仕置 人 設定。 ぱちんこ新・必殺仕置人TURBO GORAKU Version

正八

仕置 人 設定

9のV-ST機。 1 3. 5円 21. 0 3. 3円 21. 6 3. 0円 22. 4 2. 5円 24. 3人の仕置人が集結すれば更に信頼度アップ! 問答無用 鉄拳クラッシュ 上位リーチ発展時などに作動する高信頼度演出。 発生時は固唾を飲んでリーチの行方を見守ろう。 トータル信頼度 40. トータル信頼度 62. 新月モード 信頼度 カウント0【 紫】 12. 光の色で信頼度を示唆している。 黄< 紫< 赤の順に信頼度アップ! 入賞時フラッシュ 信頼度 黄 6. 夜背景移行で信頼度アップ! 信頼度 3. ゼブラ柄の泥棒が含まれていれば更に信頼度アップ! 泥棒群予告 信頼度 通常 82. 出現するキャラやチャージ予告の発生有無で演出が変化する。 信頼度 49. 主水の斬撃が継続するほど信頼度アップ! 真剣チャージ予告 信頼度 チャージのみで終了 14. 突入時点で 「問答無用 鉄拳クラッシュ」の発動が濃厚となるため大チャンス! 信頼度 41. 突入時点で実写リーチ発展かつ、リーチ中の 共闘演出発生が濃厚となる。 信頼度 47. ノーマルリーチ 【チャンスアップ】 信頼度 赤障子 7. ハズレ後は おとつ捕獲演出への発展に期待しよう。 注目ポイント タイトルの色で信頼度を示唆。 リーチ進行中に おとつが出現すると、捕縛演出発展のチャンス! 寅の会発展演出 SPリーチ発展前に移行する演出。 競り値が高くなるほど信頼度がアップする。 注目ポイント 実写演出なら信頼度アップ! 寅の会発展演出 【競り値】 信頼度 通常 五両 3. 登場極悪人が高坂弾正ならチャンス! 極悪人 信頼度 【骸のみ】 4. 極悪人 信頼度 金轟 3. 演出成功で 「仕置ATTACK」に発展する。 ほか、随所に散らばるチャンスアップポイントに注目し、信頼度を推し量ろう。 仕置人 信頼度 【巳代松】 【単独】 8. ストーリーが最後まで進行すると大当りかつ 「真仕置CRASH」突入が濃厚となる。 仕置人 トータル 信頼度 【巳代松】 14. 進行中に 「激震予告」が発生すると信頼度大幅アップとなる。 仕置人 信頼度 【鉄】 【トータル】 34. 登場する仕置人や障子ビジョンの色で信頼度を示唆している。 トータル信頼度 10. おとつの捕縛に成功できれば、大当りかつ 「真仕置CRASH」突入が濃厚となる。 大当り中演出 通常時 :ぱちんこ 新・必殺仕置人 真出陣BONUS 奇数図柄揃いからなる3R大当り。 消化後は 「真仕置CRASH」に突入する。 出陣BONUS 偶数図柄揃いからなる3R大当り。 消化後は 「仕置CRASH」に突入する。 演出動画 電サポ中 :ぱちんこ 新・必殺仕置人 仕置人リーチ 鉄 激闘ATTACK 主水 失敗ヲ許サナイゾーン 真仕置CRASH概要:ぱちんこ 新・必殺仕置人 真出陣BONUS消化後に突入する電サポ130回のST状態。 真仕置CRASH中演出:ぱちんこ 新・必殺仕置人 保留変化 紫< 赤< 金の順に信頼度アップ! キャラ保留は発展先に対応している。 ST1~100回 信頼度 紫 58. 信頼度 90. 赤系演出発生で信頼度アップ!? リーチ 信頼度 ST1~100回 ST101~130回 【図柄破壊】 70. 極悪人を倒せば大当り!? リーチ 【巳代松VS金轟】 【鉄VSお幻】 【主水VS骸】 仕置人リーチ 信頼度 ST1~100回 ST101~130回 巳代松VS金轟 【障子煽り経由】 58. 各バトル、固有のチャンスアップ演出が存在する。 仕置人 【鉄バトル】 問答無用ビジョンがフラッシュすれば信頼度アップ! 【主水バトル】 剣ボタンが帯電すれば信頼度アップ! 【巳代松バトル】 セリフが 赤なら信頼度アップ! 激闘ATTACK 鉄 信頼度 ST1~100回 ST101~130回 鉄単体 69. 大当りは全て確変となるため、引き戻し成功時は 「真仕置CRASH」突入が濃厚となる。 消化後は 「真仕置CRASH」に突入する。 仕置BONUS 10Ror3R大当り。 消化中に昇格演出発生で10R大当りに昇格!? 10R大当りに期待が持てる演出法則 下記演出出現で大当りした場合は10R大当りの期待が高い。 ただし復活大当りは含まれないため気を付けよう。 発生タイミングを覚え、熱い展開の時はハンドルを握る手にも意識を集中させよう。 通常時 変動開始時 連続予告発生時 図柄テンパイ時 極悪人リーチ中、極悪人撃破後 死神チャレンジのタイトル後 おとつ追っかけ演出の当否煽り時 時短・ST中 変動開始時 BGM加速予告発生時 激闘ATTACKで極悪人登場時 激闘ATTACKのリーチ演出中 おしのリーチ発展時 実機カスタマイズ関連:ぱちんこ 新・必殺仕置人 実機カスタマイズにて各モードを選択中に対応となる演出が出現で信頼度がアップする。 赤色がデフォルトの演出や金色に見える演出もあるため、把握しておこう。 