キャット タワー。 キャットタワーの通販│猫│園芸ペット専門店│アイリスプラザ│アイリスオーヤマ公式通販サイト

おしゃれでお手頃!猫が喜ぶ丈夫なキャットタワーおすすめ17選

キャット タワー

自作キャットタワー・猫タワーの簡単な作り方のポイントは、運動不足を解消するためにジャンプなどの上下運動が出来るように高さを使うことです。 室内飼いだと地面を走るような部屋での大運動会をしていたりしますが、高さを活かした運動はキャットタワー・猫タワーがないと出来ないですよね。 なので、出来るだけ高さを利用するようにしましょう。 そして、お部屋にあった大きさのキャットタワー・猫タワーを作ることがポイントとなります。 市販のものだと、サイズが合わなかったりしますよね。 そこで、自作でお部屋に合ったサイズのキャットタワー・猫タワーを作れば、失敗が少なくなりますよね. 自作キャットタワー・猫タワーの簡単作り方のコツ 簡単手作りキャットタワー・猫タワーの作り方・アイデアの簡単初級編1つ目は麻ひもで作るキャットタワーの爪とぎです。 100均でも麻ひもは販売されていますが、おしゃれ用になるので1ヶ月持たないものもあります。 長持ちさせるのであれば、ホームセンターやamazonでの購入をおすすめします。 キャットタワー・猫タワーには爪とぎが必要となってきます。 その爪とぎの土台となるものは壁に設置したキャットタワー・猫タワーの柱を利用するのもアリです。 柱に古いタオルを巻き付け、そこに麻ひもを巻き付けるだけで出来ます。 とても簡単に爪とぎを自作することが出来ますよ。 編集部一押しのキャットタワー・猫タワーの作り方でもご紹介しました。 段ボールは無料で手に入ったり、軽くて運びやすいのが特徴です。 段ボールは加工がしやすく、積み上げも簡単です。 猫自体も段ボールが好きな子が多いので、段ボールのキャットタワー・猫タワーを喜ぶ猫も多いです。 また段ボールで簡単に爪とぎを作ることが出来るので、設置してあげると猫も嬉しいですよね。 段ボールは軽過ぎるところがあるので、猫が乗ったり下りたりする時に崩れなように気を付けてあげましょう。 ディアウォールとは最近よく紹介されているDIYの1つです。 壁や床などにクギやビスなどを使わずに設置が出来ると人気です。 コストも安く出来るのでおすすめですが、初心者には難しいかもしれません。 ただ、ディアウォールを使うことで好きな場所に踏み台などを作ることが出来るので、自由自在にキャットタワーを作ることが出来ます。 初めてだと「ディアウォールって何?どうやって作るの?」と困りますよね。 そこで、次の記事ではディアウォールで簡単DIYをご紹介しています。 キャットタワー・猫タワーの参考に、ぜひご覧ください。 簡単手作りキャットタワー・猫タワーの作り方・アイデアの上級編2つ目は本物の木を使ったキャットタワー・猫タワーです。 本物の木を使うことで、自然の恵みが溢れるキャットタワー・猫タワーを作ることが出来ます。 ただ、本物の木は扱いが難しいので、上級者向けとなります。 安定させるために、土台には丈夫なものを使ってシッカリと固定しましょう。 枝分かれしている部分に板材を置いてクッションを付けてあげたり、布を貼ってあげたりすると、猫の落ち着ける場所を作ってあげることが出来ます。

次の

【2020年最新版】キャットタワーおすすめ14選|キャットタワーの必要性から選び方まで詳しく解説!|ねここもり

キャット タワー

5cm) 総重量(約) 26. Amazon Pay Amazonアカウント情報で決済が可能です。 LINE Pay LINE Payを利用して決済が可能です。 楽天ペイ(楽天ポイントが貯まる!使える!) 銀行振込 【三井住友銀行】 支店:川西支店 口座種目:普通 口座番号:4791619 口座名義:カ オーエフティー ご請求金額を先払いにてお振り込み下さい。 振込手数料はお客様負担でお願い致します。 ゆうちょ振替 【ゆうちょ銀行】 口座番号:14360-55602351 口座名義: 株 オーエフティー ご請求金額を先払いにてお振り込み下さい。 振込手数料はお客様負担でお願い致します。 商品代引 代引き手数料が発生いたします。 商品が到着しましたら配達員へ商品代金をお支払い下さい。 大型商品につきましては商品代引をお断りさせて頂いております。

