武田薬品工業 株価。 武田薬品工業 (4502) : 株価/予想・目標株価 [TPC]

とにかく高配当の日本株だが..!武田薬品工業(4502)の株価を分析

武田薬品工業 株価

気になる日本株を分析・予測するコーナー。 ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。 今回は武田薬品工業【4502】の株価を分析。 そして今後を予想していきます。 武田薬品工業とはどんな会社? 武田薬品工業は、国内外で医療用医薬品およびビタミン剤などのヘルスケア製品、ポリウレタンなどの化学製品の開発および製造、販売に従事しています。 米国や欧州、アジアの関連会社および子会社を拠点に研究開発を進め、現地での販売を促進しています。 食品、農薬、環境汚染診断薬などの生活環境製品の製造や販売にも注力しています。 アステラス製薬、第一三共、大塚ホールディングス、エーザイと並び国内5大医薬品メーカーの一つです。 大型薬特許切れによる業績低調からの再生を目指して、08年に米ミレニアム社、11年にスイス・ナイコメッド社、16年に米アリアド社など大型買収をしています。 消化器系、中枢神経系、がんなどに研究開発を絞込み、米国に重点シフトなど研究開発の改革も推進しています。 そして、18年に希少疾患薬で世界首位の欧州製薬大手シャイアー社の巨額買収で基本合意しました。 現在の株価は? 現在の株価は3,766円前後です。 取引単位は100株なので、37万円程度で武田薬品工業の株を所有することが可能です。 37万円、、高いですね。 日本株もアメリカ株のように少額から買えるようになるといいのですが(ちなみにアメリカ株は1株から購入できます) PER(株価収益率)は132. 55倍です。 100倍超えています。 かなりの割高ですね。 配当利回りは4. 日本株としてはかなりの高配当の部類です。 この点はすごく魅力的ですね。 武田薬品の過去の長期のチャート 最高値は2006年。 日本の多くの大企業が超えられない1989年のバブル最高値をしっかり超えている点は評価できます。 ただ、その後2006年の高値から現在は半分以上下落してしまっています。 長期投資が報われていません。 ちなみに直近1年のチャートはこちら やはりコロナショックの影響が大きいです。 滝のように下げ、一時は3,000円を割れました。 しかしその後は反発。 ただ、再び直近は下を向いています。 武田薬品工業の売上高は? 横ばいです。 ただ、直近はグンと伸びています。 武田薬品工業のEPS(1株当たりの利益)の推移です。 うーん、よくないですね。 FY2018をピークに下げています。 BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。 うーん、なんともいえません。 長期投資の理想とするキレイな右肩上がりではありません。 ROE(株主資本利益率)の推移 直近のROE(株主資本利益率)は0. 94%です。 かなり低いですね。 この点は、典型的な日本の大企業です。 投資をする上ではマイナスポイントです。 最後に、流動比率は1. 13倍。 こちらは1倍を超えているので問題ありません。 武田薬品工業の今後をまとめると。 配当利回りは良いのですが、他の数字はあまりいいとはいえませんでした。 これでは株価がいくら下がっても買いたいとは思えません。 さらに個人的に製薬と航空業界には極力手を出したくないとの自分のルールもあり、より投資には消極的にならざるを得ません。 個人的には無理して買う銘柄でもないとの結論です。 「今後の日本の製薬会社はどうなっていくのか?」という問題について、以前経営コンサルタントの小宮一慶氏は以下のように語っています。 