フラット 35 福岡 銀行。 福岡銀行フラット35

イオン【フラット35】 |イオン銀行住宅ローン フラット35

フラット 35 福岡 銀行

【フラット35】とは、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して扱っている住宅ローン。 民間では扱いにくい固定金利の住宅ローンとして、2003年からスタートした。 その最大の特徴は金利が固定型であることだ。 金利が何パーセントかは金融機関によって異なるが、比較的低い金利であることは共通している。 対象となる住宅には基準が設けられており、耐震性や省エネ性などが一定の基準を満たすと当初の金利が引き下げられる【フラット35】Sもある。 どこで借りられるかといえば、民間の金融機関だ。 都市銀行や地方銀行をはじめ、信用金庫や信託銀行などのほか、ネット銀行や【フラット35】を専門に扱うモーゲージバンクと呼ばれる金融機関もある。 窓口や金利はさまざまだが、借りられる人の条件や住宅の条件などは一律で決められている。 また、金融機関によっては【フラット35】ではない固定金利の住宅ローンを独自に扱っているケースもある。 つまり同じ金融機関で2種類の固定金利(全期間固定や35年固定と呼ぶ場合もある)を扱っているのだ。 何パーセントかという利率はどちらも同じような水準である場合が多いが、手数料など借りるときの諸費用に違いがある。 【フラット35】と民間銀行の住宅ローンを比較! では、【フラット35】と民間ローンにはどんな違いがあるのだろうか。 まず金利タイプだが、【フラット35】が固定金利しか選べないのに対し、民間ローンは変動金利や固定期間選択型、固定金利などいくつかのタイプのなかから選べるケースが多い。 借りるときの手数料はどちらも金融機関によって異なる。 3万~10万円程度の場合が多いが、借入額の2%(税抜き)としているケースも少なくない。 【フラット35】などではこれら2タイプの手数料のいずれかを選べる場合もある。 その場合、借入額に連動した手数料のほうが金額が高くなるのが通常なので、その分金利が低く設定されている。 借入時に民間ローンでは数十万円程度の保証料がかかるケースが多いが、【フラット35】では保証料はかからない。 ネット銀行などでも保証料がかからない民間ローンを扱っているケースがあるが、その場合は手数料が借入額に連動して高めに設定されていることが多い。 審査の厳しさにも違いがある。 【フラット35】の場合は【フラット35】以外のローンも含むすべての借り入れを対象に、年間合計返済額が年収に占める割合(総返済負担率)に基準を設けている。 年収400万円未満なら総返済負担率は30%以下、400万円以上なら35%以下だ。 一方、民間ローンにも年収基準はあるが、同時に収入の安定度も審査される。 転職したばかりなど収入が安定しない人は借りにくいことが多いのだ。 このほか、借りた人が万一死亡した場合などに保険金でローンが完済される団体信用生命保険(団信)は、民間ローンではいずれも保険料が金利に含まれる。 ただ、【フラット35】は団信に加入しなくても借り入れが可能で、その場合は金利が0. 2%低くなる。 また繰り上げ返済するときの手数料は、いずれもwebで手続きすれば無料のケースがほとんどだが、【フラット35】ではwebでも窓口でも無料。 ただし、web手続きの場合は10万円以上、窓口の場合は100万円以上という繰り上げ返済額の制限が付くので注意が必要だ。 【フラット35】 民間ローン 金利タイプ 固定金利のみ 変動金利や固定期間選択型などから選べるケースが多い 借入時の手数料 金融機関により数万円~借入額の2%程度 金融機関により数万円~借入額の2%程度 保証料 なし なし~借入額の2%程度 保証人 不要 原則不要 住宅の技術基準 あり なし 審査の厳しさ 年収基準を満たせばOK 収入の安定度なども審査される 団体信用生命保険 原則加入(保険料は金利に含まれる) 必須加入(保険料は金利に含まれる) 繰り上げ返済の手数料 なし(ただし、web手続きの場合は10万円以上、窓口手続きの場合は100万円以上の繰り上げ返済額が必須) web手続きの場合はなしのケースがほとんど 特典の有無 住宅が一定基準を満たせば当初金利が優遇される(【フラット35】S ほとんどの金融機関で金利優遇を実施している (図表1)【フラット35】と民間ローンの違い 【フラット35】が向いているのはどんな人? では【フラット35】が適しているのはどんな人なのか、ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんは次のように教えてくれた。 「まず収入はあるけれど会社員ではない、自営業の人などが借りやすいのが【フラット35】の特徴です。 また金利が固定型なので、金利上昇リスクを避けたい人や、金利をリサーチするのが好きではない人などに向いているでしょう」 将来、自宅を人に貸す可能性がある人にも、【フラット35】は適しているという。 「民間の住宅ローンはあくまで自宅を対象としているので、途中で住まなくなって人に貸す場合は、転勤などを除けば原則として完済やローン条件の変更をしなければなりません。 【フラット35】も自宅用であることは同じですが、途中で人に貸すことになってもそのまま借り続けることが可能です」 さらに投資用の物件をすでに持っている人も、【フラット35】は借りやすいという。 「ローンを組んで投資用の賃貸住宅などを買った人は、自宅用の住宅ローンを借りるときに審査が厳しくなりがちです。 でも【フラット35】では投資用物件から得られる家賃収入を加味してもらえるので、自宅用のローンを借りやすい傾向があります」 【フラット35】を借りるときの注意点は? 【フラット35】を借りるときにはどんな点に注意すればよいのか。 引き続き風呂内さんに聞いてみた。 「【フラット35】の金利は固定型としては確かに低いのですが、勤務先の提携ローンなどを利用すると民間ローンのほうが最終的な金利が低くなるケースもあるので、自分が利用できるローンを比較検討することをオススメします。 逆に民間ローンのほうが金利が低くても、手数料や保証料も加えるとトータルでは【フラット35】のほうが負担が軽くなる場合もあります。 借りるときの諸費用も加味して比べるといいでしょう」 また頭金が少ない人も注意が必要だという。 というのも、【フラット35】は住宅価格に占める借入額の割合(融資率)が9割を超えると、借入額全体の金利が高くなるからだ。 「【フラット35】では仲介手数料や登記費用などの諸費用も借りることができますが、【フラット35】は融資率9割までに抑えて低金利で借り、足りない分を諸費用ローンで借りる方法もあります。 諸費用ローンは2%台程度で借りられる場合が多いので、10年返済など短期で返済すればトータルの負担を抑えられることも多いです」 さらに【フラット35】の優遇金利である【フラット35】Sは当初5年または10年の金利が0. 25%引き下げられるおトクな制度だが、その利用にも注意すべき点があるとのことだ。 「当初の金利が低くて毎月返済額が軽くなるのはたしかに大きなメリットですが、それによって家計が緩み、貯蓄がおろそかになってしまうケースもあり得ます。 25%引き下げ 【フラット35】.

