厚生 年金 いつから 払う。 会社員・公務員の厚生年金保険料の支払期間は?いつまで支払う?|会社員・公務員の年金【保険市場】

厚生年金保険料はいつまで払うものなのか?

厚生 年金 いつから 払う

退職したら「年金」はどうなるの? 会社を退職すると、在職中に加入していた「厚生年金・共済組合」を抜けることになるため、(20歳以上~60歳未満の方は) 国民年金に加入する手続きが必要です。 ただし、退職後、次のいずれかに該当する人は国民年金の加入手続きは不要です。 国民年金に加入しなくてもよい人 ・ 国民年金への加入義務がない20歳未満の人、60歳以上の人 ・ 退職と同時に家族の扶養に入る人 (退職した同じ月中に親や夫(妻)の会社で扶養に入る手続きが必要です。 ) ・ 退職した日の翌日から新しい就職先で社会保険(厚生年金・共済年金)に加入する人 手続きを忘れると? 退職後、国民年金の加入手続きを忘れると、将来もらえる年金の受給額が減ったり、万一のときの障害基礎年金や遺族基礎年金が受給できないといったリスクがあります。 また、退職後、国民年金に加入せず、次の就職先で社会保険(厚生年金・共済組合)に加入すると、それまでの期間 「国民年金未加入」ということがバレるので、後日、日本年金機構から未加入期間の納付書が送られてきます。 例えば、3月31日に退職し、本来は4月1日~国民年金に加入するところ、手続きを忘れたまま9月1日から就職した場合、10月頃に日本年金機構から「4月分~8月分の国民年金保険料納付書」が送られてきます。 退職後、収入が減り、年金の支払いが難しいという人は、 年金の免除・猶予制度を利用できる場合がありますので、こちらの記事も参考にしてみてください。 スポンサーリンク 国民年金の加入手続き 手続きをする場所 国民年金の加入手続きは、お住まいの役所・役場の国民年金担当課で手続きをすることができます。 手続きに必要なもの 本人が窓口で手続きする場合に必要なものは、次の3点です。 年金手帳が見当たらないときは、即日再発行が可能です。 退職日が確認できる書類 離職票、退職証明書、社会保険資格喪失証明書、雇用保険受給資格者証など 「離職票」はハローワークで失業手当をもらうときにも必要です。 退職後、まだ届いていないという人は、こちらの記事を参考にしてみてください。 本人確認書類 運転免許証・パスポート・個人番号カードなど 手続きの期限はいつまで? 国民年金の加入手続きは、厚生年金・共済年金をやめた日(退職日の翌日)から 14日以内に行うことになっています。 (手続きが遅れても罰則等はありませんが、国民年金保険料は過去にさかのぼって請求されますので、お得になることもありません。 ) スポンサーリンク 国民年金の保険料はいつから納めるの? ここでは、いくつかの例を用意してみましたので、順番に確認していきましょう。 <月末に会社を辞めた場合> 例えば、9月30日に会社を退職して10月1日から就職しない(扶養にも入らない)場合は、10月1日から国民年金(第1号被保険者)に加入することになります。 この場合、10月中に再就職しなかった場合は、「10月分」から国民年金保険料を納める必要があります。 <月の途中で会社を辞めた場合> 9月15日に会社を退職し、9月16日から就職しない(扶養にも入らない)場合は、9月16日から国民年金(第1号被保険者)に加入することになります。 この場合も、9月中に再就職しなかった場合は、9月分から国民年金保険料を納める必要があります。 <月末に会社を辞め、翌月の月の途中に就職した場合> 9月30日に会社を退職し、10月1日からは就職せず(扶養にも入らない)、10月16日から就職した場合は、10月1日~10月15日までは国民年金(第1号被保険者)に加入することになりますが、10月末の時点で就職先の厚生年金・共済年金に加入しているため、10月分の国民年金保険料を納める必要はありません。 (厚生年金・共済年金が給与から天引きされます。 保険料の納め方 国民年金は日本年金機構から送られてくる納付書(金融機関やコンビニなど)で納めるか、銀行の口座振替で毎月引き落としにすることも可能です。 厚生年金や共済年金のように、給与から天引きされることがないので、納め忘れには注意が必要ですね。 国民年金保険料の口座振替(引き落とし)の手続き方法については、こちらの記事にまとめていますので、よろしければ参考にしてみてください。 退職後、収入が減り、年金の支払いが難しいという人向けに、年金の免除・猶予制度が用意されていますので、よろしけれこちらの記事も参考にしてみてください。

次の

初任給から厚生年金保険料が引かれていない際の注意点

厚生 年金 いつから 払う