これまでは安定的に業績を伸ばしてきた製薬会社ですが、今後は激変する可能性もあるということです。 そこで、どのような戦略をとっていくのか。 武田薬品のように海外に活路を見出すという手もあります。 そして、日本の薬品は品質も信頼性も高いですから、新興国市場を開拓していける可能性は十分あるでしょう。 ただし日本国内では、医療費は増えていく一方で、医薬品の単価は下げざるを得なくなってきます。 後発品への依存も高めざるを得ません。 こうした状況を踏まえ、各社がどのように動いていくのかという点に、私は注目しています。 医薬品、当たればデカイのですがその背後にはどうしてもハイリスクという面も見え隠れする銘柄だと思います。 【ちょこっと宣伝】追記 今井バフェット、株を1,200万円分買いました。 今回のコロナショック、ご存知のように多くの銘柄が下げています。 2017年11月から投資ブログをピタッと止めていた私。 それは他ならぬ「株価が高水準だった」からです。 バフェットはこう言いました。 「賢い人たちは、チャンスが訪れたときに大きく賭けます。 オッズが有利なときは大きく賭けるのです。 しかし、そうでないときは賭けません。 ただそれだけです。 」 現在でも50万PVをこえるこのシェアブログですが、その間に多くの日本株やアメリカ株の投資ブログが生まれました。 そして今回の下落。 優良銘柄が適切な評価をされておらず、「お宝がザクザク」しています。 紛れもなく10年に一度のチャンスです。 そんな中、私も投資を再び再開しました。 貯金1,400万円のうち、ある一つの日本株に1,200万円以上を投資しました。 多くのお宝銘柄の中で、さらに埋もれている「これはものすごい!」と感じた銘柄があったからです。 これまで何百と日本株を分析した私が、身銭を切って一気に投資しました。 今回のコロナショックで資産の80%以上を投じた銘柄とは? 今井バフェットはいったい何に一気に勝負をかけたのか? 理由とともに売買履歴や今後の売買戦略なども詳細に述べています(適宜更新予定です) もし気になる方はコチラを見て下さい。 ちなみに有料ですが、途中まではタダで読めます。 (追記:すでにお買い上げ頂いた方ありがとうございました。 ) 上記の有料記事を買わずとも、シェアブログでは現在のコロナショックを千載一遇のチャンスととらえ、多くの日本株分析をしていくつもりです。 アフィリエイト狙いのビットコイン取引所や貸付ファンド、太陽光ファンドなどは一切勧めないつもりです。 (一般的に多くのブロガーはこういった報酬の高い商品を勧めて、実際に読者がクリックして購入することで一人あたり1万円〜5万円の利益を得られます。 その利益のために自らの信念を曲げて本当はおすすめしない商品を勧めているケースも多々見られます) このブログでは、あくまで「適切に評価されていない超優良企業をなるべく格安で買う」ことを主眼に記事を書いております。 莫大な富を築いたネイサン・ロスチャイルドは言いました 「街のあちこちで、通りが血に染まっている時こそ、空前未曾有の大チャンスなのだ」 今回の暴落で大切なのは飲み込まれず、冷静に状況を分析して行動することです。 ぜひこの状況を一緒に乗り越えましょう。 株式に長期投資をしている36歳。 節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。 年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。 投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。 一度買ったらずーっと売らないつもり。 評価損は気にせず長期で投資していきます 今までに投資をした総金額。 アーカイブ• 109• 102•

