の歌詞の意味がわからない

【井上陽水 少年時代に隠されたメッセージ】言葉が持つ力とブランド力を考える

少年時代 造語

との対比 この曲はと、ふたつのメロディからできています。 そして、そのふたつはそれぞれ違う世界を描いています。 夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれに さまよう 青空に残された 私の心は夏模様 最初のはこんな感じ。 そして次のは、 夏まつり 宵かがり 胸のたかなりに あわせて 八月は夢花火 私の心は夏模様 こんな感じです。 単語も文章のつくりも音韻もそっくりですね。 最後のにいたっては、上記2つのを組み合わせ直した構成になっています。 は3つありますが、どれも同じ内容を歌っているんだと予想できますね。 、というわけです。 一方で、はそれとはまたぜんぜん違う感じ。 夢が覚め 夜の中 永い冬が 窓を閉じて 呼びかけたままで 夢はつまり 想い出のあとさき ひとつめのを引用してみました。 先ほど引用したとはまったく毛色の違う単語がたくさん登場します。 例えば「冬」。 には「夏」が出てきましたが、は「冬」がでてきます。 こんな風に対照的な単語を探してみると、案外たくさん見つかるので驚きます。 夏 冬 青空 (日中を想起させます) 夜 風 窓を閉じて かがり 影 って感じ。 ここまできれいに符合するなら、それはもう狙ってやっているのだとしか思えません。 とは、対照的な歌詞のないようになるように構成し尽くされているみたいです。 「は」に注目。 さて、私が注目したのは、「は」です。 で、『少年時代』に戻るわけですが、この曲の歌詞にはいくつかの「は」があります。 そしてその「は」は、どれも連の最後にあります。 つまり、連の最後に「は」を持ち出して、その連がなにに関することだったのかを教えてくれる、という構成になっているのです。 たとえば、最初のを再度引用してみましょう。 夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれに さまよう 青空に残された 私の心は夏模様 最後の行に「私の心は夏模様」とあります。 この文は、「私の心」について記されたもので、私の心が夏模様であることを示している部分です。 こんなことはわざわざ解説しなくても、日本語の文章が読める人なら迷ったりしないと思います。 で、大事なのはそこではなくて、それがこの連の最後にあるということです。 こんなことが書いてあるから、 この連の全体が、実は「私の心」について解説したものなのではないかと思うことができるってわけです。 夏が過ぎて、風あざみで、だれかのあこがれにさまよっていて、青空に残されている私の心が夏模様なのだと歌っている、ってわけです。 ふだん、私たちはたとえば友だちとしゃべっていて、いちいち自分の状況をこうして説明したりはしません。 私の心は夏模様だったよ!とか言わないでしょふつう。 夢は想い出のあとさきだとか絶対言わないわけです。 ふつうはそんなに、自分自身を突き放して解説したりすることはないのです。 でも、 この曲では自分自身の心を「夏模様」だと解説してくれています。 ここから、どんなことがわかるでしょうか? 私は、ここにとても切なさを感じました。 「私の心は夏模様」って解説してくれているのは、主人公が自分のことを突き放しているからです。 どうして突き放しているのかというと、それは、長い時間が経ったから、かな?と私は思いました。 主人公はもう少年時代から遠く離れた大人になって、懐かしい少年時代を懐かしんでいるのかな?と思ったのです。 がそうだとすると、はそれとは対照的な時制になるはず。 が過去なら、は現在になるはずですね。 それをさっきの表に組み込むなら、こんな感じになります。 夏 冬 青空 (日中を想起させます) 夜 風 窓を閉じて かがり 影 過去 現在 つまりこの曲、 で昔に思いを馳せたあとで現実に立ち返り、またで夢の世界へ旅立ったあとに再びで元に戻り、最後にもう一度で過去を振り返って、そのまま曲が終わる、という構成になっているのです。 すごいなそれ。 そして私は最後に、一人称に気づいちゃったのでした。 この曲の一人称は「私」です。 男性が「私」を一人称として使うのは、その人が十分に大人で、オフィシャルな場で自分を示したいときだけだと思います。 主人公はきっと、大人になったのです。 少年時代を思い返す時でも、その大人になった自分自身が歌詞の端からついにじみ出てしまいます。 でもだからこそ、遠く離れてしまった少年時代とのギャップが際立つのでしょう。 そしてだからこそ、少年時代が懐かしく思えるのでしょうね。 というわけで、『少年時代』でした。 一人称については、本当は違う読み方も考えたのです。 たとえば主人公は本当は女性で、少年のように振る舞うことができていた昔を懐かしんでいる、とか。 それでも十分にキレイに筋は通るのですが、女性である必然性も今ひとつ見当たらないので、今回は男性が主人公ってことにしてみました。 主人公と歌い手の性別についてはのときに考えたことがあるので、よければどうぞ。 宿題にしていた『』は次回かその次に持ち越しにしたいと思います。 読めそうな夏の曲がまだあったらそっちに浮気します。 ごめんなさいませ…。

