展示会 お礼 メール。 展示会来場者へのお礼メール 名刺交換から始めるマーケティング

展示会のお礼をメールで送る場合の注意点や例文について

展示会 お礼 メール

この記事のもくじ• 展示会のお礼メールを送る目的 展示会のお礼メールは、来場者とよい関係を築くことを目的にしましょう。 少しでもあなたの会社や製品のことを好きになっていただく、そんな気持ちで展示会のお礼メールを書いていましょう。 の展示会では、来場者のうち70%は、情報収集や勉強が目的で来場していることがわかっています(当社調べ)。 つまり、今すぐに商品の購入を検討していただける、「今すぐ客」はほとんどいないということです。 展示会のお礼メールとして、「今すぐ客」ではない来場者に、頻繁に営業目的のメールを送ったり、強引な勧誘をしたりすれば、お客さまはあなたの会社にマイナスイメージを持つでしょう。 展示会のお礼メールを送る対象者に今すぐ買っていただけそうになくても、長期的な目線を持つことが重要です。 展示会のお礼メールを書くときの3つのポイント 来場者とよい関係を築くために気をつけたい、展示会のお礼メールを書くときの3つのポイントをご紹介いたします。 展示会のお礼メールでは、共有した体験にふれることから始める 展示会のお礼メールでは、来場者があなたのブースで体験したことにふれましょう。 あなたのブースの展示内容を思い出していただきつつ、その興味関心を高めるための内容を書きましょう。 来場者は展示会で数多くのブースを見て回り、たくさんのお礼メールを受信するでしょう。 中には同様の製品を扱うブースをいくつも回っているという場合も考えられます。 そんな時、来場者はあなたの会社から送られてきた展示会のお礼メールと、あなたのブースとが結びつかなかったり、別のブースの企業と混乱してしまったりすることもあります。 お礼メールで共有した体験に触れて、来場者にあなたの会社がどんな展示をしていたのかを思い出していただきましょう。 小規模な展示会であれば、来場者が、あなたのブースで説明員や営業担当と会話した場合、会話の中で共有したことや、来場者がブースの展示内容に興味を持った背景にふれるのもいいでしょう。 展示会のお礼メールでは売り込みや宣伝を控える 展示会のお礼メールでは、来場者に、必要以上に売り込みや宣伝をすることは避けるべきです。 来場者のほとんどは「今すぐ客」ではないからです。 「今すぐ客」ではない来場者は、自社の売り込みや宣伝を求めていません。 展示会のお礼メールを配信停止されないように、自社の売り込みや宣伝を控えたものを送りましょう。 では、売り込みや宣伝をしないのならば、どのような内容のお礼メールを送ればよいのでしょうか。 答えは、「お客さまのニーズ」に隠されています。 「今すぐ客」ではない来場者に対しては、営業活動の前にリードナーチャリングが必要です。 リードナーチャリングとは、日本語では「見込み客の育成」などと訳されます。 獲得したリードに対し、継続的にコミュニケーションをとることで、購買意欲を段階的に高めていくことをリードナーチャリングと言います。 展示会のお礼メールだけではなく、リードナーチャリングでも、売り込みや宣伝をなるべく避けて、お客さまのニーズを満たす、「欲しい情報」を提供することで、よい関係を築くことを意識しましょう。 リードナーチャリングに関してさらに詳しい情報は リードナーチャリングの概要やアプローチ方法は無料eBook「 」にまとめてございます。 あわせてごらんくださいませ。 展示会のお礼メールはかんたん、かつシンプルに書く 展示会のお礼メールはできるだけかんたん、かつシンプルな内容を書きましょう。 本文の長さは、スクロールなしでお礼メールの全文が読める程度がおすすめです。 お客さまは、情報が多く長いメールだと、途中で読むのをやめてしまうからです。 展示会のお礼メールをシンプルな内容にすると、お礼メール内のリンクのというメリットもあります。 展示会のお礼メールの効果を高める3つの工夫 これまでは、展示会のお礼メールを書くときのポイントをご紹介しました。 ここからは、展示会のお礼メールを起点に来場者とよい関係を築くための工夫を、3つご紹介いたします。 