仮想通貨 ウォレット コールドストレージ。 データ保存における課題解決のカギ コールドストレージとは

古い携帯電話をコールドストレージ仮想通貨ウォレットに変える技術をアップデート:Parity

仮想通貨 ウォレット コールドストレージ

スポンサーリンク ビットコイン ウォレットの種類 以下、ビットコインウォレットの代表的な3つの種類に関して紹介します。 WEBウォレット インターネット上でウォレットサービスを提供しているサイトを利用する方法です。 オンラインウォレットとも呼ばれます。 簡単に利用できて便利ですが、基本的にセキュリティ面はサイト管理者に一任されるため、信用できるサイトを選ぶ必要があります。 WEBウォレットのメリット• 口座開設・設定が簡単• どのコンピュータからもアクセスが可能 WEBウォレットのデメリット• セキュリティ面は利用しているウォレットサイトに依存する。 つねにインターネット上に存在するため、ハッキングによって盗難される可能性がある。 一時的にサイトに接続できなくなることで利用できなくなる可能性がある。 デスクトップウォレット 自分のコンピュータ上にソフトウェアをインストールして使用するウォレットです。 クライアントウォレット、ソフトウェアウォレットとも呼ばれます。 ローカル環境で管理できるウォレットなので、コールドストレージ(オフライン環境のPCに保管する方法)にでき、WEBウォレットよりも、外部と切り離してセキュリティを確保することが可能です。 自身の裁量でバックアップやセキュリティ設定を管理できるところがメリットでもありデメリットでもあります。 最近では、PCだけでなく、モバイル端末にインストールする「モバイルウォレット」も存在します。 デスクトップウォレットのメリット• 自身の裁量でセキュリティを確保できる。 (オフライン環境に保管する等) デスクトップウォレットのデメリット• 自PCが故障してビットコインが取り出せなくなったり、ウイルス感染やハッキングを受けて盗まれる恐れがある。 (自身での管理の強化が必須)• ソフトウェアをインストールしたPCでしか利用できない。 ハードウェアウォレット 形あるものにビットコインを保管する方法です。 アドレスと秘密鍵を印刷することにより、紙ベースで保管するペーパーウォレットが最も主流です。 最近では、専用の端末に保管されたものも存在します。 基本、オフラインで管理できるのでセキュリティ面が非常に優れています。 その分、導入するまでに手間がかかります。 ハードウェアウォレットのメリット• インターネットと完全に隔離された環境で利用可能。 物として存在するため、従来の紙幣などと同じような考え方で保管が可能。 ハードウェアウォレットのデメリット• 導入までに手間がかかる。 スポンサーリンク ビットコインでのおすすめのウォレットは? どのウォレットを利用するかは、利便性を重視するか、安全性を重視するかが選ぶ基準です。 私の場合は、短期的な売買に利用するビットコインはWEBウォレットに保管しています。 普段の売買には利用せず、長期的に保管しておくだけのビットコインはデスクトップウォレットを利用して、オフライン環境のPCに保管しています。 短期的な売買に利用するWEBウォレットには、を使用しています。 ビットコインのウォレットサービスとして、最も歴史が古く、最大手のサイトです。 日本語対応していますし、利用者が多いので利用方法もWEBで調べるとわかることが多いです。 (そんなに難しい機能があるわけではないですが) セキュリティ面でも、ワンタイムパスワードに対応していたり、パスワード紛失自の復旧手段があったりするので私としては十分だと考えています。 (もっと堅牢なセキュリティをしているサイトはあるかと思いますが) 初心者が最初に利用するには一番楽かと思います。 長期保管に利用するデスクトップウォレットには、を使用しています。 デスクトップウォレットの場合、インストール後にすべてのブロックチェーンをダウンロードするためものすごい時間がかかるウォレットもあるのですが、Electrumは軽量型のクライアントウォレットで、簡単に導入できます。 オフライン環境で取引を行える「コールドストレージ」機能があり、ネットワークに接続しない環境での利用が簡単です。 バックアップに関してもseed ウォレット種 という情報(IDみたいなもの)を保管しておくことで、別PCで簡単に復元できる仕組みがあるのでよいです。 原状は上記2つのウォレットを利用していますが、もっと長期的に大金を保有する場合にはハードウェアウォレットを利用することも検討しています。 正直、特に複数のPCでビットコインを利用するということは原状ほとんどないのでElectrum一択でもよいのですが、利用用途ごとに明確にウォレットを分けたいのと、複数のウォレットを利用したほうがリスク分散になるという考え方で上記を採用しています。 ビットコインのウォレットサービスも仮想通貨同様、日進月歩で色々な機能やサービスが出てきているので、また最新の情報があれば本サイトに追記していきます。 以上、ビットコイン ウォレットの種類 おすすめのウォレットは? に関しての記事でした。

次の

【仮想通貨】ウォレットとは?仕組みと種類を分かりやすく解説!

