ソフトバンク ltv。 ソフトバンクGの社債買入れ”魅力なし”

福岡ソフトバンクホークス

ソフトバンク ltv

2019年5月9日、ソフトバンクグループ株式会社 2019年3月期 決算説明会が開催されました。 登壇した代表取締役会長 兼 社長の孫正義は、ひとつのグラフを示したうえで「これがソフトバンクグループの株主価値であり、インターネットトラフィックの規模と比例しています」と触れてから、今後ソフトバンクグループの株主価値を増やしていく成長エンジンと位置付けるソフトバンク・ビジョン・ファンド(以下、「SVF」)を中心に、2018年度の業績ハイライトや財政方針、今後の成長戦略などについての説明を行いました。 営業利益81%増、当期純利益 3期連続1兆円超 業績ハイライトは、売上高 9兆6,022億円(前年比5%増)、営業利益2兆3,539億円(前年比81%増)、当期純利益 1兆4,112億円(前年比36%増)。 孫は「3期連続で純利益が1兆円を超えた」と述べました。 これは2年前に『SoftBank 2. 0』として、新しく投資会社へと移行したときから変わりません」と自身の経営姿勢を改めて説明。 株主価値の表す計算式の数字はシンプルにこの3つしかありません。 また、LTV(Loan to Value:資産価値に対する負債比率)が16%であることから、現在の経営状況はでき過ぎなぐらい健全な状態です。 今後もLTVは25%未満で運営していきたい」と説明しました。 株主価値を最も増やす成長エンジンはSVF 次に株主へのSVFの貢献について、「ソフトバンクグループの株主に直接帰属する利益と成果報酬を合わせて(利回りは)62%に達しています。 そして株主価値を最も増やす成長エンジンがSVFです。 SVFには3つの特長があり、AIに特化していること、ユニコーンへの投資に特化していること、それによりシナジーを創出しやすいこと」と説明。 そして、さまざまな投資ファンドと比較したSVFの好成績ぶりについても強調しました。 さらに、AI事業を行っている新たな投資先として、AIを活用した中国最大級の中古車取引プラットフォームを運営するGuaziと、AIによる総合血液生体検査サービスを手掛ける米国のGuardant Healthについても触れました。 AIの高精度な推論は、事業の需要を予測し最適な供給をもたらす。 推論を高めるのはIoTで集積したさまざまなデータ。 IoTに不可欠なArmのチップによって通信が進化し、地球上のさまざまなことがリアルタイムでわかる時代がくる」とし、AIが事業に決定的な違いを与えると結論づけました。 二次曲線で株主価値を上げていくためのAI起業家集団 最後に、孫はSVF 2の設立を近日発表予定と言及し、規模、時期は確定後発表するとし「SVFは私の情熱の97%を占める」と説明。 さらに、「過去25年間でインターネット産業の時価総額の合計は1,000倍になった。 世界の時価総額トップ10社のうち7社はインターネットカンパニーである。 今まではインターネットトラフィックに比例して時価総額を伸ばしてきたが、今後はAIを伴うデータトラフィックに比例して伸びていく。

次の

[投資家必見]LTVとは?信用取引に使う私の具体的な方法を伝授します!

ソフトバンク ltv

「 LTV」と略される用語としては「 Life Time Vlalue」があり、これはマーケティング用語。 日本語では「 顧客生涯価値」と訳されます。 投資の世界で使われる「 Loan To Value」も略して「LTV」ですが、こちらは日本語では「 有利子負債比率」です。 総資産に占める借入金 つまり借金 の割合のことです。 社債・借入金など有利子負債の総額を資産価値で割って求めます。 最近では、不動産を基にした J-REITが投資先として人気ですが、不動産を入手する際に借入金を充てることが多いことから、どのくらい借入金で賄われているのかを判断するのにLTVを用います。 また、この有利子負債比率を示すLTVは投資先企業が安全かどうかを判断する際に使うこともできます。 有利子負債をその企業の資産価値で割れば、その企業の価値に占める借金の割合を出すことができます。 もしその企業の価値の多くが借金でできているとすれば、それは危ないと考えられますよね。 ソフトバンクGの孫正義社長は「純有利子負債を保有株式価値で割ったLTV」を一つの経営指標としているそうです。 柏ケミカル@dcp.