次の

とにかく高配当の日本株だが..!武田薬品工業(4502)の株価を分析

武田薬品工業 株価

緑の習慣• ロックミンゴールド• ロゼレム• レルゴリクス• レミニール• ルビーナ• リュープリン• ユニシア• メタクト• マイティア• ボラギノール• ベンザブロック• ベルケイド• ベクティビックス• ベイスン• プレバシド• ブロプレス• フローミンエース• フレア フレグランス• フェリア• ビオフェルミン• ハイシー• ネシーナ• ニンラーロ• ニコレット• タケプロン• タケキャブ• スプリエホワイトEC• ストレージ• スコルバ• シャンラブ• クリストフ・ウェバー• クリア• オスバンウォッシュ• エンティビオ• アログリプチン• アリナミン• アジルバ• アクトス• アクテージ• 武田薬品工業のみんかぶ目標株価は「5,030円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】 理論株価 4,422円 、証券アナリストによる予想では【買い】 予想株価 5,401円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 5,015円 と判断されています。 武田薬品工業は、【医療・医薬品、バイオ抗がん剤、医薬品関連】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

IR 情報 株主・投資家の皆様へ | 武田薬品グローバルサイト

武田薬品工業 株価

今回の記事の内容 ・武田薬品の株価が下落|武田薬品工業(4502)の株価の状況は? ・武田薬品の配当と株主優待は?減配リスクは? ・武田薬品の株価の推移(チャート)はどうなる? ・武田薬品の株は売り時?株価は上がる?今後の株価の予想は? 武田薬品工業の株価に関して以下のツイートをしました。 高配当銘柄として人気の武田薬品工業。 シャイアーの7兆円買収で財務状況が悪化しており2018年の1年だけで株価が45%以上下落! 配当利回り4. 78%も、配当性向100%を超える状況が続いており減配する可能性も十分にありえます。 武田薬品への投資は、巨額買収の効果を見極めてからでも遅くないです。 シャイアーの7兆円買収で財務状況が悪化しており2018年の1年だけで株価が45%以上下落! 配当利回り4. 78%も、配当性向100%を超える状況が続いており減配する可能性も十分にありえます。 武田薬品への投資は、巨額買収の効果を見極めてからでも遅くないです。 自分は、投資歴20年を超えており日本株を中心に 1,000万円以上の資産を運用しています。 今回は、これらの経験も踏まえて記事を書きました。 武田薬品工業の株価データ• 株 価: 3760円• P E R : — 倍(予想)• P B R : 1. 20倍(実績)• R O E : — %(予想)• 配当利回り:4. 78% 株価の指標に関しては、シャイアー買収などに伴い2019年度の業績が赤字予想のためPERが算出できない状況。 にもかかわらず配当利回りが何と4. 日本企業の中では間違いなく高配当の水準です。 ちなみに同業他者のPERは、• アステラス製薬:15. 第一三共:58. エーザイ:22. 0倍 となっていて、あまり方向感がないですね。 製薬会社は新薬の開発や薬価の改定などで売り上げや利益が変動しやすいので、PERは参考にならないですね。 武田薬品の配当実績は?減配リスクは? 続いて配当実績を見ていきますね。 以下が武田薬品の配当金の実績です。 年度 一株配当 2015年 180円 2016年 180円 2017年 180円 2018年 180円 2019年 180円 配当利回りは高いものの、配当金自体は全く増えてないですね。 実は2009年からずっーと180円で一定です。 2015年は赤字、2016年以降も配当性向は75%〜180%と極めて高いですよね。 利益以上に配当金を出しているという状態に陥っているということです。 普通の会社であれば減配や無配になってもおかしくないレベル。 しかし配当金は減らさないというのが武田薬品の方針のようです。 配当性向を踏まえると、 武田薬品は減配リスクは極めて高い銘柄であるといえるでしょう。 武田薬品の株主優待は? 減配のリスクはあるものの高配当銘柄である武田薬品。 株主優待はどうなっているのでしょうか? やはり自社サービスや商品の優待が改悪されるリスクが少なくて良いですよね。 関連記事: しかし現在のところ、 武田薬品は 株主優待を実施していません。 残念です…。 ただ、全ての株主に対して武田薬品オリジナルカレンダーが送付されます。 何ももらえないよりはマシですが、株主還元は配当金を中心に行うということなのでしょう。 武田薬品の株価の推移(チャート)は?10年&短期チャート 続いてチャートを確認していきましょう。 日本の医薬品業界で売上高No. 1の武田薬品ですが、これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか? ここでは過去10年の長期チャートと短期チャートを見ていきます。 