仮想通貨 ウォレット コールドストレージ

ある研究レポートによれば、今のところ仮想通貨ユーザーの半数以上が保有している大半の仮想通貨を「コールドストレージ」状態で保管している。 このレポートでは339人のスウェーデン人を調査し、約158人がオンライン上でのサイバー攻撃への懸念を理由にハードウェアウォレットを「ホットストレージ」よりも安全なものとして回答した。 サイバーセキュリティは仮想通貨エコシステムにおいて非常に重要である。 上述の調査において、回答者の88%がウォレットの鍵のバックアップを紙面上で用意していると明かした。 最近のポッドキャストで、ビットコイン<BTC>支持者のアンドレアス・アントノプロス氏がハードウェアウォレットに関する考えを述べ、同様の意見を示した。 アントノプロス氏はハードウェアウォレットはコールドストレージ状態で保管されている仮想通貨を保護するのに非常に優れていると主張した。 アントノプロス氏は以下のように述べた。 「ハードウェアウォレットは他のHSM(ハードウェア・セキュリティ・モジュール)よりもずっと優れており、安全である。 ハードウェアウォレットは一種の消費者レベルのHSMであり、より強靭なものである。 もしHSMが適切に設定されていなければ、安全は侵されるだろう。 ほとんどのHSMは取引をあまり想定しておらず、ハッカーに騙される可能性がある。 ハードウェアウォレットはそのような攻撃を防ぐように設計されている」。 しかし、このレポートは今のところハードウェアウォレットが保有している仮想通貨を保管する唯一の安全な方法であると述べている。 現在、仮想通貨カストディは仮想通貨の幅広い普及を最も妨げている5つの障害のうちの1つとなっている。 (イメージ写真提供:123RF) This story originally appeared on. 最新記事• FCT• QTUM• Podcast• 英語版• CoinDesk-en 年別 バックナンバー•

次の

仮想通貨のウォレットとは?初心者向けに種類と使い方を解説。|イケハヤ大学【ブログ版】

仮想通貨 ウォレット コールドストレージ

コールドストレージという言葉を御存じでしょうか。 仮想通貨流出事件で注目された仮想通貨用語であるコールドウォレットを、コールドストレージと称することもあります。 しかし、本記事で紹介するコールドストレージは、データ量の急激な増加とデータ保存コスト上昇に対応するために、を意味します。 この数年でコールドストレージは、企業・団体におけるデータ保存の課題解決策として注目されるようになっています。 そして、ワンビシが提供している各種データ保存サービスも、コールドストレージとして企業・団体の効率的なデータ保存を支援するソリューションに分類することが可能です。 そこで今回は、コールドストレージの特徴や例を紹介するとともに、コールドストレージが企業・団体のデータ保存に役立つポイントを解説いたします。 コールドストレージとは コールドストレージとは、企業が保有する様々なデータのうち、使用頻度が低い・ゼロに近いデータを保存するためのストレージです。 その特徴・要件として、大容量データを低コストで保存できること、データ増加に対応できる拡張性を備えること、長期保存に適することが挙げられます。 一方で参照頻度が低いデータを対象とすることから、読み取り速度などの利便性は優先されません。 コールドストレージに分類されるものとして、磁気テープ、長期保存用光ディスクのようなメディアの他、データアーカイブを目的とするオンラインストレージなどが挙げられます。 また、数十年の長期保存にも耐えます。 磁気テープは代表的なコールドストレージと言えるでしょう。 関連資料: データ保存の課題解決のポイント 一般的にデータが作成されてからの経過期間と使用・閲覧頻度は反比例関係にあり、作成されてから1年以上が経過したデータはほとんど使用されなくなるといわれています。 しかし、使用しなくなったからといって削除して問題ないかというと、そのようなことはありません。 経営資源としてのデータの価値向上や、コンプライアンス問題の発生などを背景として、使用しないデータでも長期間保存することが、むしろ一般的になっています。 そして、企業が保有しているデータのうち、多くを占めるのが作成されてから期間が経過してほとんど使用されなくなっているが、様々な理由で削除できずに蓄積されたデータであると考えられます。 これらのコールドデータを、ファイルサーバのように利便性が高い代わりに相応のコストも必要とするストレージで管理するのは、ストレージの容量不足を招き、容量確保のためのストレージ増設コストを浪費することにもつながります。 保有するデータを、頻繁に使用するデータと使用することがほとんどなくなったコールドデータに分けて、コールドデータはコールドストレージに移すことが、ストレージ容量不足やコスト増加の解決策になります。 コールドデータをコールドストレージに移すことによって、ファイルサーバなど利便性が高いストレージの容量を空けることができます。 そして、コールドデータの増加にはコストの安いコールドストレージを用いて対応することにより、コストの抑制にもつなげることが可能です。 まとめ 今回は企業・団体におけるデータ保存の課題解決策となり得る、コールドストレージの特徴や例について紹介いたしました。 ストレージの構成にコールドストレージを組み込むことは、データ量が増加を続けてその価値も高まっている今の時代において、スタンダードなデータ管理施策となっています。 もしデータ量の増加や保存期間の長期化によって、リソース不足やコスト負担の問題が顕在化しているようであれば、コールドストレージが解決に役立つはずです。 ワンビシアーカイブズでは大容量データを長期保存するための「」など、コールドストレージとして利用いただけるサービスで、お客様のデータ管理を支援しています。 ご興味があれば、サービス紹介ページもぜひご覧ください。

次の