新聞 記者 dvd。 i 新聞記者ドキュメント : DVD・ブルーレイ

新聞記者 : DVD・ブルーレイ

新聞 記者 dvd

C 2019「新聞記者」フィルムパートナーズ 映画『新聞記者』をフルで無料視聴するなら動画配信サービスとなりますが、全て試した結果、ラインナップが豊富で満足度が高かったのがU-NEXTでした。 映画『新聞記者』動画配信状況 主な動画配信サービス(ビデオ・オン・デマンド)の『新聞記者』配信状況は下記となります。 本ページの情報は2020年3月時点のものです。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 いくつかのビデオ・オン・デマンドで配信されていますが、• 作品数が160,000本以上配信と日本最大級• 最新作もすぐに見られる!(DVD発売より前に見られる作品も)• 成人向け動画も充実• 映画だけでなくTV放送中アニメも見放題配信多数• 動画以外にも電子コミックや雑誌が読める などの理由や無料登録や会員解約する際も分かりやすく、総合的に見ておすすめの動画配信サービスが 【U-NEXT】です。 また、U-NEXTの特徴として毎月ポイントが付与されます。 無料登録時に600ポイント、それ以降は毎月1,200ポイントもらえます。 U-NEXTには下記、2つの配信パターンがあります。 見放題の作品• ポイント利用対象作品 『新聞記者』はポイント利用対象作品(550ポイント)となりますので、無料キャンペーン登録時にもらえる600ポイントを利用し、『新聞記者』を観れます。 その後、無料トライアル期間に解約すれば一切料金はかかりません。 見放題の映画や、国内や海外ドラマ。 映像以外にも漫画や雑誌を一通り試してみて、合うか合わないか判断してください。 U-NEXTのサービスが気に入って無料トライアル終了後も、継続利用した場合には毎月1,200ポイントがもらえますので、映画館のチケットに交換したり、ポイントの使い勝手が良いのが魅力的ですよ。 【U-NEXT公式サイト】: Boseの音響が自宅にある。 ホームシアター設備がある。 という人にオススメしたいサービスです。 そして気に入ったBlue-rayディスクはコレクションとして購入するのもありです。 一番オススメ出来る点として• 入会金が無料• 送料が無料• 延滞金が0円 という多忙な人や、返却を忘れてしまいがちな人にも安心できるサービスが魅力。 さすが全国展開しているTSUTAYAさんだけあってサービスに自信がある対応をしてくれており、 30日間の無料キャンペーンを実施しています。 試しに利用してみて、思っていたのと違うと感じた場合はキャンペーン期間中に解約すれば0円ですし、きっと継続会員になるTSUTAYAさんのサービスに対しての自信を感じる内容です。 そんなある日、吉岡は上司の陣野から大学新設計画に関する調査を任される。 極秘情報が記された匿名のファックスが社会部に届いたためだ。 彼女が調査を進めた結果、内閣府の神崎という人物が浮上してくるが、その矢先、神崎は自殺してしまう。 神崎の死に疑問を抱いた吉岡はその調査の過程で、内閣情報調査室の若手エリート官僚・杉原拓海と巡り会うが、彼は現政権に不都合なニュースをコントロールする立場でありながら、神崎の死に疑問を持っていた。 神崎は彼の元上司だったのだ。 立場の違いを超えて調査を進める2人の前に、ある事実が明らかになる。