こんにちは。 細かいことを省いて申し上げれば、国民年金の保険料支払いは、(1)ご自身が20歳になったときか、(2)未成年のまま会社勤めで働き初めたため、厚生年金など公的年金の保険料を払い始めたときの、どちらか早いほうの時点で法的な保険料納付の義務が生じます。 高校を卒業して会社勤めや役人を始めたら18歳から、年金の保険料を払わなくてはなりません。 自分で手続きしなくても給料から天引きされます。 逆に、20歳になったときに学生や失業者であったら、厚生年金法で公的年金の面倒を見てくれないので、自分自身で国民年金の第1号非保険者としての保険料を払うか、役所に払えないことを証明しつつ免除の承認を得ることになりまます。 Q 社保庁に聞けばわかるのでしょうが、皆様の助言を頂きたく質問しました。 子供は、高校を卒業し、平成20年4月から専門学生(4年制)で、平成21年4月10日に20歳になります。 そのうち、社保庁から国民年金の加入確認等の書類が届くと思いますが、事前に情報として知っておきたいです。 1 4月分から毎月14410円を支払うことになるのでしょうか?そうなると誕生日の遅い人ほど、支払い時期は遅くなる? 2 まとめて支払う場合、口座振替の期限は2月29日までと社保庁のHPに掲載されていました。 そうなると、2月29日以降に20歳になる人は対象外になるのでしょうか? 3 学生納付特例制度も検討しています。 無事就職したとしても3年間あります。 A ベストアンサー 満20歳の誕生日の前日を「20歳に達する日」と言います。 年齢計算に関する法律、というものがあるのです。 そして、「20歳に達する日」が存在している月の分から、 国民年金保険料を納付する義務が生じます。 4月1日生まれの人は、前日3月31日に「20歳に達する」ため、 3月分から保険料を納付する義務が生じます。 ということを頭にいれていただいて、以下、回答です。 (1) 質問者のお子さんは平成21年4月分から (誕生月が遅ければ、それだけ後ろにずれる) (2) 平成21年度内に「20歳に達する日」があれば対象 (平成21年4月~平成21年3月に「20歳に達する日」) (3) あくまでも「納付猶予」のしくみですから、そうなります。 本来納付すべき年度から10年度以内に納めます(追納)。 なお、2年を過ぎてから追納すると、加算金も付加されます。 但し、将来の老齢年金が減ってしまってもよいのなら、 追納しないでも差し障りありません。 (補足) 子の国民年金保険料を親が負担した場合は、 親の税額の計算(確定申告、年末調整)で、 親自身が社会保険料控除を受けられ、親の税額が軽減されます。 満20歳の誕生日の前日を「20歳に達する日」と言います。 年齢計算に関する法律、というものがあるのです。 そして、「20歳に達する日」が存在している月の分から、 国民年金保険料を納付する義務が生じます。 4月1日生まれの人は、前日3月31日に「20歳に達する」ため、 3月分から保険料を納付する義務が生じます。 ということを頭にいれていただいて、以下、回答です。 (1) 質問者のお子さんは平成21年4月分から (誕生月が遅ければ、それだけ後ろにずれる) (2)... A ベストアンサー 大学生は、平成3年3月末日まで任意加入でした。 平成3年4月1日より強制加入となりました。 そのため、大学時代任意加入だった方は、年金の給付裁定請求書を提出するとき在学期間証明書を提出しなければなりません。 mhlw. pdfの5ページの「ケ」「3」と、8ページの「3表」の「ケ欄」の「3の期間のある人」をご参照下さい。 もしも、質問者様のご主人が私立大学で、将来この私立大学が解散・倒産などになったとき、在学期間証明書を発行してもらうことが出来なくなります。 今のうちに在学期間証明書を入手することをお勧めします。 sia. htmの年金個人情報提供サービスを利用すれば、社会保険事務所へ出向かなくても自己の記録をインターネットで閲覧することができます。 Q 質問自体がおかしいことは百も承知で質問させていただいきます。 これまでの状態を何とかしたくて、お力を貸していただければと思います。 当方現在33歳・女です。 私は高校を中退してからずっと働いてきました。 普通にアルバイトをしていた時期もありますが、主に夜の仕事で生計を立ててきました。 20歳の時、年金手帳というものが送られてきてたはずなのですが、今はもうどこかへいってなくしてしまいました。 途中で年金だか保険料だかの「免除」の手続きをしたのは覚えています。 でもどちらだったかは覚えていません。 簡単に言うと、「何がなんだかわからず、めんどくさくなってそのままにしてきた」状態です。 最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。 今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。 現在サラリーマンの方と6年くらい同棲をしています。 一応結婚予定はあります。 サラリーマンと結婚した場合、専業主婦もしくは働いていたとして年間130万円以上稼がなければ、夫の扶養に入っていた場合、妻が年金を払っていなくても年金がもらえるというのはつい最近知りました。 (ただし25年扶養もしくは払っていないともらえませんが)。 その場合、もらえる金額は過去の支払いなどに応じた金額になるのでしょうか? それをあてにしてるわけではありません。 ただ今から年金をきちんと納めたとしても、納めた金額より少ない金額しか支給されないのなら、自分で貯金をしていったほうがいいのではないか・・・と現実問題として思ってしまいます。 結婚したとしても、相手に負担をかけないように考えると自分の場合、どうすることが1番ベストなのかを教えていただければと思います。 年金の係りの方に相談しても結局は「払った方がいい」的なことしかいわれません。 今までいい加減にやってきたことのツケが回ってきたんだとはわかっています。 でもなんとかしたいんです。 力を貸してください。 よろしくお願いします。 真剣に質問しているので、冷やかし的な意見はご遠慮願います。 質問自体がおかしいことは百も承知で質問させていただいきます。 これまでの状態を何とかしたくて、お力を貸していただければと思います。 当方現在33歳・女です。 私は高校を中退してからずっと働いてきました。 普通にアルバイトをしていた時期もありますが、主に夜の仕事で生計を立ててきました。 20歳の時、年金手帳というものが送られてきてたはずなのですが、今はもうどこかへいってなくしてしまいました。 途中で年金だか保険料だかの「免除」の手続きをしたのは覚えています。 でもどちらだったか... A ベストアンサー >最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。 今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。 嘘です。 国民年金は40年払って満額で、 65才以降年額で約79万(月額66000円)貰えます。 年金は払った月数に比例です。 25年だと、年額約50万円(月額42000円)。 夫の扶養になった場合。 国民年金を払ったのと同じ恩恵を受けます。 たとえば、 自分で年金を10年払った。 その後結婚で扶養になり15年。 合計でですので25年、年額で50万円貰えます。 今33歳で、すぐに結婚して扶養になった場合(自分では年金は払ったことがない場合。 後、25年扶養になるか、あるいは、 扶養期間と、自分で払った期間の合計が25年以上必要です。 (扶養期間中に、別途自分で年金を払っても、2ヶ月分にはなりません、当たり前ですね)。 ちなみに扶養になっても、旦那さんの給料から天引きされる保険料は変りません。 それでいて、あなたは毎月保険料を払っているのと、同じ恩恵を受けられる。 サラリーマンの妻の特権です。 一見、奥さんのいない独身者、 また、夫婦でそれぞれで保険料を払っている自営業者から見ると、 不公平で昔、国会で問題になりましたが。 損得計算。 年金は元を取るのには約10年かかります。 65才から10年で75歳。 75歳以上生きる自信があるなら、 払ったほうが得です。 これは、自分で払う場合で、扶養なら自分で一銭も払わなくていいので、 大得でしょう。 最後に国民年金は65才まで払うことが出来ます。 強制で払うのは60才までですが、支払い期間が25年に達しない場合は、 65才まで払えます。 >最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。 今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。 嘘です。 国民年金は40年払って満額で、 65才以降年額で約79万(月額66000円)貰えます。 年金は払った月数に比例です。 25年だと、年額約50万円(月額42000円)。 夫の扶養になった場合。 国民年金を払ったのと同じ恩恵を受けます。 たとえば、... A ベストアンサー 文章読解力のない方、知識をひけらかしたいだけの方もおられるようですので、 国民年金は老齢、障害又は死亡による国民生活の安定が損なわれることを、国民の共同連帯で防止するのが目的です。 要は長期的視野で考える必要があるわけです。 中でも比率的に圧倒的多数の方が、老齢による年金受給をして、中には老齢基礎年金だけで老後を過す方も、現在では多いんですね。 ということは、老齢基礎年金受給額を無視して表面的・近視眼的発想で、自分自身のことならともかく、 相談者 条件も不明確 に回答すべきではありません。 国民年金保険料は、全ての権利が獲得できる訳なので、未納すること無しに、納付するのが一番なんです。 未納しても良いなんて誰も言っていないでしょう? サラ金や他人に借金してまで納付する必要はありませんが、両親に建替えてもらえるのであれば、学生納付特例より絶対的に良い。 両親への返済が多少滞っても、きちんと返済していればごめんなさいで済みます。 