また、金灼熱モード時はゼブラ柄の信頼度もアップしている。 演出名 対応演出 保留変化予告 赤保留 依頼書保留 問答無用 黒幕登場 激熱 仕事人出陣 仕事人共闘 キャラ図柄アクション予告 実写背景出現 SHIOKIランプボイス予告 赤ランプ 真剣ZONE 真剣ZONE突入 真剣チャージだけで終了は含まない 真鉄拳ZONE 真鉄拳ZONE突入 虎タイマー予告 赤障子稲妻閃光 新月モード カウント0赤 キャラSU予告 泥棒、ごろつき、鍋の色が赤 連続予告 「連」のアイコンが赤 ストーリー連続予告 赤タイトル 会話SU予告 赤背景 文字色だけではNG 頼み人回想予告 赤背景 違和感予告 サイド液晶の回転数の色がが赤 出陣変動予告 出陣変動発生 名言予告 SU3時赤背景 文字色だけではNG ノーマルリーチ 赤障子 赤障子稲妻閃光 仕置人オープニングリーチ 赤障子ビジョン 仕置ATTACK 当否煽り時の赤障子ビジョン 潜入演出 赤背景 実写リーチ 赤カットイン 死神チャレンジ 赤タイトル 出陣アタック 赤文字 赤激熱モード対応演出 時短・ST中 演出名 対応演出 問答無用ゾーン 問答無用ゾーン突入 煽りだけではなく突入が条件 図柄拡大予告 赤文字 SHIOKIランプ予告 赤ランプ CRASHロゴ予告 赤ランプ 鉄拳ストライクSU予告 拳色が赤 句読み上げテンパイ煽り予告 赤文字 鉄登場煽り予告 赤満月 裏の顔セリフSU予告 赤セリフ 3・3・7拍子SU予告 赤 斬撃ブーストSU予告 赤 弾痕長押しSU予告 赤 仕置人リーチ:主水VS骸 赤ボタン 鉄拳リーチ:骨外し 赤レントゲン 鉄拳リーチ:図柄破壊 赤問答無用ビジョン 激闘ATTACK 敵キャラ名赤 赤激熱モード非対応演出 演出名 対応演出 真剣チャージ予告 チャージ中の真剣ギミック赤 問答無用鉄拳クラッシュ 「あかね雲」の文字色が赤 入賞時フラッシュ予告 スピーカー赤発光 会話SU予告 主水や一部の文字は赤色がデフォルト SU3は必ず赤文字 頼み人回想予告 一部の文字が赤 名言予告 一部の文字が赤 背景変化予告 夜ステージの文字が赤に見える リーチライン予告 赤色のようなエフェクトが発生 元締緊急指令 敵キャラ名が一部赤に見える 寅の会発展演出 「十両」は赤がデフォルト 仕置ATTACK 仕置人出現タイミングが最遅だと継続の文字が赤になる 金灼熱モード対応演出 通常時 時短、ST中の金系演出はカスタムしていなくても大当り濃厚となる。 巳代松の武器である竹鉄砲の射程が2間のため、それよりも距離が近づいてきていることをカウントダウンで表している。 [Bisty(ビスティ)] 2020年7月6日(月)導入開始• [Spiky(スパイキー)]• [BELLCO(ベルコ)]• [WORLD(ワールド)] 2020年5月18日(月)導入開始• [PIONEER(パイオニア)]• [Carmina(カルミナ)]• [ACROSS(アクロス)] 2020年5月11日(月)導入開始• [D-light(ディ・ライト)]• [YAMASA(山佐)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SanThree(サンスリー)] 2020年4月20日(月)導入開始• [ACROSS(アクロス)]• [Daito(大都技研)] 2020年4月6日(月)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NET(ネット)] 2020年3月23日(月)導入開始• [Enterrise(エンターライズ)] 2020年3月16日(月)導入開始• [BALTEC(バルテック)]• [OKAZAKI(岡崎産業)]• [Sammy(サミー)] 2020年3月2日(月)導入開始• [BELLCO(ベルコ)]• [SANYO(三洋物産)]• [SANYO(三洋物産)] 2020年8月3日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [Sammy(サミー)] 2020年7月20日(月)導入開始• [Daiichi(大一商会)]• [TAKEYA(竹屋)]• [TAKEYA(竹屋)]• [SANKYO(三共)]• [SANKYO(三共)]• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [MARUHON(マルホン工業)] 2020年6月15日(月)導入開始• [NISHIJIN(西陣)] 2020年5月18日(月)導入開始• [SANKYO(三共)] 2020年5月11日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [Daiichi(大一商会)]• [JFJ(ジェイエフジェイ)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NISHIJIN(西陣)].