次の

ソフトバンクG決算解説~1兆4381億円の史上最大の赤字転落

ソフトバンク ltv

短期間のP/LよりもLTVの最大化を追求する 27歳でソフトバンク〔株〕の社長室長に就任し、孫正義氏のもとで「ナスダック・ジャパン市場開設」「〔株〕日本債券信用銀行(現・〔株〕あおぞら銀行)買収案件」「Yahoo! BB事業」などにプロジェクト・マネージャーとして関わった三木雄信氏は、孫氏は創業当時からずっと「SQM思考」で行動してきたと言う。 SQMとはSocial Quality Management、つまり、社会全体で供給者と需要者をつなぎ、必要なものを必要なときに必要なだけ供給すること。 ソフトバンクグループが多額の借金をし、時にはあえて赤字を出すのも、SQM思考をしているからだ。 借金できるのも実力のうち 日本人は「借金」という言葉が大嫌いです。 「お金を借りること=悪いこと」という価値観が根付いているのでしょう。 確かにひと昔前は、自前でコツコツお金を貯めるのが最も確実で安全だったかもしれません。 しかし、孫社長の考えは正反対です。 「お金を貸してくれるということは、ソフトバンクという会社の価値を認めてくれている証拠。 だから借金できるのも実力のうちなのだ」 つまり借金は、マイナスを背負うどころか、企業価値の証明になる素晴らしいことなのだ。 そう孫社長は考えているわけです。 今は世の中の「人・もの・金」を必要なときに必要なだけ調達できる時代です。 そして調達に必要なのは事業アイデアだけ。 以前は土地や建物を担保にしなければ借りられなかったお金が、発想一つで手に入るのです。 孫社長なら、「借金しないなんて損じゃないか!」と言うでしょう。 「お金は天から降ってくる」 「お金は天から降ってくる」 これは孫社長がよく口にしていた言葉です。 事業アイデアが次々と湧いてくる孫社長にとって、これは冗談ではなく実感だったのではないでしょうか。 おかげでソフトバンクグループは、いまや日本有数の「借金王」です。 2018年12月に東洋経済新報社が発表した「借金の多い企業トップ500」でも、4年連続で堂々の1位に輝きました。 その額は、前年の12. 6兆円からさらに膨らみ、13. 7兆円に到達。 米国の携帯電話会社のスプリントや英国の半導体設計大手ARMを買収したことが巨額負債の原因だと報じられています。 ARMの買収だけで約3兆3,000億円を投じたのですから、負債額が膨らむのも当然です。 これを読んだ人は「そんなに借金してソフトバンクは大丈夫なのか?」と思うかもしれませんが、もし孫社長がこの記事を読んだら、「どうだ、ソフトバンクはすごいだろう?」と鼻高々で自慢するはずです。 ソフトバンクに実力がなければ、これだけのお金を借りられるはずがありません。 しかも借金して買収したのは、スプリントやARMという巨大企業。 特に後者は、「世界中のスマートフォン端末の97%はARMが設計したチップを搭載している」とされるほどの圧倒的シェアを誇ります。 今後IoTが拡大し、あらゆるものにチップが搭載されるようになれば、ARMは半導体設計の世界でほぼ一強の勝ち組になるのは間違いありません。 それはつまり、買収したソフトバンクが世界的な勝ち組になるという意味でもあります。 借金の額が大きくても、そのお金を投資して得られるリターンが借金の額をはるかに超えるものならお得じゃないか。 これが孫社長の思考回路です。 「借金=悪」の思い込みから抜け出し、「自分たちの会社や事業の成長性を高めるための有効資源」とポジティブに捉えることが、これからの時代に勝てるビジネスを生み出すためには必須となるでしょう。 三木雄信 (みき・たけのぶ) トライオン〔株〕代表取締役社長 1972年、福岡県生まれ。 東京大学経済学部卒業。 三菱地所㈱を経て、ソフトバンク㈱に入社。 27歳で同社社長室長に就任。 孫正義氏の下で「Yahoo!BB事業」など担当する。 英会話は大の苦手だったが、ソフトバンク入社後に猛勉強。 仕事に必要な英語だけを集中的に学習する独自のやり方で「通訳なしで交渉ができるレベル」の英語をわずか1年でマスター。 2006年にはジャパン・フラッグシップ・プロジェクト㈱を設立し、同社代表取締役社長に就任。 同年、子会社のトライオン㈱を設立し、2013年に英会話スクール事業に進出。 2015年にはコーチング英会話『TORAIZ(トライズ)』を開始し、日本の英語教育を抜本的に変えていくことを目指している。 2017年1月には、『海外経験ゼロでも仕事が忙しくでも 英語は1年でマスターできる』(PHPビジネス新書)を上梓。 近著に『孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術』 PHP研究所 がある。 三木雄信著(トライオン代表取締役) 発売日: 2019年08月27日 「どうすれば新しいビジネスのアイデアや事業プランを思いつきますか?」 ソフトバンク社長室長時代、孫正義社長のもとでいくつもの新規事業の立ち上げに携わった著者は、こうした質問を最近よく受けるという。 そこで本書の第1章では、新規事業のアイデアやプランを作り出すための切り口として、社会全体の「ムリ・ムダ・ムラ」を見つけ、それをなくすことを提案する。 著者は、こうした考え方を「SQM(Social Quality Management)」と名づけた。 これまで日本企業は、会社の中の「ムリ・ムダ・ムラ」を取り除き、徹底した効率化と品質管理のもとで優れたプロダクトを製造してきた。 その思考を「会社」から「社会」へ広げることで今の時代に求められる事業アイデアやプランが生み出せる、と著者はいう。 また、第2章では、「孫社長にとっての常識=SQM時代のビジネス新常識」を、7つの切り口で紹介。 THE21 購入.

次の