次の

キャットタワー ランキングTOP20

キャット タワー

子猫から徐々に大きくなっていくと、何か物足りないと感じることはありませんか。 あなたの大切な愛猫は本来の性質が芽生えてきます。 もしかしたら生まれてから間もないうちに、野生の本能は働いているかもしれません。 「キャットタワーがあれば…」そう感じても、目的が分からないと意味がないですよね。 我が家の猫は子猫から徐々に大きくなる段階で、普段は室内のケージやハウスの中にいます。 そして1日に何度か部屋の中で遊ばせていますが、物足りないそぶりを見せました。 ケージの中に入るタイプのキャットタワーを選びましたが、それ以降よく眠るようになりましたね。 そして今までのケージやハウスでは、あまりよく眠れていなかったとも思ったのです。 人間の勝手かもしれませんが、猫の習性を考えると浮かぶのは寝ている姿かもしれません。 キャットタワーを、猫の目線になって商品を選んでみましょう。 では私が購入した、またこれがあれば便利と感じたキャットタワーTOP12を紹介します! 目次• キャットタワーはなぜ必要? きちんと室内でも遊ばせている、と感じても猫には欠かせないことがあります。 室内で飼っていても、本来野生に必要な登り降りは猫にとって欠かせません。 猫は意外な場所を好むこともありますよね。 運動不足やストレスは、あなたが思っていた以上に強い! 寝ている姿が愛らしいですが、猫の本来の姿は木に登ったり降りたりですよね。 室内で飼っていると、いつの間にか運動不足やストレスが溜まるなどします。 猫なりに活発に運動やストレスもあるので、軽減の為にも必要なのがキャットタワー。 ストレスフリーのためにも必要な役割を握っています。 子猫からの成長の段階では、甘えたがることも多々あるでしょう。 そのままにしておけば…と考えたらそれもまた猫にはストレスです。 甘えたがったり、落ち着かない時は運動不足も考えられます。 言葉に出せないからこそ、運動不足やストレスはあなたが軽減させましょう。 知らぬ間にとんでもないところにいた場合も同じですから、和らげる必要がありますね。 年齢は何歳が目安でキャットタワーは使用して良いの? つい大きくなってからと考えがちですが、実は生後2ヶ月くらいを目安に使って大丈夫です。 椅子やベッドなどに興味を示し始めたら、キャットタワーの出番ですね。 必ずないといけないわけではありませんが、愛猫が喜ぶ為には購入を検討しましょう。 様々な大きさやタイプがありますから、猫に合わせた商品を選ぶべきです。 ケージの中にいるから安心と思っても、狭い中でストレスは出てきます。 ずっと部屋の中にいるから安心と感じても、猫はどう感じているかですね。 タンスの上は困る!ケージの外は困る!と思っては猫は運動不足でストレスを抱えます。 「猫のスペース」「猫のペース」を考えてみてはいかがでしょう。 キャットタワーを購入して、最初は馴染めない猫もいますし順応する場合もあります。 慣れてくるとそこは「猫のスペース」なので、思う存分遊ばせましょう。 子猫の頃は順応タイプに近いかもしれませんが、それも猫の性格によりますよね。 キャットタワーの種類 キャットタワーには2つの種類がありますが、理由はいくつかあります。 突っ張り棒タイプ 天井に到達して支えるタイプですが、家の内部の高さによって変化します。 選ぶ際はきちんと天井に高さと、猫のタイプを調べないといといけません。 子猫から徐々に大人になる頃は、高いところに登っても降りられないこともありますよね。 キャットタワーの大きさによっては、眠る時だけ必要なこともあるでしょう。 遊び場として利用するかなど、目的に沿った商品を選ぶことがポイントです。 突っ張り棒タイプメリットは傾く心配がないことですが、幅を考え何か障害物になる何かを置かないように取り除いておくことも大切ですね。 据え置きタイプ やんちゃな子猫はよく動くので、ハラハラするかもしれない場面はありますよね。 傾いてしまうのではないかと思いがちですが、形をしっかり選んで重心がしっかりしていれば問題ありません。 猫の好むトンネルやハンモックなどが付いているタイプは、子猫の段階で特に喜ばれますから成長の段階に応じた商品がベストですね。 マンションやアパートでは自由に動かせて傷も付かない、据え置きタイプが良いでしょう。 