山梨 20 代 女性 コロナ。 山梨県高速バスコロナ感染の20代女性は誰で実名(名前)は渡辺で爆サイ特定完了?京王バス(富士吉田)とTwitter+SNS

山梨コロナ帰省女性の名前特定!顔写真/父の職業/友人/実家/BBQの場所も|Mahiyu's blog

山梨 20 代 女性 コロナ

東京都在住の20代会社員女性が、新型コロナウイルスに感染していたことが発表されました。 山梨県は2日、東京都内に住む20代の会社員女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 女性は県内の実家に帰省中、PCR検査を受け、結果が出るまで実家での待機を求められた。 しかし、その日の夜に高速バスで帰宅。 その後、感染が判明した。 県内の感染者は計55人となった。 県によると、女性は4月26日に味覚と嗅覚(きゅうかく)に異常が出た。 28日まで都内の会社に出勤。 29日に新宿発の高速バスに乗り、富士急ハイランドバス停で下車、親族の車で帰省した。 30日には県内の友人宅で4人とバーベキューをした。 帰省中に買い物にも出たという。 引用: 現在、 緊急事態宣言の延長も調整されていて、不要不急の外出や移動、県をまたいでの帰省なども控えるよう全国的に求められています。 20代会社員女性は、帰省する前の東京にいる時から自覚症状があったようですが、どうしても実家へ帰らないといけない事情があったのでしょうか? また、PCR検査の検査後に、(実家で)自宅待機と言われていたのに東京に高速バスを利用して帰られてしまいました。 20代会社員女性の行動に山梨県民も憤りを感じているようです。 今回は20代会社員女性の行動歴と山梨県の対応、SNSの反応について調べてみました。 20代会社員の行動歴については、詳細が発表されていることから山梨県が感染拡大の危機感を感じていることが伺えます。 女性が4月28日まで勤務していた東京の会社の同僚が新型コロナウイルスに感染されていたことから、 山梨県も20代女性は東京で感染した可能性が高いという認識だそうです。 現在の症状はなし。 今後、濃厚接触者については調査されるようです。 高速バスに一緒に乗っていた、行きの7人( 運転手+乗客 6人本人を除く)と、 帰りの5人( 運転手+乗客4人本人を除く) についても調査中とのこと。 20代女性、保健所に虚偽の説明をしていたことが判明 5月3日、女性が東京へ帰る高速バスの時間について、 保健所の聞き取りに対して虚偽の説明をしていたことがわかりました。 虚偽の説明をしたり、陽性と知っていながら高速バスに乗車していたこと、実家の家族も同じく虚偽申告をしていたとのことでさらに非難の声が高まりそうです。 東京都の20代女性について同県は3日、PCR検査結果が出る前の1日夜に都内に帰宅したと発表していたが、実際の帰宅は陽性結果報告を受けた後の2日だったと訂正した。 女性が虚偽の説明を保健所にしていた。 女性は「 飼っている犬が心配だった」などと述べているという。 同県によると、女性は1日に県内で検査を受け、2日午前9時ごろ、保健所から陽性との報告を受けた。 その際女性は「既に都内に帰宅している」と虚偽の説明をしたが、実際は同日午前10時過ぎに富士急ハイランドバス停から新宿行きの高速バスを利用し帰宅していたという。 2日に県の記者会見を見ていた女性の知人から保健所に情報提供があり、明らかになった。 県は感染者からの正確な情報収集を目的に特別チームを発足させているが、今回の虚偽報告については 「 実家で暮らす親族も女性と同じ虚偽申告だったので話の中で矛盾点は見つけられなかった」と話している。 県の担当者は「 この行為が周囲の人を危険にさらす行為だということを十分に理解してほしい。 同じバスに乗車した人で健康状態に不安がある場合は最寄りの保健所に相談してほしい」と話している。 引用: 山梨県で20代女性と接触のあった友人の感染も判明 4月3日、 1日に女性と接触のあった山梨県の男性が、新型コロナウイルスに感染していたことも分かりました。 1日は女性がPCR検査を受けた日ですが、検査日に友人に会われていたそうです。 「自分は感染していない」という根拠のない自信が、周囲の迷惑に繋がる場合もあります。 今回感染が確認された男性はバーべーキューをしていた友人とは別だそうですが、今後家族や友人、県民の方へ感染が拡大しないことを願うばかりです。 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日夜、 女性が1日に会った県内の20代男性の感染が確認されたと発表した。 女性はこの日、PCR検査を受けていた。 女性は4月30日に友人宅で4人とバーベキューをしたが、この 男性は別の知人という。 県の新型コロナ対策特別チームは他の濃厚接触者や女性の行動履歴についてさらに調べている。 引用:産経新聞 〇概要 ・年代:20 代 ・性別:男性 ・居住地:山梨県 ・職業:調査中 〇症状・経過 5 月 3 日 55 例目患者の濃厚接触者として、PCR 検査の結果、陽性判明。 詳細は、現在調査中 〇行動歴(発症前 2 週間以内の渡航歴:調査中) 現在調査中 〇濃厚接触者 現在調査中 引用:山梨県ホームぺージ ツイッターの反応 【ノーカット 動画】 県の担当者も内心怒ってますよ。 そもそもネットに個人情報を拡散してる時点でモラルの程度は同じ。 静かにしよう。 いくら自分が気をつけてて万全でも、もし、こういう人が同乗してきたら…って考えてのことだけど、正解だったわ。 確信犯じゃない? 山梨でも東京でもいつどこで何してたかは明らかにして欲しい。 でないと接触してた可能性のある人達に感染の恐れがあるから。 — N. Nozomi51018794 自宅待機無視して何人も感染させた山梨のコロナBBQの子、実名もFacebookももう特定されたんだね。 東京に住んでる住所も特定されそうな勢い。 自分が何をしでかしたのか痛感しながら生きるしかないね。 本名でTwitterやってたらそりゃぁ。 — TAM🍜sun5000 tamsun5000.