次の

P必殺仕置人 パチンコ新台

仕置 人 設定

ほぼ毎回転で小当りが発生し、出玉が払い出され続ける超確変は、一撃必殺演出が発生するとチャンス。 また、障子が閉まると超確変終了のピンチで、継続演出に失敗した場合は当該保留で確変中の演出が発生し、何らかの図柄揃いが濃厚となる。 ここで赤図柄に昇格すれば超確変に返り咲くぞ。 1% 「必殺仕事人出陣」 約79. ちなみに、鉄が登場した場合は保留内の無敵ZONE発生率がアップする。 プレミアム演出 ミドルタイプと同様に、基本プレミアムは発生した時点で確変が濃厚となる。 さらに今作は確変・時短中に発生すれば、振り分け8%の超確変までも濃厚となるため、重要度が増した。 また、プレミアムを拝みたいなら、確率変動時のモードは「激闘編」よりも「仕事人編」のほうがオススメ。 理由は通常時を踏襲したリーチフローゆえに、プレミアムの絶対数が多くなるからだ。 新アクションの刺客モードは刺客の色で信頼度変化、それを経由して突入する高坂弾正ゾーンは半数以上が大当りにつながる激アツ予告だ。 実写SPリーチは、金カットインは鬼アツの信頼度に! 通常時に高坂弾正ゾーンが発生すると、極悪人リーチからのさらなる発展が濃厚となる。 1% 赤オーラ 約35. 8% 金オーラ 約66. 7% TOTAL 約17. 4% 通常時に激震剣チャージ予告でスタンバイに実写の主水カットインが発生すると金オーラまでは発展濃厚。 1% 紅ver. 約77. 8% TOTAL 約29.

次の

パチンコ必殺仕置人のリーチ演出・信頼度一覧まとめ!役物・確定音やPフラッシュも調べてみた!

仕置 人 設定

概要 [ ] の第2作で、シリーズの第1作である。 本作は前作『』(および原作の『』)の設定を踏まえつつも原作を持たないオリジナルで、シナリオ展開や登場人物の配置など、以後の必殺シリーズの原型となっている。 同シリーズの顔となるの初登場作品でもあるが、本作品における中心人物はあくまでもであり、主水が登場しない回がある。 本作は『必殺仕掛人』と異なり元締が存在せず、自らを仕置人と称するメンバーの合議の上で依頼を受けた怨みを晴らしていく。 元々「仕置人」という概念があったわけではなく、主人公たちがある事件をきっかけに結成したもので、主人公たち以外の仕置人も登場しない。 そのため、プロの暗殺者という意識が薄く、第3話では奉行所に気取られ、鉄と錠が捕まってしまうこともあった。 「仕置」は他のシリーズとは異なり、殺害よりも悪人への制裁に重きが置かれており、必ずしも悪人を殺すとは限らなかった。 殺すとしても単純に殺すのではなく、被害者の痛みや苦しみを味わわせるため、むごたらしく殺すということもよくあった。 シリーズの原型となった部分はベテラン俳優(主人公)、二枚目俳優(正義感に溢れる青年役)、殺しには参加しないサポート役(姉御肌、勝気な性格の女性。 三枚目俳優)などの人物配置の継承が挙げられる。 本作の主演俳優たちはその後も必殺シリーズに関わることが多く、同名の役に限らず出演した。 また、後にシリーズの名物となっていく殺しのシーンの映像における特殊演出効果を使用した先駆けでもあり、病院のレントゲン撮影を用いた念仏の鉄の「骨外し」は視聴者の話題を呼んだ。 本作の人気を受け、主水は次作『』にゲスト出演し、続く『』ではレギュラー出演している。 本作の放映後、鉄と主水を再登場させた第10作『』が製作されている。 あらすじ [ ] 江戸の町の一角に泥棒長屋とも称される、お上もお手上げの無法地帯「観音長屋」があった。 この長屋には骨接ぎを営む、念仏の鉄。 棺桶屋を営む青年、。 女掏摸(スリ)の鉄砲玉のおきん。 瓦版屋を営む、おひろめの半次が住んでいた。 ある日、江戸を騒がせた盗賊の首領「闇の御前」が処刑された。 