梅田 ハンバーガー。 【大阪】おすすめハンバーガー12選!食べるべき名店を厳選!

阪神梅田にNY発バーガー店「シェイクシャック」 関西初出店、大阪限定メニューも

梅田 ハンバーガー

子どもも大人も大好き!ハンバーガーの基礎知識 ハンバーガーに欠かせないハンバーグの祖先は? 日本でもファストフードとしてなじみの深いハンバーガー。 アメリカの食べ物というイメージが強い食べ物ですが、ハンバーガーに欠かせないハンバーグの元祖と言える食べ物をさかのぼると、ドイツの港町・ハンブルグにたどり着くと言われています。 当時の労働者が好んで食べていたと言われる「タルタルステーキ」という、馬肉と玉ねぎを刻んでコショウなどの香辛料で味付けをした生肉料理こそが、ハンバーグの元祖であったと言われています。 ハンバーグの元祖から現在のハンバーガーになるまで ドイツでは、馬肉の生肉料理であった「タルタルステーキ」を、やがて豚肉や牛肉で作り、パン粉をつなぎにして焼くようになりました。 そして、18~20世紀前半、たくさんのドイツ人がアメリカにわたり、この挽き肉料理を伝えたと言われています。 それをアメリカ人は、「ハンブルク風ステーキ」と呼んだと言われています。 そして、1904年のセントルイス万国博覧会の会場で、丸いパンにこのハンブルグ風ステーキをはさみ、「ハンバーガー」と言う名で売り出したのがきっかけで、ハンバーガーが誕生しました。 ハンバーガーと日本 今や日本人にとって、親しみ深いハンバーガーですが、日本にハンバーガーが伝わったのは、太平洋戦争がきっかになっています。 戦後、佐世保などの米軍基地の周辺の飲食店で、ハンバーガーがつくられはじめ、少しずつハンバーガーが日本に浸透していきました。 そして1970年に東京の町田市に日本初のハンバーガーショップとして「ドムドムバーガー」ができたと言われています。 大阪のハンバーガー事情 食の都・大阪で味わえるハンバーガーは多種多様! 日本人も大好きなハンバーガー。 食の都と言われる大阪でもさまざまなハンバーガーショップが軒を連ねています。 マクドナルドなどのファストフードとしてのハンバーガーはもちろんのこと、上質な牛肉と野菜、こだわりのバンズで作り上げる本場アメリカの高級バーガー、日本のご当地バーガーである佐世保バーガーなど、リッチなハンバーガーもたくさん揃っています。 大阪で味わいたい!外せないハンバーガー店はここ! さまざまな魅力的なハンバーガーが揃う大阪で、ぜひ訪れたいハンバーガー店が「クリッターズバーガー」。 国内外のハンバーガーを食べ歩き、研究を重ねた店主が作るハンバーガーは、こだわりのバンズと牛100%でつなぎなしの上質でジューシーなパテが特徴で、アボカド&生ハムをはじめ、パテとの相性が計算された絶品メニューが30種類以上も揃います。 ハワイ生まれの人気ハンバーガー店が大阪の名所「なんばパークス」内にあります。 ハワイアンな雰囲気の中で、牛100%のジューシーなパティのボリューミーな本格ハンバーガーが食べられます。 一番人気はアボカドチーズバーガー。 大きなアボカドと新鮮野菜がたっぷりサンドされています。 パティの大きさは3種類から選べるので女性も安心です。 ランチ・ディナーともにお得なセットもあります。

