よう 実 ss。 【よう実】 特典ssが超豪華!!原作勢は買わなきゃ損!!!【2年生編進級おめでとう!!】

#1 よう実SS 一之瀬帆波

よう 実 ss

Contents• 最初に よう実の画集第2弾が発売されましたが,内容がとても良くて満足しました。 イラストがたくさん載っている画集だけでなく,これまで公開されてきたよう実1年生編の特典SSが全て収録されている文庫も入っているのは豪華でした。 よう実画集第2弾についての感想 イラストについて よう実のイラストがいっぱい収録されていましたね。 5巻のイラストや雑誌掲載イラスト、TVアニメ用に描かれたイラストが収録されていて豪華だったな。 ぼくは,よう実7. 5巻の綾小路と軽井沢のイラストが大好きです。 アニメ用に描かれたイラストには 見たことがないものもあって,嬉しかったです! これまでのイラストに,トモセシュンサク先生のコメントが載っているのは面白かったな。 正直,もう少し新規イラストがあってくれたら 更によかったなと思いました。 気になったところ ・綾小路らのメインキャラが退学する可能性もあるかも!? ・2年生編では色んな人物がいなくなり,波乱の2年生編になる。 ・ひよりは これから更に活躍する機会が増える! ・過去編などは行わない ・これからも4ヶ月スパンで刊行を行いたい,できれば3ヶ月にしたい 他にも 色々と気になるところが多いインタビューだったな。 衣笠先生は 誰にもホワイトルームの刺客を教えていないのはスゴいですね。 これからも「よう実」の物語は 止まらずに更に進んでいきそうで,期待がもてます! スポンサーリンク よう実のSS総集編の感想 「よう実」1年生編の1巻から11. 5巻までの特典SSが収録されていましたが,とても豪華に感じました。 文庫本1冊のサイズはあって,見た目の満足感もスゴかったです(笑 読んだことがない特典SSがいっぱいあって 嬉しかったです。 画集第2弾:龍園 翔の特典SS 11. 5巻で 綾小路と龍園が出会ったところの龍園の心境が描かれましたね。 龍園は 綾小路と会う前に,坂柳と会っていたのか。 坂柳の龍園に対する評価も1年経つことで変化したみたいです。 龍園は 2年生のときには,坂柳を本気で潰しにかかるようで楽しみです。 綾小路は自分が退学するかもしれないと言ったことに対して,「綾小路を退学させられるとしたら俺だけだ」と断言するところはカッコ良かったな。 2年生編でも綾小路と龍園の絡みが描かれていくだろうから,どんな関係になっていくのかとても楽しみです! 画集第2弾:軽井沢 恵の特典SS 11. 5巻の最後であった展開の軽井沢サイドの話でした。 とにかく軽井沢が可愛かったです。 軽井沢には 本当に幸せになってほしいです! まとめ よう実の画集第2弾は 満足感が高く,よう実が好きな人にはオススメできる商品でした。 よう実2年生編が終わったときか,2年生編が半分終わったときに,また 画集第3弾が発売してくれると嬉しいです! よう実2年生編が どんな物語になるのか楽しみです。 それでは,読んでくれてありがとうございました。