次の

「新聞記者」DVDレンタル開始日や発売日が決定

新聞 記者 dvd

この作品はジャーナリズムの敗北宣言です。 ご存知の通り、左傾メディアは捏造報道と批判されるような手法を交えながら、モリカケ問題とやらを針小棒大に煽りたてましたが、政権にかすり傷ひとつ負わせることができませんでした。 現実世界ではなにひとつ成し遂げることができなかった左傾メディアは自らの敗北を認め、フィクションに逃げこむことにしました。 それがこの「新聞記者」という映画です。 アメリカ映画に『スポットライト 世紀のスクープ』という作品があります。 この作品と「新聞記者」を比較する人もいるようですが、まったくの見当違いです。 『スポットライト』は、現実世界でジャーナリストがカトリック教会の闇を暴いたという事実があり、それに基づいてつくられた作品です。 かたや『新聞記者』は、現実世界で敗北したジャーナリストたちが、「ああ、こんなふうにカッコつけたいもんだなあ」という願望を描いたものです。 すなわち、ジャーナリストたちの「俺TUEEE」願望。 それがこの作品です。 このようなことを書くと、フィクションに対して手厳しすぎると感じる人もいるかもしれません。 ですが、フィクションと現実との区別がつかない人が驚くほど大勢いて、そういう人たちに働きかけようという意図をこの作品は持っています(この作品だけでなく、左寄りの人はそのような手法を好む)。 実際、鳩山由紀夫元首相は「現政権がいかに酷いか、今上映中の『新聞記者』を是非ご覧になっていただきたい」と発言しています。 首相を務めたほどの人物ですら、創作と現実を混同してしまうのが、この国の知的惨状ですw。 多くの国民はマスメディアに対して、フィクションに逃げこむことなく、ペンの力で権力と向き合い勝利することを期待してきたのではないでしょうか。 その期待を裏切り、もはや闘う気概すらないことを吐露したこの作品は、「ジャーナリズムの墓標」として語られる日が遠からずやってくるでしょう。 ジャーナリストたちが夢見る別の世界線を描いた「俺TUEEE」作品。 それが『新聞記者』なのです。 国民の知る権利が壊され、政府によるメディアコントロールが進む中でそれに異議を唱える良い映画でした。 東京新聞記者望月衣塑子の映画と同じタイトルの「新聞記者」が原作。 真実に基づいたフィクション。 権力を持ったものが日本を私物化している現状がよく分かります。 官僚もそれに加担。 政府に脅され真実を伝えられないメディア。 『与党ネットサポーター』なんて言葉が出てきますが、ネトウヨバイトがいい例でしょう。 国民はいかに情報に惑わされずに、真実を見なければ権力を持ったものに支配されてしまう。 『今だけ金だけ自分(自分の友達)だけ』 こんな今の日本を変えなければなりませんね。 国民の立場に立ち、国民に寄り添える政治家を国民が育て、大きくさせなければ今の状況は変わらない。

次の

i 新聞記者ドキュメント : DVD・ブルーレイ

新聞 記者 dvd

この作品はジャーナリズムの敗北宣言です。 ご存知の通り、左傾メディアは捏造報道と批判されるような手法を交えながら、モリカケ問題とやらを針小棒大に煽りたてましたが、政権にかすり傷ひとつ負わせることができませんでした。 現実世界ではなにひとつ成し遂げることができなかった左傾メディアは自らの敗北を認め、フィクションに逃げこむことにしました。 それがこの「新聞記者」という映画です。 アメリカ映画に『スポットライト 世紀のスクープ』という作品があります。 この作品と「新聞記者」を比較する人もいるようですが、まったくの見当違いです。 『スポットライト』は、現実世界でジャーナリストがカトリック教会の闇を暴いたという事実があり、それに基づいてつくられた作品です。 かたや『新聞記者』は、現実世界で敗北したジャーナリストたちが、「ああ、こんなふうにカッコつけたいもんだなあ」という願望を描いたものです。 すなわち、ジャーナリストたちの「俺TUEEE」願望。 それがこの作品です。 このようなことを書くと、フィクションに対して手厳しすぎると感じる人もいるかもしれません。 ですが、フィクションと現実との区別がつかない人が驚くほど大勢いて、そういう人たちに働きかけようという意図をこの作品は持っています(この作品だけでなく、左寄りの人はそのような手法を好む)。 実際、鳩山由紀夫元首相は「現政権がいかに酷いか、今上映中の『新聞記者』を是非ご覧になっていただきたい」と発言しています。 首相を務めたほどの人物ですら、創作と現実を混同してしまうのが、この国の知的惨状ですw。 多くの国民はマスメディアに対して、フィクションに逃げこむことなく、ペンの力で権力と向き合い勝利することを期待してきたのではないでしょうか。 その期待を裏切り、もはや闘う気概すらないことを吐露したこの作品は、「ジャーナリズムの墓標」として語られる日が遠からずやってくるでしょう。 ジャーナリストたちが夢見る別の世界線を描いた「俺TUEEE」作品。 それが『新聞記者』なのです。 国民の知る権利が壊され、政府によるメディアコントロールが進む中でそれに異議を唱える良い映画でした。 東京新聞記者望月衣塑子の映画と同じタイトルの「新聞記者」が原作。 真実に基づいたフィクション。 権力を持ったものが日本を私物化している現状がよく分かります。 官僚もそれに加担。 政府に脅され真実を伝えられないメディア。 『与党ネットサポーター』なんて言葉が出てきますが、ネトウヨバイトがいい例でしょう。 国民はいかに情報に惑わされずに、真実を見なければ権力を持ったものに支配されてしまう。 『今だけ金だけ自分(自分の友達)だけ』 こんな今の日本を変えなければなりませんね。 国民の立場に立ち、国民に寄り添える政治家を国民が育て、大きくさせなければ今の状況は変わらない。

次の