かぐや様は 最新話。 かぐや様は告らせたい【最新178話】のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

かぐや様は告らせたいネタバレ166話最新話の考察|かぐやと会長はキスだけで終わったのか?

かぐや様は 最新話

前回までは・・・ 無事デートもおえた石上とつばめ先輩でしたが、そこから新たな展開になっていました。 本人たちそっちのけで外野たちのカップル論争が勃発中。 生徒会室で論争しているものだから会長もとばっちり! どっちの味方なのか問い詰められ、逃げ出す会長。 (最新話はここから) 大仏に石上とつばめ先輩のことを聞こうとするミコ。 大仏は石つば派なこともあって、上手くいくといいねと話の途中で終わらせてしまう。 ミコは「…そうだね」としか言えなかった。 一方、どっちの味方なのか迫られて逃げ出した会長だが、悩んでいた。 あくまで中立で、ミコの気持ちを知らなかったのもあり石上を応援していた会長。 生徒会内の関係性をケアする必要性があることや贔屓もしたくないから自然な成り行きに任せるべきだと思っている。 だが…、四宮は石つば派…。 例の如く、恋愛における価値観が違うみたいだから私たち距離を置きましょうという、四宮に冷たくされるのを想像する会長。 会長の心の中では「 彼女が誰かと対立したときは無条件で彼女側につく」という決めつけまで出てきていました。 生徒会長としての自分か、四宮の彼氏としての自分か、どちらを重視すればいいのか悩む会長。 ストレスで胃が痛くなりつつも生徒会室に戻ります。 そこには…、ほかの人はもういなく伊井野(ミコ)のみが座っていました。 四宮と藤原は少し前まではいたが、まだ論争しているようでどこかへ行ったようだ。 会長は、伊井野が石上を意識しているという話にまだ疑いを持っているので、少し遠回りに石上が好きなのか聞いてみることにしたようだ。 ギプスの話からおしゃれの話をし、プライベートの話にもっていく会長。 「 伊井野は好きな男とか居ないのか?」 急にそんなことを言われた伊井野はビックリして焦る。 「 好きなタイプとかあるだろう!どういう男がすきなんだ!?」 気にせず聞き出そうとする会長。 伊井野は口説いているのかと疑念を持った。 「 私より勉強ができる人がタイプです!」 学年1位の伊井野…。 それより上だと俺くらい?と会長は思い口説いているのかと疑念を持つ。 白銀先輩(会長)がタイプなのかもしれませんよとからかう伊井野。 からかうなという会長に、会長と四宮が付き合っていること気付いる伊井野は、冗談だし横恋慕なんてしないので安心してという。 「あくまでタイプはタイプ…」 恋愛感情に直結するとは限らないと伊井野は言った。 会長は何かに気付いた表情をした。 が、先程から伊井野がしている筆ペンで何かを書いていることのほうが気になったようだ。 「般若心経です」 写経にはリラックス作用があると会長に進めだす伊井野。 ポエム仲間の会長だけあって、ご機嫌に般若心経を語りだす伊井野。 会長は今すぐにでも逃げ出したい表情。 しばらくたった後、藤原がやっぱり会長に白黒つけてもらおうと生徒会室に戻る。 そこにはすっかり般若心経にはまっている会長と伊井野。 何事かと驚いている藤原を見て会長は言った。 「 俺が例の件にどう思っているかか…」 真言(マントラ)で答える会長。 藤原にも般若心経を勧めだした。 さすがの藤原も怖くなり、会長を巻き込まないので巻き込まないのでと逃げ出していった。 すっかりはまっている会長だが、ふと伊井野を見ると…。 伊井野の視線の先には、二人で仲良さげに話をしている石上とつばめ先輩。 「伊井野、石上が好きなのか?」 会長は聞いた。 「嫌いですよ あんなやつ」 いつものように石上をけなす伊井野だったが、デートの話を聞いてから苦しくなると涙を浮かべながら伊井野は言った。 「会長 私どうしたらいいんでしょう」 かぐや様は告らせたい かぐ告 |最新話【180話】感想! 以上、かぐや様は告らせたい かぐ告 の最新話【180話】のネタバレでした。 逃げ出した会長の、彼氏はこうでなくては理論が相変わらず…。 それにしても、ミコと会長のやり取りは毎回面白くて個人的には大好きです。 ギャグ部分が多い回でしたが、最後にはミコが自分が石上のことを好きなことに気付いて会長に相談していましたね。 私は、石つば派なので、ミコにはかわいそうですがこのままうまくいってくれるということを願ってますが…。 まとめ 今回は、かぐや様は告らせたい かぐ告 |最新話【180話】についてのネタバレや感想、考察についてまとめてみました。 石上がどちらとくっつくのか、ミコは石上への想いに対してどうしていくのか。 続きが気になる回でした。