次の

#1 やはり俺の実力至上主義の教室はまちがっている。設定&プロローグ

よう 実 ss

ヤンデレが好きなので書いてみました。 もっと長く書く事は出来たのですが、暇つぶしのつもりですし、一度に完結させるのは大変なので小分けにさせて頂きました。 ちなみに一次創作のラブコメを書いています。 もし良ければ読んで下さい 殴 [newpage]... なるほど。 俺の名前は綾小路清隆。 高度育成高等学校に通う学生だ。 たった今、一冊の漫画を読み終わった所だ。 俗世を学びたい俺は、友人の池と山内から数種類の漫画を借りて自室で読んでいた。 ヤンデレ。 『病み』と『デレ』の二つの言葉を合わせた略語らしい。 端的に説明すると、相手に過剰なまでの愛情を抱くあまりに、異常な考えを持ったり行動を取ったりしてしまう事だ。 しかし、恋愛漫画だというので予想は付いていたが、なかなか過激なシーンが多かった。 漫画なので絵があるのでなおさらだ。 椎名に借りた本を返すついでに図書館で読もうかと考えたが、念の為部屋に戻って正解だった。 これが本屋に普通に置いてあると言う事は、早い話幼い子供でも買えてしまうのか。 事実は小説よりも奇なりと言うが、逆もまた然り。 漫画故にキャラクターの表情や考えが読み取り易く、様々な人間模様が学べて存外楽しめた。 まあ所詮は漫画。 こんなヤンデレなんて、実際に居る訳が無いがな。 * 次の日、俺はいつものように登校した。 また堀北に小言を言われると思うと頭が痛くなる。 それもこれもクラス間の争いがあるせいなのだが、学校に文句を言った所でどうにもならない。 そんな不毛な事を考えながらエレベーターに乗ると、櫛田と堀北が乗っていた。 俺の悩みの種二つと朝から鉢合わせするとは、俺もついていない。 「おはよう、綾小路君!」 「おはよう... 」 櫛田は元気に、堀北は相変わらず無愛想に挨拶を寄越す。 櫛田は裏が無ければ、堀北は可愛げを持ってくれれば、今のこの状況は喜ばしい事なのだが。 「綾小路君、一緒に行こうよ!」 櫛田はいきなり俺の腕を組み、まるで堀北に見せつけるように仲良さげにする。 敵視している堀北に対する、ちょっとした意趣返しなのだろう。 俺としては今どちらの味方をしたい訳でもないのだが、お互い何も思っていない異性にそんな事をされても気まずいだけだし、堀北から怒りを買われると困るので、引き剥がす事にした。 「一緒に行くのは構わないが、歩き辛いから離れよう。 」 「え~?つれないなぁ。 」 櫛田はわざとらしく不満そうな態度を取って手を引いた。 堀北はそんな俺達の様子を睨み付けている。 これは後で嫌みやら何やら言われるかもしれないな。 適当に聞き流すとしよう。 そしていつものように学校に着いた。 だがそこからの出来事は、決していつも通りにはならなかった。 俺は一体、どこで選択を誤ったのだろうか... ~続く~ [newpage]ご閲読ありがとうございました。 先述はしましたが、本当に短くて申し訳ありません。 