インテリア コーディネーター 問題。 インテリアコーディネーター2次試験対策!おすすめ問題集・参考書

インテリアコーディネーターの需要・現状と将来性

インテリア コーディネーター 問題

でも大丈夫! 作図は練習で確実に早くなる 結論から言います。 見本の模写を何度も繰り返すことで必ず作図スピードは上がります! 私の体感ですと、自分で思っているより上達速度が早かった印象があります。 結果が出やすいので初期のキツさを乗り越えればモチベーションを維持しやすいイメージです。 (もちろん超真剣にやるのが前提です) インテリアコーディネーター二次試験対策|プレゼン(製図)試験対策のポイント とにかくたくさん描きましょう 先述の通り、試験時間内に描き終われるようになるためにはたくさん手を動かすこと以外対策はありません。 私が通っていたスクールのブログでは、「最低でも20枚は描くべき」と明言しています。 私も課題でかなり描きましたが、 効果があったなと感じた練習は「同じ図面を何度も描く」でした。 でももちろん、1パターンをずっとでは応用力が付かないのでバリエーションは必要です。 私が通っていたスクールでも使用した、定番教材で基本的なことがばっちり学べます。 リンク 必ず作図時間を計ること 製図は時間勝負です。 どんなにプランが良くても 求められる図面が一枚でも未完成ならアウト。 ですから練習の際は必ず一枚仕上げるまでの時間を計りましょう。 計測を積み重ねることで、どのくらい急ぐべきかの感覚が掴めます。 そして、早くなる実感も得られるので心に余裕も生まれてきます。 図面に入れるべき要素を見落とさない プレゼン課題にはテーマと満たすべき要件があります。 満たすべき要件には配置しなければならない家具などが含まれます。 ですから配置しなければならないものを的確に理解して、漏らさず図面に落とし込む必要があります。 これができていないと減点ですから非常に重要です。 問題用紙にはそれら要件が明記してありますが、文章内に紛れていますからとりこぼす可能性があります。 独自のアレンジをしないでとにかくマネる 仕上がりの見た目は、問題集などの見本に近付けましょう。 オリジナリティを出してもリスクになるだけです。 見本は受かるための見本ですから、真似しましょう。 独自性は実務に就いてから出しても遅くないはずです! 家具や建具の輪郭線はくっきりと描く 家具や建具のアウトラインはしっかり濃く描きます。 後に着色をするとどうしても白黒の段階よりアウトラインが目立ちにくくなります。 ですからそれを見越して濃いめにくっきりと描く必要があります。 色は濃く塗り過ぎない 課題では色鉛筆での着色を求められます。 着色部分を消しゴムで消すことはできないので、極力薄めに塗り始め、段々と濃さを出していきましょう。 輪郭線がハッキリと目立つ程度を心がけてください。 色鉛筆は寝かせて塗る 広い範囲を薄めに塗るためには色鉛筆を寝かせ、一筆で広く塗れるようにします。 色鉛筆を立てて塗ると濃く細い線が引かれてしまい失敗の元になります。 その濃い色にまわりを合わせなくてはならなくなると終わりです。 混色しない 限りある時間内で素人が色鉛筆で混色して良い雰囲気を出すのは至難の技です。 オリジナリティは出さなくて大丈夫です。 とにかく見やすく仕上げましょう。 合格ラインはプロ並みに設定されているわけでない タイトルの通り、プロ並みの図面は求められていません。 ですから上記を念頭に 「見やすさ」と「汚くない」図面を目指せば成功に近付きます。 私は完全にそうなのですが、最近手書きで長い文章を書くことってほとんど無くないですか? お仕事によると思いますが、多くの方はタイピングで文章を作っていると思います。 ですから、いざシャープペンシルもしくは鉛筆で論文執筆に取り掛かってみると、びっくりするぐらい書くのがしんどいです。 いくらいい文章が頭に浮かんでいても手を動かすのが遅過ぎたり、字が汚なすぎたらテストでは非常に不利です。 なのでプレゼン対策に負けず劣らず、実際に筆を動かして文字をたくさん書きましょう! 普段タイピングばかりの方は、本当にやった方が良いです。 また、 ビジネス文章は書けても、論文はまた必要な型が全く違うので、適切な教材で「論文の型」を押さえておくことを強くお勧めします。 リンク 順番大事|論文はプレゼン課題の前に終わらせる! インテリアコーディネーター 二次試験で激しく消耗するのは、やはりプレゼン課題。 プレゼン課題をやりながら論文のことが気になると精神的負担、大です。 ですから、論文は60分以内程度で先に終わらせましょう! 論文60分以内(できればもっと早く)プレゼン120分以上の時間配分です。 問題の文章をなぞり過ぎない 論文テストでは決められた文字数に対して、足りな過ぎるとNGです。 どうしても文章にボリュームを持たせられない時にやってしまいがちなのが、問題の文章をなぞって論文内に入れてしまうこと。 これは当然すぐに考え不足がバレるので避けるべきです。 文章を冗長にしない 回りくどい言い回しで文章を水増ししないようにしましょう。 私は模擬試験の添削で思い切り指摘されました(笑 これもすぐにバレますよね。 ただ、本試験で何行も空白ができてしまうくらい何も思いつかない状況に陥ってしまったら、冗長でもマスを埋める作戦に出る必要があるかもしれません。 語尾の言い回しを論文らしくする 論文にふさわしくない「と思う」などの口語的な表現はNGです。 「であると考えられる」といった表現に変えましょう。