それから後、錠はヤクザに追われていたお咲という郡山の貧しい農民の娘を助ける。 お咲が言うには処刑された闇の御前は自分の父だったという。 話を聞いた鉄たちは何者かが替え玉を行い、無関係のお咲の父を処刑させたと考え、顔馴染みで世間では昼行灯と評される、北町奉行所 定町廻り同心の中村主水にこのことを話す。 鉄と錠の話から「裏」を感じ取った主水は北町奉行所の牢名主で、裏社会の顔役でもある、天神の小六に協力を求める。 小六の協力を得た主水は、本当の闇の御前が浜田屋庄兵衛だということと、北町奉行の牧野備中守が事件の黒幕であると知る。 奉行の不正を知った主水は鉄、錠、おきん、半次らと結託。 お咲の恨みを晴らすべく、奉行とその一味を仕置する。 仕置後、恨みを晴らしたお咲は岡場所で身を売り、その身を売った30両の金を鉄達に託した。 必死でお咲を探す錠だったが、既に遅くて見つけ出す事はなく、一方の岡場所でお咲は既に女郎へと変わり果てていった。 その後、最初は頼み料を受け取る事を拒否していた錠もプロの殺し屋「仕置人」に仲間入りすることとなる。 ここに金を貰り、弱者の晴らせぬ恨みを晴らす裏稼業「仕置人」を開業した鉄達は世にはびこる悪を裁く闇の処刑人として、弱い人間を苦しめる悪党達を次々と仕置して行く。 登場人物 [ ] 仕置人 [ ] 中村主水以外は観音長屋に住んでいる。 演 - 骨接ぎ師。 元僧侶であることから「念仏」と仇名されている。 豪快で乱暴な性格をした享楽主義者かつ無類の女好きで、女犯の罪でかつて佐渡へ島流し(金掘り)にされた。 佐渡金山の見習い同心だった主水とはこの頃からの知り合いである。 登場初期はヤスリを持ち歩いており、指の爪を研ぐ描写があった。 作品後半では片足を引きずって歩くシーンが見られるが、これは演者自身の怪我を反映したものである。 演 - 琉球出身の若者。 棺桶屋を営み、仲間からはもっぱら「棺桶」と呼ばれている。 鉄とは対象的にストイックな性格で、女遊びに目もくれず黙々と棺桶作りに精を出す。 屈折した荒くれ者ではあるが、情が深い正義漢である。 その若さと直情的な性向で、ドライな性格の鉄や世を達観した風のある主水とは折りにつけ衝突することが多い。 仕置人が結成されるきっかけは元々、彼が持ち前の正義感から関わった事件が発端だった。 演 - 女掏摸(スリ)で、仕置人の密偵。 半次と共に、情報収集と仕置きのサポートを行う。 姉御肌で仲間想いの面も強く、錠の敵討ちとして、十両を出したことがあった。 最終話では例外的に、強酸性の薬品と思われる液体を使った仕置を行った。 演 - 津坂匡章(現・) 瓦版屋で、仕置人の密偵。 陽気でお調子者だが、おきんと共に情報収集と仕置きのサポートを行う。 仲間からは「半公(はんこう)」と呼ばれる。 演 - 北町奉行所の定町廻り同心。 普段は昼行灯を装っているが、実際には頭の切れる策士で、剣術の腕も立つ。 前述の経緯から、仕置人を結成する。 仕置人仲間からは「」 と呼ばれる。 を懐に入れている程ので、酒は飲めない。 先代の中村主水(せんの夫)は、劇中の3年前に他界している(第2話)。 本作は中村主水の初登場作品であり、主水シリーズの第1作目に数えられるが、主に参謀役を担い、殺しには参加しない回が多い。 話によっては仕置きに関わらなかったり 、そもそも登場しなかったりする。 助言だけで、終盤に頼み料を受け取った場面がある。 その他 [ ] 天神の小六 演 - の牢名主。 実は江戸暗黒街を仕切る大物で、身の安全のために入牢している。 牢番も当然のごとく手懐けている。 主水の要請などにより、時々は牢屋敷を出て娑婆を楽しむなど、必要とあれば自由に外に出ることもあった。 初登場時は牢内で茶会を開くなど数奇者でもある。 状況や人物の判断に優れ、一般には昼行灯とされている主水の資質を見抜き、彼に一目置いている。 