ファイアスティック 再起動。 Fire TV Stickとは?何ができるの?使い方まとめ

「Fire TV Stick」の基本的な使い方、電源オン/オフ、スリープの仕方解説

ファイアスティック 再起動

「家電批評」の「2017年 ベスト家電オブ・ザ・イヤー」にて、第2位に君臨するFire TV Stick。 それもそのはず、4,980円の格安ながらも、YouTube、Hulu、dtvをはじめとした動画視聴のアプリが豊富にそろい、映画や見逃したテレビ番組の視聴から、海外ニュースでの英語を聴きつつのヒアリング対策にもバッチリです。 そんなFire TV Stickですが、スマホ・タブレットよりもかなり低めのスペックであり、使用していると動きがもっさりしてくることもしばしば。 そこで今回は、基本に立ち戻り、Fire TV Stickのレスポンスがわるく感じたら行うべきことを整理してみました。 基本的なことばかりを記載しているため、スマホ・タブレットに精通している方はスルーくださいませ(後半には、お試し要素も取り入れています)。 レスポンスがわるいと感じる事例 本題に入る前に、レスポンスがわるく感じる事例です。 なお、この事例はFire TV Stickの旧型を使用したものであり、Newモデルではそれほど遅さを感じないものもあります。 実際、我が家では旧型・Newモデルの双方を使用していますが、メニュー・設定の画面遷移など、Newモデルは旧型よりもキビキビしたものです。 以下のなかには、Fire TV Stick側のレスポンスではなく、Wifiの回線速度に起因するものもあり、Wifiに起因する可能性の高いものについては文末に(Wifi)と記載しています。 なお、一部 フリーズしている現象もあります。 上部にある「ホーム」「マイビデオ」「映画」などのメニューを選択しても、下段の画面が黒いまま。 あるいは、表示に時間がかかる。 上記で、特定のメニューのみ黒いままとなり時間がたっても表示されず、「設定」のみ普通に遷移する(Wifiに起因する可能性も大)。 動画視聴中に画像が固まり、一定時間の経過後に動画が再開、この現象の繰り返しとなる(Wifi)。 操作中にいきなり再起動(私は一度 経験があります)。 スリープから復帰しない。 テレビなどの接続先の電源起動後、Fire TV Stickは起動しているようだが(テレビの入力にFire TV Stickと表示される)、画面がブラックアウトしたまま、ホーム画面が表示されない。 レスポンスがかなりわるく、あるいはフリーズしてもおかしくない状況です。 レスポンスがわるいと感じたら行うべきこと レスポンスがわるいと感じたら行うべきことは、基本的にはAndroidのスマホ・タブレットと同じです。 有料アプリではメモリの状況を確認できるものもあるのですが、そのためにコストをかけたくないですし。 私のように、Androidのアプリをインストールする手段もありますが、これが逆に負荷をかける可能性もあります。 では、行うべきことをお手軽な順に掲載します。 Fire TV Stickの再起動 大抵の場合は、この再起動で元のレスポンスに戻るでしょう。 Android端末と同様に、再起動でバックグラウンドで稼働しているアプリを終了し、メモリも開放しているはずです。 PCの場合の電源を抜く行為、あるいは電源ボタン長押しによる電源オフは最終手段ですが、Fire TVの場合には電源を抜いても大きな問題はないでしょう。 特定のアプリのアンインストール 前述のとおり、他のAndroid端末では負荷がかかっているアプリ、あるいはバックグラウンドで頻繁に稼働しているアプリを特定できるのですが、この特定が難しいのがFire TV。 私はGoogle PlayのAndroidアプリを複数インストールしているのですが、このアプリをアンインストールするとレスポンスがよくなった事例もあります。 もちろん、このAndroidアプリをインストールこと自体が、レスポンスの悪化(バックグラウンドでの稼働)につながる可能性大である認識はあるのですが。 このように、非公式のアプリをインストールしている場合や、負荷のかかっているアプリが特定できている場合には、このアンインストールは有効です。 アプリ導入により、バックグラウンドで稼働しているアプリを確認でき、当アプリ経由でアンインストール可能です。 工場出荷時の設定にリセット 再起動を行ってもなお、以前のようなレスポンスに戻らない、あるいはWifiにつながらない場合の最終手段が「工場出荷時の設定にリセット」 以下画像の注意書きにあるとおり、すべてのパーソナルデータとダウンロードデータが削除されるため、初期設定・アプリのインストールをやり直す必要があります。 ただし、スマホと異なり電話やSNSの情報がないために、スマホの初期化ほど抵抗がないのでは、と思われます。 ちなみに、私はWifiがつながらなくなった際に初期化を行いましたが、「Fire TV Stickって、こんなにサクサクだった?」と思うほどにレスポンスがよくなりました。 初期化は何度か行ったことがあるのですが、あらためて工程を画像で概説しました。 番外編、スマホのメモリクリーナーアプリのインストール インストールすることで逆に負荷がかかる可能性もあり、完全に番外編・自己責任となるのですが、私は試しにAndroidのメモリクリーナーをインストールし、時々 実行しています。 実際にメモリクリアしたアプリ、クリアしたメモリ量をみると、効果は少ないようです(バックグラウンドで稼働しているアプリは少ない、とも言えます)。 まとめ Fire TV Stickの新旧モデルともに、「もう少しレスポンスがよければ」と感じるのは私のみではないかと思います。 そのFire TV Stickにおいて、使い込んでいるうちに、あるいは何気ない操作でレスポンスが悪化することもあります。 その場合には、概ね再起動でもとの状態に戻りますが、それでも遅いと感じる場合には、不要なアプリ・特定のアプリをアンインストールする、そして最終手段として初期化する手段があります。

