ラーメン発見伝。 ラーメン発見伝(26)(最終巻)

ラーメン発見伝

ラーメン発見伝

典型的なダメ社員だが、ラーメン作りにかける情熱はハンパじゃない)、佐倉祥子(藤本の同僚。 ところが、出されたラーメンを一口食べた彼は、「まずいッ!! 」と大声で叫ぶ。 当然、店の主人に目を付けられてしまうが、藤本は謝るどころか、自分ならもっと美味いラーメンを作ることができる、と豪語し……!? 典型的なダメ社員だが、ラーメン作りにかける情熱はハンパじゃない)、佐倉祥子(藤本の同僚。 ところが、出されたラーメンを一口食べた彼は、「まずいッ!! 」と大声で叫ぶ。 当然、店の主人に目を付けられてしまうが、藤本は謝るどころか、自分ならもっと美味いラーメンを作ることができる、と豪語し……!? 典型的なダメ社員だが、ラーメン作りにかける情熱はハンパじゃない)、佐倉祥子(藤本の同僚。 怒る藤本に、芹沢は塩ラーメンでの勝負を提案。 腹を立てた藤本は、素材を厳選し、万全の態勢でラーメン勝負に臨む。 ところが、彼のラーメンには重大な弱点が隠されていた!! 脱サラしてラーメン店を作った苦労人)、芹沢達也(「らあめん清流房」の店主。 典型的なダメ社員だが、ラーメン作りにかける情熱はハンパじゃない)、佐倉祥子(藤本の同僚。 ところが、大はしゃぎの佐倉に対し、藤本はなぜか浮かない顔。 札幌に到着したふたりは、早速本場の味を食べ歩くが、どの店も印象に残らない。 その様子を見た案内役の札幌支社・沢井は、ふたりを旭川醤油ラーメンの店に連れて行き……!? 果たして勝者は!? 藤本の上司。 だらしないが、かなりのキレ者)、梶原勇太(「札幌ラーメン 味噌太郎」店主。 脱サラしてラーメン店を作った苦労人)、芹沢達也(「らあめん清流房」の店主。 典型的なダメ社員だが、ラーメン作りにかける情熱はハンパじゃない)、佐倉祥子(藤本の同僚。 ラーメンの味は評判通りだったが、突然、店にいた客のひとりが怒り出した。 この店は、人気店『らあめん清流房』の完全なパクリだというのだ。 藤本は冷静に反論するが、彼は怒って店を出て行く。 後日、その客は自分のホームページで『大野屋』を批判し始めて…!? だが、偶然にも日式拉麺を修行する若者、陳凱祥の屋台を手伝うことに!! 味覚が微妙に違う台湾で、藤本たちの作るラーメンは受け入れられるのか!? (第30〜34話)。 藤本の上司。 フードコーディネーターとしての一面も持つ)、小池(「ラーメンこいけ」の主人。 脱サラしてラーメン店を作った苦労人)、岡田勉(人気サイト「ラーメン天国」の主宰者。 「清流房」の熱烈なファン)、陳凱祥(チェン・カイシャン 「ラーメンこいけ」の新人アルバイト。 ラーメン修行のため日本に来ていたが…!? )、葛西杏子(凱祥の恋人。 典型的なダメ社員だが、ラーメン作りにかける情熱はハンパじゃない)、佐倉祥子(藤本の同僚。 醤油ラーメンを作った時と同様に、新メニューは藤本と『らあめん清流房』芹沢のコンペで競われることに。 打ち合わせの当日、「大地」の一号店で塩ラーメン・コンペ説明を聞く藤本と芹沢。 だが、調理場の都合により、塩ラーメンのスープは他のラーメンのスープをブレンドして作らなければならない。 それを聞いた藤本は驚いて…(第1話)。 スキのないラーメン作りで藤本を困らせる(第38〜39話)。 人気御礼、旨味てんこ盛りの第5集。 藤本の上司。 フードコーディネーターとしての一面も持つ)、小池(「ラーメンこいけ」の主人。 西へ東へ「ラーメン道」を奔走する藤本浩平、ラーメンに懸ける情熱は誰にも負けない!! ダイユウ商事勤務。 