スマホ を ウェブ カメラ に する。 【Web会議のカメラ問題】おすすめアプリは「iVCam」スマホ(iPhone)をウェブカメラ化する方法はコレだ!

スマホをwebカメラにする方法【iVCam】

スマホ を ウェブ カメラ に する

最近、家で仕事をするテレワークで会議する場合に、ほぼ必要になってくるのがWebカメラです。 しかし、最近テレワークをする人が急激に増えた事により、Webカメラがショップで売り切れや入荷待ちになっている事が多いです。 ノートパソコンの場合、Webカメラを内蔵している事が多いのでそこまで問題無い事も多いですが、「内蔵Webカメラが壊れた」「デスクトップPCなのでWebカメラを別途接続する必要がある」等の場合には、Webカメラどう用意するか考える必要が出てきます。 実は皆さんの身近に、 Webカメラの代用品になる物があります。 それは、iPhoneやアンドロイドスマホです。 iPhoneやアンドロイドスマホには、カメラ機能が備わっているので、アプリ(iVCam)を利用する事でWindowsパソコン上で、iPhoneやアンドロイドスマホがWebカメラとして機能させる事が出来るようになります。 そこで、iPhoneやアンドロイドスマホを使用して、Windows10パソコン上でWebカメラとして利用出来るアプリ(iVCam)の設定方法と、接続に失敗する時の解決方法を解説します。 使用するiPhoneやアンドロイドスマホとWindowsパソコンが、同一ネットワークに接続されている必要がある。 無料版で使用すると、カメラの映像上に透かし文字が入る。 無料版で使用すると、スマホ画面上に広告表示される。 iVCamアプリを使用している時は、別のアプリを使用出来ない。 何時間も使用する場合には、デメリットに挙げた部分が気になる方もいるかもしれませんが、アプリをインストールするだけでWebカメラ代わりになるのは非常に便利です。 Windows用のiVCamアプリを公式サイトからダウンロード まずは、iVCamのWindows用アプリを公式サイトよりダウンロードします。 公式サイト 「Download for Windows」のボタンをクリックすると、確認画面が表示されるので「ファイルを保存」をクリックして、ダウンロードフォルダに保存します。 iVCamアプリをWindowsにインストール 通常ならダウンロードフォルダにインストールファイルが保存されているはずなので、iVCamアプリのインストーラーをダブルクリックして、Windowsパソコンにインストールします。 iVCamアプリをインストールするさいに、利用する言語が選べるので「日本語」を選択しておけばいいです。 iVCamアプリをWindowsにインストールするさいには、特に問題になるような事はありません。 強いてあげれば、「デスクトップ上にアイコンを作成する」や「起動時に実行」にチェックを入れるかだけです。 Windows10が起動するたびにiVCamアプリが自動実行されるのも時間が勿体ないので、 敢えて「起動時に実行」のチェックは外しておいた方がいいかもしれません。 Windows10へiVCamアプリのインストールが完了したら、iVCamを起動させます。 たぶん、ここで一つ目の問題が起こる可能性が高いです。 多くの方がWindows10パソコンへ、セキュリティソフト(ウィルス対策ソフト等)をインストールしている状態だと思います。 そこで、 ファイヤーウォール機能でiVCamアプリ(ivcam. exe)の通信許可を設定しておく必要があります。 自分の場合、最初どうしても接続出来なかったのですが、一度、Wi-fi接続を切断してから再度接続し直したら簡単に接続出来ました。 また、カメラの画像はイン側とアウト側で切り替える事も出来ます。 無料版で使うさいには、画像のように左角に「iVCam」の透かしが表示されます。 そこまで、目に付く程では無いので、無料版でも全然問題ないです。 この場合、同一のネットワーク配下とは言えないので、上手くiVCamアプリでWebカメラ代わりに接続出来ない状態となります。 Windows10側のファイヤーウォールの設定を見直す 先程も述べましたが、多くの方がWindows10パソコンへ、セキュリティソフト(ウィルス対策ソフト等)をインストールしている状態だと思います。 そこで、 ファイヤーウォール機能でiVCamアプリ(ivcam. exe)の通信許可を設定しておく必要があります。 間違って、iVCamアプリ(ivcam. exe)の通信を、ファイヤーウォールで遮断する設定になっている方が多いです。 まとめ 今回、iPhoneやアンドロイドスマホを使用して、Windows10パソコン上でWebカメラとして利用出来るアプリ(iVCam)の設定方法と、接続に失敗する時の解決方法を解説しました。 最近テレワークをする人が急激に増えた事により、Webカメラがショップで売り切れや入荷待ちになっている事が多いです。 どうしてもWebカメラが必要という場合、無料で利用出来るので、無名メーカーのWebカメラを高額で購入するよりは、今回解説したWebカメラとして利用出来るアプリ(iVCam)を使用して急場を凌ぐ事も出来ます。 人気記事 人気記事.

次の

【Teams, Zoom, Skype】ドロイドカムでスマホをウェブカメラにするには?

