大原 櫻子 佐藤健。 大原櫻子の歴代彼氏に迫る!共演の吉沢亮と熱愛に発展?!

佐藤健、大原櫻子出演『カノジョは嘘を愛しすぎてる』発売

大原 櫻子 佐藤健

佐藤健「理子役が君でよかった」サプライズ花束に大原櫻子が大号泣! 2013年12月14日 14:07 佐藤健からの言葉に 号泣する大原櫻子 [映画. com ニュース] 主演で人気コミックを実写映画化した「」が12月14日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国で封切られ、佐藤をはじめ、共演の、、、相武紗季、、音楽プロデューサーの、監督ら総勢12人が同館で舞台挨拶に立った。 佐藤は、オーディションでヒロインに大抜てきされた新人の大原に「人はシンデレラストーリーと言うかもしれないけど、君が日々誰よりも努力してきたことを知っている。 理子役が君でよかった」とサプライズで花束を贈呈し、大原は「ビックリして言葉が出ない。 本当にありがとうございます」と感極まって号泣した。 5000人を超えるオーディションを勝ち抜いた大原は、「1年半前にオーディションを受け、今日まで長かったようで、あっという間だった。 公開の日を迎え、また新しいスタートラインに立った気持ち。 色々な方に感謝の気持ちでいっぱい」と万感の面持ち。 佐藤も、「僕らの思いが込もった大切な、大切な作品。 僕たちはこの作品を愛しています」と胸を張った。 意外にも佐藤にとっては本作が初の恋愛映画となり、「ふだん男たちとたわむれている現場が多いので、女性が常に隣にいて楽しい現場だった」とニヤリ。 すると、佐藤と劇中で微妙な恋仲にある歌姫・茉莉役の相武が、「セクシーなシーンは佐藤君が全部ご教示してくれた。 セクシーのつぼを分かっている」と暴露。 佐藤は赤面しながらも、「相武さんは映画では妖艶だけど、実際はめちゃめちゃシャイ。 『もっとグイグイ来て』とは言った」と認め、会場は黄色い歓声に包まれた。 劇中の人気バンド「CRUDE PLAY」のボーカル・坂口瞬役の三浦は、「ふだん役者をしているので、短い間だけ勘違いさせてもらった(笑)。 もう僕たちは解散したけど、この映画がヒットしたら復活するかもしれない」とニヤリ。 小泉監督は、「娘みたいな映画なので、生まれて巣立っていく姿を見るのは少し寂しい。 みんなでこの女の子を育てていってほしい」と客席に語りかけた。 原作は、「」「」の氏による同名人気コミック。 音楽業界を舞台に、孤高の天才サウンドクリエイター・小笠原秋(佐藤)と、才能を見出され劇的なデビューを飾る女子高生・小枝理子(大原)の恋模様を描く。 (映画. com速報)•

次の

大原櫻子の歴代彼氏に迫る!共演の吉沢亮と熱愛に発展?!

大原 櫻子 佐藤健

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒットと感謝の気持ちを込めて、映画のヒロインでもあり、劇中バンド・MUSH&Co. クリスマスということもあり真っ赤なコートの衣装で登場した大原櫻子。 「メリークリスマス! いつもはMUSH&Co. の3人で出させてもらっているんですが、今日は一人ということで尋常じゃなく緊張しています。 」と話し、GLITTER8の眩いイルミネーションをバックに劇中歌「うたうたいのうた」を歌唱。 続いては「去年のクリスマスはインフルエンザにかかってしまい嫌な思い出なんですが、今年は映画も公開され、CDデビューもして、こうしてみなさんの前でライブが出来て嬉しいです。 寒いので盛り上がっていきましょう!」と呼びかけて、デビュー曲「明日も」を元気いっぱいに披露した。 さらにこの日は、映画ヒットの感謝の気持ちを込めて開催されたイベントということもあり、なんと映画で主人公の音楽クリエーター小笠原 秋を演じた佐藤 健がスペシャルシークレットゲストとして登場。 小笠原 秋がベースを弾き、小枝理子が歌う劇中のクライマックスシーンで披露される名曲「ちっぽけな愛のうた」を劇中さながらに、佐藤健がベース、大原櫻子がボーカル&ギターでパフォーマンスして再現。 クリスマスに一夜限りのコラボが実現した。 映画の撮影以来初めてステージで共演した2人は、佐藤が「イヤモニ越しの(大原の)歌声が最高でした。 僕にとっても、みなさんにとっても最高のクリスマスになったと思います。 」と話せば、「佐藤さんと2人で演奏するのは映画の撮影以来。 今日はとても楽しみにしていました。 あっという間でしたがありがとうございました」と、大原。 久々共演を2000人の観客とともに楽しんだ様子だった。

次の

佐藤健の性格が変わったと噂される原因と2018年現在の熱愛彼女事情。│No Title Journal

大原 櫻子 佐藤健

佐藤健「理子役が君でよかった」サプライズ花束に大原櫻子が大号泣! 2013年12月14日 14:07 佐藤健からの言葉に 号泣する大原櫻子 [映画. com ニュース] 主演で人気コミックを実写映画化した「」が12月14日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国で封切られ、佐藤をはじめ、共演の、、、相武紗季、、音楽プロデューサーの、監督ら総勢12人が同館で舞台挨拶に立った。 佐藤は、オーディションでヒロインに大抜てきされた新人の大原に「人はシンデレラストーリーと言うかもしれないけど、君が日々誰よりも努力してきたことを知っている。 理子役が君でよかった」とサプライズで花束を贈呈し、大原は「ビックリして言葉が出ない。 本当にありがとうございます」と感極まって号泣した。 5000人を超えるオーディションを勝ち抜いた大原は、「1年半前にオーディションを受け、今日まで長かったようで、あっという間だった。 公開の日を迎え、また新しいスタートラインに立った気持ち。 色々な方に感謝の気持ちでいっぱい」と万感の面持ち。 佐藤も、「僕らの思いが込もった大切な、大切な作品。 僕たちはこの作品を愛しています」と胸を張った。 意外にも佐藤にとっては本作が初の恋愛映画となり、「ふだん男たちとたわむれている現場が多いので、女性が常に隣にいて楽しい現場だった」とニヤリ。 すると、佐藤と劇中で微妙な恋仲にある歌姫・茉莉役の相武が、「セクシーなシーンは佐藤君が全部ご教示してくれた。 セクシーのつぼを分かっている」と暴露。 佐藤は赤面しながらも、「相武さんは映画では妖艶だけど、実際はめちゃめちゃシャイ。 『もっとグイグイ来て』とは言った」と認め、会場は黄色い歓声に包まれた。 劇中の人気バンド「CRUDE PLAY」のボーカル・坂口瞬役の三浦は、「ふだん役者をしているので、短い間だけ勘違いさせてもらった(笑)。 もう僕たちは解散したけど、この映画がヒットしたら復活するかもしれない」とニヤリ。 小泉監督は、「娘みたいな映画なので、生まれて巣立っていく姿を見るのは少し寂しい。 みんなでこの女の子を育てていってほしい」と客席に語りかけた。 原作は、「」「」の氏による同名人気コミック。 音楽業界を舞台に、孤高の天才サウンドクリエイター・小笠原秋(佐藤)と、才能を見出され劇的なデビューを飾る女子高生・小枝理子(大原)の恋模様を描く。 (映画. com速報)•

次の