据え置きタイプは、ケージの中か外かで大きさが変えられるのがメリットです。 どちらも土台がしっかりしているタイプが良いですが、大きさや高さの記載がああるのでよく確認してから購入しましょう。 キャットタワーで遊ぶ猫の姿は、あなたをも同時に癒してくれますよね。 キャットタワーの選び方 大きめな猫に小さなキャットタワーでは運動になりませんし、耐久性の問題も出てくるでしょう。 大きめの猫なら幅重視で選ぶ! キャットタワーの種類にもよりますが、縦や横の幅をしっかりと考慮して選ぶことが一番です。 登れなくなったり、すぐ落ちてしまったりがあるので無理をしない大きさを選びましょう。 子猫から大きくなる段階には高さに気を付けて選ぶ! キャットタワーと聞いて、すぐ高さを求めすぎて子猫が登れない降りられないこともあります。 子猫からの段階は、まだ眠る時間が多いので高さに気を付けたスペースを確保しましょう。 部屋のスペースをチェック! 高さや耐久性はとても大切ですが、部屋のどこにキャットタワーをおくかの確認です。 ケージの中の場合でも、どの位置に置くか部屋のどのスペースが向いているかですね。 猫が喜ぶスペースをきちんと確保して置くことや、あなたの歩く場所などに置かないように商品を選ぶことは要チェックです。 生地が付いているのか、角がないかをチェック! 子猫が大きくなる段階で、カーテンに登って腕が絡まっただけでも骨折してしまいます。 木製の場合、いくら柔軟性が高い商品でも滑れば猫でもけがに繋がりますよね。 生地の付いている商品でも同じですが、注意が必要です。 生地の付いているタイプは、猫が眠りやすくなっています。 温かい場所を好む猫なので、ついついぐっすり眠ることもあるでしょう。 運動神経の良い猫でも、眠っている時に落ちてゴツンとぶつけたら危険です。 何匹いるかにもよりますが、じゃれあっている時は尚更のことキャットタワーに生地が付いているか、角がないかをきちんとチェックしましょう。 デザインだけに重点を置かないで、可愛いあなたの愛猫の好みや室内の確認は大事! あなたの愛猫のタイプや好みを、事前に知っておくことが大切ですね。 キャットタワー使用時の注意点 ケージの中や外、部屋のどこに設置する場合でもこまめな掃除は大切です。 木製でも生地のある商品でも、猫はちょっとしたことで滑る時があります。 こまめに拭くことは、猫の病気のためにも必要なのでチェックしましょう。 キャットタワーの高さも、ケージの中でも外でもはみ出たりしないように選ぶときは慎重に。 傾かないように安全な位置に置くことも心がけましょう。 中には商品におねしょをしてしまう時もあります。 子猫から大きくなる段階でよくあることですが、洗う時も干す時も説明書通りの方法を取りましょう。 我が家では狭い部屋にいるので、部屋の中に据え置きタイプを置いています。 高さもミニサイズですが、とても居心地良さそうに3匹で使っていますね。 猫ハウスと繋がっているのですが、眠る時はぐっすりです。 猫は匂いに敏感なので、強めの洗剤などは体を悪くしてしまいます。 慎重に掃除することが大事なので、あなたの猫が位置にいたら何かあった証拠です。 よく点検して、快適な状態でキャットタワーを使ってもらいたいですよね。 キャットタワーで定番ブランドメーカー キャットタワーはたくさんのメーカーがありますが、その中から代表的なのはこちらです。 SONGMICSでストレスを解消! SONGMICSというメーカーは、多目的に作られているため遊べるスペースがたくさん。 特徴はハンモックやトンネルなどが多く、ストレスフリー。 そして、生地にきちんと覆われているので安全です。 これから子猫から成長段階に入る時には、嬉しいことがたくさんあります。 メリットは、疲れたらそのまま眠ってしまう優しい作りになっている商品が多いことです。 温かみがあることから、まだ小さな頃には向いているといえますね。 アイリスプラザは大きめな猫でも安心! アイリスプラザというメーカーは、突っ張り棒タイプや据え置きタイプなど様々。 ちょっと大きめな猫でも安心して使えるのがポイントです。 メリットは特徴的なデザインですが、猫足マークになっています。 子猫から成長する頃でも、あなたの家の猫が少し大きめかなと感じたらおすすめですね。 