コロナ 妊娠。 新型コロナ、妊娠中の母子感染「まれだが起こり得る」 中国研究 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

「新型コロナウイルス」妊娠中にかかるとどうなる?赤ちゃんへの影響は?

コロナ 妊娠

新型コロナウイルスの流行が止まらない。 どうすれば感染を防げるのか、妊娠中の女性や妊娠を望む女性の不安が高まっている。 働く妊婦からも「休めない」「テレワークが認められない」などと窮状を訴える声も。 妊婦が感染しないためにできることと正しい知識を専門医に聞いた。 風疹のような母子感染の可能性は、低い 東京都東久留米市の産婦人科医、太田寛(ひろし)さん(55)は新型コロナウイルスについて「風疹のように胎盤を通じて母子感染したり、赤ちゃんに障害が出たりする可能性は低い。 落ち着いてできる範囲の感染予防をしてほしい」と話す。 日本産婦人科感染症学会も「感染による流産、死産のリスクが高いとする報告はない」とするが、「一定頻度で子宮内での感染が起きる可能性が報告されている」とも指摘する。 投薬は制限 妊娠末期は重症化の可能性 一方で、妊婦特有のリスクも。 同学会副理事長で日本大医学部教授の早川智(さとし)さん(61)は「新型コロナに限らず、妊婦がウイルス感染すると投薬など治療の手段が限られる」と話す。 また「妊婦は妊娠末期に横隔膜が上がって呼吸しにくくなるため、呼吸器疾患が重症化する可能性がある」と注意を呼び掛けている。 ネット情報は信頼できる出所かチェックを ネットなどで妊婦の不安をあおる書き込みが増えているが、出所には注意が必要だ。 太田さんは「主治医と相談したり、SNSなら各自が信頼できる専門家のアカウントをフォローしたりして、正しい知識を身につけて」と助言する。 マスク不足も妊婦には悩ましい。 ただウイルスの粒子は極めて小さく、「市販のマスクを貫通する」と早川さん。 手指で不用意に口や鼻を触るのを防ぐ効果はあるものの、「感染予防の有効性は賛否両論なので、入手できなくても過度に焦る必要はない」。 早川さんは「せっけんで十分。 泡がウイルスを包む膜を壊し死滅させるので、よく泡立てて」とする。 外出後や食事前など、20秒以上手首まで洗う。 体調が悪くなったら、いきなり病院に行くのは控える。 「かかりつけ医や主治医に電話で相談し指示を仰いで」と早川さん。 家族の感染や、妊婦と感染者との濃厚接触があった場合は、都道府県の「帰国者・接触者相談センター」にすぐ連絡を。 PCR検査を受けられる条件も、妊婦は「37. 5度以上の発熱や倦怠(けんたい)感が2日以上続く場合(一般の人は4日以上)」と緩和されている。 こうした要請などを受けて、厚生労働省は1日、働く妊婦への配慮を経済団体などに要請した。 訂正と経緯(4月13日追記) 第4段落を削除し、新たな情報を追加しました。 太田寛さんから「元の記事は話した主旨と異なる」との指摘を受けたためです。 「在宅勤務を認めてほしい」働く妊婦の切実な訴え 仕事を休めずにいる働く妊婦からは悲鳴にも似た声が上がる。 都内の商社勤務の女性(30)は妊娠7カ月。 休校中の子どもがいると在宅勤務できるが、妊婦だと1時間の時差出勤のみ。 初めての出産に不安を感じながら、毎日片道1時間以上かけて通勤。 在宅勤務の仲間のカバーで残業も増えている。 「妊婦も在宅に」と訴えたが却下された。 「おなかの小さな命は守るべき命として数えられていない」と疎外感を感じている。 兵庫県の銀行員女性(27)は妊娠4カ月。 営業職で、客と近距離で話す機会も多い。 「妊娠中は服薬に制限があり、感染した場合、胎児への影響も分からない。 国は企業に、妊婦の出勤停止を働きかけてほしい」 産婦人科医の太田寛さんは、休めないうちは「通勤時や職場の感染リスクを下げることが重要」と話す。

