覚醒剤疑惑 芸能人。 大物芸能人12人に薬物使用疑惑が!?芸能界の激ヤバ極秘リストを大公開!

薬物で前科!逮捕された芸能人50選【覚せい剤や大麻・2020最新版】

覚醒剤疑惑 芸能人

2019年は、著名人の薬物事件が相次いだ年でもあった。 3月にはミュージシャンで俳優のピエール瀧(52)、5月に元「KAT-TUN」の田口淳之介(34)、11月には元タレントの田代まさし(63)、元オリンピック選手でプロスノーボーダーの國母和宏(31)が違法薬物関連の容疑で逮捕されている。 干されるリスクをおかしてでも…… そして11月16日には女優の沢尻エリカ(33)が合成麻薬「MDMA」を所持していたとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された。 沢尻は逮捕後、警視庁組織犯罪対策5課の調べに対し、「10年以上前からMDMAやLSD、大麻、コカインを使用していた」との趣旨の供述をし、元交際相手のファッションデザイナーの男も逮捕。 沢尻は尿検査では陰性であったものの、勾留期限の12月6日に麻薬取締法違反で起訴された。 芸能界やスポーツ界における薬物汚染は、今に始まったことではない。 2009年には元アイドルの酒井法子(当時38)、2014年には元CHAGE and ASKAのASKA(当時56)、2016年には元野球選手の清原和博(当時48)、元俳優の高知東生(当時51)がそれぞれ薬物関連の事件で大きな話題となった。 とりわけ著名人の場合、薬物関連の不祥事が明るみに出ると、出演するテレビ番組やCMからの降板も余儀なくされる。 場合によっては業界から事実上の追放をされることもあり、そのダメージは計り知れない。 それでもなぜ彼らは薬物に手を出してしまうのか? 「センセーション」と「インスピレーション」を求めて 長年、薬物依存の患者を診察してきた昭和大学医学部精神医学講座主任教授の岩波明氏は、「芸能人や音楽家には薬物乱用者が多い傾向がある」と指摘する。

次の

超大物芸能人X、過去に覚醒剤疑惑の“完全もみ消し”に成功していた! 「大物官僚の性行為を撮影し…」関係者が暴露!

覚醒剤疑惑 芸能人

覚せい剤に分類されている薬物には「コカイン」「ニコチン」「カフェイン」「アンフェタミン」「メタンフェタミン」 「ADMD(メチレンジオキシメタンフェタミン)」等があります。 覚醒剤の効果には、覚醒作用や気分の爽快感などがあり、副作用には血圧の上昇、発汗、喉の渇き、 筋肉の緊張、落ち着きが無くなり、フラッシュバック、過剰摂取による死亡などが有ります。 日本では覚せい剤(アンフェタミン、メタンフェタミン、その他指定する塩類)は、覚せい剤取締法で規制されており、 所持や使用においては10年以下の懲役が定められています。 関連ページ: 覚醒剤(覚せい剤)で逮捕された有名人・芸能人の一覧 名称 説明 槇原敬之 シンガーソングライターで作曲家でもある槇原敬之は、 1999年8月26日に覚醒剤の所持で逮捕され懲役1年6月・執行猶予3年の判決を受けました。 また、2020年2月13日にも、平成30年4月に自宅のマンションで覚醒剤0. 083グラムを所持していた疑いで覚せい剤取締法違反により逮捕されたほか、 30年3月に危険ドラッグを所持していた疑いでも調べられています。 浜田文子 プロレスラーのグラン浜田の娘で、本人も女子プロレスラーとして活躍していた浜田文子は、2018年5月13日に覚醒剤使用の疑いで警視庁西新井署に逮捕されました。 浜田文子は13日に本人が持つベルトの防衛戦を行う予定でしたが、本人より「申告な体調不良」で欠場したいとの申し出がありベルトを返上していましたが、後の14日に所属団体であるWAVEに詳細な報告が行き覚醒剤の使用で逮捕されたと判明しました。 松尾敏伸 俳優の松尾敏伸は4月から5月にかけて覚醒剤を使用したとされ、警視庁原宿署に覚醒剤取締法違反(使用)の罪で逮捕されました。 松尾敏伸は仮面ライダーやドラマのビー・バップ・ハイスクールなどに多くのドラマや映画に出演しており、今回は都内で警官が尿検査を行ったところ陽性反応が出たことで逮捕されました。 飛鳥涼(ASKA) 音楽デュオCHAGE and ASKAのメンバーで、シンガーソングライターである飛鳥涼は、 2014年5月17日に覚醒剤の所持で警視庁組織犯罪対策第五課に覚せい剤取締法違反で逮捕されました。 この逮捕で自宅を捜索した際に覚醒剤と合成麻薬の一種であるMDMAが押収され、知人の女性も覚醒剤所持の容疑で逮捕されています。 また、2016年11月25日に「盗撮されているので確認してほしい」と自ら警察に110番通報をし、 訪ねた警察に対し意味不明な事を話すなどしたため、尿の検査を行ったところ覚醒剤反応が検出され、 28日に覚せい剤取締法違反により逮捕されましたが、12月19日に嫌疑不十分で不起訴となりました。 