次の

山梨20代女性帰省中にコロナ感染。待機命令無視の状況と特定の動きも出ているSNSの反応を調べました。

山梨 20 代 女性 コロナ

Contents• 山梨に帰省した20代女性が特定された? ゴールデンウイーク中に地元の山梨に帰省し、しかもコロナウイルスにかかっていたことが分かった20代女性。 その女性の行動歴に驚きの声が上がっていました。 また、山梨のローカルなネット掲示板でも、女性の身元を割り出そうとするスレッドがいくつか立ち上がり、地元の人が色々と書き込んでいました。 20代女性の家族が村八分の危機?! 都内から地元・山梨に帰省してしまったこの女性の行動は、決して好ましいものではありませんが、この炎上ぶりに心配されているのが、地元の家族のことです。 山間部の小さなコミュニティーでは、隣近所の目が凄く近いんですよね。 そのご家族が近所とどのような関係を築いてきているかは分かりませんが、いわゆる 村八分状態になってしまう可能性が考えられるのです。 スポンサードリンク ネット上の地元の人の声でも、 ・怖いので早くどこの人か特定してほしい ・同じ山梨県民として恥ずかしい ・ちゃんと特定してもらって、対策したい ・利用した店を知りたい。 と、ウイルスへの恐怖心から、情報を知りたがる声が多く掲載されていました。 ただ情報の扱い方を間違えると、無意識のうちにイジメへと繋がってしまいます。 実際に、長い間コロナウイルスの感染者が0人だった富山県で、 初めてコロナウイルスに感染した人が、家に投石をされるなどの被害に遭い、隣県へ引っ越しをしてしまったそうです。 また、徳島県でウイルスに感染した男性は、 県の発表のせいで住所や氏名を特定され、訴訟を起こす騒動になっています。 特定行為が怖すぎる! ここまで特定行為があっという間に進んでしまうと、恐怖を感じますね。 多くの人が、外で遊びたいのを我慢して、家ですごしているわけですから、フラストレーションが溜まって、攻撃モードになっている方が増えているのだと思います。 特定する方も、夢中になって情報を集めているのかもしれませんが、もし間違った情報が拡散されているとしたら、とても怖いと思います。 保健所に虚偽の行動経歴を報告していたことが発覚 女性は当初、5月1日の高速バスで東京都内に帰ったと報告していましたが、実は2日の朝の便で東京都内に帰っていたことが発覚しました。 さすがに、家族も一緒になって嘘をついていたことは擁護できないし、とても残念な行為だと思います。 まとめ 世界中を取り巻くコロナウイルスのせいで、先行きが分からずに、ずっと不安を胸に抱えて苦しい人も多いと思います。 人の事を攻撃するよりも、自分が少しでも楽しい気分で過ごせるように、気持ちを切り替えていく方が良いのではないかなと思います。