次の

インテリアコーディネーターの需要・現状と将来性

インテリア コーディネーター 問題

まず インテリアコーディネーターの難易度を確認しておきます。 合格率は 25%前後。 正確にいうと、• なので合格の鍵は、学科を攻略することなんです。 学科の難しい点は、 範囲が広すぎることです。 範囲が広い中で、厳選して問題がでるので、実際ここだけ覚えておけば解ける! というタイプの試験ではありません。 実務経験者であれば、すでに覚えている知識も多いので有利。 ですが、受験者の多くが未経験者です。 未経験者には、 覚える知識が多すぎるので途方にくれてしまいますよね。 問題範囲が 広くて浅い。 こういったタイプの試験は、勉強するのに コツがいります。 では、順番に見ていきましょう。 インテリアコーディネーター勉強のコツ 1次試験のポイント【教科書派?過去問派?】 一般的な資格試験では、過去問を中心に勉強することをお薦めしています。 というのも、試験の半分以上はほぼ過去問からでるからです。 インテリアコーディネーター試験も過去問を勉強するのは当然ですが、 販売と 技術では勉強の仕方を変えるほうが良いです。 販売は 単純記憶が多いので、過去問の類似問題は出題されにくい。 逆に、技術は過去問の類似問題が出題されやすい傾向です。 これは出題者の立場にたてば、理解できる話です。 販売科目の家具の名前などは、過去問と同じ問題を出しにくいですよね。 一見、技術の問題のほうが難しく感じますが、 過去問をしっかりと勉強しておけば、技術のほうが対策しやすいです。 単純記憶が多い販売は、より長期記憶で覚えるように勉強し、 教科書を何度も読み込むスタイルが良いですね。 ただし、教科書を何度読んでも、無意識に読み飛ばしやすいです。 (というか飽きます) 途中で 挫折するのが一番最悪なので、色んなインテリア関連の本を読むのがいいですね。 お金はかかりますが、 大事なポイントが重複するので、自然と記憶されていきます。 興味ある本や雑誌、少しでも関連するならマンガも良いです。 他にも、ホームセンターに材料を身に行く。 歴史ある観光名所に行く、とかですね。 範囲が幅広いので、記憶が定着しやすいよう色んなアンテナをはってください。 私の場合は、こんな感じですね。 【映画】• 【漫画】• 【ショップ】• 【資材店】 教科書とにらめっこするのに疲れたら、気晴らししならが勉強ですね。 あと、教科書は公式販売のをお薦めします。 2次試験のポイント【一発合格を目指すのが正解か?】 最初に言っておきたいのが、資格は一発合格が全てではありません。 一発であろうが、二発であろうが、合格すれば勝ちです。 最初に言ったように、インテリアコーディネーターは1次(学科)が鍵です。 経験者であっても、1次に受からない人は沢山います。 それぐらいハードルが高いんですよね。 