成長段階では遊ぶことがたくさんあります。 お客さんがきた時でも、猫と同時にキャットタワーも可愛いと言ってもらえるでしょう。 たくさんある中でも、あなたの大切な猫に合った商品が一番!キャットタワーで遊んだり、眠ったり姿を見ると思わずうっとりしてしまいますね。 別売りで買いたいキャットタワーのパーツ キャットタワーとは別に、ちょっとしたスペースに欲しい商品もありますよね。 ottostyle. jp キャットツリー ミニハンモック タワーのタイプ:据え置きタイプになっています。 生地や角:柔らかく温かい生地に、丸みを帯びた角になっているので安全です。 この商品は、運動不足やストレスフリーなどにおいても安心感でどこでもOK! 自由に置けてインテリアにもピッタリな上に、支柱も安定性バッチリなので1位ですね。 我が家にも3匹の猫がいますが、当初は子猫でしたが今では随分と成長しています。 ミニサイズのキャットタワーでも構わない、と感じていましたが成長は早いです。 猫ちゃんの成長と合わせて、更には「多頭飼い」の場合、小さいタイプでは何かと不便を感じることもあります。 大きめの猫ちゃんの場合にも同じとが言えるのではないでしょうか。 実は我が家も最初は小さめを購入し、後に新たに必要になることを考えた結果ですが、成長に合わせて3匹で遊べるようにとキャットタワーを新たに購入! 今ではいつの間にかそこで眠っていたり、楽しく遊んでいたりと活躍していますね。 遊び場は必要になってきますし、キャットタワーも高さがあると猫ちゃんは喜ぶでしょう。 ただし、場所の問題や、環境にも考慮しないといけないのも事実です。 中にはおもちゃ付きなどもありますが、取れてしまったら誤飲などにも繋がります。 キャットタワー選びには何かと注意しなくてはいけませんが、可愛い猫ちゃんのためです。 そこで「多頭飼い」の場合に、猫ちゃんがゆったりでき、遊べるキャットタワーをランキングで紹介いたします。 3位 Mwpo キャットタワー ゆったりできて猫ちゃんも安心安全! がっしりしているから、多頭飼いでも安心できます。 安定性が抜群!転倒防止機能もバッチリ! 猫ちゃんと一緒に、ゆったりとした時間を過ごせます。 登り降りも安全にできる大きさで、猫ちゃんに負担がかかりません! 【大型猫向けはこちら】キャットタワーランキングTOP5 猫ちゃんも小さな猫ちゃんだけとは限りません。 実際我が家も3匹いますが、1匹は大型猫ちゃんに近くキャットタワーの遊び方も様々です。 すぐ箱タイプに潜るタイプや、ゆったり高いところで満喫している猫ちゃんなどいますね。 猫ちゃんに共通していることは「自分のスペースだから安心」と思っている部分かもしれません。 キャットタワーを選ぶ際は、飼い主目線で選ばないことではないでしょうか。 猫ちゃんの特徴を掴んで、好きそうな場面を想像して購入することをおすすめします。 大型猫ちゃんに向いているキャットタワーを、ランキングで紹介いたしますのでご覧ください。 5位 WLIVE キャットタワー 猫タワー タワーのタイプ:据え置き 生地や角:丸くて安心 デザイン:トンネル、ハンモック付き 幅・高さ:幅60cm、奥行き50cm、高さ149cm ゆとりのあるボックス! トンネルも大型猫ちゃんが入れる大きさになっています。 幅を取らない上に、高さもないので安定するでしょう。 ボックスも大型猫ちゃんがゆったり入れる入り口と、中になっています。 女性でも組み立てがしやすい設計になっているので、安心できる大きさです。 転倒防止になっていますが、設置場所は安定できる場所を選ぶことがベスト!大型猫ちゃんもゆったりでき、お遊び要素はたくさんあります。 横ではなく、下側にきちんとハンモックがついているので好きな猫ちゃんは喜ぶでしょう。 全体的にシンプルになっています。 ゆとりある大きさを考慮して、5位にしました! 4位 ottostlye. jp キャットツリー GRANDE タワーのタイプ:据え置き 生地や角:丸くて安心 デザイン:大きめのボックス付き 幅・高さ:幅70cm、奥行き60cm、高さ142cm〜170cm 大きさを変えることも可能! 全体的に組み立てると170cmあります。 最上部部分の支柱を変えることで、142cmの大きさに変えることも可能です!