群馬 サファリパーク。 群馬サファリパークの口コミ一覧

群馬サファリパークの所要時間はどのくらい?遊園地含めた休日滞在時間や駐車場の混雑具合も

群馬 サファリパーク

広~いドッグランあります! 土曜の夜はナイトサファリへ! あっちにもサル。 こっちにもサル。 【群馬県の動物園】 入園無料!無料とは思えない充実度! サファリだけじゃない、遊園地も凄い! 【千葉県の動物園】 レッサーの風太くん、元気です! モルモットキャラバンが可愛い! ゾウさんの魅力にハマるはず! もの凄い「放し飼い」状態なのです! 【茨城県の動物園】 どうぶつ総選挙やってます! おサルさんがいっぱい! 【埼玉県の動物園】 入園無料!鳥類が30種以上! 入園無料!穏やかな公園でごゆるりと。 う~ん、コアラは癒しだねぇ~。 プール、遊園地もあるでっかい動物園! モルモットの隊列が。。。 可愛い! ロープウェイで行く動物園! 【東京都の動物園】 ジャイアントパンダが待ってるよ! 300種以上の巨大動物園。 コアラも! リスが放し飼い!超至近距離に! 入園無料!国内最大級のフライングケージ! 桜の季節には是非!綺麗です。 入園無料!ブログがかなり面白い! 冬のイルミネーションが美し過ぎる! 【神奈川県の動物園】 入園無料!オウム&インコがスッゴイ叫ぶ。 入園無料!桜木町駅から徒歩圏内! いや~広い!あ、オカピがいるよ! 美味しいソフトクリームを片手にね。 コアラだ!オカピだ!カピバラだ! 【長野県の動物園】 入園無料!北アルプスの大自然に包まれて。 カンガルーの「ハッチ」で超有名動物園に! レッサーパンダがいっぱい! 開園は約100年前!遊園地もあります! 入園無料!ペンギンやサルをライブカメラで! 入園無料!遊園地とミックスした動物園! 【山梨県の動物園】 入園無料!園内マップのイラストが可愛い! 【静岡県の動物園】 約160種のビッグな動物園! サルの種類がメッチャ多い! 超駅チカ。 駅から徒歩約3分。 近っ! サイに触りなサイ! ハシビロコウがいるよ! 日本でここだけ!ニシレッサーパンダ! 国内最大級サファリパーク! 【愛知県の動物園】 かなり広い!広いよ~っ! イケメンゴリラのシャバーニ様はこちら! 入園無料!動物説明の看板が面白すぎ! 入園無料!アイドルはゾウの「ふじ子」ちゃん! サルだけで60種850頭!世界最多ですって! 【三重県の動物園】 個人経営とは思えない充実度! 【富山県の動物園】 遊園地、バーベキュー場もある! 入園無料!クジャクは美しいのぉ! 【石川県の動物園】 自然地形で動物ノビノビ! 【福井県の動物園】 入園無料!レッサーパンダのホームタウン! 【大阪府の動物園】 通天閣の真横でんがな! 入園無料!ずんぐりウォンバットが可愛い! でっかい遊園地の中の動物園! 【京都府の動物園】 中学生以下は無料。 日本で2番目に古い動物園! キバタンが「頭なでろ」だって。 【兵庫県の動物園】 パンダとコアラに会いに行こう! 鳥たちの雄姿をバードショーにて! 姫路城の真横なのダ! ゴンドラに乗って空からも見られます! コアラがいっぱいいます! 【和歌山県の動物園】 入園無料!動物園長はツキノワグマさん! 桜浜と桃浜は双子のパンダ!似てるね~!? 【岡山県の動物園】 お散歩の友は、フラミンゴ! 動物園でワラビ狩り。 タダです! 【島根県の動物園】 鳥と花が主役のテーマパーク! 【広島県の動物園】 ゾウの「ふくちゃん」に会いたい! いや~、ホント勉強になる動物園です! 【山口県の動物園】 鳥が多いねぇ~! キッズサファリが楽し過ぎます! 幼稚園ペリカン「カッタ君」覚えていますか? 【香川県の動物園】 クジャクがウロウロしてる~! 【愛媛県の動物園】 アフリカゾウの家族はここだけ~! 【徳島県の動物園】 カピバラがメッチャいるっす! 【高知県の動物園】 相変わらずのハシビロちゃん。 入園無料!白いタヌちゃん神々しい。。 【福岡県の動物園】 植物園もでっけぇな~! 肉食獣揃ってます!眺めもイイね~ ゾウさんにエサやりできます! すんごい数のクジャクじゃ~! 海に囲まれたビューティフルパーク! 【長崎県の動物園】 見た事もない動物が寄ってくる。 寄ってくる~! 海!島!空!花!キレイだぁ~! 【大分県の動物園】 サファリロードが長~い!約6km!! ザ・放し飼いワールド!動物と一緒に歩こう! 歩き疲れたら、無料の温泉に入ろう! 【熊本県の動物園】 モルモットの名前、全部言えるかナ~? クマさんがめっちゃたくさんいますゼ! まさに動物とふれあう為の動物園! 【宮崎県の動物園】 フラミンゴショーが壮大です! 【鹿児島県の動物園】 東シナ海絶景です。 晴れます様に! コアラはやっぱり可愛い! 【沖縄県の動物園】 見た事もない鳥たちが悠々と飛び交い。。 最南端の動物園。 沖縄固有生物を見逃さないで!.