次の

井上陽水の「少年時代」という歌の歌詞の意味がわからない

少年時代 造語

僕の周りでも行っている人がちらほら。 演奏は勿論、トークも良かったみたいで、1970年代、井上陽水の家に忌野清志郎が遊びに来て、どちらもまだ売れてなく二人でカレーを作って食べ、電気炬燵に足をつっこんで二人で曲を作ったそうです。 アルバム『氷の世界』には入っていない曲ですが、夏も終わりということで『少年時代』について書こうと思います。 そもそもこの曲は1990年に発売されていますし、昭和歌謡ではないですが・・・ 学校の音楽の教科書にも載っている名曲です。 井上陽水のことをそんなに知らなくてもこの曲は誰でも知っていることでしょう。 この曲についてよく話題になるのが、その歌詞です。 井上陽水はよく自分のオリジナルの言葉を作ります。 ド頭の歌いだし「夏は過ぎ、風あざみ」で既に陽水の造語が使われています。 「夏が過ぎ、あざみが風に揺れている」という様子を「風あざみ」という言葉を作ってそこに意味を集約させているのです。 普通、こんな発想は思いつきません。 歌詞を作るときは誰でも自分のボキャブラリーの中から言葉を選んで作るんだと思いますけど、陽水の場合は自分で言葉を作ってしまうのです。 僕もバンドで作詞をしていまして、僕が歌詞を作る上で一番に考えることは語呂なのですが、自分が思い浮かべるイメージをリズムやメロディに乗せようと思うとどうしても言葉を変えなくてはいけなかったり、逆にそのメロディやリズムに合う言葉があればそれに変えて意味自体を変えたりもします。 自分のオリジナルの言葉で表現することはなかなか難しいことだと思います。 そこで不思議なのが、陽水が作った造語からはちゃんと意味と言うかイメージが伝わってくるところです。 「風あざみ」「宵かがり」「夢花火」どれをとっても造語なのに分かりやすいのです。 そういう何と言えば良いのでしょうか、もうセンスがずば抜けているのです。 多分ですが、陽水は歌詞の意味や内容よりも、イメージや響きの方を大切にしているのでしょう。 僕は井上陽水のそういうところが好きです。 興味深いことに、今回のライブのMCでも出てきた忌野清志郎がこの曲をカバーしています。 清志郎の方は、レゲエっぽいような南国っぽいような曲調になっており、ところどころコードやメロディも変えてあります。 実を言うと僕は最初、井上陽水の元曲ではそんなに取り立てて良い曲だなって思わなかってはいなかったのです。 しかしある日、こっちの清志郎バージョンを聞いてこの曲の良さに気付きました。 正直な話、この曲に関しては今でも清志郎バージョンの方が好きだったりします。 そしてこの映像には井上陽水がMCで話していたエピソードを清志郎が語っています。 それにしても何故、丹下左膳の格好なんだ・・・? きっとその日は、二人にとって印象的な思い出なのでしょう。 清志郎はもう亡くなってしまいましたが、陽水には長生きしてほしいです。

