宝くじ 3000円 確率。 ドバイの宝くじは高確率で当たる!?景品・当選確率・値段・購入方法などまとめ

宝くじで100万円当たる確率を大真面目に計算してみた

宝くじ 3000円 確率

【この記事の目次】• 1等があたる確率は限りなくゼロ 宝くじには01組~100組まで100通りあり、1組あたり100000番~199999番まで10万通りあります。 この中に1等はただ1枚です。 つまり確率は1000万分の1、神奈川県民は約1000万人なので、神奈川県に住んでいる0歳以上の人が宝くじを1枚買うと1人だけ1等があたるのです。 それほど現実味がない確率、1000万分の1は数学的観点から見るとゼロとみなされるほど低い確率です。 1等は高嶺だったと思ったならば、100万円当たる確率を計算してみましょう。 100万円は各組共通で各1枚なので、1等があたる確率より100倍高いものの、10万分の1の確率になります。 宝くじを何枚も買ったら当たる確率があがるのではないかと思いますよね。 1枚よりも10枚の方が確かに当たる確率は上がりますが、1枚買ったときに確率が10万分の1の確率では、 1000枚(=30万円分)買って100万円が当たる確率はようやく1%になるのです。 100万円があったらどうしますか? 小さい頃「100万円もらったらどうする?」と聞かれたら、いろいろ妄想しませんでしたか?子どもの場合は100万円の使い道、「欲しいもの」がずらずらと出てきましたが、大人になると欲しいものよりも「必要なもの」を考えがちです。 その結果、圧倒的に多いのは 「何かあったときのために貯金する」です。 しかし近年は銀行の金利が低いということもあり、「預金する」と言っていた人たちの何割かが「ローン返済に充てる」「投資の資金にする」という選択をしているようです。 備えよりも増やすための選択にうつっているようですね。 住宅ローンに充当、つまり繰り上げ返済するという人はどの様な結果になるでしょうか。 3000万円、35年ローン(金利1. 0%)で計算してみます。 100万円はやめに返したからと言って、利息があるため総返済額が100万円減りません。 実際にシミュレートした結果から分かるように、100万円から39万円のお得と100万円の価値は明らかに激減しています。 100万円を活かすなら投資信託 投資信託はプロが運用するので株など金融商品の知識がない人でも気軽に始められ、株ほどリスクが低くできるという理由で人気です。 さらにいくつかのタイプに分散投資をすればさらにリスクを分散できます。 商品によって損益は大きく変わりますが、一般的に長期運用するほど利益が大きくなると言われています。

次の

宝くじの買い方。確率や期待値を考えてみての最も賢い買い方はコレ!

