ジャンク ファイル が 検出 され まし たか。 ウィルス対策ソフトはなぜ必要?主な機能と選び方を徹底解説!

猫にコ・ン・バ・ン・ワ: 2014年12月の14件の記事

ジャンク ファイル が 検出 され まし たか

iPhoneのパノラマ写真撮影機能は搭載されてずいぶん立ちますが、未だに一度も試したことがない人もいるでしょう。 パノラマ写真とは、通常の写真より、広い景色を撮影する写真です。 パノラマ機能を利用して撮影すれば、細長い写真を撮ることができます。 旅行先で広範囲の景色を記録したい時には持って来いの機能です。 でも、言うのは簡単で、実際に撮る時は上手く撮れない時も多々あります。 どうすればパノラマ写真機能を上手く利用できるのでしょうか。 今回はこの問題について紹介したいです。 iPhoneパノラマ写真の撮影手順 パノラマ写真を撮る時は、通常と同じく、カメラを起動させます。 カメラを起動して、撮影ボタンのモードをスライドで選択して、パノラマ写真にする 2. 撮影アイコンをタップします。 ここから撮影が始まります。 画面の中に矢印とラインが表示され、そのラインと合わせてiPhoneを右へ水平移動します。 一番右側へ移動すると撮影が完了します。 停止アイコンをタップすることで、撮影を終了させることもできます。 また、左に移動することも撮影は完了します。 iPhoneでパノラマ撮影する時のコツ 手ぶれがひどい時は三脚を使う たかがiPhoneで写真を撮るに三脚を使うには大げさだと思う方もいると思いますが、実際の所、手ぶれを完全に何の補助なしに修正することは難しいです。 どうしても綺麗に撮りたいなら、三脚を使ってもいいじゃありませんか。 軽量で持ち運び易い三脚もありますので、拘りたい方ならいい選択肢です。 「AE/AFロック」機能をオン 光の状態をコントロールするために、 「AE/AFロック」機能をオンにしていると、明るさを保てることができます。 この機能は夜写真のときにもよく使われていますので、曇っている時の撮影にもいいと思います。 動いているものは取りづらい 基本的に、パノラマ撮影は、人や動くものより、静止した景観を撮る方に向いています。 開放感を求める景色の撮影にはぴったりですが、動いている人や動物を撮ることは難しいです。 下手すると凄く変な怪奇写真も撮ってしまうので、苦手な方は避けたほうがいいかもしれません。 逆に変な画像を追求する方なら、色々試すとちょっとしたホラー画像も撮ることができます。 また、動いているものは、水平線を保って移動することはまず少ないので、動いているものを追っかけるとセンターラインからずれてしまいます。 ですので、綺麗に撮るには、動く物体を撮るのは辞めたほうがいいかもしれません。 本番の前に練習する 一回で綺麗に撮れないのなら、なんでもない景色で数回練習すれば、本番で本領発揮できます。 綺麗に撮れるように練習することは、一見地味のように思えますが、本気で写真を撮りたいなら、練習は一番ですね。 iPhoneのパノラマ写真をパソコンに転送する 撮った写真はもちろん大切にしたいですよね。 旅行先の写真をパソコンに保存して、フォルダに入れて整理整頓するのは写真好きの醍醐味です。 GoogleフォトやiCloudなどに写真をバックアップするにはiPhoneの中に操作すればいいのですが、PCに移管する時はどんな方法が便利なんでしょうか。 通常では、エクスプローラーを開き、写真を取り出しますが、今回はサードパーティ製のソフトを使ってパノラマ写真を転送する方法を紹介したい。 使うツールは「」です。 このソフトを利用すると、すぐにパノラマ写真を見つけて、PCに転送することができます。 ステップ1. iPhoneをパソコンと接続 USBケーブルを使います。 USBケーブルで、iPhoneをパソコンと接続しましょう。 iPhoneは自動的にソフトに検出されます。 ステップ2. 写真を転送 左側のメニューにある 「写真」をクリックしてください。 そうすれば更にメニューに項目が表示され、 「パノラマ写真」の項目が現れます。 「パノラマ写真」をクリックすれば、撮影したパノラマ写真のみが表示されます。 撮影の楽しさがより多く iPhoneだけで、様々な写真を取ることができます。 写真を撮ることがすきなら、早速、今からパノラマ写真を楽しみましょう!.

