富士 ソフト 株式 会社。 富士ソフト株式会社のインターンシップ・1day仕事体験情報・企業情報|リクナビ2022

富士ソフト|株配当と株主優待の権利確定日はいつ? (TYO:9749)

富士 ソフト 株式 会社

新旧対決ってわけだ。 Skyは今めっちゃ業績が伸びていますね。 ただ、それがいつまでも続くわけではない。 今引張ているのはSKYSEAという製品ですが、これだけでは心許ないですね。 ライバル企業もそれを上回る製品を開発しているでしょうから。 富士ソフトは業界内では老舗です。 安定はしていますが、個人的には体質が古いような気がします。 あと私のとの相性はよくないです(笑) (あ、私は大手IT系に勤めています) まあ、将来性を取るか、安定性を取るかですね。 ここは働く人の価値観にもよるので自分で考えるしかありません。 ところでSkyは大阪本社で、富士ソフトは横浜本社のはずですが、そこは問題なのかな? どちらにしろ、どこかで一緒に仕事するかもしれませんね。

次の

富士ソフト株式会社 求人情報(東京都/【両国・都内】官庁系運用保守エンジニア(情報ソリューション/正社員)[80710209]|パソナキャリア

富士 ソフト 株式 会社

入社3年目の小口が2019年現在手掛けるのは、光技術を活用した「LiDAR(ライダー)」というセンサーの開発プロジェクトだ。 物体を検知し、物体との距離を測る「LiDAR」は、自動運転の目と呼ばれ、大手自動車部品メーカーにおいても重要視されている。 小口 「 LiDARは市場で製品化が始まったばかりの、自動運転が急激に進む社会でこれからの展開が期待される製品です。 当社の LiDAR開発プロジェクトには立ち上げ当初から参画してきました。 まだ世の中に無いものをつくってきたという点で、大きなやりがいを感じています」 小口が車載ソフトウェア開発の仕事に就くきっかけはなんだったのだろうか。 小口 「原点は高校時代、友人の影響で PCを購入したことですね。 PCってなんでもできるんだなっていうのに感動して、大学は名古屋で情報通信系の学部を選びました」 その後、小口はC言語やアセンブラ、HTML、PHP、プログラミングの基本的なところを一通り勉強していった。 しかし実は、当時はそれほどプログラミングにこだわっていたわけではなく、就職するのはサービス業でもいいなと考えていたくらいだという。 小口 「でも結局、愛知県内の組込系のソフトウェア会社に就職しました。 みんなで力を合わせて、何かひとつのモノをつくり上げるのが好きなんです。 あと、せっかくここまで勉強したのに生かさなかったらもったいないと思ったのが本音です(笑)」 そうして入社したソフトウェア会社で、小口は身につけたプログラミングの技術を生かし、自動販売機や高速道路の情報端末のシステム開発、さらに自動車関連の組込系ソフトウェア開発を手掛け、経験を積んだ。 小口 「前職では本当に良くしていただきました。 数十人規模の小さな会社だったので社長をはじめ、役員との距離もとても近くて、何でもやりたいことをやらせてもらいました。 ただ、結婚して子どもが産まれ、収入や働き方という面でこのまま働き続けられるか不安になり、安定している大きい会社で働きたいと思うようになりました」 そこで小口は転職活動を始める。 希望していたのは、名古屋で自動車関連のシステム開発ができる会社だった。 小口 「名古屋は言わずと知れた自動車産業の中心地。 そこにはたくさんの仕事があって、優秀な人材や最先端の技術が集まってきます。 仕事が多いということは、その分自分にもチャンスがあるということ。 刺激的な出会いがたくさんあります」 そうして富士ソフトの面接を受けた小口に、運命の出会いが待ち受けていた。 小口 「転職活動の面接で会ったのが、富士ソフトで自動車関連ビジネスを担当する常務の三木でした。 自動車業界の今後や、車載ソフトウェアがどうなっていくのか、そんな話で盛り上がりました。 