両親に建替える余裕がないなら自分で納付する方法を考える。 アルバイトをするなら自分で納付すればよい。 長期的視点から見ても、今現在、猶予をされても将来に納付する保険料の プレッシャ-はきつく、 若年者納付猶予を利用した場合だと最大10年分の保険料の追納をしなければなりません。 普通の人間は嫌になって、最初から追納しないか、途中で挫折 ? して保険料の納付をやめてしまうことが多いんです。 通常、多くの方は社会に出て厚生年金等被用者保険被保険者となります。 この場合、毎月の保険料と、最低でも+1ヶ月分の追納が必要になりますが、 人間は一度自分の財布に入った金を出すのは嫌になる事が多いんですよ。 人の心はそんなに強くないんです。 実際の追納率も2007. 27の厚生労働部会で極めて低いという報告がなされています。 若年者納付猶予まで続けてしまうということは、30歳までフリーターなどの低所得生活をしているということが多いわけで、 まず追納は絶望的になります。 老齢基礎年金を満額受給するには任意加入被保険者として65歳まで保険料を納付すればその期間分は受給額が増えます。 学生納付特例の期間のみ追納ができないならこれで満額受給できるようにはなりますが、5年以上学生納付特例等があれば完全回復は不可能。 昭和40年4月2日以降生まれの方は特例任意加入ができないので、65歳までに受給資格期間 300ヶ月 を満たす必要があります。 又、現在既に一部始まっていますが、高齢者雇用安定法の改正により、企業等の定年が65歳にまで引上げされます。 65歳まで第2号被保険者 被用者保険 であれば、任意加入もできません。 将来の予測なんかできないんですよ、だから今できるだけのことをしておいたほうが後悔せずに済む確率が高くなるのです。 その上で、諸事情により保険料の納付が困難なら、学生納付特例を利用すればよいのです。 未納は絶対にいけません、障害、死亡の補償が受けられなくなることがあります。 ですから、老後の年金額を考え、障害・死亡の保障確保の為にも将来の金銭的負担軽減にも保険料はこつこつ納付することが一番。 次善の策として学生納付特例を利用する。 障害・死亡の保障確保。 ということです。 文章読解力のない方、知識をひけらかしたいだけの方もおられるようですので、 国民年金は老齢、障害又は死亡による国民生活の安定が損なわれることを、国民の共同連帯で防止するのが目的です。 要は長期的視野で考える必要があるわけです。 中でも比率的に圧倒的多数の方が、老齢による年金受給をして、中には老齢基礎年金だけで老後を過す方も、現在では多いんですね。 ということは、老齢基礎年金受給額を無視して表面的・近視眼的発想で、自分自身のことならともかく、 相談者 条件も不明確 に回答... Q 閲覧ありがとうございます。 住民税について質問があります。 私は今まで住民税払ったことがないです。 30代後半まで。 今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、 世帯分離して国民健康保険に加入したのですが 住民税は発生するのでしょうか? 最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら 年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、 ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、 個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。 国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円 国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円 この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。 住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上 必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか? 私は年収200~230万位で 年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形 住民税は毎月払うのでしょうか? 毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで 年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど 自由になるお金減りすぎますよね。 あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・ 年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか? 