昼は典型的なダメ社員、夜はラーメン屋とふたつの顔を持つ。 ラーメンをこよなく愛する男)、佐倉祥子(藤本の同僚。 事情を聞くと、店が紹介された情報番組を見た父親が「修業をやり直せ」と怒っているらしいのだが、その理由がサッパリ分からないというのだ。 困り果てている店主とともに、その原因を突きとめるため、藤本たちもその番組を見てみるが…!? ラーメンをこよなく愛する彼は、「ラーメン」と聞けば全国どこへでも駆けつける!! 自分の屋台を切り盛りしつつ、数々のラーメン屋の危機を救ってきた藤本。 ある日、佐倉に誘われ、インターネットで話題になっている店を訪れるが、そこは偶然にも藤本が昔よく行っていた店で…。 だらしないが、かなりのキレ者。 )、芹沢(『らあめん清流房』店主。 フード・コーディネーターの顔を持つ)、小池(脱サラ出身の「ラーメンこいけ」店主。 ラーメンの腕前はなかなかのもの)• 昼は典型的なダメ社員、夜は屋台のラーメン店主とふたつの顔を持つ。 ラーメンをこよなく愛する男)、佐倉祥子(藤本の同僚。 藤本はリサーチのためのサテライト店の運営を任され、さっそくテナントを見に出かける。 店は好立地だったが、なんとすぐぞばには宿敵・芹沢の手掛けるラーメン店があって…!? 自分の店ではないとはいえ、ラーメン店主となった藤本だが、ライバル・芹沢と再び衝突することに…!? だらしないが、かなりのキレ者)、芹沢(『らあめん清流房』店主。 フード・コーディネーターの顔を持つ)、小池(脱サラ出身の「ラーメンこいけ」店主。 ラーメンの腕前はなかなかのもの)• 昼は典型的なダメ社員、夜はラーメン屋台店主とふたつの顔を持つ。 ラーメンをこよなく愛する男)、佐倉祥子(藤本の同僚。 だが、些細な事で佐倉とケンカ中の藤本は、「佐倉サンさえいれば大丈夫」と知らん顔。 問題のラーメン店『喜久信』を訪れた佐倉は、売り上げが伸びるようアドバイスを与えるが…(第61話)。 ふたりが作った、驚きのラーメンとは!? だらしないように見えて、実はかなりのキレ者)、芹沢(『らあめん清流房』店主。 フード・コーディネーターの顔を持つ)、小池(脱サラ出身の『ラーメンこいけ』店主。 ラーメンの腕前はなかなかのもの)• 昼は典型的なダメ社員、夜はラーメン屋とふたつの顔を持つ。 ラーメンをこよなく愛する男)、佐倉祥子(藤本の同僚。 だが、皮肉にもその行列のせいで閉店を強いられようとしていた。 有栖は藤本に、ラーメンマニアがその知識を競うクイズ番組への出場を打診する。 優勝賞金が1000万円と聞いた藤本は、ラーメン店開業を賭けて「ラーメン・マニア・キング」を目指すが…!? 一見だらしないが、かなりのキレ者)、芹沢(『らあめん清流房』店主。 フード・コーディネーターの顔を持つ)、小池(脱サラ出身の「ラーメンこいけ」店主。 ラーメンの腕前はなかなかのもの)• 昼は典型的なダメ社員、夜はラーメン屋とふたつの顔を持つ。 ラーメンをこよなく愛する男)、佐倉祥子(藤本の同僚。 後日、屋台を出していた藤本のもとへ大会一回戦で知り合った響子が訪ねてきて…!? その優勝賞金はなんと1000万円! 念願の脱サラ、ラーメン店開業を目指す藤本も決勝戦へとコマを進めるが、他の顔ぶれは大行列ラーメン店の店主や、人気No. 1ラーメンサイトの主催者など強敵ばかり…!! 一見だらしないが、かなりのキレ者)、芹沢(『らあめん清流房』店主。 フード・コーディネーターの顔を持つ)、小池(脱サラ出身の「ラーメンこいけ」店主。 ラーメンの腕前はなかなかのもの)•