展示会のお礼メール専用のコンテンツを準備する 展示会のお礼メールとは別に、展示会のブースでの展示内容をまとめたWebページやブログの記事を用意しましょう。 別に記事を用意することで、展示会のお礼メールの本文をシンプルにできます。 展示会のお礼メールにリンクを貼り、リンククリックの有無を調べることで、来場者の興味関心の度合いを知ることもできます。 これらのコンテンツは、展示会のお礼メールだけではなく、展示会のフォローを目的にしたリードナーチャリングでも積極的に活用していきましょう。 展示会のお礼メールで興味関心の度合いを確かめる 展示会のお礼メールは送るだけではなく、来場者が展示会のお礼メールを開封したか、展示会のお礼メール内のリンクをクリックしたかなどを調べましょう。 展示会のお礼メールの開封率やクリック率を調べることで、来場者があなたの会社や製品にどのくらい興味や関心を持っているかがわかります。 来場者の興味関心の度合いや購買意欲の高さに合わせて、フォローアップをはじめましょう。 展示会のお礼メールからフォローアップを始める 展示会のお礼メールを出したタイミングから、フォローアップをはじめましょう。 展示会のお礼メールを開封したり、展示会のお礼メール内のリンクをクリックしたりした来場者には、リードナーチャリングを開始しましょう。 展示会のお礼メールを開封したり、リンクをクリックしたりした来場者は興味関心の度合いが高いと考えられます。 興味関心が高い来場者へ送るでは、来場者が実際の活用シーンをイメージできるような活用事例を紹介するとよいでしょう。 来場者に「この会社の製品でうちの課題を解決できそうだな」と思っていただくことが目的です。 他にも、・個別相談会への誘導などの施策も有効です。 展示会のお礼メールを開封していない来場者であれば、ノベルティをもらうだけのために名刺交換をした可能性もあります。 そのような来場者は一見すると、将来お客さまになる可能性は低いように思われます。 しかし、タイミングが変われば商談に発展する可能性もありますので、忘れずにリードナーチャリングの対象にしておきましょう。 将来、お客さまになる可能性の低い来場者でも、あなたの会社や製品の状況などを伝えたり、ソーシャルメディアへと誘導したりするなど、つながりを維持していきましょう。 来場者に、お客さまになっていただけなくても、好意を持っていただければ会社や製品のブランディングに貢献していただけるかもしれないからです。 将来、お客さまになる可能性の低い来場者には、日々の業務に役立つような情報を提供するメルマガの配信を行い、課題に気づいていただけるように促しましょう。 展示会のお礼メールの後は、そのままメーリングリストに入れてメルマガを送信するというフォローアップも考えられます。 その場合は、展示会のお礼メールの中にも、オプトアウト 配信停止 用のリンクをかならず設定しましょう。 メルマガなどの商用メールは、受信者が望めば配信停止できるようにすることを定められています。 オプトアウト用のリンクを設置することで、「展示会のお礼メールを開いてはみたものの、会社にも製品にも興味はない」来場者をフィルタすることもできます。 不要なメルマガが届くのは、受信者にとってストレスです。 さらにそのメルマガがオプトアウトできないと、受信者からの信頼を失ってしまい、あなたの会社にマイナスイメージを持ってしまうこともあります。 あなたの会社や製品に興味のない来場者をフィルタすることで、お客様からの信頼を失ったり、マイナスイメージを持たれたりすることを、前もって防げます。 展示会お礼メールの文例 展示会のお礼メールの文例をご用意いたしました。 必要に応じて、書き換えなどをしてお使いください。 私は当社(株式会社XYZ)の展示ブースの総括を務めました(氏名)と申します。 当日はご説明がいたらなかった点もあったかと思いますが、ご容赦いただけますと幸いです。 展示商品に関してご意見やご不明な点がございましたらお問い合わせください。 まずは略儀ながら<来場者氏名>様のご来場のお礼を申し上げます。 引き続き、よろしくお願いいたします。 今後配信を希望されない場合には、以下のフォームにて登録の解除をお申し付けください。 <配信解除用のURL>.