次の

Fire TV Stickとは?何ができるの?使い方まとめ

ファイアスティック 再起動

Contents• Fire TV を再起動する3つの方法 方法1:リモコンで端末を再起動 まず、一番簡単な方法から紹介! Fire TVに付属しているリモコンを使って再起動する方法です。 だいたい 8秒ほど長押しすると「Amazon Fire TV をシャットダウンしています」と表示され、画面が暗くなり再起動が始まります。 再起動が始まったらボタンの長押しをやめましょう。 しばらく待っていると、 1~2分程度でFire TV の再起動が完了し、ホーム画面が読み込まれます。 音声認識ボタンがあるリモコン、ないリモコン、ともにやり方は同じです。 でも再起動のやり方は同じです。 紛らわしいですが、 リモコン左上の電源ボタンを押してもFire TVの再起動は出来ないのでご注意ください。 方法2:メニューから再起動 Fire TV 付属のリモコンが手元になく、スマホの「Fire TV リモコン」アプリから Fire TV を操作している場合、上記の方法は使えません。 その場合は Fire TVのメニューから再起動しましょう。 方法3:強制終了からの再起動 Fire TVのリモコンもリモコンアプリもない場合や、操作入力を受け付けてくれない時は 電源を切ってFire TVを強制終了し再起動しましょう。 Fire TV には電源ボタンがないので、 Fire TVに刺さっている電源コードを抜くことでFire TVを強制終了します。 再起動をするには、 Fire TVの電源コードを再度差します。 ホーム画面が読み込まれれば Fire TVの再起動は完了です。 この方法は、あくまでも最終手段です。 あまり頻繁にやると、Fire TVが壊れかねないので注意して下さい。 Fire TV はスリープからの復帰時に固まりやすい 以上が、 Amazon の Fire TV を再起動する3つの方法のまとめです。 調子が悪い状態を直し、プライムビデオなどの見放題サービスを使える状態にしましょう。 Fire TV はスリープ状態からの復帰時、スクリーンセーバーからの復帰時に動作がもたついたり、反応が遅れたりすることが多く、 「固まったのかな?」「動かなくなったのかな?」と勘違いしてしまうような動作をしてしまうことがあります。 しばらく待っていると普通に操作できるようになりますので、動きが悪くてもすぐに再起動せず、 動作が安定するまでしばらく待ってみるのもアリだと思います。 とはいうもののAmazon Fire TV も消耗品。 再起動を頻繁にしなくてはならないくらい調子が悪いなら 新しいのに買い替えたほうがいいかも知れません。 購入して3年以上経っているなら買い替えを検討してみましょう。