仕置人に手を貸すこともあり(第1話)、逆に頼ることもあった(第23話)。 第3話で主水の裏切りを疑う鉄や錠に注意を促し、敵の目論見を見抜いている。 第23話で、鉄の技を真似て、相手の首をひねって折る殺しを見せた。 登場は全26話中、6話のみで、メイン レギュラーとは呼びがたいが、エンディング ナレーション時の映像および、主題歌「やがて愛の日が」のジャケットや放送当時の番宣ポスター・新聞雑誌の番宣広告等では仕置人たちと同等の扱いを受けている。 演 - 演 - せんは中村主水の姑、りつは中村主水の妻。 婿養子の主水より立場が上で、主水は肩身の狭い思いをしている。 お島 演 - 観音長屋の女郎で、おきんの友人。 第6話にて、川越から出てきた父の茂助と、妹のおしずを辻斬り大名に殺され、仕置料捻出のために年季奉公を10年延長した。 同心 田口 演 - 同心 演 - ナレーション 新番組予告、オープニング、エンディング - 作 - 次回予告 - 野島一郎 ゲスト [ ] 第1話 「いのちを売ってさらし首」• お咲 -• 北町奉行 牧野備中守 -• 的場弥平次 -• 嘉助 - 黛康太郎• 与吉 - 新屋隆弘• 孫八 - 第2話 「牢屋でのこす血のねがい」• おしん -• 雑穀問屋 山城屋藤兵衛 -• 用心棒 佐々木主膳 -• 高坂多聞 -• 近江屋 -• 河津 -• 要助 - 北原将光• 親爺 -• 宮崎 - 滝譲二• 七兵衛 - 暁新太郎• 芸者 - 松本荷葉• 浪人 - 丸尾好弘 第3話 「はみだし者に情なし」• 同心 島本 -• 亀吉 -• 熊さん -• 道安 -• 三國屋 - 谷口完• 目明しの六蔵 -• 高坂多聞 -• おせき - 時美沙• 小笠原頼母 -• 囚人 - 松田明• 人形風の役者 -• 湯屋の親爺 - 乃木年雄• おりん - 松尾久子• 牢番 - 高畑喜三• 目明しの文蔵 - 笹吾朗 第4話 「人間のクズやお払い」• 聖天の政五郎 -• 弥七 -• お仲 -• 留造 -• 粂吉 -• 武助 -• 猪太郎 -• 吉五郎 -• 文蔵 -• 老婆 - 三田一枝• 牢番 - 藤川準• やくざ - 森内一夫• 市助 - 黛康太郎• 長次 - 西崎健• 仁造 - 吉田聖一 第5話 「仏の首にナワかけろ」• 安蔵 -• お春 -• 徳次郎 -• お米 -• 黒達磨の大八 -• 佐平 - 美樹博• 三下 -• 三下 -• 三下 - 馬場勝美• 三下 - 安藤仁一郎• 女郎 -• 宿直の侍 - 花岡英樹 第6話 「塀に書かれた恨み文字」• 守山藩主 松平忠則 -• 斎藤市蔵 -• 江戸家老 北上帯刀 -• 御徒組 新田内膳 -• 御徒組 戸浦多三郎 - 千葉敏郎• 囚人 - 瀧義郎• 囚人 -• 山野 - 島田茂• 茂助 - 寺島雄作• おしず - なかつかかずよ• おいと -• 源次郎 - 比嘉辰也 第7話 「閉じたまなこに深い渕」• 清原検校 弁蔵 -• 政五郎 -• お糸 -• 東一郎 -• お菊 -• 手代 多助 -• 伝兵衛 - 山村弘三• 北町奉行 - 酒井哲• お波 - 糸村昌子• 手代 竹次 - 池沢道春• 母親 - 八代郷子• 男の子 - 坂本高章• 門番 - 渡辺憲吾 第8話 「力をかわす露の草」• ぬい -• 内藤安房守直忠 -• 雲衛門 -• おみつ - 丘夏子• 志乃 - 和田恵利子• お仙 - 香月京子• 佐助 -• 土屋 - 北原将光• 老女 - 新海なつ• 侍 - 暁新太郎• 芸者 - 内田真江 第9話 「利用する奴される奴」• 清造 -• お順 -• およう -• お新 -• 佐々木半十郎 -• 金次 - 遠山二郎• 三吉 -• 海老屋喜左衛門 - 海老江寛• 女郎 - 内田真江• 芳兵衛 - 真木祥次郎• 客 - 田中圭介• 居酒屋の少女 - 松本智子 第10話 「ぬの地ぬす人ぬれば色」• おゆき -• 板倉新八 -• 浦尾 - 高木峯子• 添島 -• おその - 加賀ちかこ• - 湊俊一• 村瀬東吾 -• ゆきの父親 弥助 -• ゆきの 友吉 - 中林章• 音吉 - 藤沢薫• - 和田正信• 山野 - 黛康太郎• お仙 - 第11話 「流刑のかげに仕掛あり」• 鬼の岩蔵 -• 政 -• 辰 - 滝譲二• 有明屋孝兵衛 -• お甲 - 時美沙• 番頭 清吉 -• 高田屋吉右衛門 -• おちか - 八代郷子• 北町奉行 坂部和泉守 - 柳川清• 同心 - 堀北幸夫• 同心 - 美樹博• 栄屋徳兵衛 - 藤川準 第12話 「女ひとりの地獄旅」• 李麗花 -• 畠山-• 佐々木大膳 -• 東山勘三 -• 由里源八 -• 親衛隊士 - 宮川龍児• 親衛隊士 - 三木昭八郎• 親衛隊士 - 三村伸也• 松平藩 家老-• 松平藩士 - 芦田鉄雄• 骨董屋 - 笹吾郎• 古道具屋 - 野崎善彦• 仲間 -• 金持ちの男 - 岩田正 第13話 「悪いやつほどよく見える」• 多田兵助 -• 冴 -• 榊原主膳 -• 女中 加世 - 笠原玲子• 永井甚内 -• 与力 原田 -• 目明し - 神戸瓢介• 相生屋清右衛門 - 川口喬• 同心 - 吉田聖一• 同心 - 五十嵐義弘• 患者 - 松田明• 藩士 - 第14話 「賭けた命のかわら版」• すっぱ抜きの留造 -• おそで -• 伊助 - 寺島雄作• 茂平 -• 廻船問屋 鳴海屋利三郎 -• 安孫子屋忠兵衛 -• 奥右筆 船津左衛門 -• お滝 -• 卯平 - 重久剛• ドス政 - 馬場勝義• とら鮫 - 五十嵐義弘• 小坂 - 北原将光• 回船問屋 - 堀北幸夫• 口入れ屋 - 森口一夫• 頭領 - 加茂雅幹• 御新造 - 太田優子 第15話 「夜がキバむく一つ宿」• 雲水(大垣新兵衛) -• 鳥追い お銀 -• 高木精四郎 -• 娘 志乃 -• 職人 茂七 -• 商人 六兵衛 -• 百姓 多吉 -• 薬売り 弥助 -• 飛脚 常吉 -• 勘定奉行 浅間進之丞 -• 江戸勤番 岡村仙右衛門 - 伊藤義高 第16話 「大悪党のニセ涙」• 仙八 -• 万造 - 津坂浩史• おしず - 京春上• 政吉 -• 源太 - 伝法三千雄• 貞次郎 - 千代田進一• おりん - 香月京子• おみつ - 三田一枝• 音松 - 芦田鉄雄• 伝七 -• 三国屋 - 岩田正• 仲居 -• 遣り手婆 - 高木峯子 第17話 「恋情すてて死の願い」• お美弥 - 長谷川澄子• お鈴 -• 作次郎 -• 上総屋清七 -• 堺屋 -• 永尾忠之 -• 但馬屋彦兵衛 - 真木祥次郎 第18話 「備えはできたいざ仕置」• 加納十兵衛 -• 橘屋文左衛門 -• 佐吉 -• おさと - 安倍玉絵• おさとの父 - 藤川準• 丸岡の隠居 -• 番頭 五助 -• 筆頭与力 -• 大家 -• 若い女 - 中森朋子• 瀬田 - 三鷹健児• 若い役人 -• 殺し屋 - 城義光• 十兵衛の室 - 松本荷葉 第19話 「罪も憎んで人憎む」• 後藤精一郎 -• 秋山但馬守 -• 門田 -• おその - 今村京子• 与力 -• 為造 - 海老江寛• 仙太 - 井手良男• 小吹 -• 吉野 -• 音造 -• 喜作 - 藤沢薫• 常吉 -• 弥助 - 芝田總二• 虚無僧 - 黛康太郎 第20話 「狙う女を暗が裂く」• 寅吉-• 蝶丸 -• 両替商 坂倉屋 - 清水彰• 和泉屋 -• 伊勢屋 - 郡司良• 留造 - 御影伸介• 野次馬 -• 野次馬 - 山内八郎 第21話 「生木をさかれ生地獄」• 仙吉 -• 備中屋久兵衛 -• 平田石見守忠之 -• お咲 - 西山恵子• 森田源八 -• 嘉平 - 武周暢• 弥平 - 森秀人• 同心 -• 役人 - 三木昭八郎• 役人 - 吉田聖一• 浪人 - 丸尾好弘• 浪人 - 横堀秀勝• 門番 - 