次の

かぐや様を語りたい|最新話76話のネタバレあらすじと感想!制服に触れる

かぐや様は 最新話

「俺の重低音系イケボには激しく需要がある事が判明したんだ」 御行と圭は全力で総ツッコミです。 しかし、父はめげません。 イメージ絵 めちゃくちゃ上手い を用意したり、専門用語の羅列で御行を言い負かしたりとかなり本気な様子です。 しかし、やはり娘には弱いのでしょうか。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」181話より引用 「父親がバーチャルな存在とか学校にバレたら学校行けない」 と圭が必死で止めると「そうか 駄目か」とアッサリ諦めます。 「だったら普通にユーチューバーだったら?」 父の次なる提案はユーチューバー。 「だったら…ギリ許容範囲だけど…」 こうして、父はユーチューバーとしてデビューが決まりました。 この時、2人はまだ「どうせ稼げるワケねぇし」と考えていました…! スポンサーリンク 相談相手を間違えた?! 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」181話より引用 今回、つばめが相談したのはオカルト部の部長・亜天坊ゆめ 3年 とマスメディア部の部長・朝日雫 3年 です。 2人はつばめの悩みに対して思い思いコメントを出しました。 「良い子だと思うわよ?部活連の会合で聞いた限りでは」 「うちの部からも信頼あるみたいだし」 総じて、石神の評価は悪くないようです。 でもつばめは煮え切りません。 石上が良い子であるから尚更、自分が年上だから尚更、慎重になってしまうのです。 「おっ次は女子高生からの相談だぞ」 つばめは御行の父に相談することにしたのです。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」181話より引用 「2つ年下と言うのもあって自分の気持ちが恋愛感情なのかわかりません どうすれば良いでしょう」 それはつばめが1番聞きたい素直な質問でした。 御行の父はそんなつばめに真摯に回答しました。 「そういう時はその相手と何をしたいか考えてみると良い」 「したい事としたくない事を考えてそれに沿った関係を選べ」 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」181話より引用 「君はその子とどういう関係になりたいんだ?」 つばめはその回答を真剣に聞いていました。

次の

かぐや様を語りたい|最新話76話のネタバレあらすじと感想!制服に触れる

かぐや様は 最新話

同時に応援合戦に出場し、女子生徒の制服を着る石上の事を心配します。 そんな心配をよそにかぐやは自分のを貸したから大丈夫だと言い、藤原はかぐやは優しいと言います。 その会話を偶々かぐやの事を崇拝しているエリカが聞いていたのです。 」 エリカは何で貴方がかぐやの制服を着るのと言う黒いオーラを纏いながら言います。 対して石上はこれから応援合戦なのと、またインタビューなのかと思っていたので断ろうとします。 かぐやの制服 エリカは石上に対して今着ている制服はかぐやのものかと尋ねると、石上はその通りだと答えます。 そうなるとかぐやの言葉は真実なのが分かったので、エリカは抱きしめてもいいかと聞きます。 対して石上は人を呼びますよと言ったのです。 それでもエリカはこんなチャンスは二度とないと、責めて制服を写真に収めたいと言っても石上は首を縦に振りません。 その理由はエリカがマスメディア部であり、もしこの事が記事されたら笑い者になるからでした。 「個人的に楽しむだけだから!! 」 エリカは興奮気味にこのように言いますが、石上はそれでも断りました。 石上のかれんに対する認識 そんな中、エリカを探していたかれんがやって来て、石上とのツーショットは珍しいと呟きます。 エリカは石上と関わりがあるんだっけと言い、石上は必死に名前を思い出そうとします。 そしたらナマモノ先輩と石上は言ったのです。 かれんは心臓をバクバクさせながら自分は紀かれんだと言い、エリカはナマモノってどういう事と聞きます。 そしたらかれんは生きとし生けるものは皆ナマモノだと言うかれん。 石上は名前を覚えていなかった事をかれんに謝罪し、彼女がエリカと友人なのを察します。 「なんか納得しました」 石上はこのように言うと、かれんは自分はエリカ同様に変人みたいに思われたと感じました。 それ故に不名誉な納得な気がしますと言うのでした。 そんな石上にエリカは呼び止めてしまった事を謝ると制服に触りました。 そして心の中で触っちゃったと騒ぐエリカ。 余りの嬉しさにエリカは触っちゃったとかれんに言い、かれんは石上に触れて嬉しいのかと聞きます。 エリカは石上が着ている制服はかぐやのものだからと言い、石上の事をナマモノ扱いします。 そしたらかれんは覚えたての単語を早速使うなと突っ込んだのです。 そして他所では使うなとかれんは言うも、エリカはかぐやの制服に触られた嬉しさからかかれんの言葉を聞いていませんでした。

次の