ドコモ ギガライト 違約金。 ドコモ分離プラン(新料金プラン)「ギガホ・ギガライト」はお得?いつ変更する?契約するメリット・旧プランの比較を徹底検証

ドコモ「ギガホ」「ギガライト」に契約期間・解除料なしの新プラン、「dカードお支払割」も提供

ドコモ ギガライト 違約金

ドコモの 新料金プランが始まりましたね。 通話中心の方向け キッズケータイプラン データ通信利用不可。 キッズケータイをお使いの方向け ほとんどの方は「ギガホ」か「ギガライト」を選択するかと思います。 また、今まではドコモ解約するとき(他社へMNPする場合も含め)の 解約金が9,500円でした。 そして、2019年10月以降に 新料金プランで契約した方は 解約金が1,000円。 でもね、新料金プランに変更しても、すぐには 解約金1,000円にならないんです…!9,500円のままです…! 詳しく説明していきます。 そのため新規契約の方は安心してください。 解約金が1,000円にならないのは、 2019年9月以前からドコモで契約していて、10月以降に「新料金プランに変更」する方です。 ドコモの「よくあるご質問」にはこのように記載されています。 現在、基本プラン 定期契約あり を契約しています。 2019年10月1日提供開始のギガホ 2年定期契約 に変更した場合、解約金は1,000円 税抜 になりますか? 解約金留保期間に解約した場合、9,500円 税抜 の解約金がかかります。 解約金留保期間に解約した場合、9,500円 税抜 の解約金がかかります。 要するに、 新料金プランに変更しても現在の2年契約期間が終わるまでは、解約金は9,500円のまま。 現在の2年契約期間が終わった後の解約金が1,000円になります。 いつから解約金が1,000円になるのか?(例) 先ほどのよくある質問のページには、具体的な例も載っていました。 この期間に解約すれば9,500円も1,000円もかかりません。 そのため、料金シミュレーションをしてどちらが安いか確認することをオススメします。 ただし、現在 「端末購入サポート」に入っている方は、 新料金プランに変更することによって「端末購入サポートの解除料」がかかる場合があるため注意が必要です。 規定利用期間(購入日もしくは開通日の翌月1日から起算して12か月)を超えるまで、ご購入機種の継続利用および適用条件の継続契約を条件として、機種のご購入代金の一部をドコモが負担する制度です。 要するに、 これに入っていると端末代金が安くなります。 ただし以下の 条件があります。 よって、 「端末購入サポート」に入って12ヶ月以上経っていない方が、新料金プランの「ギガライト」「ギガホ」に料金プランを変更した場合、「端末購入サポートの解除料」がかかる ということになります。 しかしながら 新料金プランの「ギラライト」「ギガホ」に変更しても、現在の2年契約期間が終わるまで解約金1,000円にはなりません。 が、 それもちょっと待ってください! 2年縛りのその 解約金9,500円を払ってでも格安スマホに乗り換えた方が、年間通して考えると安くなる可能性大です。 少なくともキャンペーンで5,000円以上は得します。 「端末購入サポートの解除料」は最低でも2万円以上。 お高いのです…! 非常に説明が長くなりましたが、ご理解いただけましたでしょうか!? 最後にここまでに載せたドコモのページを再掲しておきます。