スマホ を ウェブ カメラ に する

昨今の情勢で在宅勤務や知人とのコミュニケーションツールとして、SkypeやZoomなどのビデオチャットを使う機会が増えています。 しかし、パソコンに搭載されているウェブカメラは画質も悪く、アングルを調整しにくいのがネック。 一方、Xperiaも各ビデオチャットのアプリをインストールすれば利用できますが、画面サイズや文字入力といった面では、やはりパソコンのほうが使いやすい。 そこでオススメなのが「iVCam」というアプリ。 このアプリを使えば、パソコンでビデオチャットをしつつ、カメラはXperiaを使うことが可能です。 まずはパソコンのブラウザーからiVCamの公式サイト()へアクセスしてソフトをダウンロードします。 残念ながらMac版はなくWindows版のみです。 ピックアップ• HUAWEI P liteシリーズの最もお手頃なモデルを詳しく紹介!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• 開発環境プリインストール済み!! ボリュームゾーンに投入される有力SIMフリースマホ2機種を比較!• このアクセス速度を体験したらもう戻れない• ファーウェイのノートPC「HUAWEI MateBook」シリーズは3モデル!• または私はいかにして心配するのを止めてキーボードが打てるようになったか• フレーバーだけでなく、デバイスそのもののデザインや質感にも徹底的にこだわりぬいた• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• これ1台でなんでもこなせるモバイルノート• ゲームも写真も動画も大容量化でストレージは危機的状況• Open NAT機能やゲーミングデバイス優先LANポートなどを搭載!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の

wallstreetfinanceltd.com:スマホをPCのウェブカメラとしてSkypeやZoomでのビデオ会議に使う

スマホ を ウェブ カメラ に する

コスト削減。 新型コロナウイルスの影響により、 ビデオチャットアプリを利用する人ははるかに多くなったことでしょう。 しかし、もしあなたのラップトップにウェブカメラが内蔵されていなくても、 スマートフォンをウェブカメラとして使うことができます。 なお、昨今のスマートフォンはほとんどのウェブカメラよりもはるかに優れたカメラを搭載しています。 むしろ大事なのは、三脚や分厚い本などでそれをしっかりと保持することです。 また、画質に優れる 背面カメラを使用するのが一般的。 さらに、もしアプリから選択できるのなら無線接続ではなく USB経由の有線接続を選択しましょう。 これにより、通信が高速化されるだけでなく安定します。 すんなり行くのはiPhone+Windowsの組み合わせ 世の中にはたくさんのスマートフォン向けのウェブカメラ化アプリが存在しますが、かなりの数のアプリの品質はよくありません。 しかし、 iOS向けにされている NewTekのNDI HX Cameraは、納得できる品質のアプリでした。 なお、以前にはAndroid版アプリも存在していたのですが、現在は存在していません。 Alex Cranz Gizmodo また、ビデオチャットアプリを騙すNDI Virtual Inputユーティリティは、現在はWindows向けの「」でしか提供されていません。 macOS向けのNDI Toolsも存在しますが、これにはNDI Virtual Inputが含まれておらず、スマートフォンをウェブカメラに変えることはできません。 iPhoneとWindowsを組み合わせている場合、iPhoneアプリを起動してNDIボタンをタップするだけでブロードキャストが始まるので、NDIアプリによるセットアップは非常に簡単です。 NDI Tools for WindowsをインストールしてからNDI Virtual Inputを起動し、通知領域のアイコンを右クリックします。 するとiPhoneのフィードがオプションとして表示されるので、それ以上の設定は必要ありません。 あとはZoomやSkypeなど、ビデオチャットに使用するソフトウェアを起動し、新しいNDIカメラをウェブカメラとして選択するだけです。 例えばZoomでは、メインウィンドウの歯車のアイコンをクリックして、「ビデオとカメラ」を選択します。 お使いのビデオチャットソフトがなんであれ、このオプションはビデオ設定のどこかに潜んでいます。 iPhoneでは歯車アイコンをタップし、設定画面を表示します。 Androidにもいいアプリあります Androidスマートフォンを使う場合、最もおすすめできる選択肢のうちの一つは DroidCamです。 なお、ソフトはWindows版のみが存在。 セットアップは簡単でAndroidアプリを起動すると、Windowsクライアントに入力できるIPアドレスが表示されます。 Alex Cranz Gizmodo Androidアプリの右上にある丸いアイコンをタップすると、スマートフォンをウェブカメラとして使用している間、画面を暗くすることができます。 また、右側の3つの点をタップすればホワイトバランスと露出が調整可能(動画が停止しているときは、同じメニューの設定からコンピュータに送信されるフレームレートを制限し、バッテリーの寿命を節約することもできます)。 フィードが実行されていれば、ウェブカメラを使うすべてのビデオチャットアプリでスマートフォンが利用できるはずです。 なお、SkypeやZoomでは問題なく利用できましたが、Windows標準のカメラアプリでは認識されませんでした。 また4. 5ドル(約480円)を支払いDroidcamのプレミアム版を購入すると、ズームコントロールやミラーのようなビデオフィードの反転といったオプションが利用可能。 無料版でも十分使えますが、広告が表示されます。 その他の選択肢 その他にも、とが存在するiVCam Webcamや、同じくとのあるEpocCam(macOSで動作する数少ないアプリの一つ)を試しましたが、NDI HX CameraやDroidCam程は安定しませんでした。 このあたりは、お好みで使い分けてください。 そうそう、スマートフォンでそのままビデオチャットに参加するのも一つの手です。 ラップトップほどの快適さや柔軟さは期待できず、機能やオプションが削減されているかもしれませんが、すくなくとも同僚や家族はあなたの顔を見ることができます。 Tags :•

次の