宝くじ 3000円 確率

でも、1000万円ほどとなると、だいぶハードルも下がって「これなら当たる可能性があるかもしれない」と思えるほどになってきます。 その中でもやっぱり「ジャンボ宝くじ」を買い続けている人も多いですよね。 では、1000万円以上の大台を当てるには、どの宝くじの種類が一番近道なのか? まずは宝くじの種類についてみていきますが、ジャンボ宝くじをはじめ• ジャンボ宝くじ• 通常宝くじ• ロト7• ロト6• ミニロト• ビンゴ5• ナンバーズ4• ナンバーズ3• 着せかえクーちゃん• スクラッチ このようになっています。 *totoはサッカーくじ(スポーツ振興くじ)なので今回の宝くじとは別扱いになります。 この中で1000万円以上の賞金を狙えるのは、 スポンサードリンク 1000万円が当たりやすいロト系の種類は? 1000万円を狙うのならロト系の ロト7と ロト6と ミニロトがあります。 ロト7(6億円)• ロト6(2億円)• ミニロト(1000万円) 賞金額は理論値ですが、キャリーオーバーが加わると• ロト7(最大10億円)• ロト6(最大6億円)• ミニロト(最大4000万円) こんなに高額の賞金のチャンスがあるので、ロトを購入するならキャリーオーバー時が狙い目ですね。 *ただしミニロトの場合は当選確率が高いため、キャリーオーバーは設定されていません。 そして当選確率は、• ただ、今回のテーマである 1000万円を狙うならミニロトですね。 ジャンボ宝くじやロトにも「2等1000万円」などの賞金が設定されていますが、その当選確率はミニロトに比べ低いです。 スポンサードリンク 1000万円を当てたい人のための宝くじ 基本的にはジャンボ宝くじやロト系に1000万円以上の当選の可能性がありますが 「億は狙わず1000万円を狙う!」 という部分に絞って狙うのなら、 1等賞金がピンポイントで1000万円で登場する宝くじもあります。 例えば、年末ジャンボプチは2016年に1等賞金額が1000万円でしたし、2018年でも1000万円に戻っています。 ただ、 ミニロトは1口200円で年末ジャンボプチは1枚300円という違いはありますけどね。 そういう意味でいうと「レインボーくじ」(第400回 地域医療等振興自治宝くじ)という宝くじが発売されましたが、これは1口100円で1等賞金が1000万円と設定されていました。 同じように賞金が1000万円でも宝くじによって条件が変わってきます。 今回の例でピックアップした宝くじで条件分けするなら、• 普段1000万円を狙うならミニロト• 特別な時に高確率で狙いたいなら年末ジャンボプチ• 気軽に参加してみたいならレインボーくじ こんなふうに選び分けることができるかもしれません。 こういった宝くじが1年の中でもたまに登場するので、見かけた時は一度チェックしてみてください。 スポンサードリンク ジャンボのミニは1000万円以上が当たりやすい? 1000万円以上を狙いたいとき、サマージャンボミニや年末ジャンボミニという宝くじを購入される方も多いんじゃないでしょうか。 最近はジャンボ宝くじが高額化の傾向にあり、それに伴って1000万円台などの当選確率が著しく減少しました。 しかし• 「当たる気がしない」• 「もっと賞金額を抑えてもいいから当たる宝くじが買いたい」 という声が6割近くもあることから、そのニーズにこたえるために生まれたのがジャンボ宝くじのミニです。 それも今ではすっかりと定着していますが、毎年毎回ミニの賞金額や当選確率は変動します。 以前は年末ジャンボミニも1等1億円の時代がありましたが、今では3000万円などに抑えられ、その代わりに他の等級の当選確率が上がったりなど、毎年変化を見せています。 毎年傾向は変わるので、当選金や本数はその都度チェックして下さい。