内容もとても勉強になりましたし、面接に来ただけの自分にこんなに熱心に話してくれて、なんて魅力的な人なんだと思ったんです」 三木と出会い、「この人と仕事がしたい」と思った小口は、富士ソフトに入社することを決めた。 小口 「実際に入社してみたら、三木は役員なので、一緒に仕事をするという感じではありませんでした。 当時はそんなにえらい人だとわかっていなかったので……。 でも、今でも顔を合わせると気さくに話しかけてくれます。 大きい会社ってもっと冷たい人が多かったり、ギスギスしてたりするのかなと思っていたんですけど、全然そんなことないんですね(笑)」 富士ソフトに入社して参画したLiDAR開発プロジェクトは、小口にとって刺激的なものだった。 小口 「当時、聞いたこともないような先進技術に携わることになってワクワクしたのを覚えています。 前職では過去に開発したものを流用した派生開発が多かったので、初めは不安もありました。 しかし、富士ソフトには優秀な技術者がたくさんいて、刺激を受け切磋琢磨しながらエンジニアとしての成長を実感することができました。 小口 「ひとつ目は、上司や部下、お客様であっても、対等な人間関係を築くということです。 お互いに対等であるからこそ、いいことも悪いことも、言うべきことを言い合える。 いい仕事をするために、とても重要なことだと思っています。 ふたつ目は、ゴールをイメージしてから着手するということ。 やみくもに手を付けるのではなく、目指すべき姿に向かって取り掛かると、圧倒的にバグや手戻りが少ないのです。 それはエンジニアとしてもそうですし、プロジェクトのマネジメントをする上でも同じことが言えます」 小口にこのふたつを教えてくれたのは、前職で育ててくれた上司だった。 小口は富士ソフトについて、技術的なことは勉強しなければいけないことだらけでも、今までの経験を生かしてさらに次の成長を目指せるのが、いいところだと感じている。 そして2019年春、小口は1年間を通して著しい成果を上げた社員として、年間MVP表彰を受賞した。 受賞者は、毎年開催される創立記念式典の場で表彰される。 小口 「全国から受賞者だけが本社のある横浜で開催されるパーティーに招かれるのですが、本当に豪華で、大きい会社ってすごいなと思いました。 誇らしいというか、素直に嬉しかったです」 入社3年目にして栄えある場に選ばれたのは、リーダーシップでお客様満足度向上に貢献し、高い生産性と安定した品質が評価されたから。 それはまさに、自身のふたつのモットーを着実に守り、継続してきた成果だろう。 小口 「プロジェクトメンバーには、自分より経験も技術力もあるメンバーもいます。 そんな中でも、自分にプロジェクトマネージャーを任せようと思ってもらえたのは、プロジェクトの立ち上げ当初から携わってきて、仕事への取り組み方や、お客様との信頼関係を認めていただけたからなのかなと思います」 しかし、エンジニアとプロジェクトマネージャーに求められることは違ってくる。 小口 「これまでの仕事のスタンスは変えずに、さらにチームとしてパフォーマンスを上げていくことを考えなければいけません。 そのためには、まず風通しを良くして、一人ひとりが気持ち良く仕事ができるようするところからですね。 来年は自分のプロジェクトのメンバーが表彰されたらいいなと密かに、狙っています」 小口は自分のことを「エンジニアとしてものすごい才能があるわけではない」と言う。 将来的にもスペシャリストとして技術を極めていくというより、マネジメントの道を進んでいきたいと思っているそうだが……。 小口 「だからといって、技術的なことを勉強しなくていいわけじゃないと思っています。 入社以来、自動車関連のシステム開発を担当していますが、まだ AUTOSARのプロジェクトを担当したことはありません。 いつかは通る道。 小口のようなエンジニアが、自動車産業の未来を担っていくのだろう。