次の

群馬サファリパーク(群馬)

群馬 サファリパーク

鳥好きも楽しめる群馬サファリパーク 先日遊びに行ってきた「群馬サファリパーク」。 マイカーで回れる園内には、ライオンやホワイトタイガー始め、ゾウやキリン、サルやクマなどたくさんの動物が見れてしまう楽しい施設です。 群馬サファリパークの場所はコチラ。 言わずと知れた有名テーマパークなので、もはや説明不要と思いますが、こちらのサファリパーク、入園料がちとお高い・・・。 何の割引サービスも使わない場合、高校生以上は2700円です。 そして園内を周遊するバスに乗ったりするのに、さらに500円~1300円かかります。 合計すると、家族で訪れるにはちょっとした決心が必要なお値段になってしまうサファリパークですが、実は意外にも、鳥好きさんにオススメの「バードパーク」というエリアがあるのです。 しかも、お値段たったの100円!! え?さっきサファリパークって入園料結構高いよって言ってたじゃーん。 どゆことー?? と、お思いの鳥好きなアナタの為に!詳しく紹介しまーす! それでは、群馬サファリパークのバードパークってどんなかな?イッテミヨー! ショーも見れちゃう!「バードパーク」 群馬サファリパークは、世界各地の動物達が見れるサファリゾーン(?)と、遊園地ゾーンに分かれています。 コチラがサファリゾーンのゲート。 シマウマ柄が目印です。 こちらの奥に入る為には、先ほど紹介したように入園料+アルファがかかるという料金システムです。 そして、駐車場を挟んで反対側が遊園地ゾーン。 コチラに入るのにはお金はかかりません。 (実際は車で来た場合、駐車場代300円がかかります。 ) そしてこの遊園地ゾーンの中に「バードパーク」というエリアがあるのですが、 ここに入るのには、別途100円がかかるというシステムなんです。 つまり、サファリゾーンに行かずバードパークにだけ遊びに行くのであれば、100円しかかからないということなんです。 しかも先ほどの「バードパーク イベント案内板」に書かれている通り、鳥のショーまでやっているという!あらーお得。 早速100円払って入場です! 入口にはこのような、いろいろなたまごが展示されていました。 コチラはヒワコンゴウインコのお部屋(?)の様ですが、どうやらお留守みたい。 「バードパーク」の中にいるのは鳥だけではありません。 コチラはカンガルー。 酷暑の日だった為か、「あっつー・・・」という感じにみんなダレていました。 コチラはレッサーパンダ 「あっつー・・・グデーン」 そしてカピバラも・・・ 「あっついわー」 コチラはツルの仲間達。 エジプトガン そして、安定の怖顔エミューさん。 このエミューさんのお向かいにショーのステージがあります。 ショーに出てきたのはコチラの ヒワコンゴウインコ。 さっきお部屋で留守にしていた子かな? 他にもベンガルワシミミズクや ベニコンゴウインコ これらの子達が、客席の上を、端から端まで飛んだりする姿を見る事が出来ます。 そして、ショーの途中で先ほどのベニコンゴウインコ・・・名前を「ゆうちゃん」と言いますが、 「ゆうちゃんとお友達になりたい方ー!!手を挙げてくださーい!!」 と、お姉さんがお客さんに声を掛けます。 ここで鳥好きシーサンはすかさず挙手! 我が家のキッズや、その他のお客さんも挙手!! では、お姉さんとじゃんけんをして勝った人に決めましょう。 ・・・ということで、 じゃーんけーん・・・ぽん! で、鳥好きシーサン、なんと一発一人勝ち!ラッキー!! うらやむ子供達を押しのけて、ゆうちゃんの元へ!! ベニコンゴウインコのゆうちゃんは、名前を呼ぶと遠くから腕に飛んできてくれたり、握手をしてくれたり。 そんな楽しく大型インコと遊ぶシーサンの様子を写真に納めてくれとキッズにカメラを託したのですが・・・ 撮れてねぇぇぇぇーーー!!!(いや、何枚か撮ってたけど、使える写真が全くねぇぇぇー!) そんな訳で、残念ながらベニコンゴウインコのゆうちゃんとの戯れは一切写真無し! 最後にはこんなものをお土産に頂きましたよ。 もうちょっといい感じに印刷したやつは無いのかな?!・・・という心の声は封印しておいて、なんと、ゆうちゃんとのお友達認定証です。 「ずっとお友達」ですよ。 素晴らしい。 裏にはゆうちゃんの羽が。 またこれを持って会いに行くよ、ゆうちゃん。 今回のショーに登場した鳥たちは、人間達の環境破壊により野生下では生息数が激減してしまっています。 その為、ショーの後には野生動物保護の為のこんな募金箱が登場。 お金を差し出すと、キホオボウシインコがくわえて 募金箱に投入! とってもお利口さんですね。