なので、• 「二発合格を計画したけど、結果的に一発合格いけた!」 っていうぐらいがストレスなく勉強できます。 では、そろそろ本題にいきますね。 2次試験は、過去問を中心に勉強すべき内容です。 論文と図面作成ですが、基本的に 過去問の類似問題です。 過去問をベースに出題される場合、どんな問題がでるかは予想ができます。 過去問の出題傾向を分析して、問題を反復しましょう。 論文も図面作成も、経験者が有利ですが、 未経験者でもそれほど難易度は高くありません。 事前の対策がしっかりできていれば、充分合格できる内容です。 ですが、多くの受験者が勉強時間を1次試験に比重しがちです。 最初に言ったように、一発合格狙いなら、2次の勉強は同時並行してくださいね。 長期戦でコツコツ勉強しよう【短期戦は無謀】 インテリアコーディネーターは、試験の性質上、 短期決戦は難しいです。 というのも範囲が幅広いため、参考書を一巡するだけで時間がかかります。 暗記問題が多いですが、一回読めば記憶できるということもありません。 そのため、長期記憶を有効に使えるよう、準備期間は長くもつべきです。 ただし、1日の勉強時間はそれほど長くはいりません。 30分ぐらいの勉強をコツコツ積み重ねるほうが良いです。 インテリアコーディネーターの勉強は合計200時間ほど必要(人によっては300時間) ですが、2時間ずつ100日やるより、 1時間ずつ200日やるほうがお薦めです。 気長にのんびりと勉強していくスタイルにしましょう。 学校に通うべきか?【継続する仕組みがあれば必要なし】 試験勉強する場合、この議論はよくでてきます。 当然ながら、学校に行くのが一番のお薦めです。 というのも、強制的に勉強できる、というのが理由です。 通信講座、独学の場合は、基本的に 自制心が強い人しか向きません。 私を含めて多くの人が面倒くさがりなので、強制的に勉強できる仕組みは大事です。 ただし、インテリアコーディネーター試験は、 学校に行くだけでは合格は無理です。 基本的に自習でどれだけやるかが、合格のカギをにぎります。 ということは、結局自分で勉強する仕組みが必要なんです。 逆にその仕組みがあれば、学校は必要ありません。 試験に慣れてる人であれば、勉強するリズムを作るのは簡単だと思います。 慣れてない人は、自分なりに勉強するリズムを作ってください。 夜寝る前に勉強するタイプか、朝早くに勉強するタイプ。 もしくは、電車移動の時など、隙間時間を使うタイプか・・ ポイントは、無理して勉強している感覚をなくすことです。 最初にいったように、インテリアコーディネーターは 長期戦向きです。 いかに毎日コツコツ継続できるか、ゲーム感覚で楽しく勉強できるか、です。 通信講座であれば、完全独学より楽しんで進めやすいです。 ステップ・バイ・ステップで階段をのぼっていく感じ。 ユーキャンのは、製図の解説動画もあるので良いですね。 【通信講座】.