次の

Fire TV Stick、レスポンス悪化を感じたら行いたい基本的なこと

ファイアスティック 再起動

Fire TV Stickに接続しても画面が真っ暗で映らないよ。 リモコンのボタンを押しても全く動かない。 どうやったら映るようになるの? こういった疑問にお答えしていきます。 画面が映らないといっても、Fire TV Stickの問題なのか、テレビの問題なのか、電源ケーブルの問題なのか色々考えられます。 テレビのメーカーによっては「入力信号がありません」とテレビに表示されたり、Fire TV Stickと認識しているようだけどテレビ画面に表示されなかったり。 さまざまな原因を考えた上で、Amazonに確認済みの解決方法をご紹介するので、信頼性はあると思います。 Fire TV Stickが落ちる、再起動を繰り返すという症状にも有効な解決方法です。 Fire TV Stickの画面は映るけれども、リモコンのボタンを押してもカーソルが動かないという問題は以下の記事をご覧ください。 注意 「他の接続している機器は問題ないのだから、これはやらなくていい」と思い込んでしまうと、解決するまでに時間がかかることも。 解決したいのなら、これから紹介する解決方法を素直に全部やるのが吉。 Fire TV Stickを他のHDMIポートに接続する HDMIポートが複数あるテレビならば、Fire TV Stickを接続していたHDMIポート以外の他のHDMIポートに接続して、画面が映るか確認してください。 具体的に言うと、HDMI1に接続していたFire TV StickをHDMI2に接続して、テレビの入力切替でHDMI2にして画面が映るかということです。 テレビ側のHDMIポートの不具合で、うまく接続できていない可能性があり、それが原因で画面が映らないことがあります。 また、 HDMIポートの穴の中にほこりが入っていないか確認してください。 ほこりが詰まっている場合、つまようじで簡単に取れます。 Fire TV Stick付属のHDMI延長コードを使って接続する Fire TV Stick購入時に一緒についてくる10cmほどのHDMI延長コードを接続して、画面が映るか確認してください。 HDMI延長コードを接続すると、テレビから本体がぶら下がっている形になります。 電波を発したり受信したりする機器のため、基本的に本体とテレビから距離を離して使うほうが望ましいです。 Fire TV Stickとテレビの間に接続されている機器があれば外す Fire TV Stickとテレビの間にHDMI切替器や分配器のような機器を接続している場合、外してテレビに直接接続して画面が映るか確認してください。 これで画面が映った場合、間に接続している機器に問題がある可能性大です。 HDMI切替器っていうのは、テレビにHDMIポートが1つしかないときに、HDMI切替器をその1つのHDMIポートに差すことで3つくらいにHDMIポートを増設できる機器のこと Fire TV Stick本体の電力を放電し再起動する Fire TV Stickを抜きさしするだけではなく、電気の供給を断ってFire TV Stick本体の中に電気がない状態になってから差し込むのが理想の再起動です。 コードがひとつひとつしっかり接続されているかの確認も含めて、Fire TV Stickのコードやプラグなどをすべてバラバラにします。 テレビからFire TV Stick抜いて、本体側面に接続されている電源コードも抜き、電源コードもプラグから抜き、プラグもコンセントから抜きます。 すべてバラバラにできたら、放電のため10秒待ちます。 10秒経ったら先ほどバラバラにしたコードやプラグをすべて奥までしっかり接続します。 テレビに接続し画面が映るか確認してください。 Fire TV Stickを他のテレビに接続にする 自宅に他に接続できるテレビがあれば接続して画面が映るか確認します。 ここで他のテレビで映るようであれば、もともとFire TV Stickを接続していたテレビ側になんらかの問題があります。 テレビのメーカーに相談しましょう。 テレビのHDMI連動機能をオフにする テレビ側のHDMI連動機能の不具合で画面が映らないことがあります。 テレビのメーカーや機種によってHDMI連動機能をオフにする方法が異なりますが、基本的に以下の方法でオフにできます。 HDMI連動機能をオフにしたら、Fire TV Stick本体をテレビから抜き、側面に接続されている電源コードも抜き10秒待ちます。 10秒経ったら先ほど抜いていただいた機器をすべて接続して画面が映るか確認してください。 Fire TV Stickをテレビから抜いてテレビの解像度を調整する Fire TV Stickに接続しているテレビの初期化、再起動をする Fire TV Stickと接続しているテレビを工場出荷時の状態に初期化をして再起動をします。 初期化方法については、テレビの機種によって異なるので取扱説明書を見るか、お問い合わせ窓口に相談してください。 初期化後、テレビの電源コンセントを抜いて5分経ったら再接続してください。 そのあと、Fire TV Stickが映るかご確認ください。 さいごに 以上、Fire TV Stickの画面が映らない際のトラブルシューティングについて、ご紹介しました。 もし紹介したトラブルシューティングでも改善しなかった場合、保証期間内であれば、カスタマーサービスに連絡すれば不具合のないFire TV Stickと交換をすることができます。 保証期間内かどうかはわからない場合、Amazonのカスタマーサービスで確認できるので、とりあえず連絡してみるのが良いです。 交換対応は電話とチャットのみで行っているため、行ったトラブルシューティングをすべて説明したうえで交換希望の旨を伝えましょう。 行ったトラブルシューティングを説明せずに交換希望の旨だけを伝えてしまうと、この記事で紹介している解決方法を最初から案内されてしまい、めっちゃ面倒です。 チャットで連絡する方は、以下をコピペして使ってみてください。 Fire TV Stickをテレビに接続しても画面が真っ暗で何も映りません。 試したことは以下です。 ・Fire TV Stickの電源コンセントを壁のコンセントに直接接続 ・Fire TV Stick付属の延長コードを使って接続 ・HDMI切替機、分配器のような機器はありません ・Fire TV Stickの本体やコードをすべて外し、放電した上で再接続 ・Fire TV Stickを他のテレビに接続 ・テレビにHDMI連動機能をオフ ・テレビの解像度を自動調整 ・テレビの初期化および再起動 保証期間内であれば、交換したいのですが可能でしょうか? 上記で、もしできなかった部分があれば削除して使ってみてください。

次の