岡山 県 コロナ ウィルス。 新型コロナウイルス感染症について

岡山県岡山市コロナ初感染者60代女性の病院はどこ?岡山大学病院か?

岡山 県 コロナ ウィルス

会見内容まとめ 発表内容、行動歴、感染経路 2020年3月30日、 岡山県玉野市で 新型コロナウイルスへの感染者が確認されました。 岡山県玉野市は下記の通りです。 第一報は下記の通りです。 岡山県は30日、玉野市在住の20代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 男性は京都産業大の学生で、欧州を訪れた後に感染が確認された同大生2人と京都市内で会食していた。 熱やせきなどの症状はない。 県内での感染確認は4例目。 県によると、男性は京都市内で22日に大学関係の会合に参加。 24日夜に玉野市の実家に戻ったが、会合に参加した友人1人の感染が愛媛県で確認され、28日に帰国者・接触者相談センターに連絡。 症状がないことから自宅待機するよう指示されたが、その後、別の友人1人の感染も石川県で判明したため、30日にPCR検査を受けたという。 31日に岡山県内の指定医療機関に入院する予定。 現時点で濃厚接触した可能性があるのは同居の家族3人で、31日にも検査する。 男性は玉野市に帰郷後も外出しており、県が詳細な行動歴を調べている。 京都産業大学の学生で、欧州旅行に行っていた学生に感染させられたようですので、ある意味被害者であるともいえるかもしれません。 今回の 京都産業大学を発端とした感染拡大、クラスターの件はどんどん報道していただき、浅はかな考えが周りにどれだけ迷惑をかけるのかということを意識づけしていってもらいたいものです。 今回の学生については、 玉野市に帰郷後に外出しているということで、そこでの感染拡大が心配されますね。 追加の情報が入りましたら追記させていただきます。 症状・行動歴・感染経路 感染者の症状、行動歴・感染経路についての詳細は現時点で判明している内容は下記の通りです。 3月22日 京都市内で友人らと会食 3月24日 夜に京都から玉野市に帰る (24日~29日は外出) 3月26日 友人のうち1名が新型コロナウイルス感染症と判明 3月28日 帰国者・接触者相談センターに相談 症状がないため自宅待機をするよう伝えられる 別の友人1名も新型コロナウイルス感染症と判明 3月30日 症状はないが、濃厚接触の可能性があるためPCR検査。 陽性と判明。 心配なのは玉野市内での外出ですが、詳細は現在調査中とのことです。 今回の感染学生は無症状のようです。 やはり無症状の患者は想像以上に潜伏しているかもしれませんね。 無症状でも他人への感染能力は変わらないという報道もありますので、やはり各人が注意しなければなりませんね。 追加の発表がありましたら追記いたします。

次の

【最新23人目】岡山県岡山市コロナ感染60代の感染経路や行動歴は?病院は?