月の収入で見ると 月給 180,000円 年金 -15,000円くらい 健康保険-16,000円くらい 所得税 -7000円くらい 住民税 -???円(仮に10,000円として)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 醜い数値が出ました。 ひとり暮らしをしたら 知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。 食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円 この時点ですでに9万円です。 残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・ 閲覧ありがとうございます。 住民税について質問があります。 私は今まで住民税払ったことがないです。 30代後半まで。 今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、 世帯分離して国民健康保険に加入したのですが 住民税は発生するのでしょうか? 最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら 年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、 ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、 個人差があり年間10万払ってる人と30万払... A ベストアンサー 年収210万円とした場合の住民税 住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。 なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。 なお、所得税は7000円も引かれません。 4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。 年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。 A ベストアンサー 私も未納分を収めようかどうしようか迷ってます。 (年金制度はころころ変わるので) 年金支給時までの物価の上昇と自分でそのお金を運用したときの運用利率が等しいと仮定するならば、(物価上昇率と賃金上昇率があまり差が開かなくて) 現在の老齢基礎年金の満額が 804,200円なので、もし未加入期間が24ヶ月だとすると二十分の一に当る40,210円が現在の価値にしたとき年間当り貰えなくなる分だと私は思っています。 46 65+7. 46=72. 46(才) もし私の仮定した通りだとしたら上の歳より長生きするんだったら薦めるし、そうでなければ薦めません。 また、物価上昇率より自分で運用した方がはるかに高利率であれば上の年齢よりもう少し長生きしないといけません。 ただ、年金制度はころころ変わるので貰える年齢が高くなってる可能性があります。 太く短くいきるのなら、収めないほうが良いのではないでしょうか? ただ、長生きしたときは後悔するかもしれないですね。 素人考えですみません。 私は、もしかしたら未納推進派かもしれません。 ただ、身内(四親等)は戦争と事故以外では若くして死んだ人はいません。 基本的に80以上は生きてます。 現在、おじおばに当る人は70~100歳にほとんど入ってますが元気です。 (20数人いるけど)祖父祖母ともに90歳は超えています。 だから、自分も長生きするんじゃないかと思っています。 そしたら、逆に年金を払わないことによって国の負担を軽くしてあげてると思ってます。 (年金は生きてる限り半永久的に貰えるので) まあそれは屁理屈でしょうが…。 私も未納分を収めようかどうしようか迷ってます。 (年金制度はころころ変わるので) 年金支給時までの物価の上昇と自分でそのお金を運用したときの運用利率が等しいと仮定するならば、(物価上昇率と賃金上昇率があまり差が開かなくて) 現在の老齢基礎年金の満額が 804,200円なので、もし未加入期間が24ヶ月だとすると二十分の一に当る40,210円が現在の価値にしたとき年間当り貰えなくなる分だと私は思っています。 46 65+7. 46=72. 46(才) もし私の仮定した通りだとしたら上の... A ベストアンサー こんにちは。 税ってなかなかわかりづらいですよね? 1 住民税は、自分で納める普通徴収と会社が給料天引きで払ってくれる特別徴収の2種類があります。 普通徴収はたいがい6月くらいから、納付書がきてから、回数(納期)はその市町によって違います。 特別徴収も、6月くらいから回数は一ケ月ずつ1年で12回でとなります。 