ポケモン ヒートロトム 相性補完。 【育成論】眼鏡ヒートロトム【ポケモン剣盾】

技範囲考察(相性補完)

ポケモン ヒートロトム 相性補完

はじめに• 指定が記載されていない場合互いに理想個体であるとします。 また、その他非公式の用語及び略称を用いる事があります。 性格補正をかけて努力値を252振ったものを特化と表記します。 ダメ計はトレーナー天国様のものを使用させていただきました。 今回が初投稿となります。 一部拙い表現、文章などがあるかもしれません。 その場合は指摘していただけると嬉しいです。 ただし地面技には4倍弱点を突かれてしまうので、型破り地震には注意が必要になります。 PGLによると、シーズン8、2月11日現在、Hロトムの持ち物は拘りスカーフが全体の25. 採用理由• スカーフによる上からのボルチェンの対面操作性能 スカーフを持たせることにより、ポケモンの上を取ることができます。 例え不利対面でもボルチェンで負荷を掛けつつ、後ろに控えているポケモンに交代させることでサイクル戦をより有利に展開させることが可能です。 ボルチェン読みの行動をとられる事もありますがそれも含めて行動選択することが重要になります。 環境に蔓延する鋼の処理能力 受け枠として採用されるテッカグヤ、ナットレイや、その他の岩技を切った鋼に役割遂行することができます。 しかし、大抵の鋼はこちらに対して有効打を持っていないことが多いので突っ張ってくることは殆ど無いと思われます。 大体の場合は後ろにバックしてオバヒを受けてくるので、打った後は素直に引くなどの行動をする必要があります。 スカーフトリックによる受けル 害悪 対策 みなさんが大好きな受けループに対して、拘りアイテムを渡し、相手のゴツメや輝石、残飯を取り上げることにより受けル自体の機能停止が可能になります。 ただしメガストーン持ちやZクリスタル持ちには効果がないので要注意。 タイプ受け 先程書かせていただいたように、優秀な耐性により、後出しによるタイプ受けも可能になります。 PGL上位のアタッカーでは、などには後出しが可能で、などに対面から有利に立ち回ることができます。 Hの実数値は無振りで125と低めのため、HP管理が重要になってくると思いますが、バランスのいい種族値を持っているためそこそこの耐久があり、サイクル戦においても腐りにくいと言えます。 特性 浮遊のみなので確定。 持ち物 コンセプト上 こだわりスカーフで確定。 性格 より火力を出すことが必要なので、 ひかえめで確定。 また、DL対策で残りの4はDに振ります。 Sを耐久に回したい場合、スカーフ込みで最速130属を抜くことができるS220振りまで落としても良いと思います。 その場合、 H28B4C252D4S220振りが理想になると思います。 その他細かい調整はパーティと相談して決めて下さい。 技 与ダメも一緒に載せます。 ・確定技• オーバーヒート このポケモンの唯一の炎攻撃技。 メインウェポン。 有利対面を作ったらとりあえずこれで役割を遂行します。 フォルムチェンジ時に覚える。 H4ミミッキュ :77. 6% 確定2発 無振りカプ・コケコ :91. ボルトチェンジ 相手にダメージを与えつつ交換できる技。 上からの対面操作が出来るのでサイクルを回しやすくなります。 マシン技。 H4メガギャラドス : 53. めざめるパワー氷 メガ ボーマンダ対面や、電気技を受けに出てくるランドロス、ボルトロスに有効な技。 その他4倍弱点にも刺さります。 マシン技。 慎重H196D236メガボーマンダ : 57. トリック 先程書かせていただいたように、拘りアイテムを相手に押し付けることにより受けループ等補助技メインのポケモンの行動に制限をかけ、機能停止させることができます。 レベル技。 とりあえずは上記の4つで確定でいいと思いますが、トリックを外して下記の技から選択するのもアリでしょう。 ・選択技• 10万ボルトor放電 命中安定電気技。 3割の確率で麻痺を引きたいなら放電も一考の価値あり。 打ちたくなる場面は結構あります。 鬼火or電磁波 状態異常技。 相手の物理攻撃の威力を半減させたり、麻痺バグを引いたりできます。 スカーフとの相性は決していいとは言えませんがこれも一考の価値アリ。 立ち回り 基本的には先発に出し、不利対面であればボルチェンによる対面操作、有利対面であればオバヒ等々で役割遂行しましょう。 また、相手ポケモンがスカーフを押し付けられた場合機能停止するのではないかと判断されるときはトリックを積極的に押しに行って構わないと思います。 このポケモンはサイクルの1パーツであり、ボルチェンしたり有利となるポケモンに後投げしたりと 非常に過労死しやすいポケモンです。 選出の時点でどのポケモンには有利が取れるか、どのポケモンなら後投げが間に合うかよく考えて裏の2体を選出しましょう。 被ダメ• A特化2段上昇ミミッキュ シャドークロー: 70. 力持ちA特化マリルリ アクアジェット: 67. C特化刃ギルガルド シャドーボール: 63. A12メガボーマンダ すてみタックル: 43. A252 2段上昇メガルカリオ しんそく:75. C252カプ・テテフ サイコキネシス F補正込み : 87. C252カプ・コケコ 10万ボルト F補正込み : 35. 相性の良いポケモン• カプ・レヒレ この2体が放つ等倍技範囲は圧倒的に広いです。 ロトムレヒレでサイクルを回し、ラスト1体でフィニッシュさせるといったプレイングが可能になります。 また、ステロによりサイクル戦を有利に進められたり、宿り木によってロトムのHPをいくらか回復させることができます。 格闘が一貫するので、上記のレヒレなどと組み合わせるのも良いかもしれません。 終わりに 最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございました。 初投稿故、一部分かりにくかったり見苦しい箇所があるかもしれませんがどうかお許しください。 感想や意見、ご質問等はコメント欄にてお受けします。 とても参考になりました。 これからも投稿頑張ってください。 ツッコミどころが無いと仰って下さって嬉しいです(笑) 頑張ります。