次の

【デカ盛りシリーズ】アメリカンなド迫力ハンバーガーに挑戦!in 大阪・九条|関西グルメスクープ|eoグルメ

梅田 ハンバーガー

最近は、アメリカ発のハンバーガーが参戦してきています。 関西でも、2018年6月1日、阪神梅田本店に「Shake Shack」がオープン。 そして2019年9月2日に大阪新阪急ホテル1Fにできた大阪新阪急ホテルフードホールに、「 UMAMI BURGER 大阪新阪急ホテル店」がオープンしました。 2009年にロサンゼルスで誕生し、間もなく評判のハンバーガーとなり、街のベストレストラン及びアメリカ国内ベストハンバーガー部門でランキング入りを果たした「UMAMI BURGER」。 その躍進の理由は、名前にある通り「うま味」。 日本ではスタンダードながら、海外では今やっとメジャーになりつつある「うま味」をハンバーガーの本場で取り入れることで成功しました。 その後、写真のサンフランシスコやシカゴ、ニューヨークに進出し、現在アメリカで24店舗を展開する規模になりました。 現在は、ドバイやメキシコにも店舗があります。 うま味を生かした「UMAMI BURGER」とは、どんなハンバーガーなのでしょうか? 「UMAMI BURGER 大阪新阪急ホテル店」をチェックしてきました。 関西初進出は大阪・梅田のど真ん中! 首都圏に4店舗ある「UMAMI BURGER」が関西初進出の足がかりとして選んだのは、大阪新阪急ホテル。 すぐ東隣が阪急の大阪梅田駅で、JR大阪駅も徒歩5分ほどという好立地。 「UMAMI BURGER」が入る大阪新阪急ホテルフードホールは大阪新阪急ホテルのフロントの北側。 ほかに2店舗が入ります。 そのひとつが、「廻る 元祖寿司(ガンソズシ)」。 関東に27店舗を展開する回転寿司店です。 マグロやはまちなど、50種以上の寿司が130円(税抜)~で楽しめます。 もう1軒が、イタリア・プーリア州発祥の「パンツェロット(包み揚げピザ)」を提供する「IL PANZEROTTO(イル パンツェロット)」。 モッツアレラチーズ、トマトソース、オレガノの「クラシコ」500円など、7種類のパンツェロットがそろいます。 本店は、創業者のアダム・フライシュマンがハンバーガーの旨さの秘密を分析し、生み出した旨いハンバーガーの店として2009年にロサンゼルスで創業しました。 その時にうま味の素材として研究したのが「パルメザンチーズ」、「トマトソース」、「シイタケ」、「時間をかけて煮詰めたタマネギ」。 これらとビーフ100%のパティの掛け合わせから生み出されるうま味が魅力。 最新のうま味の研究では、牛肉の旨味成分イノシン酸は、チーズやトマト、タマネギのうま味の成分のグルタミン酸と掛け合わせると7倍になると言われています。 その効果を生かしたハンバーガーが味わえるのです。 「UMAMI BURGER」ではこれを食べる! うま味を持った素材を組み合わせたメニューがそろう! もともとうま味を持ったビーフパティをさらにおいしくする食材を組み合わせるのが「UMAMI BURGER」のハンバーガー。 ベースのビーフ100%パティは粗挽きの肉感を前面に出したジューシーな味わいが魅力。 それを組み合わせる食材やソースを変えることで常時8種のハンバーガーを食べることができます。 「umami(ウマミ)」1,180円(税抜)、set 1,380円(税抜) パルメザンフリコ、ローストシイタケ、ローストトマト、キャラメルオニオン、ウマミケチャップ、ビーフパティがバンズの間にはさまれた「UMAMI BURGER」の看板メニュー。 ポイントはシイタケで、ビーフ100%のパティのおいしさを後押しします。 