血小板 を 増やす 食品。 血小板増量計画! : 大腸癌と私

血栓除去・血栓を溶かす食べ物と飲み物&食品・食材の組み合わせ

血小板 を 増やす 食品

血液内科は、あまり馴染みのない科だと思いますが、今回は、血小板減少、特発性血小板減少性紫斑病について書かせて頂きます 【血小板】 けがをすると出血しますが、傷ついた血管の壁にふたのように貼り付いて、止血してくれるのが血小板という細胞です。 では、血小板が、何らかの病気により少なくなってしまうとどうなるのでしょうか。 当然のごとく、血が止まりにくくなります。 血小板が少なくなることで、どんな症状が出るかというと、ぶつけた記憶のないところに打ち身のようなあざ 紫斑 や赤い点々 点状出血 が全身に出来たり、歯ぐきからの出血 歯肉出血 、鼻血がよく出る、などです。 放置しておくと、これらの症状以外に脳や消化管、肺などの重要な臓器から出血がおこり、命に関わることもあります。 【ピロリ菌との関係】 ピロリ菌は、胃癌や胃潰瘍との関連があるとして知られていますが、ITPとも深く関わっており、ピロリ菌の除菌によって、血小板数が増加する方がいます。 ピロリ菌とITPがどのように関係しているのかは、詳しくはわかっていません。 【ITPの治療】 無症状の軽症の方では、無治療で経過観察をします。 血小板数が少なく、出血の危険性がある方では治療を行います。 自己抗体の産生や働きをおさえることや、血小板数の産生を増やすことを目的とした薬物療法を行います。 薬物療法でも難しい場合は、脾臓摘出を行うこともあります。 【血小板が少なくなる病気】 血小板が少なくなる病気は、ITPだけではなく、急性白血病、骨髄 こつずい 異形成 いけいせい 症候群 しょうこうぐん 、再生不良性貧血などその他の血液疾患でも起こります。 また肝硬変や膠 こう 原病 げんびょう など血液内科領域でない病気でも血小板が少なくなることがあります。 どの年齢の方にも起こる病気ですので、疑わしい症状があれば、医療機関を受診してください。 また血液検査で血小板が毎回少なく、精査を希望される方は、一度当科にご紹介ください。

次の

血小板を増やしてくれるかもしれない4つの自然療法 — みんな健康

血小板 を 増やす 食品

抗がん剤や放射線療法で骨髄の造血機能がダメージを受けると、白血球だけでなく、血小板と赤血球も減少します。 いずれも食事への影響は少ないのですが、リスクを防ぐために日常生活で注意したいことがたくさんあるので、あわせて紹介します。 医師から• 看護師から• 出血が止まりにくくなる危険があります 血小板には血液を凝固させる役割があり、血管の傷口をふさいだり、出血を止めたりします。 不足すると、出血が止まりにくくなったり、ちょっとした刺激で皮下出血したり、歯ブラシでこすっただけで歯肉から出血するなど、出血のリスクが高くなります。 検査値で自分の危険度を確かめましょう 血小板減少の対策は、一にも二にも出血予防です。 表に示したように、血小板の数によって、出血の危険性は違ってくるので、それに応じて予防する必要があります。 もちろん医師や看護師も指示しますが、患者さん自身も治療のたびに自分の検査データを確認し、今どんな危険性があるかを理解しておきましょう。 万が一出血したときの対策についても、医師や看護師から充分な説明を受けておきましょう。 体を傷つけないことが大事です。 食べ物、飲み物にも注意して。 血が止まりにくくなるので、出血を起こさないように注意することが大切です。 それには、ケガをしない、鼻を強くかまない、口の中を傷つけないように口腔ケアを行う、固い食べ物や熱い飲み物を控えるなど日常生活で注意できることは行って下さい。 万が一出血した場合は、冷やしたり圧迫したりして止血を試みます。 それでも出血が止まらないようなら、医療機関に連絡をしましょう。

次の

wallstreetfinanceltd.com

血小板 を 増やす 食品

また、スムーズに血液が流れなくなることで、最終的には動脈の血流が遮断されて、酸素・栄養が重要組織に到達できなくなるため、冠動脈では、心筋梗塞、脳の血管であれば、脳梗塞などを引き起こす可能性がある疾患です。 ここでは、それらの疾患の危険因子へのチョコレートやココアの効果を初期の介入試験からメタ解析の結果までを示します。 血小板機能• (1) 20〜54歳(平均29. 6歳)• (2) 20〜56歳(平均30. 9歳)• (3) 20〜58歳(平均31. 5歳) 試験デザイン 無作為化単盲検比較試験 試験食品• 028)。 一方で、(2)では減少傾向はみられたものの有意差はみられず、(3)において特徴的な結果は確認されませんでした。 項 目 詳 細 被験者 被験者数:健常者32名(男性17名 女性15名) 試験デザイン 無作為化二重盲検プラセボ対照比較試験 試験食品 (1)ココアタブレット (2)プラセボタブレット 含 量• 005)。 004)。 042)。 006)。 008)。 04)。 006)。 項 目 詳 細 被験者 被験者数:心臓移植患者22名(男性18名 女性4名) 試験デザイン 無作為化二重盲検対照比較試験 試験食品• (2) コントロールチョコレート40 g 含 量• (1) 総ポリフェノール 15. 01)。 018)。 04)。 029)。 0歳 BMI:24. (1) 高濃度フラバン-3-オールダークチョコレート60 g• (2) ダークチョコレート60 g• (3) ホワイトチョコレート60 g 含 量 60 g チョコレート中 エピカテキン (1)257. 0 mg (2)84. 1 mg (3)0 mg カテキン (1)53. 6 mg (2)25. 8 mg (3)0 mg 2量体 B2 (1)198. 0 mg (2)74. 4 mg (3)0 mg 3量体 (1)168. 0 mg (2)47. 0 mg (3)0 mg 4量体 (1)105. 5 mg (2)32. 1 mg (3)0 mg 5量体 (1)125. 4 mg (2)118. 8 mg (3)0 mg 総フラボノイド量 (1)907. 4 mg (2)382. 020)。 334)。 010)が、6時間後には有意な差はみられませんでした。 010)が、6時間後には有意な差はみられませんでした。 001)。 001)。 (性別による影響はありますが)ダークチョコレートの中のフラバン-3-オール(場合によってはホワイトチョコレート中の成分)は血小板の機能の改善に寄与するかもしれません。

次の