次の

展示会マーケティングを効果的にする、お礼メールの書き方と例文

展示会 お礼 メール

Contents• 展示会のお礼をメールで送ることのメリット 展示会で自社ブースに足を運んでくれたとしても、数多くある企業の中の一つでしかありません。 来場者は色々なブースを見学し、そこで名刺交換等も行われます。 自然と1社1社の印象も軽減してくることは想像できるかと思います。 そうならないためにも、展示会後のお礼メールで再度思い出してもらうきっかけとなるのです。 また、メールを送ることで自社を思い出し、その後のやり取りによっては新たな顧客となる可能性も高まります。 来場者は送られてきたメールを見て、「どんな会社・どんな商品だったっけ?」という疑問を持つ方が大半です。 疑問や関心を持った場合には、自然と会社のHPを調べたり商品を調べたり、自社を思い出そうとしてくれます。 その中で気に入った商品があれば問い合わせにも繋がってきます。 HPの閲覧や商品のお問い合わせは、確実に顧客へと繋がるわけではないため、小さなことかもしれませんが、お礼メール1つで顧客を増やすためのステップを踏むことができるのです。 展示会のお礼をメールで送る際の注意点 メールの文面や内容 メールの文面が過度な商品宣伝のように商品を売り込むようなメールにならないように気を付けましょう。 展示会の来場者の目的は、本当に必要な商品を探しに足を運ぶ方もいれば、同じ業界の現状調査等が目的で足を運ぶ方など様々です。 本当に探している商品を見に来た方ならまだしも、現状調査が目的で足を運んでいる方からしたら、展示会後に商品の宣伝をされても良い気持ちにはなりません。 一番大切なことは自社ブースに足を運んでくれたことに対してお礼を伝えるという事です。 本当に必要な商品を探している方でも、現時点では興味がない、ということも考えられます。 その場合も加味し、商品の宣伝ではなく、今後商品が必要となった時に相談しやすいと感じてもらえる関係性を作り上げておくことも重要です。 メールを送るタイミング お礼をメールで送るタイミングですが、多くの企業は翌日に送ることが多く、それに合わせて自社も展示会の翌日に送ろうと考える方も多いようですが、それは良いとは言えません。 なぜならば、自社ブースに足を運んでくれた来場者は、他にも企業のブースを回り、そこでも自社同様に名刺交換を行います。 その数は数十社を超えることもほとんどです。 その数十社と同じタイミングでお礼メールを送っても、印象が薄れてしまう可能性や送ったメールが埋もれてしまう可能性も大いにあります。 お礼メールを送るタイミングは早ければ早いほど良く、一番望ましいのは、展示会当日に送る事です。 展示会後の帰りの電車等でメールを開いたら届いている、帰社後にメールを開いたら届いている、ということを想定して送ります。 来場者に自社を印象付けるには、どんな企業よりも早く、一番にメールを送る事なのです。 展示会のお礼をメールで作成する際のポイント 顧客になる可能性の程度に合わせたメール内容にする 自社ブースに足を運んでくれた方の中には、15分滞在をし、いくつかの質問を受けた後に名刺交換をした方もいれば、5分程度の滞在で名刺交換をした方などがいるかと思います。 同じ来場者であっても、顧客になる可能性が高い来場者と低い来場者に同じメールを送っても効果は薄れてしまいます。 顧客になる可能性の程度は、自社ブースでの来場者の様子 滞在時間や質問等での商品への興味具合 を見ていたら、ある程度は判断できます。 顧客になる可能性が高い場合には、今後の取引に繋がりやすいことを意識したメールを、顧客になる可能性が低い場合には、長い目で見て今後のための良い関係性を作ることを意識したメールを作成しましょう。 展示会で紹介した商品の簡単な説明やURL 展示会で商品のチラシ等を配布したとしても、他企業のチラシとまとめて手持ちの荷物の中にしまわれてしまう事が多く、メールの内容に会社名や商品名を記載しても、ピンと来ないことも考えられます。 