次の

中高生の妊娠相談過去最多 新型コロナによる休校影響か 熊本・慈恵病院

コロナ 妊娠

こんにちは。 私は子持ち30代前半女性です。 年齢的にも、次の妊娠を急ぎたい気持ちです。 日本産婦人科医会のコロナに関する文書も読みましたが、それでもやはり妊娠を望んでました。 しかし最近はコロナの長期化の記事などを読み、実際に上の子の遊び場 児童館、幼児乳児イベント等 もなくなる中、今後も出かける場所が少ないことを痛感し、産後のストレスが増えることが予想されてきました。 産前の不安だけなら、耐えれらかもしれませんが、産後もこのストレスが続くのかと思うと、妊娠の先延ばしに切り替わってきました。 主人は早々にリスクを考え、すでに妊娠したくない意向でした。 日々老化は進む体、それぞれの事情も違うと思いますが、皆さんの家庭ではどのような判断をされてますか? ユーザーID: 2395518444 私も今年妊娠を希望していましたが、夫婦で話し合い先延ばしにすることにしました。 中国で母子感染の症例があったこと、母体が感染し肺炎を発症した場合帝王切開で分娩したことなどを報じた記事を読んでから今妊活するのは無責任かなと思いました。 今はとにかく病院に負担をかけないようにしないと。 もちろん自然に授かった場合は産む判断をしますが、排卵日を調べてタイミングみたりする「妊活」はもう少し安心出来るようになってからかなと。 私も思い描いていた家族計画が狂ってコロナに腹立たしい気持ちでいっぱいですが、今はとにかく医療機関に負担をかけないようにするのが大切かなと思います。 ちなみに私は36歳です。 老いていく身体に不安を感じる気持ち分かります。 何の保証もありませんが、私は来年に期待しています!! ユーザーID: 9953678212• 夏に出産予定のものですが 妊娠してる身としては、怖くてたまらないですよ、、、 いま感染してしまったら、使える薬は限られてくるので重症化リスクは高いですし 収束を願いますが、感染は拡大する一方ですし、 新薬の開発は、有効性だけでなく副作用などの安全性も確認しなければならないので時間がかかるため、年内の目処は立っていませんし… なにより、新薬が妊婦に使える保証はありません。 (現在、市場に出ているお薬でも妊婦は禁忌だったり、使用成績が無いものも多いです) ありがたいことに、私の会社は2月なかばから全社テレワークなので、なるべく家にこもっていますが… 私も30代前半なので、昨年の秋ごろにそろそろ子作りをと思って頑張りましたが、 まさかこんなタイミングになるとは、、、と、すこし悲しい気持ちです。 感染防止のために、マタニティクラスや立ち会い出産、健診の付き添いも全て中止なので、 何もわからないまま、新生児の育児をすることになりそうです。 妊娠中の身としては、もし身近な人に同じ質問をされたら、オススメはできないと答えると思います。 授かりものですし、難しい問題ではあると思うのですが……ご参考までに。 ユーザーID: 9604900052• 夏に出産予定です。 私は完全に減ると思っていました。 これは、その人の属性 似たような考え方 にもよるのかも知れません。 不妊治療で時間がない!と思う人は続けるだろうし、 まだ少しでも余裕があると思える人は、延ばすと思いました。 私は妊娠初期です。 判明したのが日本でコロナが言われ始めた頃だったので、正直、タイミングが悪かった…と思いました。 もう妊娠した以上頑張るしかありませんが。 その時に、あぁ、同級生は減るなと思いました。 うちは10月下旬が出産になります。 今から4ヶ月くらいの妊娠は年末〜早生まれになりますから、元々避けたいと思う人は多いと思ってました。 お受験などする方も多いので、やはり4月から夏生まれを望む人が元々多いと感じます。 なので、今年度産まれる子ども達は、うちの10月生まれは遅い方になるのかなと。 自粛で妊娠が増えるというのは思ってもみませんでした。 ネットでそういう記事を見て、あぁ!そういうこともあるのかと。 確かに、あまりよく考えない感じの方々は、自粛生活で"思わぬ"妊娠が増えるのかも知れませんね…。 ユーザーID: 8751412649• ベビーブーマーにはならない 不妊治療しています。 私は発表を受けて延期しました。 そもそも病院からは今の時期は治療の延期を求められたり、場所によっては治療自体を中止しています。 そのくらいコロナが妊婦に対してリスクが高いからです。 さらに妊婦自体が心配という理由の他に今コロナに対してリスクが高い人が増えるという事はその人に対して医療の手が割かれたり病床を取られ医療崩壊を助長することに繋がるというのもあります。 世界的には本来は治療、自然にかかわらず「妊娠自体を延期して下さい」ともっとお願いしたい所ですが、命が誕生するという事に対してストップをかけるのは批判の対象になるのであまり声を大にして言えないのが実情です。 なので不妊治療している人達は病院を通して説明を受け妊娠に対して検討出来ますが、自然妊娠の人達は日本生殖医学会からの発表すら知らず「何となく不安だけど出来ちゃった〜」くらいの人が多いように思います。 私達が治療する・しないの選択をするのと同じく、自然の人達は避妊する・しないの選択が出来ると思います。 妊娠する人達を批判する気持ちはありません。 あまり報道されていないので今の妊娠に対しての実情を知らない人も多いと思いますし、知らなければ自分の思いだけで妊娠を選択する人もいると思います。 なのでもっと沢山の人に今の妊婦を取り巻く実情を知って欲しいですし、その上で自分の状況と合わせて判断して欲しいです。 もちろん其々の事情があるでしょうから妊娠自体は否定しません。 私も残りの排卵出来る数は多くないので妊娠は焦っています。 ただもう少し状況が落ち着いてから妊娠に望む事にしました。 もしそれで妊娠が出来なくてもそれも運命かと…。 いつだとしても妊娠出来る時は出来るし出来ない時は出来ませんからね。 この件は本当に悩みますよね。 いつ妊娠する事を選んでもトピ主さんが元気なお子さんに恵まれますように…。 ユーザーID: 5443101061• おすすめしません 臨月の妊婦です。 こんなことになるとわかっていたら妊娠は避けたかったというくらい、今辛いです。 当たり前ですが、病院もタクシー会社も公共の交通機関も託児所やベビーシッター業者も、社会全体が感染を恐れて縮小しています。 もちろん友人知人や親戚の力も借りにくい状況です。 でも、妊産婦やその家族って産前も産後も、想像以上に人の助けを必要とするんですよ。 出産経験のあるトピ主様ならよくご存知と思います。 今は特に、周りに助けを求められる人がいなければ、そのしわ寄せは全て妊婦や赤ちゃんにのしかかります。 本当に今辛いです。 自分のことばかり書いてしまいましたが、病院や交通機関も役所も手一杯ですし。 社会全体を見ても、コロナ終息までは妊娠出産の全体数は減った方がいいとしか思えません。 ユーザーID: 0387958706.

