スクール ウォーズ。 山下真司のスクールウォーズ!あらすじと登場人物を写真入りで紹介!

「スクール☆ウォーズ」が再び蘇る!『伏見工業伝説』、小畑親子の夢。

スクール ウォーズ

「これが本当のスクールウォーズですわ。 これこそが、俺たちがやってきたことなんです。 思い出すと、涙が出てきてね。 何回も読み返しました。 自分がやってきたことを、同じ道を、今、せがれがたどってくれとる。 俺たちでは決して成し遂げることができんかった夢を、40年が過ぎて、せがれが叶えてくれようとしとるんです。 電話の向こうにいる小畑道弘は、そのモデルとして描かれた人物だった。 1975年5月。 その題材となった京都の伏見工業は、0-112で強豪の花園高校に大敗する。 当時のキャプテンだった小畑は、「悔しい! 俺は勝ちたい」と泣き叫んだ。 そして、屈辱を忘れないようにと、伏見工業に就任したばかりだったラグビー元日本代表の山口良治監督は部員ひとりひとりを殴りつけた。 ドラマで描かれたあまりにも有名なシーン。 それから40年以上の月日が流れた。 小畑は還暦を迎える年齢になり、その長男は父の背中を追い続けている。 ラグビー・トップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズが、11月1日に来季の新加入選手8人を発表した。 そこに、帝京大学のスクラムハーフである小畑健太郎の名前があった。 彼こそが、小畑道弘の長男である。 体は小さいが、負けん気だけは人一倍強かった。 そんな少年は、いつしか父と同じ道を歩んだ。 それは、ごく自然なことだった。 伏見工業では父と同じように主将を務めた。 帝京大学に進むと、スタンドオフからスクラムハーフに転向し、大学1年からレギュラーをつかんだ。 入学から3年連続で日本一を経験。 最終学年となる今季、史上最多を更新する大学選手権10連覇を目指す戦いが、既に始まっている。

次の

スクール☆ウォーズのロケ地

スクール ウォーズ

クリーニング店の火事でジャージが丸焼けになってしまった川浜ラグビー部はかつて「109対0」で負けた時の赤いジャージを着て花園で戦うことになり、清美(諏佐理恵子)、明子(坂上亜樹)らが懸命に洗濯。 この水道は第12回「愛は死線を越えて」で、イソップのトルエン仲間の不良たちがグラウンドに乱入するシーンにも映っていまた。 多摩市の関戸公園野球場のバックネット付近にあったと思われますが、現在は野球場の移転に伴い撤去されています。 当時の航空写真。 右奥に映っているのは隣接する多摩第一小の体育館とプール。 正面奥は多摩第一小の校庭。 このアングルで圭子(伊藤かずえ)の後ろにあるのがバックネットで、その向こうは多摩川の土手。 タグ : 県予選準決勝の当日、平山ファンの3人組はバスに荷物を運び入れている最中の明子(坂上亜樹)と清美(諏佐理恵子)を呼び止めて平山への色紙を託すが・・・。 ここは川浜高校のグラウンドの撮影に使われた多摩市の関戸公園野球場に隣接する駐車場だと思われます。 で明子たちがジャージを洗濯するシーンの後ろにも映っています。 現在は多摩第一小学校の体育館が建っており駐車場はありません。 しかしストリートビューに体育館ができる前の航空写真が残っているので、当時の様子がわかります。 タグ :.

次の

スクールウォーズ2の謎

スクール ウォーズ

「これが本当のスクールウォーズですわ。 これこそが、俺たちがやってきたことなんです。 思い出すと、涙が出てきてね。 何回も読み返しました。 自分がやってきたことを、同じ道を、今、せがれがたどってくれとる。 俺たちでは決して成し遂げることができんかった夢を、40年が過ぎて、せがれが叶えてくれようとしとるんです。 電話の向こうにいる小畑道弘は、そのモデルとして描かれた人物だった。 1975年5月。 その題材となった京都の伏見工業は、0-112で強豪の花園高校に大敗する。 当時のキャプテンだった小畑は、「悔しい! 俺は勝ちたい」と泣き叫んだ。 そして、屈辱を忘れないようにと、伏見工業に就任したばかりだったラグビー元日本代表の山口良治監督は部員ひとりひとりを殴りつけた。 ドラマで描かれたあまりにも有名なシーン。 それから40年以上の月日が流れた。 小畑は還暦を迎える年齢になり、その長男は父の背中を追い続けている。 ラグビー・トップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズが、11月1日に来季の新加入選手8人を発表した。 そこに、帝京大学のスクラムハーフである小畑健太郎の名前があった。 彼こそが、小畑道弘の長男である。 体は小さいが、負けん気だけは人一倍強かった。 そんな少年は、いつしか父と同じ道を歩んだ。 それは、ごく自然なことだった。 伏見工業では父と同じように主将を務めた。 帝京大学に進むと、スタンドオフからスクラムハーフに転向し、大学1年からレギュラーをつかんだ。 入学から3年連続で日本一を経験。 最終学年となる今季、史上最多を更新する大学選手権10連覇を目指す戦いが、既に始まっている。

次の