清原和博 元プロ野球選手の清原和博は2016年2月2日に東京都港区で覚せい剤を所持していたとして、覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。 高知東生 元俳優の高知東生は2016年6月24日に、横浜市内のラブホテルでホステスの五十川敦子容疑者と共に覚醒剤と大麻を所持していたとして現行犯で逮捕されました。 逮捕時室内には焦げ後のあるガラス瓶に短く切ったストローが刺さった状態で発見され、逮捕直前に薬物を使用していたと見られています。 また、逮捕後に厚生労働省の麻薬取締部が高知容疑者と妻の高島礼子の住む自宅を家宅捜査したところ、 高知東生容疑者の部屋から薬物を使用する際に使うものとされるストロー等を押収しました。 橋爪遼 俳優の橋爪功の息子で、本人も俳優として活躍している橋爪遼は、2017年6月2日に埼玉県内で覚醒剤を所持していたとして覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕されました。 sakura 本名:櫻澤 泰徳 元L'Arc~en~Cielのドラマーでしたが、1997年2月24日に覚せい剤所持のため 覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役2年・執行猶予3年の判決が言い渡されました。 カルメン・マキ 歌手およびロックミュージシャンであるカルメン・マキは、 1980年に大麻取締法違反で逮捕後の保釈中に覚せい剤を使用し逮捕されました。 ジョン・健・ヌッツォ アメリカ国籍を持つテノール歌手のジョン・健・ヌッツォは、 2008年11月27日に覚せい剤所持のため覚醒剤取締法違反で現行犯逮捕され、 懲役1年6か月・執行猶予3年の判決を受けました。 Char(チャー) 本名:竹中 尚人 ギタリストのCharは、1979年2月8日に覚醒剤取締法違反で捜索を受け書類送検されました。 ミッキー吉野 ロックバンド「ゴダイゴ」のピアノ・キーボードプレイヤーであるミッキー吉野は、 1992年に覚せい剤使用容疑で逮捕され懲役1年6カ月・執行猶予3年の判決を受けました。 なお、ミッキー吉野は1970年11月にも大麻取締法違反で逮捕されています。 ユージン・カーチス (加千須ユージン) ミッキー・カーチスの長男でいしだ壱成も所属していたバンド「THEBIGBAND」のメンバーでもあるユージン・カーチスは、 1998年9月24日に覚せい剤と大麻の所持で逮捕されました。 愛沢ひな AV女優の愛沢ひなは、2009年6月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、 裁判により懲役1年6月・執行猶予3年の有罪判決を受けました。 麻生希 AV女優の麻生希は、2018年2月20日に自宅に覚せい剤約56グラムや、コカイン、大麻などを所持していたとして、関東信越厚生局麻薬取締部により逮捕されました。 押収された覚せい剤が56グラム(末端価格約360万円相当)と多いため、密売をしていた可能性が有るとして調べられています。 なお、麻生希は2016年2月にもコカインを所持していたとされ逮捕されています。 園田凌士 俳優・歌手・作詞家である園田凌士は2009年4月に覚せい剤取締法違反で逮捕されました。 岡崎聡子 日本の体操選手でオリンピック代表でもあった岡崎聡子(旧姓:中島聡子)は違法薬物使用で幾度と無く逮捕されています。 岡崎聡子の主な逮捕歴には以下が有ります。 1995年に大麻所持により大麻取締法違反で執行猶予の判決• 上記大麻所持の執行猶予中に覚せい剤取締法違反で逮捕され懲役1年6ヶ月の実刑判決• 1999年に覚醒剤取締法により1年8ヶ月の実刑判決• 2005年にも薬物により逮捕• 2009年にも薬物により逮捕• 2013年2月15日に覚せい剤取締法により逮捕されるも不起訴• 2013年9月6日に家宅捜索により覚醒剤所持容疑にて逮捕 岡村靖幸 シンガーソングライターで音楽プロデューサーでもある岡村靖幸は、 2003年3月に覚せい剤を使用所持していたため覚せい剤取締法違反で逮捕され懲役2年・執行猶予3年の判決を受けました。 しかし、2005年5月20日に覚せい剤取締法違反で逮捕され執行猶予が取り消され、 懲役1年6ヶ月(求刑懲役2年)の実刑判決を受けました。 なお、2008年2月5日にも覚せい剤の所持で逮捕され懲役2年の実刑判決を受けました。 加勢大周 本名:川本 伸博 俳優である加勢大周は、2008年10月5日に覚せい剤3グラムと乾燥大麻9. 4グラムの所持で、 覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反により逮捕され懲役2年6か月・執行猶予3年の判決を受けました。 我喜屋良光 ミュージシャンでかつて「りんけんバンド」にも所属していた我喜屋良光は、 2001年10月に覚せい剤の使用と大麻の所持により逮捕されました。 