平井靖 第22話 「楽あれば苦あり親はなし」• 野分の藤造 -• お波 -• 清兵衛 -• 新島小弥太 - 田中直行• 伊之助 - 榊原大介• 源次 - 千葉敏郎• おまき - 三浦徳子• 老婆すぎ - 木下サヨ子• おみよ - 奈村佳代子• 平吉 - 重久剛• 新吉 - 新城邦彦• 弥助 - 長岡三郎• 一太郎 - 小庄義明• - 香西正人• 乾分 - 山下勝玄 第23話 「無理を通して殺された」• 村野俊介 -• 揚羽のお蝶 -• 彦助 -• 乙松 -• 辰吉 - 北野拓也• 寅 - 城義光• 丑 - 広岡善四郎• 酉造 - 米座貞弥• 与力 -• 同心 -• 牢番 - 波川進• 囚人 - 宮川龍児• 的の娘 - 黒木和代• 口上役 - 佐々木松之丞 第24話 「疑う愛に迫る魔手」• 喜助 -• おとよ -• 角屋金蔵 -• 為吉 - 寺下貞信• 組頭 高島主馬 -• 目明しの黒駒 -• 大羽大膳 -• お峰 -• 長屋の虎 -• 長屋の松 - 松田明 第25話 「能なしカラス爪をトグ」• 内藤秋絵 -• 内藤和馬 -• 松坂吉乃 -• 松坂隆之助 - 坂本友章• 小沼土佐守 - 入江正徳• 宗春 -• 用心棒 黒川兵庫 -• 島崎海山 -• 魚屋 -• 松坂家 女中 - 内田真江 第26話 「お江戸華町未練なし」• 仁王門の寅松 -• 筆頭与力 塩見内膳 -• おみ乃 - 原田あけみ• 筆頭与力 神島源之丞 -• 組頭支配 沢井刑部 -• 辰三-• 政 - 北野拓郎• 佐平 - 森秀人• 同心 小林 -• 同心 水谷 - 黛康太郎• 水もらいの女房 - 八代郷子 殺し技 [ ] 念仏の鉄 素手で、悪人の背骨や首、腕、足の骨を外して絶命させる。 その際、骨格が破壊される様子が映像で描写される。 ただし、背骨や腕の骨を外して身体の自由を奪った後、他の仕置人が止めを刺すことも多かった。 その他にも相手の喉元を掴み、声帯を破壊して発声機能を奪い、川の上流から炭鉱の強制労働者に落とすという、死よりもきつい仕置もあった。 初期は「仕掛人」の藤枝梅安のように、手袋を着用していたが、次第に仕置への前振りとして、手に油を塗ったり、指の関節を鳴らすなどのアクションが定着した。 第7話では骨を外した後、三味線の撥(ばち)で刺し殺した。 第11話では睾丸を握り潰した後、四肢の関節を外し、湯船に沈め、溺死させた。 棺桶の錠 金属製の鏨(たがね)を手槍()に変形させて、悪人の急所を刺す。 補助的な体術として、を使用する。 主に空高く跳躍して、悪人の首筋や急所に手槍を叩き込む戦法を用いる。 第10話では防禦用として左手に手甲を装着した。 中村主水 大刀と脇差で、悪人を斬る、刺す。 基本的には、正面から斬り込む。 劇中では仕置を直接せず、サポートに回ることが多かった。 第10話では例外的に、十手術で相手を負傷させている。 第22話では床下から相手の座っている場所をめがけて体内へ刀を突き通す床下突きを披露した。 最終話では刀の目利きを騙り、相手の大刀を使って切腹に偽装する。 これは後のシリーズでも、相手が大物の場合などに登場する技である。 スタッフ [ ]• 制作 - 山内久司、仲川利久(朝日放送)、櫻井洋三(松竹)• 監督 - 放送日程参照• 脚本 - 放送日程参照• 音楽 - 平尾昌晃• 制作協力 - 京都映画撮影所(現・松竹撮影所)• 制作 - 朝日放送、松竹株式会社 主題歌 [ ]• 「やがて愛の日が」(ビクターレコード〈現・〉)• 作詞:茜まさお、作曲:、編曲:• 最終話以外では、1番を使用。 最終話では本編で歌が流れ初め、エンディングに繋ぐ形で、フルコーラスで使用された。 放送日程 [ ]• サブタイトルの頭文字で、(「ゐ」は除く)になるようになっていた。 