次の

福岡県で「フラット35」を利用するならおすすめはどこ?

フラット 35 福岡 銀行

年 控除額 年 控除額 1 18. 9万円 6 13. 3万円 2 17. 8万円 7 12. 2万円 3 16. 6万円 8 11. 1万円 4 15. 5万円 9 9. 9万円 5 14. 4万円 10 8. 8万円 合計 138. すまい給付金 給付額 30万円 税額概算 返済額 9. 6万円 6. 7万円 4. 8万円 6. 2万円 住民税 17. 9万円 14. 6万円 11. 3万円 14. 1万円 最大控除 22. 2万円 20. 3万円 16万円 19. 65万円までです。 資金使途 申込ご本人または、家族がお住まいになるための、新築住宅の建設・購入資金、または中古住宅の購入資金および住宅取得にかかる諸費用。 (リフォームのための資金にはご利用いただけません。 ) 担保 ご融資対象となる住宅及びその敷地に、住宅金融支援機構を抵当権者とする第1順位の抵当権を設定していただきます。 保証人 不要です 団信 万一の場合に備え、住宅金融支援機構指定の団体信用生命保険をご用意しております(保険料は、別途お客さまのご負担となります)。 保障特約 火災保険 住宅について、建物の火災による損害を補償対象とし、保険金額をお借入額以上とした火災保険(損害保険会社の火災保険または法律の規定による火災共済)に加入していただきます。 繰り上げ返済 無料 返済日 遅延損害金 対応地域 広島県 山口県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県.

