教授へのメール。 大学教授へのメールの書き方は?質問・研究室訪問のアポなど目的別!

【例文つき】教授へのメールの書き方・返信のマナーとは? 大学生は要チェック!

教授へのメール

スマホから個人のメールアドレスでメールを送るのはやめましょう。 教授がメールチェックを行い、返信メールを送信するのはほとんどPCからです。 ところが携帯のキャリアメールでは、スパムメール対策のためPCからのメールをオミットするフィルターを導入していることも多いです。 教授からの返信があっても、携帯側ではじく設定になっていると、受信しても気付かなかったり、受信自体ができなかったりします。 スパムメールと自動判定してごみ箱に送られていた、そもそも受信されていなかった、なんて話が非常に多く、「送った・送ってない」でトラブルになる可能性すらあります。 教授へのメールは、基本的に大学から支給されたメールアドレス、せめてGmail、Yahoo! メールを使用してメール送信しましょう。 メールアプリを使えばスマホでも簡単にメールのやり取りができるので、ぜひ登録しておきましょう。 メールの形式では以下の項目は必ず記載しましょう。 以下ではそれぞれ作成のコツをご紹介しますのでぜひチェックしてみましょう。 「先生」「教授」がそれだけで一種の尊称なので、さらに「様」を付ける必要はありません。 といった一文を入れておくのがいいでしょう。 次に「自分 送信者 が誰なのかを明示」します。 などと記載しましょう。

次の

【例文つき】教授へのメールの書き方・返信のマナーとは? 大学生は要チェック!

教授へのメール

まず気をつけるべきは「件名」 教授は、日々たくさんのメールを受け取っています。 ゼミや研究室など日頃から接点のある教授なら、会った時に話すことができますが、それ以外の教授にメールで連絡する際は、マナーとしてはもちろん、見落とされないように 件名をこだわることが大切です。 学部・学年・名前を入れる メールの件名で、あなたが誰なのかを名乗りましょう。 【学部・学年・名前】と件名の冒頭に記入することで、誰からのメールか一目で相手は分かります。 これは就職してビジネスマナーとしても使えます。 その際は学年。 学部の箇所は企業名になります。 おすすめ: メールの用件を端的に書く 【学部・学年・名前】と冒頭で名乗った後、続いてどんな用件で連絡をしたのかを伝えましょう。 これによって相手は、メールを開く前から緊急の用件なのか、それとも急ぎの用件ではないのかが分かります。 メールマナーの基本として、こういった相手に対する気配りが大切です。 pexels. メール本文の文章マナーを覚えて、ビジネスメールを完璧にできるようになりましょう。 おすすめ: 宛名を書く メール本文の最初は、まず相手の名前を書きましょう。 前回のゼミを欠席した件で、お詫び申し上げたくご連絡しました。 事前にお伝えした通り、前日に高熱が出てしまい、インフルエンザの可能性もあったため、大事をとって欠席させて頂きました。 病院で診断した結果、インフルエンザには感染していなかったため、次回のゼミは必ず出席します。 ご迷惑おかけしてしまい、申し訳ございませんでした。 次回ゼミ楽しみにしております。 引き続きよろしくお願い申し上げます。 教授に現在の研究内容について相談する時間を頂きたくご連絡しました 現在、想定していたような研究結果に繋がらず、出口が見えない状態で行き詰まっております。 一度教授に研究内容をご覧頂き、アドバイスをご教授願いたいです。 来週から再来週のあたりで、教授のご都合のいい日時で構いませんので、1時間ほどご相談するお時間を頂けないでしょうか。 お忙しい中恐縮ですが、今週中にお返事頂けますと幸いです。 ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。

次の

大学教授へのメールの書き方は?質問・研究室訪問のアポなど目的別!

教授へのメール

学部系統別• 文系理系別• 資格別• 新着記事• 学校ドメインのメールアドレスを使おう 大学生が大学教授に対してメールを送る際は、学校から配布された学校ドメインのメールアドレスを使いましょう。 GmailやYahooなどのフリーメールや携帯メールのアドレスから送ると、 迷惑メールボックスに送られてしまう場合があるためです。 トラブル回避のためにも、大学教授へのメールは学校ドメインのメールアドレスを使って送ることを強くおすすめします。 もし教授との仲が非常によく、日頃はちゃん付けやあだ名などで呼んでいるとしても、メールにおいては「教授」「先生」と書くのが適切と言えます。 親しき仲にも礼儀ありの精神で書くようにしましょう。 挨拶と同時に自分の名前を書こう 忙しい大学教授にメールを見ていただくので、「お忙しいところ失礼いたします。 」といった挨拶が一言あるとよいでしょう。 その後、「文学部・英文学科3年生の村上太郎です。 」と自分の学部・学科と名前をフルネームで書きます。 教授が必要に応じて特定しやすいように、学生番号がわかる場合はここで書き添えておくとより丁寧です。 用件は複数ある場合は箇条書きに 名乗ったあとに用件を書きます。 この用件は複数ある場合は最初に「〜の件に関しまして、質問が2つあります。 」といったように、用件が全部でいくつあるのかを最初に書いておくとわかりやすくなり親切です。 結びの言葉を添えよう 用件で本文を終えるのではなく、「お忙しい中とは思いますが、お返事をお待ちしております。 」といった結びの言葉で締めるとよいでしょう。 できるだけすぐに返信しよう 大学教授にメールの返信をお待たせしてしまうのは失礼だと思いませんか?どうしてもという理由がない限り、遅くても 24時間以内には必ず返信を送りたいものです。 社会人になったあとでも、メールは気付いたらなるべくすぐに返信するのがマナーです。 大学生のうちからしっかり身につけておきましょう。 件名は書き直して送ろう メールのやり取りをしたことがある方ならわかると思いますが、メールは返信をするたびに件名に「Re:」が付いていきます。 この「Re:」がたくさん付いた状態の件名で返信するとタイトルが読みにくくなってしまうので、返信するたびに件名は書き直すようにしましょう。 大学教授も人間!心を込めて書こう 大学教授にメールを書くときは、用件のみでなく、講義の感想や日頃の感謝なども一言添えておくとよいでしょう。 大学生にとっては単位を左右する絶対的な存在である教授ですが、それでもみなさんと同じ血の通った人間です。 温かい言葉を受け取って嬉しくないという方は滅多にいません。 無機質に感じられやすいメールだからこそ、心を込めて書くことが大切と言えます。

次の