また、金融機関や役所に行く暇がないときは口座引き落とし(事前申し込みしたほうがよい)もできます。 2 住民税は一年間の所得から保険料控除や人的控除等を引いて、残りの金額が課税対象なら課税されます。 前の年に課税されなかったのは、所得が高くなかったからではないでしょうか? もしくは所得の申告が役所にされて無かったからとか? 他にもいろいろとあると思いますが、今の情報ではこれくらいしかいえないです。 あと通知は、普通徴収は個人に送られてきます。 特別徴収は、会社に送られます。 ざっとですがこれで分かりましたか?一人暮らし不安でしょうが頑張ってくださいね! あっ!あとそこの役所の税務課 住民税係の人に聞くっててもありでした! こんにちは。 税ってなかなかわかりづらいですよね? 1 住民税は、自分で納める普通徴収と会社が給料天引きで払ってくれる特別徴収の2種類があります。 普通徴収はたいがい6月くらいから、納付書がきてから、回数(納期)はその市町によって違います。 特別徴収も、6月くらいから回数は一ケ月ずつ1年で12回でとなります。 また、金融機関や役所に行く暇がないときは口座引き落とし(事前申し込みしたほうがよい)もできます。 2 住民税は一年間の所得から保険料控除や人的控除等を引いて、残りの... A ベストアンサー 基本的に、20歳を境に支払義務が生じるのは国民年金だけで、それ以外のものは20歳という年齢は関係ありません。 所得税や住民税は、課税所得金額がなければ(極めて簡単に言えば給与収入金額103万円以下)、支払う必要はありませんし、逆に課税所得金額が発生する場合には、20歳未満であっても納税義務がある事となります。 (いずれにしても、親が代わりに税金を支払う訳ではありません、課税されるのは1個人ごとですから) 健康保険については、親の扶養の範囲内であれば、別で支払う必要はない事となります。 健康保険の扶養は、基本的には向こう1年間の収入見込み額がおおむね130万円未満であれば入る事とされますので、これを超える場合には、20歳未満であっても、ご自身で国民健康保険に加入しなければならない事となります。 (親がもともと国民健康保険に加入している場合には、扶養という概念はなく、単に被保険者の一人として世帯主である親の国民健康保険に入っているだけですから、いくら稼いでも、直接的には影響はない事となります。 ) A ベストアンサー 国民年金の支払いは、20歳に達した日(誕生日の前日)の属する月から、60歳に達する日(60歳の前日)の属する月の前月までです。 60歳に達する日を喪失日といいます、#1の回答の方はまちがっています。 また、上記は表現がややこしいのですが、たとえば、5月1日生まれの人は、 前日が4月30日なので、20歳は4月分から年金支払います、60歳に達する日は、4月30日の属する月の前月までなので、3月までの支払いとなります。 (1日生まれの人だけが、理屈が少しわかりにくいかもわかりませんが、結果40年ちょうど納める計算となります。 ) また、5月31日生まれの人は、20歳は5月分から、60歳に達する日は5月30日なので前月4月分までの支払いとなります。 御質問の誕生月は支払あるなしかといわれれば、なしですが、上記1日生まれの場合は前月までではなく前前月まででよいこととなります。 A ベストアンサー 国民年金は40年間かけて終わり、受給は満額受給で65歳から、と言うことになります。 厚生年金は期限が無くお父さんのように掛けながら働く=在職老齢年金。 60歳から年金を貰いながら働いているわけです。 65歳までは全部ではなく基礎部分= 国民年金は単独と同じで65歳からしかもらえません。 今は比例部分と言って2階建ての2階部分 のみの受給です。 お父さんは65歳になれば基礎部分プラス60歳からかけている比例部分が プラスされます。 65歳からも同じように厚生年金に入った働き方をしている人もいます。 その場合、満額を受給して働いていると言うことです。 お母さんも同じように厚生年金に入った会社で働いてきたのであれば60歳からは比例部分のみ の年金受給があります。 65歳からはプラス基礎部分。 60歳で掛けるのは終わりですので受給だけです。 尚、比例部分は収入と期間で多い少ないがありますが基礎部分は決まっていて掛けた期間だけ で決まります。

次の

初任給から厚生年金保険料が引かれていない際の注意点

厚生 年金 いつから 払う