岡山 県 コロナ ウィルス

岡山県は、新型コロナウィルス感染対策の緩和に向けた目安(案)を初めて示しました。 近く、県の対策本部会議で正式決定される予定です。 私は、議会活動やネットでの情報発信を通じて、行動制限緩和の基準を示すことの重要性を訴えてきたので、まずは、この取り組みを評価したいと思います。 そのうえで、気付いたことを申し述べたいと思います。 (山陽新聞デジタル 2020年5月19日) 5月19日に示された「対策フェーズの切替の目安(案)」というペーパーをご参照ください。 目安(案)では、県民の活動状況を、「活動自粛(フェーズ1)」「段階的な活動再開(フェーズ2)」「感染対策と活動の両立(フェーズ3)」「活動の全面再開(フェーズ4)」という4つの局面(フェーズ)に分類しています。 (フェーズの番号は私がふりました)。 県は、現在の岡山県の状況を、フェーズ1からフェーズ2への移行段階に当たるとしています。 この分類で注意しておきたいのは、フェーズの切替は、〇月〇日まではフェーズ1で、翌日からフェーズ2に移行する、という具合に明確に線引きされるものではないということです。 季節が移り変わるようなイメージといえば、わかりやすいかもしれません。 ただし、これは状況が良い方向(活動再開方向)に変わっていく場合の話で、悪い方(活動自粛方向)に変化した場合は、必要に応じて、知事が宣言や強い注意喚起を発するなどして、明確にフェーズを切り替える場合もある思われます。 そういう意味では、表の上半分の「目安」と、下半分の「目安」は、多少意味合いに違いがあると考えています。 上半分の「活動再開の目安」は、記載の数値や状況を継続的にウォッチし、それらが好転していること(または高いレベルで維持されていること)を確認しながら、人々の行動が徐々に正常化していくことを見守るための指標です。 後退の兆候が見られれば、各種広報などを通じて注意喚起を行っていくのでしょう。 下半分の「活動自粛の目安」は、県民や事業者に自粛要請を行うときの指標になります。 人々は行動が制限され、事業者は経済的な損失を覚悟しなければならないわけですから、この「目安」は、状況を定点観測するための指標ではありません。 自粛要請を行う以上、何故、自粛が必要なのか、県民の理解・納得を得なければならず、そのためにも「このような状態になったら自粛を要請するよ」という定量的、定性的な基準を決めておくことは重要です。 「目安」があることで、県民も事業者も予見性が高まりますし、危険水域が近づいていることが理解できれば、県民が自主的に行動を変える動機づけにもなります。 活動の再開、自粛のいずれの場合においても、これらを測る指標が盛り込まれるのは当然です。 2月1日以降の県内の感染者数は25人で、平均すると4~5日に1人くらいのペースでポツリポツリと感染者が出ている状況で、1日の最大の新規感染者数は3人です。 大阪や東京のように感染ピークの山が明確に認められ、その勾配が十分になだらかになったポイントを見つけて、そこに基準を定めるという形にはなりません。 そういうことを踏まえて、岡山県の目安を検証したいと思います。 「活動再開の目安」として、フェーズ1~フェーズ2では、 (ア)「直近1週間の新規感染者数/その前1週間の新規感染者数」=概ね1未満(つまり、直近1週間の新規感染者が前の週のそれと同程度or上回らない) (イ)直近1週間の新機感染者が9人未満(国の緊急事態宣言解除基準である「人口10万人当たり5人未満程度」に相当) を挙げています。 ア は新規感染者の変化率、(イ)は同じく絶対数で見ていくことになります。 このような流行状況を示す指標として、ほかにも陽性率(PCR検査を行った人に占める陽性者の割合)や実行再生産数(ある時点における1人の感染者が平均的に何人に感染させるかを表す指標。 これが1を下回れば感染状況は収束していく)がありますが、県内の感染状況は、これらを使って基準をつくるには感染者数があまりに少なく、目安として機能する指標になりそうにありません。 (ア)(イ)ともに、シンプルでわかりやすいので、感想状況をウォッチしていく目安としては良いと思います。 同じくフェーズ2~フェーズ3では、 (ウ)(ア)の「概ね1未満」が2週間継続 (エ)直近1週間に感染源不明の新規感染者がみられない を挙げています。 (ウ)は、現在の岡山県の感染状況のような、週に0~2人くらのペースで新規感染者が出るという状況ならノープロブレム、ということでしょう。 ウィルスが根絶されているわけではないので、感染者がずっとゼロということは考えにくく、「目安」とつくるとすれば、まぁ、こんな感じになるのでしょう。 (エ)は、感染源不明のケースが増えた場合は、知らず知らずに感染が広がる可能性があるため、そこにも目配せしようということだと思います。 他都道府県では、新規感染者に占める感染源不明の感染者の割合、などが使われていますが、感染者が十分に少ない岡山県では、感染源不明の新規感染者ゼロを「目安」に置いています。 実際には、1週間以内に感染源を特定する調査が終わらないケースもあるでしょうし、感染者が調査に協力的でないなどの理由で感染源が特定できないケースもあるため、運用には幅を持たせると思われます。 そういう運用を前提にすれば、「目安」として取り入れることは理解できます。 流行状況を判断するための重要な指標である新規感染者数は、今後、PCR検査や抗原検査などの体制が拡充すれば、検査数が大幅に増える可能性があります(というか、そうすべきです)。 その場合、流行状況に変わりはなくても、陽性者数が増える可能性は高く、検査環境の変化のよる新規感染者数の変化をどう捉えるか、今後、議論が必要かもしれません。 その場合、過去の陽性率との比較なども検討すべでしょう。 次に、表の下の段、活動自粛の目安を見ると、 (オ)直近1週間の感染者数がその前1週間と比べ急増(クラスターが発生、倍加期間3日程度、5日連続で新規感染者が増加など) となっています。 要するに、新規感染者の時系列グラフの山が盛り上がり、急激な上昇傾向を示すようなら、活動自粛フェーズに切り替えますよ、ということです。 第2波、第3波の到来が懸念されていますが、( )内に挙げられた事例も含め、どのような状態になれば、活動制限が再度発令されるのか、イメージしやすいものになっていると思います。 関連記事を表示 コメント、ありがとうございます。 仰る通り、PCR検査にしろ、抗原検査にしろ(抗原検査は検査の精度がPCRより低いという問題があるので、運用に一定の慎重さは必要です)、検査体制を整えることは重要だと思います。 政府も、「37. 5度の熱が4日以上」などの要件を外し、検査対象を広げる方向に転換したので、予算面なども含め対応は強化されるはずです。 ただ、検査を増やすことで陽性者が増えた場合、それに対応できる病床数が確保されていないと混乱を招くので、軽症者・無症状者を収容するための宿泊施設なども含めた医療のキャパシティを拡充することとセットで考えなければならないと考えています。 運転免許更新の件は、確かに工夫の余地はありそうですね。 県警に対応方針等を確認し、前田さんのご意見等も伝えていきたいと思います。

次の

岡山県倉敷市在住グルメブロガー新型コロナウィルスによる活動自粛の日々!