武田薬品の長期チャート 以下は過去10年のチャートです。 最近の株価急落もあり、この10年で株価はほとんど上がっていないですね。 2012年ごろに3200円程度だった株価が、アベノミクスもあり2015年ごろに6200円を超える水準まで上昇していますね。 3年で株価2倍程度ですから配当金も考えると十分すぎるパフォーマンスですね。 その後は、2018年にかけて4500円〜6500円程度で株価は推移しているのがわかります。 武田薬品の2年チャート 以下が直近2年間のチャートです。 2017年末ごろまで順調に株価が上昇してきましたが、2018年に入って 短期的には結構大きく株価が下落しています。 ・ 1月12日:6693円 ・12月21日:3498円 となっていて3000円以上も下落していますね。 1年間で 45%以上の下落ですから短期的には調整局面に入ったといえますね。 チャート的には4000円の節目を明確に割ってしまったこともあり、一段安の可能性が高いといえます。 日本の医薬品業界で売上No. 1の武田薬品。 ここまで株価が下落するのはどうしてなんですかね? 次に武田薬品の業績を見ていきます。 クイックに見ていきます。 2018年以降の業績が悪化 過去5年の売上高、営業利益、純利益の推移は以下のとおり(単位:億円)。 2014年に赤字決算となって以降、売上高・利益ともに順調に伸びてきました。 しかし、2018年度および2019年度(予想)の利益が大幅に落ち込んでいるのがわかりますね。 この数字を見せられると、武田薬品に投資する意欲が失せますね。 シャイアーの巨額買収 武田薬品の今後の業績が不透明な最大の要因は、アイルランドの製薬大手シャイアーを約7兆円で買収したことですね。 このシャイアーの買収により、 武田薬品の売上高は3兆円を超え、世界の売上高ランキングも19位から一気に8位に躍り出る見込み。 しかし、買収にともなう有利子負債は借入金を含め何と 5兆4520億円に膨らむ見通しで、財務状況が一気に悪化しますね。 創業家の武田国男元社長が「リスクが大きい」として買収反対の意思を示したことも報道されました。 買収により武田薬品の財務状況が悪化し、今後の業績が不透明であることも株価が下落する一つの要因となっていますね。 参考記事:(日経新聞) 株価が下落している武田薬品。 株は買い時? 将来の業績不安もあり株価が下落している武田薬品。 株は買い時でしょうか? 個人的な好みも入っていますが、武田薬品の株は様子見と考えています。 なので、しばらく 武田薬品の株価は停滞すると予想します。 創業家との関係もあり減配できないのでしょうが、武田薬品は巨額買収で財務状況が悪化しているにもかかわらず高い配当金を維持する方針。 しかし配当性向は100%を超える水準が定常化していますよね。 いつ減配があってもおかしくないレベルです。 さらに武田薬品はオプジーボのような新薬の開発に長年成功していません。 小野薬品がオプジーボの開発で大幅に業績を向上させたのとは対象的ですね。 参考記事: 今回の買収もシャイアーの高い収益力や研究開発能力を期待したもの。 7兆円規模の巨額買収が効果をあげるかどうかが、株価上昇の鍵を握っているのは間違いないですが、見極めにはもう少し時間がかかりますね。 チャート的にも支持線となっていた4000円を明確に割り込みましたから、下落傾向は続くと予想されます。 なので武田薬品株の購入はもう少し様子を見た方が良いと考えます。 「武田薬品の株価」まとめ 今回は武田薬品工業の株価が下落ということで、株価の推移、配当実績や株主優待、今後の株は売りかなどについて述べてきました。 日本の医薬品業界では売上No1の武田薬品。 しかし、オプジーボのようなヒット商品を開発できず、低収益に苦しんできました。 シャイアーの巨額買収も、このような状況を打破するために財務状況が大幅に悪化するにもかかわらず踏み切ったものと考えられます。 この買収によるシナジー効果が出るのはしばらく時間がかかります。 武田薬品の株を購入するのは、この効果を見極めてからでも遅くないと考えます。 それでは。 おすすめ記事です。 Tポイントによる投資を売りにしたSBIネオモバイル証券。 ネオモバなら武田薬品も1株単位で投資可能。 資金が少なくても購入できるんです!詳細は以下の記事にまとめてます。 失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えません。 少額からリスク控えめに投資したいなら、で1株から少額投資を活用すると良いです。 ネオモバなら 格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。 ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。 しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、 信頼感もあり安心して利用することができます。 詳細は以下をクリック!.

次の