て言うかヤンデレがまだ登場すらしていない... ヤンデレが好きなので書いてみました。 もっと長く書く事は出来たのですが、暇つぶしのつもりですし、一度に完結させるのは大変なので小分けにさせて頂きました。 ちなみに一次創作のラブコメを書いています。 もし良ければ読んで下さい 殴[newpage]... なるほど。 俺の名前は綾小路清隆。 高度育成高等学校に通う学生だ。 たった今、一冊の漫画を読み終わった所だ。 俗世を学びたい俺は、友人の池と山内から数種類の漫画を借りて自室で読んでいた。 ヤンデレ。 『病み』と『デレ』の二つの言葉を合わせた略語らしい。 端的に説明すると、相手に過剰なまでの愛情を抱くあまりに、異常な考えを持ったり行動を取ったりしてしまう事だ。 しかし、恋愛漫画だというので予想は付いていたが、なかなか過激なシーンが多かった。 漫画なので絵があるのでなおさらだ。 椎名に借りた本を返すついでに図書館で読もうかと考えたが、念の為部屋に戻って正解だった。 これが本屋に普通に置いてあると言う事は、早い話幼い子供でも買えてしまうのか。 事実は小説よりも奇なりと言うが、逆もまた然り。 漫画故にキャラクターの表情や考えが読み取り易く、様々な人間模様が学べて存外楽しめた。 まあ所詮は漫画。 こんなヤンデレなんて、実際に居る訳が無いがな。 * 次の日、俺はいつものように登校した。 また堀北に小言を言われると思うと頭が痛くなる。 それもこれもクラス間の争いがあるせいなのだが、学校に文句を言った所でどうにもならない。 そんな不毛な事を考えながらエレベーターに乗ると、櫛田と堀北が乗っていた。 俺の悩みの種二つと朝から鉢合わせするとは、俺もついていない。 「おはよう、綾小路君!」 「おはよう... 」 櫛田は元気に、堀北は相変わらず無愛想に挨拶を寄越す。 櫛田は裏が無ければ、堀北は可愛げを持ってくれれば、今のこの状況は喜ばしい事なのだが。 「綾小路君、一緒に行こうよ!」 櫛田はいきなり俺の腕を組み、まるで堀北に見せつけるように仲良さげにする。 敵視している堀北に対する、ちょっとした意趣返しなのだろう。 俺としては今どちらの味方をしたい訳でもないのだが、お互い何も思っていない異性にそんな事をされても気まずいだけだし、堀北から怒りを買われると困るので、引き剥がす事にした。 「一緒に行くのは構わないが、歩き辛いから離れよう。 」 「え~?つれないなぁ。 」 櫛田はわざとらしく不満そうな態度を取って手を引いた。 堀北はそんな俺達の様子を睨み付けている。 これは後で嫌みやら何やら言われるかもしれないな。 適当に聞き流すとしよう。 そしていつものように学校に着いた。 だがそこからの出来事は、決していつも通りにはならなかった。 俺は一体、どこで選択を誤ったのだろうか... ~続く~[newpage]ご閲読ありがとうございました。 先述はしましたが、本当に短くて申し訳ありません。 て言うかヤンデレがまだ登場すらしていない... 次回から必ず盛り上げます!.