梶永大士 ミュージシャンでPsycho le Cemu(サイコ・ル・シェイム)の元メンバーである梶永大士(Psycho le CemuではDAISHI名義)、 2005年6月3日に覚せい剤の使用により覚せい剤取締法違反で逮捕されました。 加西さおり 元吉本興業のモデルユニット「ビジュギャル」に所属していた加西さおりは、 覚せい剤を使用したことにより2003年11月30日に覚せい剤取締法違反で逮捕されました。 倖田梨紗(倖田梨沙) AV女優の倖田梨沙は、2008年11月に覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反で逮捕され執行猶予の判決を受けますが、 執行猶予中の2009年2月に再度覚せい剤取締法違反により逮捕され1年4ヶ月間の判決を受けました。 岩城滉一 俳優である岩城滉一は、1977年に覚せい剤を購入したとして逮捕されました。 またその事件の保釈中に改造したピストルを暴力団関係者に預けた容疑により銃刀法違反でも逮捕されています。 芹明香 女優であった芹明香は1976年に覚せい剤取締法で逮捕されました。 桂銀淑 ケイ ウンスク 韓国出身の演歌歌手である桂銀淑は、2007年11月26日に覚せい剤の所持により逮捕され、 懲役1年6月・執行猶予3年の判決を受けました。 なお、覚せい剤所持の罪からビザの延長ができなくなり韓国へ帰国しました。 原田ひかり AV女優であった原田ひかりは、1991年3月6日に覚せい剤取締法で懲役2年・執行猶予3年の判決を受け、 1992年4月4日にも覚せい剤取締法で逮捕され懲役の実刑判決を受けました。 原田宗典 小説家の原田宗典は、2013年9月7日に覚せい剤と大麻を所持していたところを逮捕され、 懲役1年6か月・執行猶予3年の判決が言い渡されました。 原田知樹 俳優の藤田まことの長男で会社員の原田知樹は、 2013年1月に覚せい剤を使用したことにより逮捕されました。 江夏豊 もとプロ野球選手で野球解説者の江夏豊は、1993年3月3日に覚せい剤所持の現行犯で逮捕されました。 初犯ながらも所持している量が多かったため懲役2年4ヶ月の実刑を受けて静岡刑務所に服役しました。 江木俊夫 俳優・タレントである江木俊夫は、1999年7月に覚せい剤の使用で逮捕されましたが、 初犯であったために執行猶予となりました。 荒木将器 作曲家である荒木将器は、2005年11月5日に覚せい剤の所持により逮捕されました。 高橋祐也 女優の三田佳子の次男で、俳優・ミュージシャンである高橋祐也は、高校在学中であった18歳の1998年1月7日に覚せい剤取締法により逮捕され、 保護観察処分となりました。 なお、その後の2000年10月25日に自宅の地下室で覚せい剤パーティを行っていたところを覚せい剤取締法で逮捕され懲役2年執行猶予5年の有罪判決、 2007年11月15日にもコンビニエンスストアで覚せい剤を使用していたところを逮捕され懲役1年6ヶ月の実刑判決を受けました。 2018年9月11日にも飲食店で口論をした際に、通報で駆けつけた警察官が行った尿検査で覚醒剤の陽性反応が出たため、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されました。 高相祐一 女優酒井法子の元夫で自称プロサーファーの高相祐一は、 2009年8月2日に渋谷区で警察官の職務質問の際に覚せい剤を所持していた容疑で逮捕され 懲役2年・執行猶予4年の判決を受けました。 2012年にも麻薬成分の含まれる液体を所持していたとして麻薬取締法違反で逮捕されています。 克美しげる 歌手である克美しげるは、1989年5月11日に覚せい剤所持により覚せい剤取締法違反で逮捕され 懲役8ヶ月の判決を受けました。 なお、克美しげるは1976年5月6日に愛人を殺害し車のトランクに隠したとして逮捕され、懲役10年の実刑判決を受けています。 沙也加 AV女優である沙也加は、1994年3月に覚せい剤所持により逮捕されました。 なお、このときの逮捕は3度目であり実刑判決が下りました。 山田一雄 演歌歌手の川中美幸の夫である山田一雄は、2000年11月に覚せい剤と大麻所持により逮捕されました。 寺内アキラ ギタリスト寺内タケシの長男でブルージーンズのボーカルである寺内アキラは、 2002年2月18日に覚せい剤使用で逮捕され、懲役1年6月・執行猶予4年の有罪判決を受けました。 宍戸史絵 俳優の宍戸錠の長女である宍戸史絵は、1998年6月9日に覚せい剤取締法違反で逮捕され、 懲役1年6カ月執行猶予4年の判決を受けマシた。 室田日出男 俳優の室田日出男は、1977年に覚せい剤の不法所持により覚醒剤取締法違反で逮捕されました。 酒井法子 元アイドルで女優の酒井法子は覚醒剤取締法違反の疑いで2009年8月7日に逮捕状が取られ、 8月8日に逮捕され懲役1年6月執行猶予3年の判決を受けました。 