謹啓 敬具。 「拝啓」「敬具」と「記」「以上」の正しい使い方

【拝啓・敬具・挨拶文の書き方や位置は?】ビジネスでの手紙の書き方

謹啓 敬具

確かに、「拝啓・敬具」はメールなどで簡易的にコミュニケーションがとれる現代のビジネスシーンでは、以前より使われるケースは少なくなってきていると感じます。 そのため、若い方やあまり外部とコミュニケーションをとらない職種の方であれば、入社後数年にわたって「一度も使ったことが無い」ということもあるでしょうね。 しかし、全く使われないというわけでもありません。 対外的なビジネス文書では、いまもこういった頭語・結語を入れるのが当然のマナーです。 特に役職が上がるにつれて、文書でのやり取りが増えます。 いくら仕事で成果を出してしかるべき立場になったとしても、このような当たり前のマナーがなっていないと、いざというときに使えないと大きな恥をかきます。 (余談ですが、以前若くして部長に昇進した方が、名刺交換ができないという場面に出くわしたこともあります。 ) 覚えるべきは「拝啓-敬具」「謹啓-敬白」の使い分けくらいですから、今後のためにも今のうちにしっかりと身に着けておいてほしいですね。 拝啓の意味は「おじぎ」 拝啓・敬具のより丁寧な表現として「謹啓」や「敬白」があります。 「敬白」という単語を使う場合、拝啓より丁寧な「謹啓」と結ぶことが一般的です。 ただ何となく敬具を使っていた人も、この違いを理解して使い分けられると良いでしょう。 「前略」や「早々」はビジネスでは使用しない 手紙で使う挨拶の言葉に、「前略」や「草々」のような表現もあります。 これは、「拝啓」「敬具」と同じ意味ではありません。 「前略」は「取り急ぎ用件から入ります」の意味、「草々」は「粗略な様子」の意味があります。 時候の挨拶や感謝の言葉を書くことが面倒であるため、普段使いの手紙やはがきの書き方として一般化したのが、「前略-草々」です。 そのため、仕事上のお付き合いのあるお相手に手紙を送る際には、拝啓と敬具を使うようにしましょう。 日常的な手紙であれば、「前略」「草々」は失礼にはなりません。 拝啓と敬具を手紙につける意味.

次の

【拝啓・敬具・挨拶文の書き方や位置は?】ビジネスでの手紙の書き方

謹啓 敬具

今回は頭語や結語の意味や謹啓や謹白の意味や違いや使い方について解説してきました。 まず冒頭ではビジネス文書で良く使われている頭語や結語について解説をしてきました。 頭語は文章の始めに着ける挨拶の様な物であることが分かりました。 結語は文章の最後に付ける文章を占めるための挨拶の役割をしている事がわかるでしょう。 謹啓と謹白の意味では謹啓も謹白のどちらも「つつしんで申し上げます。 」の意味の言葉だという事が分かりました。 謹啓と謹白の違いと使い分け方では謹啓は頭語でのみ使う事が出来る事と謹白は頭語と結語どちらも使える事が分かりました。 謹啓と謹白にはそれぞれ適した組み合わせの結語が複数ある事もわかるでしょう。 謹啓と謹白の使い方では謹啓も謹白も改まったシーンで使う事や初めて文書を送る相手に対して使う事が出来る事が分かりました。 使い方例では謹啓と謹白を使った文書の一例をご紹介してきました。 これらを参考してこれからのあなたのビジネスで活用していきましょう。

次の

「敬具」の位置と「拝啓」「謹啓」の位置|縦書き/手紙/メール

謹啓 敬具

今回の内容は、• をすでにお読みくださっていることを前提としています。 まだの方は、まずは焦らず上記ページからご覧ください。 「拝啓」と「敬具」 「拝啓」と入力し、キーボードの[Enter]キーで改行すると、 その結びである「敬具」が自動的に入力されます! しかも右揃えで! いやぁ、Wordさんカワイイなぁと思ってしまう瞬間なわけですが、私としては、自動的に入力される「敬具」よりも、もっと注目していただきたいことがあるんです! それがコレ、改行マーク。 「敬具」が自動的に入力されると同時に、「拝啓」の行と「敬具」の行の間に改行マーク1つ、「敬具」の行の下に改行マーク1つという体裁が組まれます。 「」でご紹介しているとおり、文字が入力されていない箇所では、改行マークがあるところにしか文字を入力することができないので、 「拝啓」と「敬具」の行の間に、すぐに文字が入力できるよう改行マークを、 そして、「敬具」の次の行にもすぐに文字が入力できるように改行マークを、という体裁にしてくれるわけです! 「敬具」と改行マークが自動的に配された時点で、文字カーソルは「拝啓」の行と「敬具」の行の間にある、改行マークのところにあるので、 そのままなどを入力します。 そして、その入力が終わり、今度は「敬具」の 次の行に文字を入力したいと思った時点で、 このWordさんのかいがいしいお世話を無駄にしないよう、自動的に配された「敬具」の次の行にある改行マークのところに文字カーソルを移せばいいわけです。 ちなみに、文字カーソルを移したい場合には、マウスポインタの形が「I」の状態でクリックすると移せます。 ところが! せっかくのWordさんのかいがいしさを無駄にしてしまう方がいらっしゃるのも事実です! 「敬具」の次の行に入力したい時、すでに改行マークがあるにも関わらず、なぜか「敬具」の文字の後ろに文字カーソルを置き、わざわざ自分で[Enter]キーを押して改行マークを増やす方が。 でも、実はこれ、あえて自らを苦しめる結果になってしまうんです! 「」でご紹介しているとおり、Wordには「 もとの書式を引っ張る」という特性があるため、右揃えになっている「敬具」のところで改行すれば、その改行でできた行にも、同じように右揃えが最初から設定されてしまいます。 最初から右揃えにしたい場合にはありがたいですが、ほとんどの場合は右揃えが不要であることが多いので、この右揃えを解除する手間が増えてしまうことになります。 というわけで、自動的に入力された「敬具」だけでなく、改行マークにもぜひ注目してください! 「記」と「以上」 このWordさんのかいがいしいお世話は、「拝啓」以外でも発揮されます! 「記」と入力して[Enter]キーで改行すると、 「記」は自動的に中央揃えになり、その結びである「以上」が自動的に右揃えで入ります! もちろん、ここでも注目してほしいのは、やっぱり改行マークです!.

次の