次の

#1 春休み最後の日

よう 実 ss

ヤンデレが好きなので書いてみました。 もっと長く書く事は出来たのですが、暇つぶしのつもりですし、一度に完結させるのは大変なので小分けにさせて頂きました。 ちなみに一次創作のラブコメを書いています。 もし良ければ読んで下さい 殴 [newpage]... なるほど。 俺の名前は綾小路清隆。 高度育成高等学校に通う学生だ。 たった今、一冊の漫画を読み終わった所だ。 俗世を学びたい俺は、友人の池と山内から数種類の漫画を借りて自室で読んでいた。 ヤンデレ。 『病み』と『デレ』の二つの言葉を合わせた略語らしい。 端的に説明すると、相手に過剰なまでの愛情を抱くあまりに、異常な考えを持ったり行動を取ったりしてしまう事だ。 しかし、恋愛漫画だというので予想は付いていたが、なかなか過激なシーンが多かった。 漫画なので絵があるのでなおさらだ。 椎名に借りた本を返すついでに図書館で読もうかと考えたが、念の為部屋に戻って正解だった。 これが本屋に普通に置いてあると言う事は、早い話幼い子供でも買えてしまうのか。 事実は小説よりも奇なりと言うが、逆もまた然り。 漫画故にキャラクターの表情や考えが読み取り易く、様々な人間模様が学べて存外楽しめた。 まあ所詮は漫画。 こんなヤンデレなんて、実際に居る訳が無いがな。 * 次の日、俺はいつものように登校した。 また堀北に小言を言われると思うと頭が痛くなる。 それもこれもクラス間の争いがあるせいなのだが、学校に文句を言った所でどうにもならない。 そんな不毛な事を考えながらエレベーターに乗ると、櫛田と堀北が乗っていた。 俺の悩みの種二つと朝から鉢合わせするとは、俺もついていない。 「おはよう、綾小路君!」 「おはよう... 」 櫛田は元気に、堀北は相変わらず無愛想に挨拶を寄越す。 櫛田は裏が無ければ、堀北は可愛げを持ってくれれば、今のこの状況は喜ばしい事なのだが。 「綾小路君、一緒に行こうよ!」 櫛田はいきなり俺の腕を組み、まるで堀北に見せつけるように仲良さげにする。 敵視している堀北に対する、ちょっとした意趣返しなのだろう。 俺としては今どちらの味方をしたい訳でもないのだが、お互い何も思っていない異性にそんな事をされても気まずいだけだし、堀北から怒りを買われると困るので、引き剥がす事にした。 「一緒に行くのは構わないが、歩き辛いから離れよう。 」 「え~?つれないなぁ。 」 櫛田はわざとらしく不満そうな態度を取って手を引いた。 堀北はそんな俺達の様子を睨み付けている。 これは後で嫌みやら何やら言われるかもしれないな。 適当に聞き流すとしよう。 そしていつものように学校に着いた。 だがそこからの出来事は、決していつも通りにはならなかった。 俺は一体、どこで選択を誤ったのだろうか... ~続く~ [newpage]ご閲読ありがとうございました。 先述はしましたが、本当に短くて申し訳ありません。 て言うかヤンデレがまだ登場すらしていない... ヤンデレが好きなので書いてみました。 もっと長く書く事は出来たのですが、暇つぶしのつもりですし、一度に完結させるのは大変なので小分けにさせて頂きました。 ちなみに一次創作のラブコメを書いています。 もし良ければ読んで下さい 殴[newpage]... なるほど。 俺の名前は綾小路清隆。 高度育成高等学校に通う学生だ。 たった今、一冊の漫画を読み終わった所だ。 俗世を学びたい俺は、友人の池と山内から数種類の漫画を借りて自室で読んでいた。 ヤンデレ。 『病み』と『デレ』の二つの言葉を合わせた略語らしい。 端的に説明すると、相手に過剰なまでの愛情を抱くあまりに、異常な考えを持ったり行動を取ったりしてしまう事だ。 しかし、恋愛漫画だというので予想は付いていたが、なかなか過激なシーンが多かった。 漫画なので絵があるのでなおさらだ。 椎名に借りた本を返すついでに図書館で読もうかと考えたが、念の為部屋に戻って正解だった。 これが本屋に普通に置いてあると言う事は、早い話幼い子供でも買えてしまうのか。 事実は小説よりも奇なりと言うが、逆もまた然り。 漫画故にキャラクターの表情や考えが読み取り易く、様々な人間模様が学べて存外楽しめた。 まあ所詮は漫画。 こんなヤンデレなんて、実際に居る訳が無いがな。 * 次の日、俺はいつものように登校した。 また堀北に小言を言われると思うと頭が痛くなる。 それもこれもクラス間の争いがあるせいなのだが、学校に文句を言った所でどうにもならない。 そんな不毛な事を考えながらエレベーターに乗ると、櫛田と堀北が乗っていた。 俺の悩みの種二つと朝から鉢合わせするとは、俺もついていない。 「おはよう、綾小路君!」 「おはよう... 」 櫛田は元気に、堀北は相変わらず無愛想に挨拶を寄越す。 櫛田は裏が無ければ、堀北は可愛げを持ってくれれば、今のこの状況は喜ばしい事なのだが。 「綾小路君、一緒に行こうよ!」 櫛田はいきなり俺の腕を組み、まるで堀北に見せつけるように仲良さげにする。 敵視している堀北に対する、ちょっとした意趣返しなのだろう。 俺としては今どちらの味方をしたい訳でもないのだが、お互い何も思っていない異性にそんな事をされても気まずいだけだし、堀北から怒りを買われると困るので、引き剥がす事にした。 「一緒に行くのは構わないが、歩き辛いから離れよう。 」 「え~?つれないなぁ。 」 櫛田はわざとらしく不満そうな態度を取って手を引いた。 堀北はそんな俺達の様子を睨み付けている。 これは後で嫌みやら何やら言われるかもしれないな。 適当に聞き流すとしよう。 そしていつものように学校に着いた。 だがそこからの出来事は、決していつも通りにはならなかった。 俺は一体、どこで選択を誤ったのだろうか... ~続く~[newpage]ご閲読ありがとうございました。 先述はしましたが、本当に短くて申し訳ありません。 て言うかヤンデレがまだ登場すらしていない... 次回から必ず盛り上げます!.

次の