この事件では8月2日に元夫である高相祐一が覚醒剤所持で逮捕され、 その後任意同行を求められた酒井法子は後任意同行を拒否し車で立ち去り数日間失踪をしましたが、 8月8日に弁護士と共に警視庁富坂庁舎に出頭し逮捕されました。 勝呂元博 俳優で大空眞弓の長男でもある勝呂元博は、 2002年1月5日と2月15日に覚せい剤所持の疑いで逮捕されました。 小向美奈子 グラビアアイドル、AV女優である小向美奈子は2009年1月22日に覚せい剤の所持により、 懲役1年6カ月・執行猶予3年の判決を受けました。 2011年2月7日には覚せい剤を譲り受けたとして逮捕状が取られ、フィリピンから帰国した2月25日に逮捕されたものの証拠不十分で釈放されました。 2015年2月6日には自宅マンションにて覚醒剤約0・1グラムを所持していた疑いで逮捕されました。 小川洋平 トンボ鉛筆の会長であった小川洋平は、2007年8月13日に覚せい剤の所持により逮捕され、 懲役2年6月・執行猶予4年の有罪判決を受けました。 なお、2008年6月13日にも覚せい剤の使用で逮捕され、懲役1年4月の実刑判決を受けました。 小林憲司 衆議院議員を2期務めた元民主党の政治家である小林憲司は、 2005年9月18日に覚せい剤取締法違反で私設秘書2名とともに逮捕され、 懲役1年6月・執行猶予3年の判決を受けました。 なお、逮捕7日前に行われた第44回衆議院議員総選挙の民主党マニフェストには「覚せい剤の撲滅」 を記載していました。 松田ケイジ 俳優である松田ケイジは、1990年6月7日に覚せい剤の所持で厚生省関東信越地区麻薬取締官事務所により逮捕され、 懲役1年8月・執行猶予3年の判決を受けました。 笑福亭小松 韓国籍の元落語家である笑福亭小松(日本名:夏川鴈二郎)は1996年・2007年・2009年に覚せい剤取締法違反で逮捕され、 2007年の事件の執行猶予中の2009年に逮捕された事から懲役1年6月の実刑判決となりました。 仁科貴 俳優である仁科貴は、2002年1月20日に大麻と覚せい剤の所持により逮捕され、執行猶予の判決を受けました。 清水健太郎 本名:園田巌 俳優・歌手である清水健太郎は、幾度と無く覚せい剤や大麻の使用により逮捕されてきました。 清水健太郎の逮捕歴は以下になります。 1983年に大麻取締法違反で逮捕され起訴猶予の判決• 1986年に大麻取締法違反で懲役1年執行猶予4年の判決• 1994年に大麻取締法違反及び覚せい剤取締法違反で懲役1年6月の実刑判決• 2004年5月29日に覚せい剤取締法違反で逮捕され懲役2年4月の実刑判決• 2010年8月18日に覚せい剤取締法違反で逮捕され懲役1年10月(求刑懲役2年6月)の実刑判決• 1973年 昭和48年 に自動車の運転中に女性をはねる死亡事故を起こし業務上過失致死で逮捕• 2008年10月27日に自動車の運転中に自転車と衝突し自動車運転過失傷害と道交法違反により懲役7ヶ月 なお、2013年7月9日脱法ハーブを使用し救急搬送されたことも有ります。 森香名子(森麗樹) 清水健太郎の元妻で、女優・DJ・占い師・イベントプロデューサーの森香名子は、 2011年11月1日に覚せい剤の所持で関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されました。 西崎義展 アニメ「宇宙戦艦ヤマト」などのプロデューサーである西崎義展は、 1997年12月2日に覚醒剤50グラム、ヘロイン6グラム、大麻8グラムの所持により逮捕され懲役2年8月の実刑を受けました。 また、1999年2月1日には覚醒剤20グラム、自動小銃、実弾約1800発、擲弾約30発の所持により逮捕され、懲役5年6月の実刑を受けました。 西川隆宏 DREAMS COME TRUE(通称ドリカム)の元メンバーでキーボード担当していた西川隆宏は、 2002年10月7日に義姉への暴行事件により逮捕されその収監中の2002年10月17日に尿検査にて 覚醒剤反応が出たために逮捕され、懲役1年6か月・執行猶予3年の有罪判決を受けました。 また、2006年2月25日に覚醒剤所持の現行犯で逮捕され、その後覚醒剤の使用が発覚したため、 懲役1年6ヶ月の実刑判決を受けました。 青山ちはる 1980年代から1990年代にかけて活動したAV女優でラッキー池田の元妻の青山ちはるは、 1998年に覚醒剤の所持により逮捕され、執行猶予の判決を受けました。 青山ミチ 1960年代に活躍した歌手の青山ミチは、1978年10月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、 懲役6ヶ月・執行猶予3年の判決を受けました。 また、覚醒剤で逮捕される前の1974年3月には万引の現行犯で逮捕された過去もあります。 