ボンディ レトルト。 【レトルトカレー】SB食品「神田カレーグランプリ欧風カレーボンディチーズカレー」を食べた感想

欧風カレー ボンディ 神保町本店 (Bondy)

ボンディ レトルト

「Bondy ボンディ 」のレトルトカレーが濃くておいしい! 内容量は180gですが、どろりとした濃そうなルーで多く感じました。 中に入っている具は小さめの牛肉とチーズがメインです。 たまにマッシュルームのプリプリした食感がおいしい。 煮込むときに玉ねぎや人参、リンゴなどの野菜やフルーツを入れているようで、 深みのある味わいです。 チーズが溶け込んでいて味が濃いので、ごはんがとても進みます。 5倍は食べられるんじゃないかな?というくらいで、わたしもごはんを少しだけおかわりしてしまいました! これはおいしい! ちなみに、ボンディの店舗でカレーを頼むと、別皿でジャガイモが丸々二個付いてくるそうです。 しかも、ボンディ以外にもジャガイモを提供するカレー屋さんが神保町には集まっています。 神保町でカレーを提供する前にじゃがいもを出すお店• ボンディ• ペルソナ• カヴィアル• エチオピア 上記の4軒は半径200mの範囲に集中しているそうです。 この中でも一番にジャガイモを提供したのはボンディだそう。 もともとフランスで修行をした創業者が「前菜」のイメージで出したことが始まりのようです。 創業当時、カレーの平均価格が300円程度だったけれど、ボンディは880円という高級店。 他のお店と差別化を図った経緯もありました。 また水分が出るためにルーの中には入れないレシピですが、 カレーにジャガイモは外せないから別の皿で出そう、というのも理由のひとつだとか。 提供されたジャガイモをじゃがバターとして食べる派と、カレーと一緒にまぜて食べる派がいるそうですが、 わたしはカレーの中に入れて食べたい! 煮込まれたジャガイモもいいけど、別添えのジャガイモも絶対おいしいですね。 次このレトルトカレー食べるときはジャガイモを茹でようと思いました。 神田には400店舗くらいのカレー屋さんがあるそうですが、ボンディはその中でグランプリ。 本店は神保町にありますが、フランチャイズの店舗も6店舗あるようです。 パッケージの裏に紹介されていました。 こうやってレトルトカレーからおいしいお店を知ることができるのもいいですね。 店舗のファンの方がレトルトカレーを食べた感想も気になります。 欧風カレーボンディ 神保町本店 東京都千代田区神田神保町2-3 神田古書センター 2F アクセス 地下鉄 都営三田線・新宿線 半蔵門線神保町駅 徒歩1分 03-3234-2080 予約不可 営業時間 11:00~22:30(LO. 22:00) mizuho000.