次の

技範囲考察(相性補完)

ポケモン ヒートロトム 相性補完

こんにちは、ポケモット()です。 まず、僕はインキャ戦法は嫌いです。 笑 試合が長くなるし、勝ちにくいし。 けど嫌ってはいけない。 毒を制するなら、自らも毒を飲まなくては!ということで僕もついにインキャ型ナットレイを育成しました! 特に相手の物理ポケモンを封殺するように、HB型に調整しています。 先に具体的な「調整」だけ知りたい人は、目次のリンクから飛んでみてください。 記事後半では、ナットレイを逆に相手に使われた時の対策と弱点についても解説しています。 今回の最遅ナットレイは、相手が素早さが最速68族以上(素早さ実数値132以上)時、ジャイロボールの威力は150の技になる。 今回のナットレイは 「ジャイロボール」を採用しているため、素早さ個体値は最低(ゼロ)で厳選してください。 HB=物理ポケモンを相手にするためにHB特化• 特に環境トップクラスのミミッキュに対しては、余裕で完封できます。 プレイングスキルが通常の対戦ほど必要にはならないので、やりやすいです。 裏を返すと、やることがはっきりしていてプレイングが短調になりやすいので、相手に行動を読まれてしまいます。 ナットレイの「まもる」のタイミングで相手が、ほのうタイプまたは、ほのう技を覚えたポケモンを合わせてくると劣勢になることもあります。 相手の行動を読むのはポケモンの楽しさの一つ! 読みが決まった時はとても気持ちいいので、相手の交代、行動読みをしてやりましょう! 今回のナットレイの立ち回り・役割 今回のナットレイはB特化の物理受けです。 なので、相手のポケモンに合わせて、後出しで十分に活躍することができます。 相手の初手読みをしないのなら、初手ではなく2手目以降で出すようにしましょう。 逆に相手の初手を物理ポケモンと予想して、初手からナットレイを出すのも悪く無いです。 ただし、その場合はニンフィアなど控えに相手の特殊ポケモンに強いポケモンを一緒に選出しておいた方が良いです。 4%~18. 7%~34. 7%~72. 9%~99. 3%~92. 4%~117. 7%~97. 2%)確定2発 ナットレイの今回の弱点は以下の通りです。 ほのおタイプの攻撃• 特攻種族値が高く、ほのお技を覚えるポケモン• 「ちょうはつ」を覚えているポケモン ヒートロトムやエースバーンなどのタイプ一致の、ほのお技は当然耐えることができません。 ほのおタイプのポケモンと対面してしまったら、大人しく控えのポケモンと交換するか、ナットレイを捨てることにしましょう 笑 またダメージ計算のところにも載せていますが、 バンギラス、ニンフィア クラスのタイプ不一致の、ほのお技は耐えることができます。 しかし、 サザンドラ クラスの特攻種族値を持つポケモンには、たとえタイプ不一致でもほのお技を使われると、ナットレイが一撃で倒されてしまいます。 相手が、ほのお技を覚えているのか。 それを見極めることが大事です。 そして「ちょうはつ」を覚えているポケモンに対しても劣勢になりかねないので、注意しましょう。 こちらがやりたいことを一切やらせてもらえなくなるかもしれません。 そしてそうした場合、「あくびループ」をしたくなってきますよね 笑 ナットレイが「ステルスロック」「やどりぎのたね」をしつつ、 相性の悪いほのおタイプと対面したら水タイプであるシャワーズに交換するというのはとても相性の良いチームです。 シャワーズは体力種族値が130、特防種族値95と、特防に特化させたら元々の高い体力と相まって、多くの特殊ポケモンを受けることができます。 シャワーズの苦手な電気タイプには、ナットレイを合わせれば良いので、相性補完もバッチリです。 そしてシャワーズと組ませた場合、怖いのは「電気と炎の複合タイプ」 おわかりでしょうか…ヒートロトムです。 なので、ヒートロトム対策に、パーティの3体目は、サザンドラやドラパルトなどのドラゴンタイプを入れると3体の相性補完がとてもよくなります! カバルドン(あくびループ) 上のシャワーズと同じようなことが、カバルドンでもできます。 じめんタイプのカバルドンは、ナットレイが苦手なほのお技も受けることができます。 カバルドンを採用した場合、ナットレイに「ステルスロック」を覚えさせる必要がなくなるのが、良い点です。 しかし、カバルドンを採用した場合どうしても特防が低いので、やや心配になります。 それにカバルドン対策は「ちょうはつ」が有名で、多く対策されてしまっているので、個人的にはシャワーズの方が良いかなと思っています。 また、以前に育成した特殊アタッカー受けのオーロンゲとも相性が良いです。