高いところが好きな猫ちゃんも、大型になってくると大変なこともあるかもしれません。 大きめのボックスの中でも、ゆったり眠ったり、高さがOKならさらに上部にいけるのでのんびりできます。 とにかく落ち着きたいタイプの大型猫ちゃんには、向いているキャトタワーではないでしょうか。 シンプルな据え置きタイプなので、置く場所に注意をしておくと安定します。 突っ張りタイプではないので、高さに注意しましょう。 3位 WLIVE キャットタワー 猫タワー 170cmの巨大サイズ ふわふわな高台 タワーのタイプ:据え置き 生地や角:丸きて安心 デザイン:ボックス、高台、ハンモック付き 幅・高さ:幅60cm、奥行き50cm、高さ170cm 大型猫ちゃんの多頭飼いでもOK! 遊びの場が多いほど猫ちゃんは喜びますが、ボックス、高台、ハンモックを組み立てることができます。 外につけるハンモックは不安定な場合もあるので、注意した方が良いでしょう。 ただし、転倒防止なのでよほどではない限り問題ありません! 大型猫ちゃんの多頭飼いでも楽しむ場所がたくさんあるので、便利に活用できます。 一つ一つが巨大サイズなので、大型猫ちゃんも安心できるのではないでしょうか。 ハンモックは下部分にもあるので、お遊び要素はたくさんあります。 ボックスも広めなので、大型猫ちゃんでもゆったりできる上に、上部も安定しているので安心です。 高さに注意して使うことがベストでしょう。 喜ぶ姿を想像してみるだけで嬉しさUPなので、3位にしました! 2位 Mwpo 富士山のようなハウス キャットタワー タワーのタイプ:据え置き 生地や角:丸くて安心 デザイン:富士山型ボックス、ハンモック、高台付き 幅・高さ:幅60cm、奥行き50cm、高さ172cm 大型猫ちゃんもゆっくりくつろげる! 狭いところが好きな猫ちゃんは、冒険が大好きです。 富士山型のボックスで、大型猫ちゃんも喜んで入る大きさになっています。 下部分や上部にはハンモックも取り付けられるので、こっそり休んだり遊びたい猫ちゃんにもぴったり!遊び心がありつつ、思わず安らぐデザインになっています。 富士山型のボックスはもちろん、ハンモックでお休みしてしまうのではないでしょうか。 大型猫ちゃんも安心できるので、ゆったりできて、十分遊ぶことができます。 隠れていると思ったら、下のハンモックやボックスに隠れているかもしれません。 冒険心をくすぐられることを考慮して、2位にしました! 1位 Mwpo キャットタワー 猫タワー トンネル付き タワーのタイプ:据え置き 生地や角:丸くて安心 デザイン:ボックス、トンネル、高台付き 幅・高さ:幅50cm、奥行き50cm、高さ157cm 全体的に広さ抜群! 我が家も愛用していますが、猫ちゃんが休んだり遊んだり様々です。 大型猫ちゃんも十分入れるボックスにトンネル、ゆっくり休める高台があるのでのんびり休むことが可能になります。 我が家の猫ちゃんのうち1匹は大型猫ちゃんになっていますが、ボックスや高台でのんびり過ごしているようです。 どこにいるかと思うと、いつの間にか高台で休んでいます。 トンネルに入る姿は大型猫ちゃんでは見ていませんが、大きさは十分あるのではないでしょうか。 全体的にバランスが良いので、大型猫ちゃんでも多頭猫ちゃんでもバッチリです。 総合的な面から、1位にしました! キャットタワーの売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、キャットタワーの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 朗らかになる愛猫の姿 あなたが室内で大切な愛猫を飼っているとはいえ、本来は野生。 野生から完全に離れた生活では、自然にストレスが溜まってしまいます。 運動不足やストレスフリーに、キャットタワーを利用するとリラックスできます。 爪をとぐ、狭いところに入る、おもちゃで遊ぶなどは野生を忘れないことに繋がります。 引っ掻く時もありますが、天敵から逃れたり木に登る仕草です。 心地よく過ごしてもらいたいからこそ、自由に遊ばせたいですよね。 キャットタワーは、そのお手伝いをするために作られています。 あなたの愛猫がストレスを感じず、楽しく運動している姿を見ると朗らかになりますよね。

次の