次の

【漫画】ラーメン好きなら「ラーメン発見伝」を読め。好きじゃなくても読め。

ラーメン発見伝

作品紹介 『ラーメン発見伝』は、その名の通り ラーメンに特化したグルメ漫画である。 ラーメンとラーメン屋に関する話だけで全26巻、 さらに、主人公を交代した新シリーズ 『らーめん才遊記』も全11巻と、 江戸時代の薬箪笥のごとき引き出しの多さは異常。 単に『旨いラーメン』の話に留まらず、 ラーメン屋の経営・サービスについて、 ビジネスとして継続していけるラーメン屋のあり方 といったものを重点的に取り上げている。 印象的なライバルが登場する事でも有名で、 『あのツンデレハゲが出てくる漫画』 『ハゲがドヤ顔でマウント取ってくる漫画』 『ヒロインがハゲのおっさんの漫画』 などと称される。 原作は久部縁郎、作画は河合単。 ラーメン王の石神秀幸が原作協力として クレジットされている。 あらすじ 脱サラしてラーメン屋を開業するという夢を持ち、 昼はダメ商社マン、夜はラーメン屋台の主という 兼業生活を送る主人公・ 藤本。 修行中の身ではあるが、 確かな舌と豊富な知識に裏打ちされた発想力、 それを形にする技術を持ち合わせている。 ラーメンへの情熱が強すぎるあまり 余計な衝突を生むことも多いが、 夢の実現のために研鑽を積む日々を送っていた。 ある日、有名ラーメン店へ赴いた藤本。 そこではテレビ局が取材に来ている最中だった。 他の客がこぞって人気メニューを頼むなか、 つられて同じものを注文した藤本だったが、 それは手放しで旨いとは言えない微妙な代物……。 困惑しているところに味の感想を聞かれ、 周囲の通ぶった客の態度にイラッときた事もあり、 はっきり不味いと言って欠点を挙げ連ね、 他の客とケンカ騒ぎを起こしてしまう。 事務室でお叱りを受けることになった藤本。 店主の 芹沢は始めのうちこそ鷹揚に構えていたが、 藤本が駆け出しの同業者であることを知ると 態度を豹変させ、上から目線でまくしたてた。 人気メニューが不味いのはワザとだ。 大半の客はわかりやすい刺激しか理解できない。 そいつらの下品な舌に合わせるために 香りが台無しになるのを承知で にんにく牛脂をブチ込んでいる。 そういった客は自分の舌で 「うまいマズい」を判断できない。 雑誌やネットの情報を鵜呑みにして 不味いラーメンでも旨いと言う。 本当に味のわかる一握りの客のために 本物のラーメンを提供し続けたい。 そのための費用を稼ぎ出すためには、 味のわからない客も利用してやる。 ラーメン屋を経営していくということは そういうことだ。 芹沢の論理は打算的ではあるものの、 したたかな経営者としての視点は 駆け出しの藤本に欠けているモノだった。 屋台での接客経験から心当たりもあった藤本は その場では芹沢に論破されてしまう。 しかし、ラーメンのあり方に対する信念ゆえに、 芹沢のやり方を認められない藤本は、 自分なりの答えを突きつけるために 再び芹沢の店を訪ねるのだった……。 感想 ラーメンって凄いなって。 大衆料理でありながら多くの人々を魅了し、 こだわりと情熱を注がれ進化してきた。 立ちはだかる様々な問題点を 創意工夫で解決してきた歴史の積み重ねが、 26巻もの長期シリーズの題材たりえる 奥深さをラーメンに与えたのだろう。 『ラーメン発見伝』の基本的な流れとしては、 味や経営で問題を抱えているラーメン屋などに 主人公が肩入れし、問題を解決して一件落着、 というもの。 それだけでも面白く、かつタメになる。 だが、この漫画の真の見所は、 『ラーメンハゲ』こと 芹沢サンとの対決にある。 この話を語る上で 芹沢サンの存在は外せない。 1巻の終盤7話目で満を持して出てくるハゲ、 有名ラーメン店『らあめん清流房』の店主だ。 同時に高名なフード・コーディネーターでもある。 初対面で藤本が吹っかけたのを根に持ってか、 以降は事あるごとに絡んでくるようになる。 小憎たらしい表情を浮かべながら 藤本を『優秀なラーメンマニア』と嘲り、 対決に持ち込んでは実力差を見せつけて マウントを取ってくる陰険な実力者だ。 しかしその腕前は折り紙付き。 調理技術については言うまでもないが、 経営手腕において藤本を圧倒している。 マウントを取ってくる嫌味なハゲではあるが 『ハゲはツンデレ』の格言が示すように、 主人公の事を内心では高く買っており、 自身が苦汁を呑んで培ったノウハウを 惜しげもなく投げ与えている。 藤本もまた、耳障りなはずの芹沢の言葉を 頭ごなしに拒絶せず、その意味を真摯に受け止め 自分なりの答えをラーメンに反映してみせている。 二人の関係はライバルでありながら 同時に師弟としての色合いを帯びているのだ。 そういうわけで芹沢サンの人気は凄まじく、 新シリーズにあたる『 らーめん才遊記』では 主人公は交代したのに芹沢さんは続投。 性格は少し丸くなったが相変わらず舌鋒鋭く 出番も増えて全11巻で完結している。 2020年にはTVドラマとして 『行列の女神〜らーめん才遊記〜』が放送され、 それに合わせて、原作漫画で芹沢さんが登場する 話ばかりを集めたセレクト版コミック 『 ラーメン発見伝の芹沢サン』及び 『 らーめん才遊記の芹沢さん』も出版された。 さらに2020年2月から、新シリーズとなる 『 らーめん再遊記』が連載開始…… ラーメン漫画のカリスマハゲと化した芹沢サン。 その最もギラギラしていた時代を描いた ラーメンビジネス漫画『ラーメン発見伝』 ラーメン好きなら押さえておくべき名作である。