赤坂晃 タレントで元ジャニーズ事務所の「光GENJI」のメンバーである赤坂晃は、 2007年10月28日に覚醒剤の所持により現行犯逮捕され懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の有罪判決を受けました。 また、執行猶予期間中の2009年12月29日にも覚醒剤の所持と使用で逮捕され、懲役1年6月の実刑判決を受けました。 川添象郎 青山テルマ feat. Souljaの「そばにいるね」などをプロデュースした、音楽プロデューサーである川添象郎は、1982年11月、1999年7月、2013年6月に覚醒剤取締法違反で逮捕されました。 また、覚醒剤意外にも大麻の所持と使用や、監禁暴行、万引きなどにより幾度と無く逮捕されています。 大久保光信 元CURIO、現SHOW-SKAに参加している、サックス奏者の大久保光信(NOB)は、 2000年2月15日に職務質問を受けた際に覚醒剤0. 5グラムを所持していた容疑で逮捕され、 懲役1年6月・執行猶予3年の有罪判決を受けました。 大森隆志 元サザンオールスターズのメンバーで、ギタリストの大森隆志は、 2006年5月11日に覚醒剤10グラム、大麻40グラムを所持していたとして、 覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反で逮捕され懲役2年6ヶ月・執行猶予4年の判決を受けました。 杉田光央 俳優で元NHKの9代目「歌のお兄さん」である杉田光央(杉田あきひろ)は、 2016年4月13日に東京都内で覚せい剤を所持していたとして、 警視庁に現行犯逮捕されました。 坂井俊浩 1995年に解散したダンス&ボーカルユニット「ZOO」の元メンバーである 坂井俊浩は、2014年12月23日ごろに新宿歌舞伎町のホテルで密売人から覚せい剤やく1グラムを3万円で購入したとして 2015年7月7日に麻薬特例法違反の疑いで逮捕されました。 内藤 裕史 丸善 大和武士 元プロボクシングの日本ミドル級チャンピオン俳優でもある大和武士は、 2013年5月13日に覚せい剤取締法違反で逮捕されました。 なお、2008年8月2日には寿司店の店主に包丁を突きつけ暴力を振るい傷害と暴力行為法違反 により逮捕され懲役1年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けました。 中村銀之助 歌舞伎俳優である中村銀之助は、2005年8月6日に覚醒剤所持により逮捕され、 懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けました。 中村耕一 ミュージシャンで元JAYWALKのメンバーである中村耕一は、 2010年3月9日に覚醒剤所持により逮捕され、懲役2年・執行猶予4年の有罪判決を受けました。 なお、1977年には大麻所持で逮捕され懲役1年6ヶ月・執行猶予2年の有罪判決を受け、 2007年6月8日には8. 5cmのアーミーナイフを所持していたことにより銃刀法違反で書類送検されています。 津垣博通 キーボード奏者の津垣博通は、2008年4月25日に覚醒剤を使用して逮捕されました。 田原成貴 元競馬騎手でGI級15勝し、調教師、競馬評論家でもある田原成貴は、 2001年10月8日に羽田空港で航空機内にナイフを持ち込み銃刀法違反で逮捕され、 その際に覚醒剤の所持が発覚し覚せい剤取締法違反で藻逮捕されました。 また、2009年10月14日にも大麻と覚醒剤の所持から逮捕され、大麻取締法違反で懲役10月、執行猶予4年の有罪判決を受けました。 なお、覚醒剤取締法違反については不起訴となっています。 さらに、2010年2月の執行猶予中に傷害容疑で逮捕され、その取調べの際に覚醒剤の使用が発覚したことから 覚醒剤取締法違反でも逮捕され、裁判にて懲役2年2ヶ月が言い渡されました。 田口ゆかり AV女優で裏本の女王とも呼ばれていた田口ゆかりは、1992年に覚醒剤取締法違反で逮捕されました。 2004年9月20日には覚醒剤と刃渡り8cmのバタフライナイフの所持により覚醒剤取締法違反と銃刀法違反で逮捕され、 懲役3年6月の実刑判決うけ服役しました。 2010年9月16日に職務質問を受けた際にコカインを所持していたことから麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕され、 後の捜索で自宅に覚醒剤・コカイン・大麻を隠し持っていたことから10月14日に覚醒剤取締法違反で逮捕されました。 この事件では裁判で懲役3年6か月の実刑判決が下されて刑務所に服役しました。 なお、2000年9月24日には東急東横線都立大学駅構内で女性の下着を盗撮しようとした所を、 東京都迷惑防止条例違反で書類送検され、罰金5万円の略式命令を受け、2004年6月17日には 青梅街道の回転禁止箇所でUターンをして人身事故を起こし書類送検されました。 