次の

千代田区・神田神保町『ボンディ』

ボンディ レトルト

いつものドラッグストアに行ったら、「神田カレーグランプリ 欧風カレーボンディ」という商品を買うと、ポイントが多くつくと書かれていました。 この日はポイント7倍デーということもあり、ポイント目当てに買いました。 SB食品「神田カレーグランプリ 欧風カレーボンディ」とは? 欧風カレーボンディは神田カレーグランプリ第1回優勝店とのこと。 パッケージ裏には本店の他に6店のフランチャイズ店も紹介されています。 レトルトパウチ容器 メーカー基準の辛さについて 中辛です。 食べてみます チーズの部分は避けてルーのみを食べてみます。 一口目は甘さと辛さのバランスが丁度良く食べやすいですが、2口目以降はかなりしょっぱく感じます。 一パック180g塩分量が3. 4g入っているので、かなり塩分が多いです。 そのせいで、ご飯がたくさん進みます。 ルーはどろりとしていて、具はチーズ以外はマッシュルームと細かい牛肉。 具だくさんのカレーが好きな方には物足りないと思うので、食べ応えのある具を別にトッピングしたほうがいいでしょう。 チーズがビヨーンと伸びるため、気分的にはいいですが、チーズがカレーの風味に負けているため、あまりチーズの味はしません。 チーズ好きには物足りなさそうなので、とろけるチーズやピザ用チーズなどを追加で足したほうが良さそう。 今回、結構、厳しい書き方をしていると自分でも思うのですが、Amazonなどのネットのレビューでは評判がいい商品なので、濃い味が気にならない方は好きな味だと思います。 「神田カレーグランプリ 欧風カレーボンディ チーズカレー」はこんな方におすすめ チーズカレーという名の通り、チーズが入っているので、チーズ好きの方にはいいと思います。 ただし、チーズの風味が薄く物足りなく感じる可能性があるので、チーズをしっかり食べたい方はピザ用チーズやとろけるチーズを別にトッピングするほうがいいです。 味が濃いので、ご飯をたくさん食べたい時にもいいと思います。 「神田カレーグランプリ 欧風カレーボンディ チーズカレー」はこんな方にはおすすめしません 塩分が気になる方 チーズが使われているからか普通のレトルトカレーに比べてかなり塩分量が高い商品ですし、食べていてもしょっぱかったです。 そのため、塩分を気にされている方や薄味の方はおすすめしません。 もし食べるのであれば、塩分の排出を助けてくれるような野菜や飲み物と一緒に食べるかもったいなくてもルーを半分ほど残したほうがいいです。 残したルーは焼きカレーやうどんなど別の料理にアレンジすることも可能です。 具が入っていてほしい方 具が少ないので、食べ応えが少ないです。 食べ応えを求める方はサラダチキンや茹で卵といった具を別にトッピングすることをおすすめします。 ウィンナーのような塩気のあるものをトッピングするとよりしょっぱく感じる可能性があるため、やめたほうがいいです。 7g 脂質 27. 4g 炭水化物 23. 0g 食塩相当量 3. 4g 公式ホームページ 関連ホームページ 欧風カレーボンディのサイトで冷凍ビーフカレーの通販がありました。 本格的なお店の味を楽しみたい方は通販されるのもいいかもしれません。 aisakayo.

次の

【エスビー】欧風カレーBondy(ボンディ)