次の

ヒートロトム

ポケモン ヒートロトム 相性補完

こんにちは、ポケモット()です。 まず、僕はインキャ戦法は嫌いです。 笑 試合が長くなるし、勝ちにくいし。 けど嫌ってはいけない。 毒を制するなら、自らも毒を飲まなくては!ということで僕もついにインキャ型ナットレイを育成しました! 特に相手の物理ポケモンを封殺するように、HB型に調整しています。 先に具体的な「調整」だけ知りたい人は、目次のリンクから飛んでみてください。 記事後半では、ナットレイを逆に相手に使われた時の対策と弱点についても解説しています。 今回の最遅ナットレイは、相手が素早さが最速68族以上(素早さ実数値132以上)時、ジャイロボールの威力は150の技になる。 今回のナットレイは 「ジャイロボール」を採用しているため、素早さ個体値は最低(ゼロ)で厳選してください。 HB=物理ポケモンを相手にするためにHB特化• 特に環境トップクラスのミミッキュに対しては、余裕で完封できます。 プレイングスキルが通常の対戦ほど必要にはならないので、やりやすいです。 裏を返すと、やることがはっきりしていてプレイングが短調になりやすいので、相手に行動を読まれてしまいます。 ナットレイの「まもる」のタイミングで相手が、ほのうタイプまたは、ほのう技を覚えたポケモンを合わせてくると劣勢になることもあります。 相手の行動を読むのはポケモンの楽しさの一つ! 読みが決まった時はとても気持ちいいので、相手の交代、行動読みをしてやりましょう! 今回のナットレイの立ち回り・役割 今回のナットレイはB特化の物理受けです。 なので、相手のポケモンに合わせて、後出しで十分に活躍することができます。 相手の初手読みをしないのなら、初手ではなく2手目以降で出すようにしましょう。 逆に相手の初手を物理ポケモンと予想して、初手からナットレイを出すのも悪く無いです。 ただし、その場合はニンフィアなど控えに相手の特殊ポケモンに強いポケモンを一緒に選出しておいた方が良いです。 4%~18. 7%~34. 7%~72. 9%~99. 3%~92. 4%~117. 7%~97. 2%)確定2発 ナットレイの今回の弱点は以下の通りです。 ほのおタイプの攻撃• 特攻種族値が高く、ほのお技を覚えるポケモン• 「ちょうはつ」を覚えているポケモン ヒートロトムやエースバーンなどのタイプ一致の、ほのお技は当然耐えることができません。 ほのおタイプのポケモンと対面してしまったら、大人しく控えのポケモンと交換するか、ナットレイを捨てることにしましょう 笑 またダメージ計算のところにも載せていますが、 バンギラス、ニンフィア クラスのタイプ不一致の、ほのお技は耐えることができます。 しかし、 サザンドラ クラスの特攻種族値を持つポケモンには、たとえタイプ不一致でもほのお技を使われると、ナットレイが一撃で倒されてしまいます。 相手が、ほのお技を覚えているのか。 それを見極めることが大事です。 そして「ちょうはつ」を覚えているポケモンに対しても劣勢になりかねないので、注意しましょう。 こちらがやりたいことを一切やらせてもらえなくなるかもしれません。 そしてそうした場合、「あくびループ」をしたくなってきますよね 笑 ナットレイが「ステルスロック」「やどりぎのたね」をしつつ、 相性の悪いほのおタイプと対面したら水タイプであるシャワーズに交換するというのはとても相性の良いチームです。 シャワーズは体力種族値が130、特防種族値95と、特防に特化させたら元々の高い体力と相まって、多くの特殊ポケモンを受けることができます。 シャワーズの苦手な電気タイプには、ナットレイを合わせれば良いので、相性補完もバッチリです。 そしてシャワーズと組ませた場合、怖いのは「電気と炎の複合タイプ」 おわかりでしょうか…ヒートロトムです。 なので、ヒートロトム対策に、パーティの3体目は、サザンドラやドラパルトなどのドラゴンタイプを入れると3体の相性補完がとてもよくなります! カバルドン(あくびループ) 上のシャワーズと同じようなことが、カバルドンでもできます。 じめんタイプのカバルドンは、ナットレイが苦手なほのお技も受けることができます。 カバルドンを採用した場合、ナットレイに「ステルスロック」を覚えさせる必要がなくなるのが、良い点です。 しかし、カバルドンを採用した場合どうしても特防が低いので、やや心配になります。 それにカバルドン対策は「ちょうはつ」が有名で、多く対策されてしまっているので、個人的にはシャワーズの方が良いかなと思っています。 また、以前に育成した特殊アタッカー受けのオーロンゲとも相性が良いです。

次の