次の

宝くじの当選確率の一覧について紹介!くじの種類と確率まとめ

宝くじ 3000円 確率

この記事の目次• 年末ジャンボの売り出し枚数は5億枚。 一口300円なので、 総売上1500億円。 総当せん金額は749億9250万円、1枚あたりの期待値は149円です。 キャリーオーバー発生時、一等最大10億円「ロト7」 種類:数字選択式宝くじ 購入方法:1~37の37個の数字の中から、当選数字7個とボーナス数字2個を選択 1口:300円 1等の当選確率:1029万5472分の1 当選金額:最大10億円 キャリーオーバー発生時 こちらもキャリーオーバー発生時に当選金額が8億円から最大10億円に。 しかも2口購入すれば 20億円のチャンスもあります。 2等の見込み当選金額が1000万円ですが、口数によっては1億円ほどの当選金額になる可能性もあります。 一口200円で購入可能。 一等最大6億円「ロト6」 種類:数字選択式宝くじ 購入方法:1~43の43個の数字の中から、当選数字6個とボーナス数字1個を選ぶ 1口:200円 1等の当選確率:609万6454分の1 当選金額:最大6億円 キャリーオーバー発生時 1等当選金額2億円ですがキャリーオーバー発生時で最高6億円に。 ロト7に比べ、1口が200円と安い分、口数を多くできることもあり人気です。 また 2等4000万円というチャンスもあります。 当選確率は609万6454分の6なので、およそ100万分の1は高確率!? サッカーの試合結果で抽選!「BIGスポーツくじ」 種類:ランダム抽選式宝くじ 購入方法:指定されたサッカー14試合の試合結果をコンピューターがランダムに選択 1口:300円 1等の当選確率:478万2969分の1 当選金額:最大6億円 抽選の方法はサッカーの試合の結果を予測して当選orハズレが決まる。 以下の画像で仕組みが解説されているので見て頂けるとわかりやすいかと。 サッカーに詳しいかどうかは関係なく、コンピュータに運を任せて祈るのみです。 14試合全的中で6億円のチャンスもありますが、1試合外すと250万円、2試合外すと4万円程度になります。 一か八かのギャンブルが好きな方にオススメです。 これまでの1等当選金額の平均は約3000万円とやや低めです。 当然予想しやすいカードは当たりやすいですが、配当金も低いです。 ポイントは引き分けの数になります。 Jリーグに詳しい人は挑戦してみる価値ありです。 また「totoスポーツくじ」と、先ほどご紹介した「BIGスポーツくじ」を購入する際は「Club toto」の会員になっておくことをお勧めします!• 24時間いつでも購入可能• 試合開始10分前まで宝くじの購入がOK• パソコン・スマホから購入可能• 当選金は口座へ自動振込• 買う度にお得なポイントプログラム などなど、様々な特典もあるため会員登録をしておくと、とても便利ですよ! 4桁の数字を選ぶだけで100万円「ナンバーズ4」 種類:数字選択式宝くじ 購入方法:0000から9999までの中から好きな4ケタの数字を選ぶ。 1口:200円 当選確率:1万分の1 当選金額:約100万円 数字選択式宝くじの定番といえばナンバーズ4です。 シンプルで分かりやすいので、数々の予想屋や予想サイトがあります。 人が買わない数字を買うことが唯一の攻略法と言われていて、 例えば誕生日などは口数が多く、当せん金額が減る可能性が高いです。 宝くじ初心者におすすめ「ナンバーズ3」 種類:数字選択式宝くじ 購入方法:000から999までの中から好きな3ケタの数字を選ぶ。 1口:200円 当選確率:1000分の1 当選金額:約10万円 コンピューターが選ぶ クイックピック が意外と当選したり、当たった場合の当選金額が良かったりします。 かなり攻略本や予想サイトが立てられていることもあって情報が出回り、 購入者の数字が偏っている可能性があります。 では、当たりやすい宝くじは一体どれか? ここまで様々な宝くじの詳細データを追って紹介してきましたが、結局のところどの宝くじが一番当選しやすいのでしょうか? その前にいくつか当たりやすくなるためのポイントがあるのでお伝えします。 一等当選の期待値で考える 当たりやすい宝くじを決めると時に「1等の期待値」で決めることが多いです。 ですが、1等の期待値だけで判断するのは難があります。 なぜなら、ジャンボ宝くじの1等の期待値はおそろしく低いが、ジャンボ宝くじには1等前後賞や2等もあり、それぞれ1億5000万円や1000万円という当選金額もあるからです。 なので、いくらの当選金額を狙うかによって購入する宝くじを変えていく方がいいです。 当選金額別で1等当選の期待値を分析 10億円を当てたい人 ロト7 キャリーオーバーの発生時 当選確率:1029万5472分の1 6億円を当てたい人 BIG 当選確率:478万2969分の1 2億円〜3000万円を当てたい人 toto 当選確率:160万分の1 1000万円を当てたい人 ミニロト 当選確率:16万9911分の1 100万円を当てたい人 ナンバーズ4 当選確率:1万分の1 10万円を当てたい人 ナンバーズ3 当選確率:1000分の1 結論、当たりやすい宝くじとは? 宝くじは売上配当率によって、当選確率が変わっていきます。 自分が当てたい金額の当選確率が、他の宝くじと比べて高いか低いかを事前にしっかり見極めることが大切です。 より高い確率の宝くじ・種類・時期 キャリーオーバー発生時 を選び、当選確率が一番高い宝くじを購入することが本当の意味での当たりやすい宝くじであり、宝くじの攻略方法です。

次の