次の

群馬サファリパークで事故 トラ、ゾウ、クマ過去も繰り返しトラブルあった!

群馬 サファリパーク

沿革 [ ] ユニマットグループが運営するサファリパーク。 本格的なサファリパークとしては国内5番目、では初めてのにオープンした。 1986年5月5日には、日本で初めての繁殖に成功し、(雄)というゾウが誕生した。 がいる。 動物以外にもなどのがある。 タマンサファリと姉妹園提携している。 も1988年12月の日本公演来日中に訪れたことがある。 2019年、中央動物看護専門学校(群馬県)と連携協定を結んだ。 同校は2021年4月に動物飼育学科(仮称)開設を予定しており、実習の受け入れなどで協力する。 受賞歴 [ ] 日本動物園水族館協会より多数の繁殖賞受賞を受賞している。 繁殖賞(ベゾアールゴート、ベニハシガモ)1982年• 繁殖賞(アダックス)1983年• 繁殖賞(サーバルキャット)1984年• 繁殖賞(アフリカゾウ)日本初の繁殖1987年• 繁殖賞(オジロジカ)1992年 国際活動 [ ]• 2000年から現在まで「タマン サファリ インドネシア」と姉妹園提携。 これを記念して、「インドネシアフェスティバル」を開催。 インドネシアの希少動物と森林保護のため定期的に寄付をしている。 同サファリからジャワヒョウ、スマトラタイガー、ホワイトタイガー、オランウータンなどの動物を受け入れている• 人材交流としてインドネシアから毎年飼育員を受け入れている。 社会貢献活動 [ ]• 1993年口蹄疫により絶滅の危機に瀕するアフリカ水牛を救うため、サファリ生まれの水牛25頭を南アフリカへ無償で提供。 2011年東日本大震災により高崎市に福島県内から避難されているご家族を招待• インドネシアの希少動物と森林保護のため定期的に寄付 施設 [ ] 、、などの大陸から集めた約100種1000頭羽の動物が広大なで本来のに近い姿で生活し、動物たちの観察ができるである。 、、レインジャーカーツアー、サファリバス、エサやり体験バスなどに乗って、野生溢れるようなサファリ気分が味わえる。 草食・肉食動物に餌を与えられるエサやり体験バスは、動物たちの顔や口が目の前に迫って大迫力である。 車でサファリゾーンに入園する時は係員からガイドラジオがレンタルされ、車でサファリゾーンに進む時、ゾーンごとにその場にいる動物の情報がガイドラジオで流れてくる。 またイベントでは獣舎見学、モグモグタイム、フライングショー、ナイトサファリツアーなども行われている。 毎年、イベントホールにはの動物を中心にインドネシアフェスティバルを開催している。 