次の

ギガライト

ドコモ ギガライト 違約金

ドコモが分離プランとして2019年6月1日から提供を開始している「ギガホ」 その後、10月1日からは「ギガホ2」という名前にマイナーチェンジしています。 ギガホとギガホ2の大きな違いは「2年縛りによる違約金」です。 2019年10月以前までにギガホを定期契約アリで契約している人は、以前同様の2年縛りが適用されており、契約満了月以外に解約すると9,500円(税別)の違約金が発生します。 10月1日以降のギガホ2でも定期契約アリのプランがありますが、解約時の違約金自体は1,000円(dカードお支払い割適用で無料)となっています。 では、以前の高額違約金が発生する 2年縛りのギガホを契約している人がギガホ2にプラン変更すると違約金は発生するのか?やプラン変更による契約内容の変更を調べたので紹介します。 基本的な月額料金はそこまで違いがありませんが、解約時の違約金が大きく違います。 なので現在ギガホを契約している人でギガホ2に切り替えないという人は、5月以降は元の30GBしか使えなくなってしまうというデメリットがあります。 2年縛り中のギガホからギガホ2にプラン変更するとこうなる 高額違約金は発生しないが、2年縛りがなくなる訳ではない まず最初に 現在2年縛りありのギガホを契約している人が、ギガホ2にプラン変更しても違約金は発生しないです。 ご安心を。 この場合、ギガホ2になってもプラン変更前のギガホの2年契約の契約期間を引き継ぎます。 なので、ギガホを契約してから2年経過するまでは、ギガホ2の状態で解約したとしても契約満了月以外に解約すると9,500円(税別)の解約違約金が発生する、ということになります。 ギガホ契約から2年経過後は違約金1,000円の2年縛りに自動更新 ギガホの契約から2年縛りの途中でギガホ2にプラン変更して最初のギガホ契約から2年経過した場合は、自動的にギガホ2の2年縛りありプランに移行されます。 ギガホ2は、2年縛りありプランでも解約時の違約金は1,000円です。 ドコモのスマホ買うならdカードは必須!ドコモの料金もお得! ドコモと契約している人はドコモの携帯電話料金がおトクとなるdカード GOLDがマジでオススメです。 変更時にはギガホの2年縛り解除による高額な違約金は発生しませんが、そのまま引き継がれるという形になります。 プラン変更はマイドコモからがラクチン。 もちろん混雑しているドコモショップに行く必要がなくスムーズに行えるのでオススメです。 ドコモショップなど店頭の場合は、機種代金に頭金という謎のお金と事務手数料がかかります。 オンラインショップの場合は頭金は一切ナシ&手数料は無料です。 また、2,750円以上で送料も無料となります。 手続き、契約も難しくないのでドコモ端末の購入はオンラインショップをオススメします。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の

WiMAXとドコモ新プラン「ギガホ・ギガライト」を比較!最強の組み合わせは?