次の

インテリアコーディネーターの合格率からみる難易度【24%くらい】

インテリア コーディネーター 問題

でも大丈夫! 作図は練習で確実に早くなる 結論から言います。 見本の模写を何度も繰り返すことで必ず作図スピードは上がります! 私の体感ですと、自分で思っているより上達速度が早かった印象があります。 結果が出やすいので初期のキツさを乗り越えればモチベーションを維持しやすいイメージです。 (もちろん超真剣にやるのが前提です) インテリアコーディネーター二次試験対策|プレゼン(製図)試験対策のポイント とにかくたくさん描きましょう 先述の通り、試験時間内に描き終われるようになるためにはたくさん手を動かすこと以外対策はありません。 私が通っていたスクールのブログでは、「最低でも20枚は描くべき」と明言しています。 私も課題でかなり描きましたが、 効果があったなと感じた練習は「同じ図面を何度も描く」でした。 でももちろん、1パターンをずっとでは応用力が付かないのでバリエーションは必要です。 私が通っていたスクールでも使用した、定番教材で基本的なことがばっちり学べます。 リンク 必ず作図時間を計ること 製図は時間勝負です。 どんなにプランが良くても 求められる図面が一枚でも未完成ならアウト。 ですから練習の際は必ず一枚仕上げるまでの時間を計りましょう。 計測を積み重ねることで、どのくらい急ぐべきかの感覚が掴めます。 そして、早くなる実感も得られるので心に余裕も生まれてきます。 図面に入れるべき要素を見落とさない プレゼン課題にはテーマと満たすべき要件があります。 満たすべき要件には配置しなければならない家具などが含まれます。 ですから配置しなければならないものを的確に理解して、漏らさず図面に落とし込む必要があります。 これができていないと減点ですから非常に重要です。 問題用紙にはそれら要件が明記してありますが、文章内に紛れていますからとりこぼす可能性があります。 独自のアレンジをしないでとにかくマネる 仕上がりの見た目は、問題集などの見本に近付けましょう。 オリジナリティを出してもリスクになるだけです。 見本は受かるための見本ですから、真似しましょう。 独自性は実務に就いてから出しても遅くないはずです! 家具や建具の輪郭線はくっきりと描く 家具や建具のアウトラインはしっかり濃く描きます。 後に着色をするとどうしても白黒の段階よりアウトラインが目立ちにくくなります。 ですからそれを見越して濃いめにくっきりと描く必要があります。 色は濃く塗り過ぎない 課題では色鉛筆での着色を求められます。 着色部分を消しゴムで消すことはできないので、極力薄めに塗り始め、段々と濃さを出していきましょう。 輪郭線がハッキリと目立つ程度を心がけてください。 色鉛筆は寝かせて塗る 広い範囲を薄めに塗るためには色鉛筆を寝かせ、一筆で広く塗れるようにします。 色鉛筆を立てて塗ると濃く細い線が引かれてしまい失敗の元になります。 その濃い色にまわりを合わせなくてはならなくなると終わりです。 混色しない 限りある時間内で素人が色鉛筆で混色して良い雰囲気を出すのは至難の技です。 オリジナリティは出さなくて大丈夫です。 とにかく見やすく仕上げましょう。 合格ラインはプロ並みに設定されているわけでない タイトルの通り、プロ並みの図面は求められていません。 ですから上記を念頭に 「見やすさ」と「汚くない」図面を目指せば成功に近付きます。 私は完全にそうなのですが、最近手書きで長い文章を書くことってほとんど無くないですか? お仕事によると思いますが、多くの方はタイピングで文章を作っていると思います。 ですから、いざシャープペンシルもしくは鉛筆で論文執筆に取り掛かってみると、びっくりするぐらい書くのがしんどいです。 いくらいい文章が頭に浮かんでいても手を動かすのが遅過ぎたり、字が汚なすぎたらテストでは非常に不利です。 なのでプレゼン対策に負けず劣らず、実際に筆を動かして文字をたくさん書きましょう! 普段タイピングばかりの方は、本当にやった方が良いです。 また、 ビジネス文章は書けても、論文はまた必要な型が全く違うので、適切な教材で「論文の型」を押さえておくことを強くお勧めします。 リンク 順番大事|論文はプレゼン課題の前に終わらせる! インテリアコーディネーター 二次試験で激しく消耗するのは、やはりプレゼン課題。 プレゼン課題をやりながら論文のことが気になると精神的負担、大です。 ですから、論文は60分以内程度で先に終わらせましょう! 論文60分以内(できればもっと早く)プレゼン120分以上の時間配分です。 問題の文章をなぞり過ぎない 論文テストでは決められた文字数に対して、足りな過ぎるとNGです。 どうしても文章にボリュームを持たせられない時にやってしまいがちなのが、問題の文章をなぞって論文内に入れてしまうこと。 これは当然すぐに考え不足がバレるので避けるべきです。 文章を冗長にしない 回りくどい言い回しで文章を水増ししないようにしましょう。 私は模擬試験の添削で思い切り指摘されました(笑 これもすぐにバレますよね。 ただ、本試験で何行も空白ができてしまうくらい何も思いつかない状況に陥ってしまったら、冗長でもマスを埋める作戦に出る必要があるかもしれません。 語尾の言い回しを論文らしくする 論文にふさわしくない「と思う」などの口語的な表現はNGです。 「であると考えられる」といった表現に変えましょう。

次の