次の

山梨帰省のコロナ感染20代女性の行動がヤバい!なぜ自粛しないのか?

山梨 20 代 女性 コロナ

Contents• 山梨に帰省した20代女性が特定された? ゴールデンウイーク中に地元の山梨に帰省し、しかもコロナウイルスにかかっていたことが分かった20代女性。 その女性の行動歴に驚きの声が上がっていました。 また、山梨のローカルなネット掲示板でも、女性の身元を割り出そうとするスレッドがいくつか立ち上がり、地元の人が色々と書き込んでいました。 20代女性の家族が村八分の危機?! 都内から地元・山梨に帰省してしまったこの女性の行動は、決して好ましいものではありませんが、この炎上ぶりに心配されているのが、地元の家族のことです。 山間部の小さなコミュニティーでは、隣近所の目が凄く近いんですよね。 そのご家族が近所とどのような関係を築いてきているかは分かりませんが、いわゆる 村八分状態になってしまう可能性が考えられるのです。 スポンサードリンク ネット上の地元の人の声でも、 ・怖いので早くどこの人か特定してほしい ・同じ山梨県民として恥ずかしい ・ちゃんと特定してもらって、対策したい ・利用した店を知りたい。 と、ウイルスへの恐怖心から、情報を知りたがる声が多く掲載されていました。 ただ情報の扱い方を間違えると、無意識のうちにイジメへと繋がってしまいます。 実際に、長い間コロナウイルスの感染者が0人だった富山県で、 初めてコロナウイルスに感染した人が、家に投石をされるなどの被害に遭い、隣県へ引っ越しをしてしまったそうです。 また、徳島県でウイルスに感染した男性は、 県の発表のせいで住所や氏名を特定され、訴訟を起こす騒動になっています。 特定行為が怖すぎる! ここまで特定行為があっという間に進んでしまうと、恐怖を感じますね。 多くの人が、外で遊びたいのを我慢して、家ですごしているわけですから、フラストレーションが溜まって、攻撃モードになっている方が増えているのだと思います。 特定する方も、夢中になって情報を集めているのかもしれませんが、もし間違った情報が拡散されているとしたら、とても怖いと思います。 保健所に虚偽の行動経歴を報告していたことが発覚 女性は当初、5月1日の高速バスで東京都内に帰ったと報告していましたが、実は2日の朝の便で東京都内に帰っていたことが発覚しました。 さすがに、家族も一緒になって嘘をついていたことは擁護できないし、とても残念な行為だと思います。 まとめ 世界中を取り巻くコロナウイルスのせいで、先行きが分からずに、ずっと不安を胸に抱えて苦しい人も多いと思います。 人の事を攻撃するよりも、自分が少しでも楽しい気分で過ごせるように、気持ちを切り替えていく方が良いのではないかなと思います。

次の