次の

“障がい者が力を発揮できる仕組み”が会社を強くする ~富士ソフト企画に聞く 障がい者雇用の可能性~

富士 ソフト 株式 会社

略称 FSI 本社所在地 〒231-8008 1丁目1番地 (富士ソフト桜木町ビル) 設立 事業内容 代表者 代表取締役 会長執行役員 代表取締役 社長執行役員 資本金 262億28万9,000円 2019年12月現在 発行済株式総数 31,139,006株 (2014年12月末現在) 売上高 連結:2,310億7,400万円 単体:1,500億8,200万円 (2019年12月期) 営業利益 連結:132億6,600万円 単体:77億5,400万円 (2019年12月期) 純利益 連結:78億3,600万円 単体:70億3,500万円 (2019年12月期) 純資産 連結:1,268億2,000万円 単体:855億5,100万円 (2019年12月期) 総資産 連結:2,076億1,800万円 単体:1,666億6,100万円 (2019年12月期) 従業員数 連結:11,654名、単体:7,776名 (2019年12月末現在) 決算期 12月31日 主要株主 エヌエフシー 10. (AVFC)RE SILCHESTER INTERNATIONAL INVESTORS INTERNATIONAL VALUE EQUITY TRUST 6. 資本的には、どの企業グループにも属さない独立系である。 概要 [ ] が自宅で1970年に設立した大手独立系IT。 富士ソフトはグループ全体で1万人を超える技術者を擁する。 設立から17年後の12月に株式上場している。 銀行・証券・生損保などの金融系や製造、医療、文教などの業務系システムの開発と構築を行う。 また近年、、、、みらいスクールステーションなどプロダクトサービスも展開しているほか、の製造も行っている。 富士ソフトが主催し、より開催(初年はプレ大会)されている「」は、参加者が自作した力士を技術とアイディアで戦わせるである。 全国大会にはの部と全日本の部があり、全日本の部はで開催されている。 また、現在では世界各国で大会が開催されるに至っている。 沿革 [ ]• (45年)5月15日 - がの自宅で 株式会社富士ソフトウェア研究所設立• (昭和47年)9月 - 東京事業所開設()• (昭和51年)3月 - 鎌倉事業所開設(神奈川県)• (昭和59年)4月 - 富士ソフトウェア株式会社に商号変更• (昭和60年)5月 - 本社ビル(現大船ビル)落成(神奈川県鎌倉市)• (昭和61年)6月 - 自社プロダクト製品「毛筆わーぷろ」販売開始• (昭和62年)4月 - 教育出版事業を開始• 1987年(昭和62年)12月- 東京地区店頭市場に株式を公開• (2年)3月 - 第1回全日本ロボット相撲大会開催• (平成4年)10月- 東京証券取引所市場第二部に株式を上場• (平成7年)6月 - 商号を 富士ソフト株式会社に変更、認証取得• (平成8年)10月 - 株式会社エービーシーを、商号を 富士ソフトエービーシー株式会社に変更• (平成10年)8月 - 認証取得• 1998年(平成10年)9月 - 東京証券取引所市場第一部に株式を上場• (平成13年)4月 - 事業本部制を導入• (平成14年)3月 - 資本金:262億28万円に増資• 2002年(平成14年)5月 - 認証取得• (平成16年)4月1日 - 神奈川県横浜市(27街区)に本社ビルを建設し、同県鎌倉市より本社を移転• (平成18年)3月 - ISMS CMMI(Level 3)認証取得• 2006年(平成18年)7月1日 - 商号を 富士ソフト株式会社に再度変更• (平成19年)2月5日 - に富士ソフト秋葉原ビル(新・東京オフィス)が竣工• (平成20年)3月 - から候補者名簿管理システムの開発を一式受注• (平成21年)6月 - 執行役員制度を導入• (平成22年)3月 - 台北オフィス開設(台湾 台北)• 2010年(平成22年)3月 - 自社プロダクト ヒューマノイド「」販売開始• (平成24年)7月 - ソウルオフィス開設(韓国 ソウル)• 2012年(平成24年)11月 - 自社プロダクト「」販売開始• (平成26年)4月 - 富士軟件科技 山東 有限公司設立• 2014年(平成26年)12月 - 第1回ロボット相撲世界大会「INTERNATIONAL ROBOT SUMO TOURNAMENT 2014」開催 主な製品・サービス [ ]• クラウドインテグレーションサービス• モバイルソリューション• 組み込み系テクノロジー• 映像配信ソリューション• セキュリティソリューション• デジタルリビングソリューション• 病院系ソリューション• 知能化技術ソリューション• リテールソリューション• (モアノート)• みらいスクールステーション• 機器一覧 [ ] 現行製品 [ ] [ ]• FS01BU• WM31 [ ]• FS010W 生産終了製品 [ ] USBモデム [ ]• WM320• 510FU• MF111• MF121 モバイルWi-Fiルーター [ ]• WM340• FS810WR 国内事業拠点 [ ] 首都圏 [ ] 神奈川県 [ ]• 横浜オフィス• 東神奈川オフィス• 厚木オフィス 東京都 [ ]• 両国オフィス• 秋葉原オフィス• 錦糸町オフィス• 上野オフィス• 飯田橋オフィス• 東陽町オフィス• 門前仲町オフィス• 立川オフィス• 八王子オフィス• 八王子第2オフィス• 八王子第3オフィス• 電気通信大学オフィス 埼玉県 [ ]• 大宮オフィス 茨城県 [ ]• 日立オフィス 群馬県 [ ]• 太田オフィス 東北地方 [ ] 岩手県 [ ]• 大船渡テレワークセンター 北海道 [ ] 北海道 [ ]• 札幌オフィス• 札幌第2オフィス 中部地方 [ ] 静岡県 [ ]• 浜松オフィス 愛知県 [ ]• 名古屋オフィス• 名古屋第2オフィス• 豊田オフィス• 刈谷オフィス 近畿地方 [ ] 大阪府 [ ]• 大阪オフィス• 大阪第2オフィス 兵庫県 [ ]• 神戸オフィス 中国地方 [ ] 広島県 [ ]• 広島オフィス 九州地方 [ ] 福岡県 [ ]• 福岡オフィス• 北九州オフィス 熊本県 [ ]• 熊本オフィス 沖縄地方 [ ] 沖縄県 [ ]• 沖縄開発センター 海外事業拠点 [ ] 台湾 [ ]• 台北オフィス シリコンバレー [ ]• シリコンバレー事務所 韓国 [ ]• ソウルオフィス 中国 [ ]• チャイナビジネス推進室 グループ企業 [ ] グループ企業 [ ]• サイバネットシステム株式会社(東証一部上場)• 株式会社ヴィンクス(東証一部上場)• サイバーコム株式会社(東証一部上場)• (東証二部上場)• 株式会社東証コンピュータシステム(下記参照)• 株式会社オーエー研究所• イデア・コンサルティング株式会社• 富士ソフト・ティッシュエンジニアリング株式会社• 富士軟件科技 山東 有限公司• FUJISOFT America, Inc. 株式会社リンクス• 富士ソフト企画株式会社• 株式会社日本ビジネスソフト• エース証券株式会社 東証コンピュータシステム [ ] 株式会社東証コンピュータシステム 市場情報 非上場 略称 TCS 本社所在地 〒135-0016 2-4-14 三井ウッディビル3F 設立 システム開発・関連事業 事業内容 東京証券取引所関係業務、証券会社関係業務、証券諸団体関係業務、公官庁関連業務、その他 代表者 中村 守雄 代表取締役 竹林 義修 資本金 4億円 売上高 34億円(平成25年度) 純利益 3億3900万円(2019年12月31日時点) 総資産 40億0500万円(2019年12月31日時点) 従業員数 234名(2019年3月26日現在) 決算期 12月 主要株主 富士ソフト、東京証券取引所 外部リンク 株式会社東証コンピュータシステム(とうしょうコンピュータシステム)は、日本の会社。 機械計算部門から分離・発足した経緯を持つ。 現在は富士ソフトグループの傘下である。 株式会社東京証券取引所も一部株式をなお保有している。 沿革 [ ] 下記沿革はすべて当社の公開する情報に基づいていることに注意されたい 出典:• 1961年6月 - 機械計算部門から分離。 子会社の「株式会社東京証券計算センター」として設立される。 1986年6月 - 関連会社として「株式会社」を設立する。 1986年10月 - 商号を「株式会社東証コンピュータシステム」に変更する。 2001年3月 - のシステムサービス企業登録原簿へ登録(SI登録)。 2001年12月 - の認証を取得する。 2002年11月 - 競争参加資格を取得する。 2004年10月 - 富士ソフトABC(現、)グループの傘下となる。 2005年11月 - 認定を取得する。 2010年3月 - 東京都日本橋に本社を移転する。 2012年2月 - 東京都千代田区丸の内に本社を移転する。 2016年4月 - 東京都江東区東陽町に本社を移転する。 製品 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年10月) ソリューションサービス [ ]• NEW COSMO• ギガDRMS• FTnetサービス• 市況情報サービス(一般向け情報/一般向け銘柄関連情報) パッケージ商品 [ ]• ST ctive その他 [ ]• 株式投信分配落ち単価検索CD販売• タンス株権利落ち株価検索CD販売 主要取引先 [ ] 出典:• 株式会社• 株式会社• 株式会社• その他、、等 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 業種・名前が似ているとの取引関係は、への筆ぐるめのバンドル提供のみである。 出典 [ ].

次の