ドコモ ギガライト 違約金

自信満々の笑顔で紹介された「ギガホ」と「ギガライト」が気になってる方も多いでしょう。 でもドコモの新プランは、4割値下げに見えるだけ。 わたしたちユーザーの負担がへるような、優しい仕組みではありません。 SoftBankで用意されてる端末分離プランとほとんど変わり映えのしない、ドコモのギガホとギガライト。 機種代金の割引きがなくなるので、トータルの支払いでは多くなる人もいるでしょう。 見た目だけの通信料金を値下げさせることで、消費税増税への不満を和らげようとする政府のニヤケ顔が見えてくるのはわたしだけでしょうか? 今回は、 しっかりと確認しないと損をするドコモ新プランの問題点。 ギガホとギガライトの注意点も合わせてお伝えします。 通話代金もかかるしね! そうなんです。 今まで話放題プランを使っていた人は、長電話すると大変なことに。 発表された料金は通話時間に合わせて課金されるプランの料金。 「 4割引を達成するために話放題プランから、通話料のかかるプランに変更されたんです」 またスマホを分割契約すると毎月の料金を割引する月々サポートがあったドコモの旧プラン。 ギガホやギガライトでは割引がなくなったので、気軽に機種変更もできなくなりました。 4割値下げに見える仕組みとからくり ドコモ発表の4割値下げの条件は、家族全員のスマートフォンがドコモ。 3人家族以上で新プランに移行すれば4割程度の値下げに。 家族合わせて3回線以上使っていれば、みんなドコモ割で4割引の組み合わせもでてくるってことなんです。 実質4割くらい割引に。 もちろん家族にドコモユーザーが、一人もいなければ割引0。 SoftBankの家族割と同じ仕組みになりました。 でも、安くなるのは料金だけ。 機種代金や割引の月々サポートは終了。 現在機種代金の割引をうけてる方が、ギガホやギガライトに変更すると損をすることもあるでしょう。 割り引かれる以上に損をすることも また家族のなかで誰か一人でも、機種代金の支払いが終わってない場合。 ギガホやギガライトへ変更するべきではありません。 今の割引が全部なくなるんだ! ギガホやギガライトへ変更すると月々サポートは無効に。 結果的に料金が高くなることも。 家族みんなのプラン変更を同じ時期に合わせないと意味がないんです。 シンプルな料金プランと発表されたドコモ「ギガホ」と「ギガライト」今までうけられてた割引が消えるので、移行時期によっては通信料金が4割下がるどころか今よりも高くなることも。 あなたが損をしないように、ドコモの4割値引きの条件をもう一度確認してみましょう。 3回線以上ドコモを契約しているユーザー• 2回線以上で1GBしか使えないギガライトへ 今まで料金の組み合わせが多くて、わかりづらかったドコモのプラン。 シンプルでお得になるはずの新プランが、 端末代金の分離でせいで余計にわかりづらくなったと感じるのはわたしだけでしょうか? ダマされるな!ギガホとギガライトの落とし穴! 機種代金を別の支払いにしたら安く見えるからね! ドコモの新プランギガホとギガライトは通信料金が安くなるだけ。 今まで料金に組み込まれてた機種代金の割引はなくなってしまうんです。 2019年の秋から通信料金と機種代金が分離されるドコモ。 新規契約やMNPで機種代金0円などがなくなり、お得に使えてたスマートフォンの支払いが増えることもあるでしょう。 4割値下げされるのに、合計の通信費は上がってしまう。 なぜこんなことになるのか、 ドコモ新プランの落とし穴を確認してみましょう。 わかりづらいドコモの新プラン ドコモの新プラン全てで4割引になるわけではありません。 機種代金を支払い終わってない場合。 ギガホやギガライトに変更しても、わたしたちの負担は変わらないんです。 今後でてくる新機種が全く割引されないとさらに負担が増え、大幅な値上げになることも考えられるんです。 実質の値上げってことだね! 4割引きになるのは、スマホを買い換える予定のない人だけ。 しかも家族みんなでドコモの新プランギガホやギガライトへ乗り換えないとダメ。 「複雑なプランついでに機種代金の割引サポートも無くしてシンプルに値上げされた」 これがドコモの考えるユーザーのための4割引なのでしょう。 新プランの機種代金はどうなる? ドコモでiPhoneXsを購入した場合160,056円。 ここから月々サポートで最大58,968円引きされるので、101,088円に。 ギガホやギガライトでは機種代金の割引がなくなるので、 機種変更すると今までより58,968円も無駄に支払わなくてはいけません。 2年毎に機種変更してたなら毎月2,457円• みんなドコモ割を使わなければ、今まで月々サポートでうけれたぶん以上の割引をうけられません。 月々サポートがなければ機種変更にも高額な支払いが。 結果的にわたしたちの支払いが大幅に増えてしまうんです。 今回ドコモが発表した端末分離型のプランは見せかけの料金が安くなるだけ。 機種変更や故障のときに負担が大きくなってしまう点は大きな問題点と言えるでしょう。 ギガホやギガライトの契約期間はどうなる? 機種変更の割引がなくなるドコモの新プラン。 でも、2年縛りは結局そのまま。 新しい機種へ変更するための負担は大きくふえたのに、わたしたちの不都合な制度はそのままなんです。 SoftBankと同じように料金が上がるかもね! ドコモのギガホとギガライトは2年毎に契約更新されるプラン。 2年後の料金は表示されてないので、 SoftBankのように割引の切れる2年後には値上がりするかもしれません。 また新プランでは、これまでうけられてた機種変更の実質の補助 月々サポート がなくなりました。 58,968円引きされてたiPhoneXsでも、定価で購入しないとダメ。 古いスマホを我慢して使い続けたり。 故障しても買い替えを我慢したりする必要もでてくるでしょう。 これが本当に4割引と言えるのでしょうか? ギガホとギガライトのまとめ 政府のお偉いさんのせいで、4割値下げに踏み切ったドコモ。 ギガを1GBしか使わない• 家族3人以上がドコモユーザー• 機種代金の割引がなくなる この厳しい条件を達成して4割引になったと喜ぶ人がいるのでしょうか?見せかけだけ安くなるのがドコモのギガホとギガライトなんです。 「ドコモユーザーにわかりやすい料金設定を」 なんて発表されたのに、ギガホとギガライトを選ぶと損をする可能性があることは伝えられてません。 スマホのプランって本当に複雑だと思いませんか? 本当にドコモのスマホ新プランはお得なのか。 ギガホやギガライトを選んでも後悔しないのかしっかりと確認してくださいね!.

次の