次の

福銀フラット35 | 住宅ローン | かりる | 福井銀行

フラット 35 福岡 銀行

フラット35が誕生した当時、「フラット35からフラット35への借り換え」は認められていませんでした。 フラット35からフラット35への借り換えが認められるようになったのは今から10年以上前の平成21年なのですが、いまだにフラット35からフラット35に借り換えできることを知らない人も多いと言われています。 更に、一般的な住宅ローンの場合、同じ金融機関内での住宅ローンの借り換えが認められていないこともあって、誤解している人が多いのですが、 結論としてフラット35からフラット35への借り換えは同じ銀行(同一銀行、同一金融機関)での借り換えも可能です。 もちろん、他の金融機関のフラット35への借り換えも可能です。 日銀がマイナス金利政策を導入する以前、ヨーロッパの一部の国で既に導入されていた政策とはいえ、金利がマイナスになるという異例の金融政策は世の中に大きな影響を及ぼしました。 マイナス金利政策はお金を借りる側が金利を受け取れるものであり、実際にデンマークでは住宅ローン金利がマイナスになり住宅ローンを借りていることで金利が受け取れたという異常事態でした。 日本でも2016年2月より実際されたマイナス金利政策により長期金利は急激に低下、住宅ローン金利については新生銀行が月途中で金利引き下げに踏み切るなど異例な事態が発生しました。 マイナス金利政策に伴う住宅ローン金利低下は長期固定金利タイプほど影響が大きく、長期固定型住宅ローンの代名詞であるフラット35は2016年に入り、年0. 6%ぐらい一気に金利が低下し、2019年に入っても低金利は続いています。 フラット35からフラット35への借り換えであればこのメリットを継続することができますね。 上記の表を見ると、5年前の2012年時点でフラット35の金利は年2. 0%を上回っています。 5年以上前にフラット35を借りた方であれば借り換えで確実な効果が見込めると言ってよいでしょう。 一般団信では死亡や高度障害などのみ保障されていますが、こうした特約を新たに付帯することで万が一への備えを厚くすることが可能です。 3%の金利上乗せが必要でしたが、フラット35の金利み保険料が含まれる形に制度変更が行われました。 この制度変更で団信の保険料は実質引き下げられており、年0. 3%で団信を付帯されている方はフラット35からフラット35への借り換えで団信保険料を節減することが可能となっています。 )・地震保険料(借換えの際に新規で保険契約する場合に限る。 ) 借り換えで効果があるのは分かっているけど諸費用の負担がネック、、、という方に最適な仕組みが実現しています。 加入審査時に健康状態の告知を書面に記入されたのをご記憶でしょうか?過去3年分の病歴や治療歴を告知するものであり、健康状態によっては団信に加入できない場合があります。 フラット35の借り換えを行う際にはこの団信の再審査が必要となります。 このため、直近3年以内に健康状態に問題があった場合にはこの告知をする必要があり、内容によっては団信に加入できない可能性があります。 フラット35ではワイド団信の取り扱いはありませんので団信に落ちれば、団信なしで借り換えをしなければならなくなります。 借り換えにより万が一の備えがなくなるのはあまり得策とはいえないのではないでしょうか。 時間にゆとりを持って審査申し込みをする必要がありますね。 メガバンク・地銀などで住宅ローンを組む際に必要となる保証料は住宅ローン繰上返済で返金となりますが、フラット35の事務手数料にはそうした仕組みがありません。 フラット35の事務手数料は多くの金融機関で融資額の2. このため事務手数料が格安なフラット35を選ぶことがフラット35の借り換え効果をより引き出すには重要なこととなります。 について特化したページを容易していますのでそちらも一読いただければと思います。 フラット35の借り換え手数料ではが0. 2016年度 銀行業界 フラット35取り扱い件数1位の楽天銀行の公式サイトはコチラ フラット35からフラット35への借り換えにオススメな金融機関は? 2017年度フラット35取り扱い実績1位 2016年度フラット35銀行業界取り扱い実績1位 2016年度フラット35銀行業界取り扱い実績2位 みずほ銀行 【参考】フラット35からフラット35への借り換えに対応している金融機関は? イオン銀行 楽天銀行 アルヒ 埼玉りそな銀行 みずほ銀行 三菱UFJ銀行 三井住友海上 大分銀行 オリックス クレディセゾン りそな銀行 ろうきん 千葉銀行 住信SBIネット銀行 横浜銀行 優良住宅ローン 北洋銀行 北都銀行 福岡銀行 フラット35関連記事.

次の