次の

【ラーメン発見伝】厳選おすすめ漫画紹介

ラーメン発見伝

「ラーメン発見伝」とは? 『ラーメン発見伝』(ラーメンはっけんでん)は、原作:久部緑郎、作画:河合単による日本の漫画作品。 『ビッグコミックスペリオール』(小学館)にて連載された。 ラーメンを題材としたグルメ漫画である。 全26巻。 完結後、久部・河合コンビによる作品『らーめん才遊記』が『ビッグコミックスペリオール』にて連載された。 商社でサラリーマンをしながら夢のラーメン店開業のため、夜はこっそり屋台を引くラーメンマニア藤本浩平が主人公。 同僚の佐倉祥子やプライベート、仕事を問わず、様々なラーメンに関する難題を解決に導いてゆく。 自社のラーメン事業に携わる中でラーメン評論家の有栖涼や、日本一のラーメン店主と名高い芹沢達也たち個性派ライバルたちと競い合う中で、物語はやがて藤本が自分が作りたいラーメンとななんなのか?をテーマに進む。 それなのにこの漫画は全26巻。 それは単なるグルメうんちくに留まらず、「ラーメン屋はうまいラーメンを作るだけではダメだ」というラーメンをビジネス視点でみているからできたことだ。 ライバルの芹沢達也がたびたび藤本を皮肉る言葉「優秀なラーメンマニア」という言葉が印象的。 所謂ラーメンマニア、オタクと呼ばれる人種とラーメン屋の主との違いはラーメン以外の良し悪しをきちんとみることができているかという点に尽きる。 ラーメン屋として解決していかなければならない問題。 それは立地であったり、スタッフの人間性であったり、インターネット上の情報に踊らされる客であったりとバラエティに富んでいる。 そこに店主や関係者のこだわりや情といった人間ドラマが関係してくることによってラーメンというカテゴリの中だけで物語に厚みを与えている。 「客はラーメンを食ってるんじゃない!!情報を食ってるんだ!」この名言は読んでいる人の胸にも突き刺さったのではないだろうか?私はグサッときたよ。 ネットや雑誌で知った人気店で食べただけで味を知った気でいるという痛烈な皮肉。 芹沢は一流のラーメン職人であると同時に他店の経営相談を受ける敏腕コンサルタントでもある。 皮肉屋で性格も良くないが、ことラーメンに関しては誰よりも真摯に向き合っていた。 藤本をラーメンマニアと皮肉り認めないのも彼の非凡なラーメンセンスをライバル視していたからだ。 ツンデレという古代語のよく似合う男。 番外編で語られる芹沢の過去は現在の一流と名高い清流房とはかけ離れていたものだった。 芹沢が自身の理想のラーメンと断言する鮎の煮干しを使った「淡口らあめん」。 洗練された味は一部の客にしか受け入れられず、ヤケクソで作った「濃口らあめん」がヒットしてしまった。 自身の理想のラーメンに理解者などいないと悟った芹沢はお客を信じることをやめた。 皮肉にもそれが芹沢を成功に導いていったのである。 しかし、藤本との最終決戦で明暗を分けたのは「客に対する信頼」。 「自分が美味いと感じたものはお客も美味いはずだ」という信念のもと作られた藤本のラーメンは皆を魅了したが、時代が自分のラーメンを理解できるようになったと語った芹沢の完璧なはずのラーメンは自分に嘘をついていた。 「客を信じきれなかった…」 クールで感情を表に出さない芹沢が顔を歪めて敗北を認めるシーンは胸が痛い。 本当は誰よりも理想家で、誰よりもお客に自分の美味しいラーメンを食べて欲しいと願っていた男は失っていた何かを少しだけ取り戻せたのかもしれない。 真の完結は「才遊記」にて 今作の続編というか、外伝的な扱いの「らーめん才遊記」にも注目。 「才遊記」はあくまで独立した作品となっており、「発見伝」を知らない人でも充分楽しめる作品でありことは確か。 しかし、できることならこの「発見伝」を先に読んだ後に「才遊記」を読んでほしい。 なぜなら、最終話におけるラストシーンは前作を読んでいる人とそうでない人では大きく印象が異なるからだ。 むしろ、そうでない人は「? 」を残したまま終わる形になる。 そこで気になった人たちが「発見伝」を読み始めることを計算しているとしたら相当うまい。 とにかく、シリーズを通して読んだ読者はラストの芹沢の台詞が沁みることと思う。 ラーメン好きなら「ラーメン発見伝」を読め。 好きじゃなくても読めてください。

次の