話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 第1話 1973年 04月21日 いのちを売ってさらし首 野上龍雄 貞永方久 第2話 4月28日 牢屋でのこす血のねがい 國弘威雄 貞永方久 第3話 05月 05日 はみだし者に情なし 安倍徹郎 松本明 第4話 05月12日 人間のクズやお払い 野上龍雄 三隅研次 第5話 05月19日 仏の首にナワかけろ 山田隆之 大熊邦也 第6話 05月26日 塀に書かれた恨み文字 國弘威雄 松野宏軌 第7話 06月 02日 閉じたまなこに深い渕 山田隆之 工藤栄一 第8話 06月 09日 力をかわす露の草 猪又憲吾 松野宏軌 第9話 06月16日 利用する奴される奴 安倍徹郎 松本明 第10話 06月23日 ぬの地ぬす人ぬれば色 國弘威雄 松野宏軌 第11話 06月30日 流刑のかげに仕掛あり 浅間虹児 國原俊明 第12話 07月 07日 女ひとりの地獄旅 松田司 工藤栄一 第13話 07月14日 悪いやつほどよく見える 浅間虹児 松野宏軌 第14話 07月21日 賭けた命のかわら版 三芳加也 工藤栄一 第15話 07月28日 夜がキバむく一つ宿 浅間虹児 蔵原惟繕 第16話 08月 04日 大悪党のニセ涙 國弘威雄 工藤栄一 第17話 08月11日 恋情すてて死の願い 桜井康裕 長谷和夫 第18話 08月18日 備えはできたいざ仕置 勝目貴久 松野宏軌 第19話 08月25日 罪も憎んで人憎む 國弘威雄 蔵原惟繕 第20話 09月 01日 狙う女を暗が裂く 鈴木安 田中徳三 第21話 09月 08日 生木をさかれ生地獄 鴨井達比古 長谷和夫 第22話 09月15日 楽あれば苦あり親はなし 猪又憲吾 松本明 第23話 09月22日 無理を通して殺された 松田司 松野宏軌 第24話 09月29日 疑う愛に迫る魔手 松川誠 長谷和夫 第25話 10月 06日 能なしカラス爪をトグ 鴨井達比古 工藤栄一 第26話 10月13日 お江戸華町未練なし 梅林喜久生 ネット局 [ ] 系列は放送当時のもの。 放送対象地域 放送局 系列 備考 (ABC) 制作局 (TBS) 現・TBSテレビ (HBC) (ATV) TBS系列 (IBC) TBS系列 現・IBC岩手放送 (TBC) (ABS) (YBC) (FTV) TBS系列 (UTY) TBS系列 (BSN) (SBC) (SBS) (T34) フジテレビ系列 (MRO) TBS系列 (FTB) フジテレビ系列 (CBC) TBS系列 現・CBCテレビ ・ (BSS) (RSK) 現・ 当時の放送免許エリアは岡山県のみ (RCC) (TYS) TBS系列 フジテレビ系列 NET系列 (JRT) 日本テレビ系列 (RNC) (KUTV) TBS系列 (RKB) (NBC) (RKK) (OBS) (MRT) (MBC) (RBC) 脚注 [ ]• 第1 - 21、23 - 26話• 第1 - 13、17 - 20、22 - 24、26話• 第1 - 16、18、24 - 26話• 第1 - 19、21 - 23、25、26話• 同心の組屋敷が、八丁堀にあるため。 第7、9話など• 第20、24話• 第1、3、4、6、16、23話• 第1 - 3、6、7、12、21話• 第1 - 3、6、7、9、12、14、16、21、23、25話• 第1、4、6、11話• 第1 - 3話• 第6、8、10、11、13、14、16、18、20、21話• エンディング タイトルでは「恋情すてて死の願」• 1975年3月までは、JNNには番販で加盟していた。 香川県でも視聴可能だった。 同局の土曜日22:00 - 22:55は『』を放映した関係で、数ヶ月遅れの土曜日23:50に放映していた。 関連項目 [ ] 前後番組 [ ] 制作・系 前番組 番組名 次番組.

次の