たとえ商品に興味がない来場者や、顧客になる可能性が低い来場者であっても、展示会でどんな商品を紹介していた企業なのかが分かるような説明や商品のURLを記載しておくことは、親切でもあるため、「自社では下記商品を展示し、ご紹介させていただきました。 URL 」のように記載しましょう。 URLでなくても、商品の写真やブースの写真等、自社がどんな展示をしていたのかが分かるようなメールになることが望ましいです。 来場者が求めている商品のみを紹介する 顧客になる可能性が高い来場者であっても、必要としていない商品の紹介を受けても効果は軽減してしまいます。 「顧客になる可能性が高いから、自社の他商品も合わせて紹介してみよう」というように欲張ってしまってはいけません。 来場者からの質問や問い合わせがない限りは、他商品の情報を入れ込むのではなく、本当に求めている商品のみを簡単に紹介するようにしてください。 顧客になる可能性が低い来場者に対してのメールでは、商品の紹介をするのではなく、商品にまつわる情報 選び方や商品の同業界の最新情報等 を入れた内容となるようにしましょう。 文章全体が長くならないようにシンプルにまとめる 展示会後のメールということもあり、長く書かれた文章を見るのは疲れてしまいます。 展示会で、ある程度の自社紹介や商品説明ができているのであれば、必要のない情報は避け、あくまでお礼メールだという事を考えて作成しましょう。 メールに記載する最低限の事柄としては、下記の「4.展示会のお礼メールの例文」を参考にしてください。 また、顧客になる可能性が高い来場者に送るメールに記載する「取引につなげるための内容」については、来場者が取引をしたくてもどうしたらいいのか、と困らないためにも、自社サイトへの誘導や申込フォーム、打ち合わせの候補日等、次につながる誘導を記載することを忘れないようにしましょう。 配信を希望する場合のリンクを添付する 全体の流れが定まった最後に、今後の自社での最新情報や同業界の商品動向等のメール配信を希望するかどうかのリンクを添付するのも良いでしょう。 現在は商品に興味がなくてもいずれ必要となった際や、商品に興味があっても新たな商品やその業界の商品動向等が気になる方にとっては、自分から調べなくてもメール配信をしてくれることに有難さを感じます。 お礼メールの最後に、自社ではメール配信をしていることや配信内容等の説明を簡潔に加え、配信を希望する場合のリンクを添付するのも良いでしょう。 展示会のお礼メールの例文 顧客になる可能性が高い場合 顧客になる可能性が高い来場者へ送るお礼メールの場合は、全企業への一斉送信ではなく個別に送っている、という事が伝わるような内容を作成するようにしましょう。 具体的には、自社ブースで受けた質問内容にまつわる話やブースで交わした会話を取り入れることがポイントです。 本日はお忙しい中、当社の展示ブースにお立ち寄りいただきましたこと、感謝申し上げます。 当社のブースでは下記商品のご案内をさせていただきました。 また、ご質問やご要望などがございましたら、このメールにご返信いただければと思います。 どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。 配信をご希望の場合は下記リンクよりお申し付けください。 本日はお忙しい中、当社の展示ブースにお立ち寄りいただきましたこと、感謝申し上げます。 当社のブースでは下記商品のご案内をさせていただきました。 貴社の今後のビジネスのお役に立てると幸いです。 何かお困りのことがありました際には、お気軽にご連絡くださいませ。 どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。 配信をご希望の場合は下記リンクよりお申し付けください。 良いご案内ができたとしても、お礼メールで印象を悪くしないよう、注意点やポイントを踏まえてお礼メールを送りましょう。 多くの企業が集まる展示会だからこそ、その中で埋もれないようにするために、メールを送るタイミングであったり、メールに記載する内容等が他企業とは違うということを印象付け、顧客獲得へのステップへとつなげましょう。