「cali(カリ)」1,280円(税抜)、set 1,480円(税抜) チェダーチーズ、ダイスオニオン、ハウススプレッド、ミソマスタード、ディルピクルス、サラダ菜、スライストマト、ビーフパティを組み合わせたハンバーガーらしい構成。 チェダーチーズやトマトなど、スタンダードながら、ミソマスタードをしのばせてアクセントにしています。 セットメニューには、ポテトとドリンクが付きます。 ほかにも、いちごフレーバーとホイップクリーム、濃厚でミルキーなシェイクを組み合わせた「strawberry Shake(ストロベリー シェイク)」580円(税抜)などのミルクシェイクも好評。 バニラ、チョコレート、黒ごま、バナナクッキー、キャラメルポップコーンの計6種のミルクシェイクを用意しています。 今回、大阪のこちらにお店を出した理由は? 「私の出身地でもあるし(笑)、やはり魅力的な土地だと思ってはいましたので、以前から考えていました。 今回、梅田のすごくいい場所に出せるお話をいただき、出店させていただきました。 また、アメリカの本社はホテル経営もしていますので、ホテルの1Fというのも魅力を感じています」 「UMAMI BURGER」のうま味の秘密は食材の組み合わせだと思うのですが、ほかにあれば教えていただけませんか? 「『UMAMIマスターソース』というソースと『UMAMIダスト』という粉末をすべてのハンバーガーに使用しています」 『UMAMIマスターソース』は、どんな食材を使用しているのですか? 「すべてはお伝えできませんが、醤油ベースに魚介を加えているようです。 実は私もはっきり知らされていないシェフだけの秘密なんです」 『UMAMI ダスト』も秘密ですか? 「そうですね。 こちらはシイタケと魚介らしいということしか…」 グルタミン酸やグアニル酸といったアミノ酸のうま味のエキスということですね 「『UMAMI BURGER』ですからね」 うま味の部分はアメリカの本社からの指示だと思うのですが、日本オリジナルのメニューもありますよね? 「ハンバーガーは、同じモノもありますが、違うモノもあります。 ありがたいことに、アメリカの本部から信頼されていまして、食材などもこちらで用意したものをたくさん使用しています。 もちろん、本国のシェフのチェックを受けて食材もメニュー開発もしていますが、日本のいいところは取り入れる柔軟性も持っていますのでうまく融合したおいしいハンバーガーになっています。 ここだけの話、バンズは日本の方が絶対においしい(笑)」 本社がかなり寛容なんですね 「いや、それはこちらのスタッフの努力とうま味の国という信頼感だと思います。 ドバイやメキシコの『UMAMI BURGER』は、しっかり管理されているようです」 今後も関西で出店されていかれるのですよね? 「もちろんです。 メニューも年3回ほど変えていますし、何度でも来て欲しいです。 『spicy jo』のような大阪限定メニューも用意していますので、ぜひ!」 メニューは、オーダーカウンターの向かって右で注文、左で受け取り。 注文を受けてから焼き始められますので、できあがりに5~10分かかります。 カウンターの前には、19席分のスペースがありイートインでも、テイクアウトでも利用できます。 大阪で、いろんなタイプのハンバーガーが食べられるようになったのはうれしいですね。 「UMAMI BURGER」を、サンフランシスコで食べたことがあります。 そちらの店はスタジアムのそばということで、ビールを飲みながらハンバーガーを楽しむ人がたくさんいまして、アメリカ人にとってハンバーガーがすごく身近なんだなと実感しながら食べました。 そんな国で注目を集めるハンバーガー。 ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。