岡山 県 コロナ ウィルス

Contents• 2月の下旬になり、 陰性が確認された乗客たちは、 下船が許されました。 船に乗っていた岡山県民も 全員が自分の家に戻ったようです。 ダイヤモンドプリンセス号に 乗っていた乗客たちは、 陰性であることが確認されたから 下船が許されたのですが、 他県ではその後、 陽性反応が出てしまったケースも 多々あります。 16名もの乗客が岡山県に戻っていながら、 一人も陽性反応が出ていないのは変だと、 県民は徐々に気づき始めています。 県内の病院も 検査を拒否するケースがあり、 それは感染者数を増やさないための 措置だという見方もあります。 上記のような理由から、政府や県が、 感染者数を隠蔽しているのではないかと 考えられるのです。 厚生労働大臣の加藤勝信さんは、 岡山県出身です。 大臣の出身地であることと、 事実を隠蔽することの間に、 何か関係があるのではないかと 考えてる人もいます。 また、以下のようなコメントが Twitterにあげられていました。 ところが岡山県の場合、 問い合わせの電話が たったの1つしかないとのこと! これでは隠蔽が疑われても 仕方がないかもしれません。 「隠蔽してました」 と県が公表するはずもないですからね。 ですので、 隠蔽している根拠はないという 前提で以下をお読みください。 やはり一番の原因は、 岡山県ひいては日本全体の経済力が 激減するのを避けるためだと思われます。 何万人もの感染者数が 県内に存在していると発表すれば、 当然ながら県全体で自粛が 徹底されるようになるでしょう。 もはや自粛『ムード』などという表現すら 似合わないくらいに。 それはすなわち、 岡山県全体の生産力や経済力、 県民一人ひとりの行動力や生活力が 激減することを意味しています。 日本全体が苦しいこの時期、 生産ラインがストップしてしまうと、 海外に対する日本の信用も ガタ落ちしてしまいます。 「日本は健在である」 ということを示すためにも、 感染者数は少しでも少なく見せたい というのが政府の方針なのではないでしょうか。 また、岡山県には、 岡山後楽園や岡山城など、 春先の観光シーズンを迎えるスポットが 数多く存在します。 本来なら観光客で賑わうシーズンですが、 今年は新型コロナウイルスの影響で、 来客も激減しています。 産業全体が危機に陥っているので、 その点を少しでも緩和するために、 よりよい対策を講じていると思われます。 隠蔽してるの。 この人の地元岡山だもんね、あなたの地元では"謎の風邪症状"で1000人ほどが集団感染してますよ。 インフルか?と見出しに書いて未だにコロナがでてないと隠蔽してますね。 検査しろ。 お願いします。 検査されず死んだら訴えられますよ?厚労大臣の地元だから隠蔽したいのはわかりますがどうにかしてください。 「しない」というより 「できない」のかもしれませんが、 県民が不安に感じるのは致し方ないと思います。 これが事実だとしたら… 隠蔽と考える人が増えるのも頷けます。 ダイヤモンド・プリンセス号に 乗船していた人たちのうち、 16人もの人が 岡山県民だったことを考えると、 県内から感染者は出ていない状況に 疑問の目が向けられるのも、 致し方ないことだと思います。 なにはともあれ、 今は日本国民が一致団結して 新型コロナウイルスと戦うときです。 私達一般人は、少しでも早く、 新型コロナウイルスを抑える方法が 発見されることに 期待するしかないかもしれませんね。 今の日本で重要なのは、 医療崩壊を起こさないようにすることです。 かつて、 新型インフルエンザが流行した際、 人々が医療機関を訪れて、 医療現場が混乱をきわめました。 重症でもない人がたくさん むやみに病院にやってくると、 多くのお医者さんが感染しやすくなり、 病院内で患者間の感染も広がり、 感染者数が爆発的に増えてしまいます。 そのようなパニック状態を防ぐため、 国や県は国民に対し、 むやみな行動を慎むような措置をとっている、 と考えられます。

次の