次の

来場 お礼 メール 英語

展示会 お礼 メール

日本の展示会と欧米の展示会の違いは「桃クリ3年、柿8年・・・」だった。 意思決定プロセスの違いや、展示会後のフォローで良く間違えるポイントをノヤン先生が解説します。 日本ではイベントシーズンの真最中じゃの。 マーケティング担当者は展示会の準備と、収集したを使ったフォローキャンペーンの仕込みで大忙しじゃろうな。 そこで今日は、この展示会のフォローで良く間違えるポイントの話をしようかの。 ワシは、「展示会に来場した人に一刻も早く電話をして訪問するべき」という考え方は必ずしも正しくないと考えておるんじゃよ。 もちろん熱心さをアピールするなら効果的じゃろうし、中にはニーズが顕在化していて、もう競合に発注する寸前、という場合もゼロでは無いじゃろから、まったく無駄とは言わんのじゃが、多くの場合、むしろ逆効果になると考えておるんじゃ。 その理由を説明する前に、日本の展示会と欧米の展示会の違いを説明しようかの。 見た目は同じに見えても、この両者はビジネスでの役割や来場者の層がまったく違うんじゃ。 欧米はラスベガスやオーランドなど大都市圏から離れた場所で開催される事でも判るように、キーパーソンが飛行機でやってきて宿泊してじっくり商談するというスタイルなんじゃ。 じゃからリードの獲得数などは日本のような数にはならんし、ブースもキーパーソンとベンダーの幹部が商談するように応接を主体として設計されておるんじゃよ。 でも日本の場合はキーパーソンではなくて、もっと職位の低い階層が来場者の主力なんじゃ。 主催者の来場者分析レポートが嘘だと言っている訳ではないんじゃ。 でもあの円グラフにある「役員クラス」という来場者の多くは出展企業の人なんじゃよ。 それに来場者の多くは日帰りで、それも展示会場の滞留時間は4時間前後、つまり10時に来た人は1時頃に、午後に来た人は最後(5〜6時)までという感じが多いんじゃな。 しかもその時間内に回るブースの数は平均で28〜32社、多い場合には40社近くにもなるんじゃ。 滞留時間から会場内の移動時間を引いて、訪問するブースの数で割り算をすれば1社のブースでの平均滞在は5〜8分となるんじゃ。 商談が出来る時間では無いんじゃよ。 じゃから、外資系企業で、本社からマーケティング部門の幹部が日本の展示会に来ると、こんな展示会に出展する意味は無い、と判断してしまうこともあるんじゃよ。 でも、それはちょっと違うんじゃ。 日本と欧米では意思決定のプロセスが違うからの。 購入や調達の意思決定を部門のトップダウンで行う欧米とは異なり、日本では低い職位の人が情報を収集し、それを上に上げて、社内ネゴを繰り返しながらやがて担当部署が稟議書を起案し、ハンコを並べる、という独特のプロセスなんじゃ。 じゃから余程特殊な商材でもない限り、エグゼクティブだけを集めたカンファレンスは却って賀詞交換会のようになって商談化にはならないものなんじゃよ。 そこで、フォローが問題なんじゃ。 冒頭の全件コールを何故推奨しないのかの説明なんじゃが、駆け足で30〜40社のブースを周り、資料やノベルティを持って帰った人は、例えて言えばバイキングレストランで食事をしてお腹一杯の人なんじゃよ。 その人の前にどんなに美味しい料理を出しても食べられるわけが無いんじゃよ。 やはり消化して整理する時間が必要なんじゃ。 そこにしつこく料理を勧められたら不愉快にしかならんじゃろ?それがワシが展示会直後に収集した名刺全件にフォローコールをするのをお勧めしない理由なんじゃ。 