次の

【井上陽水 少年時代に隠されたメッセージ】言葉が持つ力とブランド力を考える

少年時代 造語

1.「宵かがり」 「宵」は、日が暮れてから間もない頃、1~2時間くらいの間のこと。 通常、少年には許されない時間帯ですが、夏は、ほたる狩り、花火、夏祭り、盆などの夜のイベントが多いため、夜の思い出が多く残ります。 また、少年時代の夏の思い出とは「夏休み」の思い出に等しいといえます。 「かがり」は「篝」です。 この詩のように通常は鉄製のかごに薪(まき)などを入れてたく火のことをいいます。 上からつったり、足をつけて顔の高さくらいまで高くしてあります。 警備、照明、漁のために使われたものです。 現在では伝統的な催しや商業的な装飾などでしか見かけません。 また、俳句では「能篝(のうかがり)」は夏の季語とされています。 篝の灯かりの中で上演される能のことです。 (どことなくですが、唐詩選にある「江風漁火対愁眠」に感じが似ている気がします。 季節は逆ですけど…) 日本人の多くの成年男子にとって、少年時代の夏は特別なものだといいます。 夏の闇の中で、ユラユラと燃えるかがり火のような感傷に、きっと心がゆさぶられることでしょう。 2.長い冬が 窓を閉じて 呼びかけたままで 夢はつまり 思い出のあとさき 正直いってさっぱりわかりません。 「閉じて」と「呼びかけて」の主語は「長い冬」で、それなりに意味はわかるものですが、この句と後の「夢はつまり~」とのつながりが見えません。 この詩は意味より叙情の詩だと思われます。 日本の叙情詩は、時折、雰囲気優先です。 3.恋とはいえないと思います。 しかし恋かもしれません。 私は少年時代の夏全般に対する「淡い感傷」だと思います。 1970年くらいの設定のものです。 井上陽水の少年時代より少しあとですが、雰囲気は共通していると思います。 参考URL: 1.「風あざみ」が陽水さんのつくった造語だという事は有名です。 そんな日本語はないのです。 日本人の想像力をかき立てる韻を踏んでいるのだと思います。 「宵かがり」も同じく造語らしいです。 陽水さんご本人に聞いても「意味などないよ」と答えるでしょう。 2.これも明確な意味があるとは思えません。 聞いた人それぞれのイメージをかき立てる手法です。 陽水さん独特の手法ですね。 つまり聞いた人が勝手に解釈していいのです。 正解はないのです。 3.これは映画「少年時代」のためにつくられた曲です。 どんな解釈をしても間違いではありませんが、恋というよりは友情を扱う意向が強いかも知れません。 日本人でも難しい題材です。 日本語の意味を学ぶのでなく日本人の感性を学ぶ曲だと思います。 A ベストアンサー 1 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。 したがって、『現代仮名遣い』 昭和61年7月1日 内閣告示第1号 では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。 ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。 2 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。 【解る】理解する。 ことの筋道がはっきりする。 【判る】判明する。 明らかになる。 【分かる】上二つの意味を併せたいい方。 『常用漢字音訓表』 昭和56年10月1日内閣告示 に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。 「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。 新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。 質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。 民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 映画「ハナミズキ」を見てきました。 もともと「ハナミズキ」好きでいい歌だなぁと思っていました。 恋人同士の歌だと思っていました。 映画を見てまた聞きたくなって聞いていたら、何だか恋人同士の歌ではないよな?なんて思ってきて…。 「君と好きな人が百年続きますように」というところだけを見れば「いつまでも2人幸せに」なんて歌に聞こえますけど、それ以外の歌詞を見ると、「果てない夢がちゃんと終わりますように」…夢が終わる??叶いますように、ではなくて? と、疑問がいっぱいあります。 なので色々調べて見ました。 そうしたら、この歌は9. 11を受けて作られたそう。 そして平和を願う歌。 平和の象徴がハナミズキなんですね。 一青さんの友人が9. 11で亡くなっていて、その亡くなった友人に子供がいて、そのことを歌っているとか、色々なことがわかりました。 歌から映画ができたはずなのに、映画は恋愛ものだったよな、と思ったことはおいといて。。。 平和を願う歌だとすると、だいぶ歌詞の意味がわかったのですが、やっぱりわからないところがあります。 映画「ハナミズキ」を見てきました。 もともと「ハナミズキ」好きでいい歌だなぁと思っていました。 恋人同士の歌だと思っていました。 映画を見てまた聞きたくなって聞いていたら、何だか恋人同士の歌ではないよな?なんて思ってきて…。 「君と好きな人が百年続きますように」というところだけを見れば「いつまでも2人幸せに」なんて歌に聞こえますけど、それ以外の歌詞を見ると、「果てない夢がちゃんと終わりますように」…夢が終わる??叶います... A ベストアンサー 本人に聞かなければ、本当のところは分かりませんが、、、、 ここに、様々な意見があります。 多分、参考になりそうです。 yomiuri. htm 水際は「生と死の境目を意味している」と思います。 蛇足ながら、、、 日本からアメリカへ送った「桜」の苗木のお返しとして、 アメリカから「ハナミズキ」が送られました。 アメリカは、なぜ?「ハナミズキ」を、選んで日本へ送ったのか? ハナミズキの英名は「American dogwood」、 犬が、体調を壊した際に、ハナミズキの葉を飲ませると調子を取り戻す木です。 そして、日本など「犬」扱いで十分だ、と言う意味が隠されている。 当時の米国人がアジアの小国日本を、本音では、どう思っていたのかが分かったりします。 一青窈さんは若い方なので、ご存じなかったと思いますが、、、、.

次の