園内 [ ] ホワイトタイガー• サファリゾーン• アフリカゾーン• アメリカゾーン• 日本ゾーン• ウォーキングサファリゾーン• アジアゾーン• トラゾーン• ライオンゾーン• アミューズメントゾーン(遊園地)• パノラマモノレール• 40m観覧車• 洞窟探検• ジェットコースター• サファリ列車• ハイスクリュータワー• スワンカップ• フアフア• ドラゴン• メリーゴーランド• スカイバルーン• ゲームコーナー• バードパーク• リトルファーム• イベントホール• 売店ペット&ファーム• 売店 マルシェ• レストラン サバンナ 主な飼育動物一覧 [ ] シマウマとアフリカスイギュウ アフリカゾーン• 、、、、• 別パドックで展示:、、、 アメリカゾーン• 、 日本ゾーン• 別パドックで展示: ウォーキングサファリゾーン• フラミンゴ池• ロバ舎• ハリネズミ舎• ミーアキャット舎• 小動物舎• サル舎• ハクビシン舎• プロムナード• 、、、、、、、ミーアキャット• ワイルドキャッツワールド• カピバラ舎• ハイラックス舎• ダチョウ舎• ダチョウ• エミュー舎• ラマ舎• シカ舎• ヤギ・ヒツジ舎• 、、、• マーラ広場• どうぶつふれあいコーナー• ラマ、ピグミーゴート• オオカミの森・オオカミ繁殖センター• アジアゾーン• ニホンジカ、、• 別パドックで展示:、 トラゾーン• 、ホワイトタイガー ライオンゾーン• ライオン バードパーク• 鳥小屋• インコ舎• リスザル舎• カンガルーエリア• カピバラの庭• カピバラ• レッサーパンダ舎• 柵で展示• 、、 チャイニーズ 、、、、、、、、エミュー、• バードショーで展示• ルリコンゴウインコ、、、、(北米産・南米産)、、、 リトルファーム• ウサギ広場• ミニブタ舎• ヤギ舎• ポニーライド・ウマ舎• 、、 イベントホール• 、デグー、、、ケヅメリクガメ等 非展示• 、、、等 過去の展示 [ ]• 営業時間 [ ]• 休日:水曜日(特別期間は除き、また水曜日が祝日の場合は営業する) 交通 [ ] より5キロメートル 死亡事故 [ ]• - 朝の開園前に象舎からゾウを出す作業をしていた飼育係の男性(21歳)がオスの(推定25歳、体重約6500kg)の鼻に巻かれて死亡。 頭や胸の骨を折り即死であった。 オープン以来初の死亡事故• - 園内を走行中に乳児が泣いてむずがったため、60代の祖母が別の車に乗っていた母親に孫を渡そうと車を降りたところをに襲われ、助けようとした祖父も別のトラに襲われる事故があった。 祖父母は共に死亡したが、孫は従業員が救助して無事だった。 - で巡回していた女性従業員(46歳)がオスの(5歳、体長約170cm、体重約110kg)に襲われ死亡。 自動車の窓は開いており鉄製のパイプ格子1本が壊れていた。 脚注 [ ].

次の