田中千鶴 元東京パフォーマンスドールのメンバーで、芸能プロダクション社長でもある田中千鶴は、 2011年11月25日に覚醒剤の使用で逮捕され執行猶予の判決を受けました。 田口智治 ロックバンド「C-C-B」の元メンバーで、プロミュージシャンの田口智治は、2015年7月2日の 11時35分ごろ、自宅で覚せい剤2袋を所持したとして逮捕されました。 また、2016年4月14日にも都内で覚せい剤を使った疑いで神奈川県警に逮捕されました。 この際の捜査では田口容疑者に覚せい剤を売り渡したとされる知人が4月4日に逮捕され、 11日に田口容疑者の自宅を家宅捜索し注射器などが押収され、覚せい剤自体は発見されなかったものの、 尿検査で陽性反応が出たことから逮捕に至りました。 南正人 フォークシンガーである南正人は、1980年11月12日にカルメンマキらとヘロインや覚醒剤を使用した ことにより逮捕されています。 日景忠男 俳優沖雅也の養父で、タレントでもある日景忠男は、 2005年11月29日に覚せい剤取締法違反で逮捕され、2008年にも覚醒剤の所持と使用で逮捕され 懲役1年2ヶ月の判決をうけました。 また、2008年には風俗案内店の女性社長を恐喝した疑いで逮捕されています。 尾崎豊 ミュージシャンでシンガーソングライターでもある尾崎豊は、 1987年12月22日に覚醒剤取締法違反で逮捕されています。 豊川誕 元ジャニーズのアイドルで、歌手である豊川誕は、 1998年1月28日に覚醒剤取締法違反で逮捕され、2000年にも覚醒剤取締法違反で逮捕されています。 なお、1996年4月3日には偽造クレジットカードをスナックで使用したことにより逮捕され、 裁判で懲役2年・執行猶予3年の判決を受けています。 豊田利晃 映画監督である豊田利晃は、2005年8月24日に覚醒剤所持により覚醒剤取締法違反で逮捕され、 裁判で懲役2年・執行猶予3年の判決を受けました。 北公次 俳優、歌手、タレントで、アイドルグループのフォーリーブスのリーダーでもあった北公次は、 1979年4月12日に覚醒剤取締法違反で逮捕されました。 野村貴仁 元プロ野球選手で、オリックスブルーウェーブ、読売ジャイアンツ、本ハムファイターズなどに 所属していた野村貴仁は、2006年10月31日に覚醒剤取締法違反で逮捕され、 裁判で懲役1年6月・執行猶予3年の判決を受けました。 翔 歌手で、ロックバンド「横浜銀蝿」のボーカル・ギタリストでもある翔は、 1997年2月27日に覚せい剤取締法違反で逮捕され不起訴処分、 1999年9月に覚せい剤取締法違反で逮捕され裁判で懲役1年4ヶ月の実刑判決、 2003年4月24日に覚せい剤取締法違反で逮捕され裁判で懲役1年10ヶ月の実刑判決を受けています。 水無潤 AV女優、ストリッパーである水無潤は、2005年10月11日に覚せい剤取締法違反、 大麻取締法違反、向精神薬取締法違反で逮捕され懲役2年・執行猶予3年の判決を受けました。 早川咲 モデル・グラビアアイドルやタレントであった早川咲は、 覚せい剤0. 5グラムと乾燥大麻0. 9グラムを所持していた疑いで、 2002年2月21日に覚せい剤取締法などで逮捕されました。 劉昇一郎 お笑い芸人「爆笑問題」の元マネージャーで、2008年の橋下徹氏の大阪府知事選挙の選挙統括本部長でもあった劉昇一郎は、 2013年に覚醒剤所持のため覚醒剤取締法で逮捕されました。 この事は、2014年6月になり雑誌「女性自身」に報じられ話題となりました。 細川慎一 神奈川県葉山町の町議であった細川慎一は、 2016年2月16日に横浜市中区の路上で覚せい剤0. 65gを持っていたとして 神奈川県警に逮捕されました。 細川慎一は葉山町議に初出馬しトップ当選をしたほか、 国会議員である江田憲司の公設秘書を務めていたこともあります。 ニコル・亜莉紗 作家でナチュラリストのCW・ニコル氏の娘であるニコル・亜莉紗は、2017年2月7日に警視庁渋谷署により覚醒剤取締法違反で逮捕されました。 調べによるとニコル・亜莉紗容疑者は、2016年11月頃に覚醒剤を使用したとして、尿検査を行い覚せい剤の陽性反応が出たため逮捕状が取られていましたが行方をくらましており、2017年に入り発見され逮捕されました。

次の

薬物疑惑芸能人の実名。清原に次ぐ大物8人は誰か?理由がヤバイ・・・

覚醒剤疑惑 芸能人