次の

DOS/V ORACLE QandA INDEX30

ジャンク ファイル が 検出 され まし たか

不要になったジャンクファイルはこまめに削除を パソコンを購入したときには、こんな大容量のハードディスクを使い切れるのかなと思っていても、動画や画像などを保存するとあっという間に空き容量が少なくなってしまいます。 ハードディスクの容量が少なくなると、処理スピードが極端に遅くなったり、システムが不安定になることがあります。 不要になったファイルやプログラムはこまめに削除しましょう。 ジャンクファイル(不要なファイル)の削除 インターネット一時ファイル、Windows一時ファイル、ごみ箱、ダウンロードされたプログラムファイルなどを探しだし、一挙に削除したい場合は、Windows の[ディスク クリーンアップ]ツールが便利です。 しばらくすると、[ディスク クリーンアップ]ダイアログボックスが表示されますので、削除するファイルのチェックボックスをオンにします。 [ディスク クリーンアップ]で削除の対象となるファイルは、以下のようなファイルです。 1.Temporary InternetFiles Internet Explorerで閲覧したWebページの画像などのデータを保存しておいて、次回の訪問時に高速で表示できるようにするための一時ファイルです。 削除しても問題ありませんが、次回にWebページを訪問したときに、再表示に多少時間がかかります。 2.一時ファイル Windowsや他のプログラムが一時的な情報を保存するために作成したファイルです。 [ディスク クリーンアップ]を実行すると、7日以上変更されていないファイルが削除されます。 3.ダウンロードされたプログラムファイル 特定のWebページを表示したときにダウンロードされたActiveXコントロールやJavaアプレットのファイルです。 削除しても問題ありませんが、次回にWebページを訪問したときに、再ダウンロードする時間がかかります。 4.ごみ箱 ファイルを削除したときに、一時的に保管される場所です。 削除を実行するとファイルを復活できませんので、念のため「ごみ箱」の内容を確認してから選択してください。 *復元ポイントはシステムツールの[システムの復元]で定期的あるいはシステムの状態が変更されたときに作成されるファイルです。 このファイルを元にWindowsを特定の時点の状態に戻すことができます。 Windows XPの場合、[Windowsコンポーネント]セクションの[クリーンアップ]ボタンをクリックすると、Windows XPの使用していないWindowsコンポーネントを選択して追加または削除できます。 [インストールされているプログラム]セクションの[クリーンアップ]ボタンをクリックすると、[プログラムの追加と削除]ダイアログボックスが表示されます。 [システムの復元]セクションの[クリーンアップ]ボタンをクリックすると、最新の復元ポイントを除いて他の復元ポイントを削除するかを確認するダイアログボックスが表示されます。