ボンディ レトルト

マジで美味しかった!おすすめのレトルトカレーランキング! 甘口が好きで、辛口が苦手な私が、レトルトカレーのおススメを人気ランキング形式で紹介していこうと思います! 辛口が苦手という人は、ぜひ参考にしてみて下さい。 超絶1位 冷凍もうやんカレー 評価 5 今までレトルトのもうやんカレーが1位だったのですが、冷凍もうやんカレーが登場して、もうほぼお店の味だったので超絶1位になりました。 もうやんカレーファンも、まだもうやんカレーを食べたことがない人も、ぜひ食べて欲しいですね!めっちゃ美味しいですよ。 グルテンフリーで、野菜もたっぷり溶け込んでいるので、健康に気を使っている人にも良いかなと思います。 コロナが心配でお店に通いづらくなったので、冷凍もうやんカレーが通販で購入できるのは嬉しいですね! お店のもうやんカレーのように、肉もでかくて食べ応えがありましたよ。 これからめっちゃリピートする予定です! 1位 もうやんカレー 評価 5 一つ一つの素材にこだわりグルテンフリー、化学調味料も不使用で作られた、行列ができるカレー店「もうやんカレー」のレトルトバージョンです。 もうやんカレーが好きでお店に通っていた私でも、このレトルトカレーはお店の味が再現されていて美味しい!と感動しました。 漢方薬善のオリジナルスパイスの香り引き立つカレーに仕上がっています。 ごろっと入っているポークにも注目です。 2位 ボンディのレトルトカレー 評価 5 日本有数のカレー激戦区である東京神田で行われる「神田カレーグランプリ」での優勝経験のあるボンディのレトルトカレーです。 濃厚な味わいがお口いっぱいに広がります。 いかすみペーストを使用していて黒っぽい見た目です。 玉ねぎ、ハーブ煮込み牛が深みを出してくれていますよ。 贅沢に生クリーム、バターを使用し、メインであるビーフもとろける味わいとなっています。 欧風カレーの真髄を知る名店と呼ばれているのは伊達では有りません。 りんごやバナナのフルーティーさも魅力のひとつです。 4位 銀座4丁目スエヒロの和牛ビーフカレー 評価 5 創業明治43年の銀座4丁目スエヒロのランチメニューで人気だった和牛を使ったビーフカレーです。 国産和牛肉を使用していて、カレー全体にビーフの風味が染み込んでいます。 肉、野菜共にごろごろと入っていて、見た目にもそそられる一皿です。 レトロな懐かしい味が守られていてる一皿です。 5位 マジックスパイスのカレー 評価 5 スープカレー人気の火付け役と言われている札幌のスープカレー店、マジックスパイスのレトルトカレーです。 大振りの具がごろごろ入っていて、さらっとしたスープカレーでも食べ応えを感じられる一皿です。 マジックスパイス特製ペースト&スパイスが別袋で用意されていて、お好みの辛さに調節する事ができるのもポイントが高いですね。 6位 カレー曜日の甘口 評価 4 やさしくてなんだかほっとする味。 「日本のカレー」と題された一皿。 その名に違わず、懐かしいお家のカレーを再現しています。 ジャガイモやニンジン、お肉もごろごろ入っていて、どれも柔らかく煮込んであります。 そして内容量も230gと食べ応えがあります。 レトルトっぽさが無く、まさしく日本のカレーです。 生クリームなどを使用する濃厚さが特徴である北インドカレーを忠実に再現しています。 レトルトカレーでは珍しい角切りチーズも、カレーと絡み合い最後まで飽きの来ないカレーです。 8位 資生堂パーラーの野菜カレー 評価 4 資生堂パーラーの歴代シェフに受け継がれると言う伝統製法のソースが使われています。 具材の種類が多く、小さめにカットされていながらも存在感はたっぷりです。 特にエリンギ、ひよこ豆が入っていると言うのも特徴で、食感も変わり味にアクセントが効いています。 モダンなパッケージも楽しめます。 9位 マンダラのバターチキンカレー 評価 4 300店以上が軒を連ねるカレー激戦区の神田の名店マンダラの味を忠実に再現しているカレーです。 一時期ハマってよく食べていました。 バターはもちろん、完熟トマトとカシューナッツが味に酸味と深みをプラスしています。 スパイスが効いているので、バターチキンにありがちな甘ったるい印象はありません。 さらっとしていますが、濃厚な一皿です。 10位 湘南ドライカレー 評価 4 1972年開店。 鎌倉、七里ヶ浜にある、長い行列が常にあると人気のカレーの名店「珊瑚礁」 この湘南ドライカレーのレトルトも美味しくて人気ですよね。 こちらも一時期ハマってよく食べていました。 その湘南ドライカレーには、濃厚なカレーにこれでもかと挽肉が入っていてチーズ、生クリーム、スパイスと絶妙なバランスでお互いを引き立てていてシェフのこだわりが垣間見えます。 マッシュルーム、グリンピースの存在感も程よくカレーの邪魔をしません。 11位 日光 金谷ホテルの100年ライスカレー 評価 4 この100年と言うのは、大正時代のレシピを、初代総料理長中西健一が復刻再現した伝統のカレーと言う事なんです。 ありがちな味になりやすいカレーですが、独特の風味を持つカレーに仕上がっています。 金谷ホテルの流儀に従い、カレーソースと具材のビーフは別パックしていて、細部にこだわりが光る一皿です。 12位 ヤマモリのパネーン 評価 4 タイカレーシリーズに定評のあるヤマモリのパネーンです。 プロ監修の元、現地の味を追求しココナッツミルクとタイハーブ、ピーナッツの香ばしい風味が一体となったタイカレーです。 レッドカレーペーストを使っていて辛そうな見た目とは裏腹に、ココナッツミルクの甘さも味わえる一皿です。

次の