最近薬物での検挙・逮捕が特に増えている一因は、2020年の東京オリンピックの開催もあるようです。 海外からたくさんの観光客や要人の来訪が見込まれる2020年に薬物での逮捕者を出すのは印象が悪いです。 そのため、2019年~2020年の東京オリンピック前までに薬物疑惑の人物を根こそぎ逮捕しようという動きが、警察の中であるようです。 早速、薬物疑惑のある芸能人を実名でご紹介していきます。 長渕剛さんは以前から薬物使用の噂があります。 長渕剛さんに薬物疑惑が浮上している原因の1つ目は、過去に大麻所持での逮捕歴があるからです。 2つ目は長渕剛さんと親交の深い清原和博さんが、2016年に覚醒剤で逮捕されたからです。 清原和博さんの覚醒剤逮捕の歳、長渕剛さんは実名で清原和博さんの薬仲間であるとも報じられています。 清原和博さんから証拠写真のツーショットが警察に渡ったとも言われています。 そういうことから、長渕剛さんは大麻だけでなく覚醒剤もやっているのではないか?と噂されており、逮捕間近なのではないか?と言われているようです。 リリー・フランキーさんの薬物疑惑が浮上したきっかけとなったのは、ピエール瀧さんの逮捕です。 リリー・フランキーさんとピエール瀧さんは親交が深いこと、また「役者兼イラストレーターR」としてほぼ実名に近い薬物疑惑報道があっています。 リリー・フランキーさんには長年薬物疑惑が上がっているようで、なぜ逮捕されないんだ?とも言われているようです。 綾野剛さんに薬物疑惑が浮上する原因となったのは「人気俳優Z」の薬物疑惑に関する報道です。 薬物疑惑が報じられた人気俳優Zに関する情報は以下のとおりです。 主演級の活躍を見せる超有名若手俳優• 10年以上前に芸能界デビュー• グラビアアイドルやモデルを口説く等女性関係の噂が多い 綾野剛さんは以前から素行が悪いという噂がたくさんあることからも、人気俳優Zは綾野剛さんなのではないか?と言われているようです。 しかしながら一方で、綾野剛さんは内向的な一面もあり、穏やかで分け隔てない性格でも評判の俳優さんです。 綾野剛さんに限って薬物はやっていないだろうという声もあります。 徳井義実さんは、脱税していたことでも大きく報じられて話題になりましたよね。 薬物疑惑のある芸能人として「芸人C」という人物が報じられており、芸人Cは最近は出演機会が減っているという情報から、徳井義実さんなのでは?と話題のようです。 脱税騒動もきっかけとなり、悪いお金の稼ぎ方をしているのでは?という噂になっています。 しかし、芸人Cについては徳井さんだ!と言える情報は少ないのが現実です。 伊勢谷友介さんに薬物疑惑が浮上したきっかけは「中堅俳優A」に薬物疑惑があるという報道からです。 中堅俳優Aの人物像として紹介されている内容は以下のとおりです。 この内容から、中堅俳優Aは伊勢谷友介さんだ!と話題になっているようです。 主役でも脇役でも活躍• DV疑惑があり、交際女性にDVをやっているという噂がある• 十数年前にもDV疑惑で話題に• 未婚であり女性と交際している• 危険なにおいが漂っている 中堅俳優Aの情報の中でも、女性に対するDVという情報から伊勢谷友介さんの可能性が高いと言われているようです。 しかし、伊勢谷友介さんが女性にDVをしているというのはあくまで噂ですので、DVに関しても薬物に関しても実際のところはわかりません。 北村匠海さんに薬物疑惑が浮上するきっかけとなったのは、「若手俳優X」という人物の薬物疑惑報道です。 2019年5月頃、覚醒ナックルズで「若手俳優X」が逮捕間近であるというような報道がありました。 この若手俳優Xは映画「君の膵臓をたべたい」でも知られていると報じられています。 また、この若手俳優Xは、大量の大麻を買っていて、とても一人で使用する量には思えないというような情報も他の媒体で報じられています。 その他、2019年時点で20代前半であり、男性音楽グループの人気メンバー、10代でデビューしている等の情報が北村匠海さんに一致していることから、薬物疑惑が浮上しています。 また、覚醒ナックルズで使われている俳優Xのシルエット画像が、北村匠海さんと完全に一致していることからも、覚醒ナックルズの俳優Xである可能性は高いのではないか?と言われています。 工藤阿須加さんに薬物疑惑が浮上したきっかけとなったのは、「プロ野球選手の息子で俳優のY」の薬物疑惑です。 プロ野球選手の息子で俳優という条件だけで見ると複数人が該当しますが、クラブで逮捕されたKAZMAXさんと関わりがある人物ということから、同年代の30歳前後ではないか?と言われています。 このようなことから、該当するのは工藤阿須加さん、山田裕貴さん、落合福嗣さんの3人であり、ネットでは工藤阿須加さんでは?と噂されているようです。 この件に関しては、プロ野球選手の息子で俳優のYは工藤阿須加さんだとする根拠が少ないので、あくまでも噂だと捉えたほうが良さそうです。 手越祐也さんに薬物疑惑が浮上したきっかけは「人気アイドルC」という人物の薬物疑惑報道です。 人気アイドルCは、現役アイドルだが不良との付き合いがあり、反社会的勢力と手を組んでいる、詐欺にも加担している、歌番組、バラエティー、スポーツ番組で活躍している人物と言われています。 このような情報が手越祐也さんと重なることから、人気アイドルCは手越祐也さんでは?と話題になっています。 反社会的勢力の件も写真流出からの推測であり、真実かどうかはわかりません。 