次の

Googleからジャンクアプリの削除をしろとの警告

ジャンク ファイル が 検出 され まし たか

CCleanerとは CCleaner は、パソコンの動作を快適に保つよう、パソコンを使っているうちに自然にたまってしまうゴミを掃除するクリーナーソフトです。 不要なごみファイルを掃除し、さらにはまで行うため、パソコンの起動速度が向上します。 3-1. 3-2. 3-3. 3-4. 3-5. 3-6. 3-7. CCleaner のダウンロード CCleaner は海外製のソフトです。 しかし日本語に対応しているため、問題なく利用することができます。 「クリーンアップ開始」をクリックすると、解析で表示されたファイルリストの削除が行われ、削除データ容量と削除ファイルリストを表示します。 クリーナー設定の「Windows」では、主に以下の項目をクリーンアップできます。 インターネット一時ファイル インターネット利用時に一時的に利用されるファイル• インターネットの履歴 ウェブサイトを見たのか、過去のインターネットの閲覧履歴• いつも使っているショッピングサイト等に自動ログインできなくなったりするため、チェックを外しておいた方がよいかもしれません• ダウンロードの履歴 ダウンロードしたファイルの履歴• 保存場所 不要になったダウンロードしたファイル• セッション ログイン状態などのセッション情報• タブの設定 タブに関する設定• 入力したアドレスやパスなど アドレスバーに入力した過去の履歴• 保存されたフォーム情報 Webサイトのテキストボックスに入力した住所、電話番号、メールアドレスなど• 保存されたパスワード Webサイトのログイン情報 Internet Explorer• インターネット一時ファイル インターネット利用時に一時的に利用されるファイル• 履歴 どのウェブサイトを見たのか、過去のインターネットの閲覧履歴• いつも使っているショッピングサイト等に自動ログインできなくなったりするため、チェックを外しておいた方がよいかもしれません• 入力したアドレスやパスなど アドレスバーに入力した過去の履歴• Index. dat(検索用インデックス)の削除 検索したときにテキストボックスに入力した過去の履歴• 保存場所 不要になったダウンロードしたファイル• フォームへの入力履歴 Webサイトのテキストボックスに入力した住所、名前、電話番号、メールアドレスなど• 保存されたパスワード Webサイトのログイン情報 エクスプローラ• 最近使ったファイル 最近使ったファイルの履歴• ファイル名を指定して実行(スタートメニュー) ファイル名を指定して実行の履歴• その他の[最近使ったファイル]リスト 最近使ったファイルの履歴• サムネイルキャッシュ を高速表示するためのキャッシュファイル• ネットワークパスワード PCに保存されているネットワーク接続用のユーザー名とパスワード システム• ごみ箱を空にする ごみ箱を空にする• 一時ファイル 一時的に利用するテンポラリファイル• コピーしたときにいったん保存される領域• メモリーダンプ システムエラー時のダンプファイル• CHKDSKコマンドのフラグメント チェックディスクのフラグ• ウインドウズ ログファイル ウインドウズのログファイル(. old など)• ウィンドウズ エラー報告 Windows エラー発生時に Microsoft に送信するエラーレポート等の情報• DNSキャッシュ Webサイト閲覧などの際の名前解決に利用するDNSのキャッシュ• フォントキャッシュ 重たくなりがちなフォントを軽快に表示するためのキャッシュ• スタートメニューのショートカット リンク切れののショートカット• デスクトップのショートカット リンク切れのデスクトップのショートカット 拡張設定• Windows イベントログ Windows のイベントログ• 古いプリフェッチデータ 古くなったプリフェッチデータ(起動速度を高速化させるためのインデックスのようなもの)• メニュー オーダーのキャッシュ スタートメニューの順番• システムトレイのキャッシュ のアイコンのキャッシュ• 環境PATH• ユーザーアシストの履歴 スタートメニューのよく使うプログラム(よく使うアプリ)の項目• 空きスペースの抹消 空きスペースを抹消してデータを復元できないようにする クリーナー設定の「アプリケーション」では、主に以下の項目をクリーンアップできます。 Firefox• インターネット一時ファイル インターネット利用時に一時的に利用されるファイル• インターネットの履歴 どのウェブサイトを見たのか、過去のインターネットの閲覧履歴• クッキー ショッピングサイトやログインが必要なサイトで利用されるパソコン側に保存されるデータファイル• セッション ログイン状態などのセッション情報• サイト設定 クッキーのブロックなどを個別のサイトごとに行っている設定• ダウンロードの履歴 ダウンロードの履歴• 保存されたパスワード Webサイトのログイン情報• 保存されたフォーム情報 Webサイトのテキストボックスに入力した住所、電話番号、メールアドレスなど• 保存場所 不要になったダウンロードしたファイル• Windowsストア• Bing Finance• Bing News• Bing Sports• Bing Travel• Skype Metro App• Twitter Metro アプリケーション• Adobe Reader DC• MS OneDrive• Java• マルチメディア• Adobe Flash Player• ユーティリティ• Windows• Game Explorer• MS Paint• MS Search• レジストリをクリーンアップすることで、Windows の起動の高速化を実現することができます。 「問題点をスキャン」をクリックすると、レジストリに登録されている様々な問題点を表示します。 問題点として表示される一覧は、ほとんどが不要な登録情報なので、一気にクリーンアップしてしまいましょう。 ウイルス対策ソフト、スパイウェア対策ソフト、ファイアウォールソフト、ファイル暗号化ソフト、ID・パスワード管理ソフト… オフィスソフト、ウェブブラウザー、メールソフト、圧縮・解凍ソフト、付箋紙ソフト、PDF作成ソフト、イラスト作成ソフト、画像・動画管理ソフト、テキストエディター、ファイル復元ソフト… 辞書検索、オンラインウイルススキャン、オンラインアルバム、ストリーミング、動画共有サイト… フリーメール、メッセンジャー、オンラインゲーム、mixi活用ソフト、ブログ… USBメモリー停止ソフト、USBメモリーファイル復元ソフト、ポータブルオフィスソフト、ポータブルブラウザー、ポータブルメールソフト… フリーソフト100が注目したソフトや無料サービスをピックアップした特集記事….

次の