次の

大阪で本当に旨いハンバーガー♡おしゃれ~ディープなお店まで6選!

梅田 ハンバーガー

最近は、アメリカ発のハンバーガーが参戦してきています。 関西でも、2018年6月1日、阪神梅田本店に「Shake Shack」がオープン。 そして2019年9月2日に大阪新阪急ホテル1Fにできた大阪新阪急ホテルフードホールに、「 UMAMI BURGER 大阪新阪急ホテル店」がオープンしました。 2009年にロサンゼルスで誕生し、間もなく評判のハンバーガーとなり、街のベストレストラン及びアメリカ国内ベストハンバーガー部門でランキング入りを果たした「UMAMI BURGER」。 その躍進の理由は、名前にある通り「うま味」。 日本ではスタンダードながら、海外では今やっとメジャーになりつつある「うま味」をハンバーガーの本場で取り入れることで成功しました。 その後、写真のサンフランシスコやシカゴ、ニューヨークに進出し、現在アメリカで24店舗を展開する規模になりました。 現在は、ドバイやメキシコにも店舗があります。 うま味を生かした「UMAMI BURGER」とは、どんなハンバーガーなのでしょうか? 「UMAMI BURGER 大阪新阪急ホテル店」をチェックしてきました。 関西初進出は大阪・梅田のど真ん中! 首都圏に4店舗ある「UMAMI BURGER」が関西初進出の足がかりとして選んだのは、大阪新阪急ホテル。 すぐ東隣が阪急の大阪梅田駅で、JR大阪駅も徒歩5分ほどという好立地。 「UMAMI BURGER」が入る大阪新阪急ホテルフードホールは大阪新阪急ホテルのフロントの北側。 ほかに2店舗が入ります。 そのひとつが、「廻る 元祖寿司(ガンソズシ)」。 関東に27店舗を展開する回転寿司店です。 マグロやはまちなど、50種以上の寿司が130円(税抜)~で楽しめます。 もう1軒が、イタリア・プーリア州発祥の「パンツェロット(包み揚げピザ)」を提供する「IL PANZEROTTO(イル パンツェロット)」。 モッツアレラチーズ、トマトソース、オレガノの「クラシコ」500円など、7種類のパンツェロットがそろいます。 本店は、創業者のアダム・フライシュマンがハンバーガーの旨さの秘密を分析し、生み出した旨いハンバーガーの店として2009年にロサンゼルスで創業しました。 その時にうま味の素材として研究したのが「パルメザンチーズ」、「トマトソース」、「シイタケ」、「時間をかけて煮詰めたタマネギ」。 これらとビーフ100%のパティの掛け合わせから生み出されるうま味が魅力。 最新のうま味の研究では、牛肉の旨味成分イノシン酸は、チーズやトマト、タマネギのうま味の成分のグルタミン酸と掛け合わせると7倍になると言われています。 その効果を生かしたハンバーガーが味わえるのです。 「UMAMI BURGER」ではこれを食べる! うま味を持った素材を組み合わせたメニューがそろう! もともとうま味を持ったビーフパティをさらにおいしくする食材を組み合わせるのが「UMAMI BURGER」のハンバーガー。 ベースのビーフ100%パティは粗挽きの肉感を前面に出したジューシーな味わいが魅力。 それを組み合わせる食材やソースを変えることで常時8種のハンバーガーを食べることができます。 「umami(ウマミ)」1,180円(税抜)、set 1,380円(税抜) パルメザンフリコ、ローストシイタケ、ローストトマト、キャラメルオニオン、ウマミケチャップ、ビーフパティがバンズの間にはさまれた「UMAMI BURGER」の看板メニュー。 ポイントはシイタケで、ビーフ100%のパティのおいしさを後押しします。 「cali(カリ)」1,280円(税抜)、set 1,480円(税抜) チェダーチーズ、ダイスオニオン、ハウススプレッド、ミソマスタード、ディルピクルス、サラダ菜、スライストマト、ビーフパティを組み合わせたハンバーガーらしい構成。 チェダーチーズやトマトなど、スタンダードながら、ミソマスタードをしのばせてアクセントにしています。 セットメニューには、ポテトとドリンクが付きます。 ほかにも、いちごフレーバーとホイップクリーム、濃厚でミルキーなシェイクを組み合わせた「strawberry Shake(ストロベリー シェイク)」580円(税抜)などのミルクシェイクも好評。 バニラ、チョコレート、黒ごま、バナナクッキー、キャラメルポップコーンの計6種のミルクシェイクを用意しています。 今回、大阪のこちらにお店を出した理由は? 「私の出身地でもあるし(笑)、やはり魅力的な土地だと思ってはいましたので、以前から考えていました。 今回、梅田のすごくいい場所に出せるお話をいただき、出店させていただきました。 また、アメリカの本社はホテル経営もしていますので、ホテルの1Fというのも魅力を感じています」 「UMAMI BURGER」のうま味の秘密は食材の組み合わせだと思うのですが、ほかにあれば教えていただけませんか? 「『UMAMIマスターソース』というソースと『UMAMIダスト』という粉末をすべてのハンバーガーに使用しています」 『UMAMIマスターソース』は、どんな食材を使用しているのですか? 「すべてはお伝えできませんが、醤油ベースに魚介を加えているようです。 実は私もはっきり知らされていないシェフだけの秘密なんです」 『UMAMI ダスト』も秘密ですか? 「そうですね。 こちらはシイタケと魚介らしいということしか…」 グルタミン酸やグアニル酸といったアミノ酸のうま味のエキスということですね 「『UMAMI BURGER』ですからね」 うま味の部分はアメリカの本社からの指示だと思うのですが、日本オリジナルのメニューもありますよね? 「ハンバーガーは、同じモノもありますが、違うモノもあります。 ありがたいことに、アメリカの本部から信頼されていまして、食材などもこちらで用意したものをたくさん使用しています。 もちろん、本国のシェフのチェックを受けて食材もメニュー開発もしていますが、日本のいいところは取り入れる柔軟性も持っていますのでうまく融合したおいしいハンバーガーになっています。 ここだけの話、バンズは日本の方が絶対においしい(笑)」 本社がかなり寛容なんですね 「いや、それはこちらのスタッフの努力とうま味の国という信頼感だと思います。 ドバイやメキシコの『UMAMI BURGER』は、しっかり管理されているようです」 今後も関西で出店されていかれるのですよね? 「もちろんです。 メニューも年3回ほど変えていますし、何度でも来て欲しいです。 『spicy jo』のような大阪限定メニューも用意していますので、ぜひ!」 メニューは、オーダーカウンターの向かって右で注文、左で受け取り。 注文を受けてから焼き始められますので、できあがりに5~10分かかります。 カウンターの前には、19席分のスペースがありイートインでも、テイクアウトでも利用できます。 大阪で、いろんなタイプのハンバーガーが食べられるようになったのはうれしいですね。 「UMAMI BURGER」を、サンフランシスコで食べたことがあります。 そちらの店はスタジアムのそばということで、ビールを飲みながらハンバーガーを楽しむ人がたくさんいまして、アメリカ人にとってハンバーガーがすごく身近なんだなと実感しながら食べました。 そんな国で注目を集めるハンバーガー。 ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。

次の