大野智さんに薬物疑惑が浮上している原因は、ヤバい写真の流出が原因です。 その写真がこちらです。 かなりヤバイ写真ですよね。 大野智さんの大麻疑惑については2008年頃から報じられており、ジャニーズがもみ消しているという噂があります。 しかしながら逮捕されるというようなことはありませんでしたし、写真の真偽も不明です。 後藤真希さんに薬物疑惑が浮上している原因は弟の祐樹さんにあるようです。 後藤真希の弟・祐樹さんは複数の逮捕歴があることから、後藤真希さんは薬物をやっているのでは?と噂になっているようです。 また、急激に痩せた時期があったことも原因です。 しかしながら、そもそも弟の佑樹さんが薬物をやっていたというような事実は報じられていませんし、後藤真希さんが薬物をやっているというのは噂に過ぎないのかもしれません。 松居一代さんは元夫の船越英一郎との離婚騒動での奇行が大変話題になりました。 急に老けたようにも感じることから、薬物の影響なのではないか?と噂されているようです。 こちらも、あくまでも噂に過ぎないようです。 冨永愛さんに薬物疑惑が浮上した原因となったのは、「人気モデルC」の薬物疑惑の報道です。 人気モデルCは薬物をやっているようには見えないものの、交友関係の怪しさから薬物疑惑が浮上しているということでしたが、冨永さんは過去に長渕剛さんとの不倫報道があっています。 2人の不倫は2015年に報じられており、長渕剛さんに薬物疑惑があることから冨永愛さんも怪しいと言われているようです。 しかしこちらについても決定的な情報とは言えなそうです。 中島美嘉さんに薬物疑惑が浮上するきっかけとなったのはとある大物歌手に薬物疑惑が浮上しているという報道です。 その大物歌手は紅白出場経験もある歌姫で、代表曲はカラオケランキング上位、私生活では一緒の男性と別れた、外見や雰囲気が変わった、歌手のMと言う情報がありました。 実は2017年にも田中聖さんが大麻で逮捕された際、有名紅白出場歌手Nも一緒にバーの部屋にこもっていたと報じられており、その歌手Nが中島美嘉さんだったのではないかと言われています。 確かに、条件的にはかなり中島美嘉さんに合致しているとも感じますが、耳の病気に向き合って歌手活動を続けている中島さんを信じる声もたくさんあります。 倖田來未さんに薬物疑惑が浮上した原因は、元SMAPの中居正広さんとの交際の噂です。 中居正広さんに昔薬物疑惑が浮上していたために、倖田來未さんも怪しいと言われているようです。 こちらに関しても、噂に過ぎない情報のようですね。 浜崎あゆみさんに薬物疑惑が浮上するきっかけとなったのは、歌手Mの薬物疑惑報道です。 この歌手Mの報道というのは先ほどの中島美嘉さんのところでご紹介した歌手Mのことです。 この報道の際に、中島美嘉さんか浜崎あゆみさんでは?と噂になっていたようです。 しかしながらこの際、歌手Mは「歌姫X」と聞いて思い出される歌手ではないと言われていることから、浜崎あゆみさんではなく中島美嘉さんの可能性が高いのではと言われています。 あびる優さんに薬物疑惑が浮上しているきっかけとなったのは才賀紀左衛門さんとの離婚です。 あびる優さんは2019年12月4日に離婚届を提出したと報じられており、才賀紀左衛門さんが長女の親権を持つということから、どうして離婚したの?と話題になりました。 沢尻エリカさんと仲良くしており、逮捕後も沢尻エリカさんのことを「ピュアだから…」と言ったことで批判を受けていました。 沢尻エリカさんの逮捕後すぐの離婚であり、親権も才賀紀左衛門さんが持つことから、薬物をやっていたのではないか?と噂されているようです。 こちらも噂に過ぎないものの、親権が才賀紀左衛門さんということには何かわけがあるのかもしれませんね。 片瀬那奈さんに薬物疑惑が浮上するきっかけとなったのは、「モデルでキャスター経験もあるK」という人物の報道です。 モデルでキャスター経験もあるKは、沢尻エリカさんと親交があり、問題のクラブにも出入りしていたと報じられています。 片瀬那奈さんは沢尻エリカさんと仲が良いことで知られています。 片瀬那奈さんはそういうことからもかなり怪しいと言われており、そんな中で逮捕されるに至ってはいないので、あくまでも疑惑だったのかもしれません。 水原希子さんに疑惑が浮上したきっかけは「海外でも活躍するモデルで女優のM」という人物の報道です。 海外でも活躍するモデルで女優のMは沢尻エリカさんと親交があった人物であり、渋谷のクラブにも出入りしていたと報じられています。 クラブで水原希子さんを見かけた人の情報もあります。 水原希子さんは条件に合致することから、モデルで女優のMは水原希子さんでは?と言われています。 沢尻エリカさんとはヘルタースケルターでの共演から仲良くなったのでは?と噂されています。 実際に沢尻エリカさんとの親交があるという情報はないようです。 過去に薬物で逮捕された芸能人は?.

次の