厚生年金保険は会社など事業所単位で適用され、基本的にその事業所で常時働いている70歳未満の人は加入者となる。 会社などに入れば厚生年金保険の被保険者資格を取得し、退職すれば資格を失うことになる。 退職した場合、以後その事業所で厚生年金保険料を支払う必要はない。 だが日本においては、ほぼ全ての人が国民年金など別の年金保険に加入するような仕組みになっている。 別の厚生年金保険が適用されている会社に転職した場合は、そこで同様に保険料を支払うことになる。 厚生年金保険の加入者は原則毎月の給与から、また賞与から保険料を支払う。 保険料は事業所の事業主によって被保険者の報酬から自動的に差し引かれ、日本年金機構に納められる。 【合わせて読みたい「老後・年金」シリーズ】 ・ ・ ・ ・ 厚生年金保険料の決まり方 厚生年金保険料は毎月の給与と賞与に一定の保険料率を掛けて算出する。 その保険料を事業主と被保険者が半分ずつ、労使折半という形で負担する。 保険料率は2017年9月以降18. 3%で固定されており、そのため被保険者の負担分は給与及び賞与額の9. 15%分となる。 保険料計算における毎月の給与及び賞与とは、標準報酬月額と標準賞与額の事を指す。 標準報酬額は被保険者が受け取る基本給に各種手当などを含めた額をもとに決定される。 残業手当や通勤手当、役付手当、勤務地手当、住宅手当、家族手当などに加え寮といった宿舎や自社製品など現物給与と呼ばれる部分も含まれる。 標準報酬月額はその給与額に応じて、厚生年金保険料額表を参照のうえで決定される。 厚生年金保険料額表は給与額を一定の幅をもたせたうえで30ほどに区分し、その各区分に標準報酬月額を対応させた一覧表だ。 各区分には等級という番号が付されている。 標準賞与額は税引き前のボーナスなどの賞与額から1,000円未満の端数を切り捨てた額となる。 期末手当、夏季及び冬季手当、年末手当、現物などを含む、年3回以下の回数で一時的に支給されるものだ。 賞与の上限額は1回の支給につき150万円である。 標準報酬月額はいつ決まるか 標準報酬月額は基本的に毎年1回決められ、1年間を通して適用される。 ただ基礎になる給与額は12カ月のうち1カ月分ではなく、4月から6月の3カ月の平均額だ。 事業主は、7月1日時点で使用している全被保険者の3カ月分の平均給与額を算出して日本年金機構などに届出をし、厚生労働大臣が各標準報酬月額を決定する。 ここで決まった標準報酬月額は同年9月から翌年8月までの間、各月に適用される。 この決定方法を定時決定と呼ぶ。 4月から6月の各月においては、正社員の場合、支払基礎日数と呼ばれる給与計算の対象となる日数が基本的に17日以上なければならない。 日給制であれば出勤日数が支払基礎日数となり、月給制や週休制の時は暦日数による。 雇用開始時期の都合やストライキの発生による日数の問題があった時、また実態と乖離した給与額が算出された時などは、適正な給与額になるよう調整される。 パートやアルバイトなどの立場で、一定の所定労働時間、雇用期間、賃金などの要件を満たす短時間労働者の場合は、各月の支払基礎日数11日以上で定時決定の対象となる。 定時決定のほかには随時改定と呼ばれる方法もある。 定時決定が原則年に1回の定期的な保険料決定の機会なのに対し、随時改定は状況の変化に応じた非定期的な保険料決定の機会だ。 主に被保険者の報酬が大幅に変更された時、定時決定を待たずに標準報酬月額を改定する方法である。 対象となるためには次の3つの要件を全て満たさなくてはならない。 1つは昇給及び降給や単価変更など固定的賃金に変動があることだ。 2つめは変動月から3カ月間の残業手当など非固定的賃金含む報酬平均額に対応する標準報酬月額が、それまでと比べ2等級以上変わったこと、3つめは3カ月間の各月における支払基礎日数が17日以上あることである。 3つめの要件は、特定適用事業所に勤める短時間労働者の場合は11日以上となる。 この3要件を満たす場合は基本的に随時改定の対象になる。 休職時に休職給を受けた時などは対象から外れる。 2等級以上の変動があっても固定的賃金と非固定的賃金の増減具合によっては対象にならない場合もある。 厚生年金保険料の計算例 給与の額面が4月40万、5月39万、6月38万だった会社員の、定時決定による計算例を挙げる。 4月は基本給30万円、残業代5万、住宅手当4万、通勤手当1万で、5、6月は残業代の減少により金額を下げた。 夏と冬のボーナスはそれぞれ60万、65万とする。 給与額は平均すると39万円になるので、この金額を2017年9月分の厚生年金保険料額表に照らし合わせる。 月の給与、厚生年金保険料額表では報酬月額と表記される金額が39万円の場合、23等級、37万円から39万5,000円の範囲に該当する。 標準報酬月額は23等級に設定された38万円となる。 標準賞与額は夏60万円、冬65万円だ。 標準報酬月額にかかる保険料は38万に9. 15%を掛けて3万4,770円で、1年分では41万7,240円となる。 標準賞与額にかかる保険料は60万と65万に9. 15%を掛け算出した5万4,900円と5万9,475円を足した額、11万4,375円になる。 そして41万7,240円と11万4,375円の合計53万1,615円が、被保険者が1年の間に負担する保険料額となる。 仮に3カ月間の給与平均額39万円を1年間の給与平均額とすると、給与総額は468万円になる。 