さらに言えば、お礼メールもその効果に疑問があるばかりか、良く考えずに配信すると大きな危険が在るんじゃよ。 展示会に出展するクライアント企業と、ブース来場者へのフォロープランを検討している時に「お礼メールを出すのを止めましょう」と提案すると、多くの場合怪訝な顔をされるんじゃ。 それ程、日本では展示会に出展したらお礼メールを出すことは決まりごとのようになっているんじゃな。 ワシは長年、顧客データとそこに飛び交う情報のトラフィックを見てきたから判るんじゃが、大規模な展示会が在った1週間後からはBtoBのネットの中はまるでサンゴ礁の産卵のような状態なんじゃよ。 1000社近い出展企業が来場者に一斉にお礼メールの配信を始めるからの。 これは、多くの出展企業が収集した名刺やアンケートを先を争うようにデジタル化し、1時間でも早くお礼メールを配信しようとしているからなんじゃ。 デジタル化に掛かる時間はだいたい同じじゃからの。 そして、これが大量の「配信拒否」を生み出すんじゃよ。 その一方で、こうしたメルマガ配信1回の配信拒否率は総配信数に対して通常0. 300人に拒否されれば少なくとも300万円が一瞬で無価値になった計算になるんじゃよ。 ところで何故お礼メールの配信拒否率がそんなに跳ね上がるのかの?サンゴ礁の産卵のように数百万通のお礼メールが一斉配信された時、来場者のメールアドレスにこの中から山のようにお礼メールが届くことになるんじゃ。 そしてどれも同じような「来場お礼メール」にうんざりした人は開封しないか、開封してどんどん配信拒否をするんじゃな。 ちょっと考えてみて欲しいんじゃが、もしあなたが展示会に行って20〜30社のブースを回ったとして、それらの会社から来場お礼メールが来ないからといって「なんて礼儀を知らない会社だ!」などと怒るじゃろうかの?ワシはそんな人に会ったことがないんじゃ。 つまりこのお礼メールはほとんどの場合何の意味も無いんじゃ。 ただ展示会を担当した人の「仕事の一区切り」という程度の意味しかないんじゃよ。 そして、そうやって不用意に配信したお礼メールが実は数百万円の損失を招いている事に気がついている企業は少ないんじゃ。 展示会で収集した名刺やアンケートは、それ自体がすぐに案件になるケースは少ないんじゃ。 つまり3000枚の名刺を収集して良い案件が30件も出たら奇跡のような話だと言う事じゃな。 でも、すぐに案件にならなかった名刺データは貴重なビジネスのシーズ(種)なんじゃ。 もちろんこの「種」は、季節を待ってよく耕された畑に蒔かれ、水と陽光をいっぱいに浴びながら大切に育成され、間引きされ、肥料を与えられ、雑草を取り除かれ、消毒され、ようやく秋に収穫されるまでは食べることは出来ないんじゃ。 今月すぐに注文書が欲しい営業パーソンの役にはあまり立たないんじゃ。 市場や製品によっても違いは在るんじゃが、のクライアントで見ると、展示会で収集したリストから安定して有望な見込み客を抽出するのに12ヶ月〜18ヶ月掛かるんじゃ。 これがに必要な時間じゃな。 そしてその有望見込み客を訪問して案件化してから受注が確定するまでにさらに12ヶ月から24ヶ月掛かるんじゃ。 つまり展示会から受注まで3年近く掛かる訳じゃな。 でも、育つのが遅いからといって悪い種ではないじゃろ。 ワシの生まれた森では昔から「桃クリ3年、柿8年、梨の馬鹿めは18年」と言う諺があるが、あんな感じじゃな。 BtoBの高額商材はまさに「梨」のような存在なんじゃ。 だからこそ、目的も無い「お礼メール」を不用意に配信して「貴重な種」を大量に失うことのないように注意して欲しいと願っておるんじゃよ。 ・・・・・・・.

次の