ボーナスを足した額を年収とするなら、その額は593万円だ。 この場合、本来の年収のうち保険料が占める割合は、概ね保険料率と同じ約9%となる。 厚生年金保険料を支払う時と免除される時 厚生年金保険料は基本的に月単位で計算される。 会社など事業所に月の途中から入社した際は、入社日に被保険者の資格を取得し、その月の分から保険料を支払うことになる。 一方で会社を月の途中で退職した際は、資格喪失日が属す月の前月分までを納めることになる。 注意が必要なのは、資格喪失日とは退職した日の翌日だということである。 つまり月の末日に退職した場合、翌月の1日が資格喪失日になる。 そうなると末日でない日に退職した場合より、1カ月分多く保険料を払うことになってしまう。 もし入社した月に退職した時、資格を取得した月と資格を喪失した月が同じ時は、その1月分の保険料を納付する必要が出てくる。 ただ、さらに同じ月に国民年金の資格を得たり、転職した別会社にて厚生年金保険に加入した時などは、先に資格を喪失した厚生年金保険料の分を納付する必要はない。 厚生年金保険料は、産前産後休業や育児休業の期間中はその支払いが免除される。 産前産後休業期間とは一般的に産前42日、産後56日のうち、妊娠もしくは出産のために労務に従事しなかった期間とされる。 育児休業期間は満3歳未満の子どもを養育するための育児休業及び育児休業に準じる期間だ。 どちらにおいても休業している間に免除の申出をする必要がある。 被保険者がした申出は事業主によって日本年金機構に提出され、問題なければその休業期間中は事業主と被保険者ともに保険料の支払いが免除される。 免除期間中も被保険者資格に変更はない。 休業後の厚生年金保険料 産前産後休業や育児休業からの復帰後は、以前ののように保険料を支払うことになる。 しかし休業以前と同様には働けない状況で、休業以前の給与額をもとに保険料が決まっていたとすると、大きな負担になりかねない。 その点を踏まえ、休業後は通常の随時改定の要件を満たさなくても、標準報酬月額が改定できるような措置が設けられている。 休業終了日の翌日が属す月から3カ月の間に受け取った報酬の平均額をもとにして、4カ月目からの標準報酬月額を決定し直せるという措置だ。 そのための要件は2つある。 1つはそれまでの標準報酬月額と改定後の標準報酬月額を比較した時、1等級以上の差が生じることだ。 2つめは休業終了後の翌日が属す月から3カ月のうち、少なくとも1カ月は支払基礎日数が17日以上の月があることである。 特定適用事業所勤務の短時間労働者は11日以上となる。 要件を満たしているなら被保険者が申出書を事業主に提出し、さらに事業主が日本年金機構へ届出をすることで改定が決まる。 1月から6月に改定された標準報酬月額は、再度随時改定などがなければその年の8月までの各月に適用される。 7月から12月の間に改定された際は、翌年8月までの各月に適用される。 産前産後休業と育児休業どちらの場合も要件、手続きは基本的に同様である。 給与額の減少とともに標準報酬月額、保険料が下がった場合に、将来受け取る年金額まで下がらないよう配慮した特例措置もある。 これは養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置と呼ばれる仕組みで、子どもの養育期間における給料の低下を将来の年金額に影響させないために設けられた。 勤務時間の短縮などにより標準報酬月額、保険料が下がっても、子どもの養育開始月から概ね3歳になるまでの期間は、年金額計算にあたりそれ以前の標準報酬月額が用いられる。 基本的に厚生年金保険の被保険者か元被保険者がこの特例の申出書を、事業主を介して日本年金機構に届け出ることで措置を受けられる。 育児休業終了後の保険料の計算例 育児休業期間が終了し、職場に復帰した人の標準報酬月額が改定される場合の例を挙げる。 育児休業が5月までで終わり、6月より職場復帰となった人が短時間の勤務を希望して、その結果給与が下がることになったとする。 6月の給与は24万円、7月は24万5,000円、8月は25万円で、復帰月の6月を含む8月までの3カ月間の平均給与額は24万5,000円であった。 それまでの標準報酬月額は34万円とする。 平均額24万5,000円は、2017年9月分の厚生年金保険料額表の16等級、報酬月額23万円から25万円の範囲に該当する。 16等級の標準報酬月額は24万円となり、育児休業以前の標準報酬月額34万円に対応する21等級からは1等級以上下がった。 いずれの月も、支払基礎日数は17日を超えている。 この場合は要件を満たしているので標準報酬月額は改定され、9月から適用される。 7月から12月の間に改定されたことにより、適用は翌年8月までとなる。 月々の保険料は34万円に9. 15%を掛けた額、3万1,110円から24万円に9. 15%を掛けた額、2万1,960円に下がる。

次の