次の

コロナ流行で妊娠を延期・休止する女性が続出。2021年の出生数は70万人を割り込む可能性も。

コロナ 妊娠

多大な影響を及ぼしているのは、社会だけではなくなりはじめている。 というのも、もっとも身近な夫婦間や家族間といったところでも、あちこちから「もう限界かも……」という声が上がってきているのだ。 あの時、多くの夫婦間や家族間、恋人間ではお互いの存在の大切さと向き合い、絆を深めたはず。 その一方で、「誰とどんなふうに生きていくか?」を突き詰めて考えた結果、本当に大事にしたいものが見え、人生の方向転換という大きな決断をした人もいたという。 社会的に大きく動揺する事態が生じると、私たちそれぞれが持っている価値観は浮き彫りになりやすい。 その結果、夫婦間や家族間といった、それまで安定していたはずの関係が、思いもよらない方向に変化していくことがあるのだ。 じつは、今回の新型コロナウイルスの件でも、価値観の違いが明るみに出てきた夫婦の相談例が、少しずつではあるものの確実に増加している。 時間がたって2020年の今という時期を振り返った時、「なぜあの時、あんな選択はしたのだろうか」などと後悔をしないためにも、この時期に寄せられた夫婦問題の実例を読み、夫婦関係を見直すきっかけにしてほしい。 在宅勤務中の電話にイライラ、昼食作りで衝突… 【Case1】在宅勤務の夫に嫌気がさした妻 結婚8年目のA子さん(37歳)は現在、同じ年の夫との離婚を真剣に考えているところだという。 きっかけは新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした会社の配慮により、夫が在宅勤務になったことだった。 IT関連の仕事に就いているため、以前から自宅で仕事をすることが多かったA子さんは、「いつも夫の出勤後、私はリビングで仕事をしながら家事もこなしていたが、在宅勤務になってからは私の椅子を堂々と占拠している夫。 自分のペースで動けないことに、相当ストレスを感じる。 今はもう『自分はいかにも重要な仕事をしてますよ』というアピール混じりの口調で電話をしている姿にすらイライラする」とのこと。 朝食だけでなく、昼食や夕食もA子さんが支度をしている理由は、「夫にやらせたほうが面倒だとわかったから」。 在宅勤務がスタートして1週間たった頃、「せめて昼食づくりだけは分担してほしい」とA子さんが申し出たところ、夫はしぶしぶ承知したという。 ところが、料理をはじめてみると「フライパンはどこにしまってあるのか?」「野菜はどのくらいの大きさに切るべき?」「塩はどれを使えばいい?」といった些細なことでA子さんの仕事をたびたび中断した挙句、1時間もかけてようやくつくった味のない塩ヤキソバを前に不機嫌顔。 しまいには「料理は女の仕事だろう」とモラハラ発言まで出る始末。 「……もういいよ。 料理は私がやるから」とA子さんがあきらめ、夫に伝えるまでにそう時間はかからなかった。 「この生活が続くのは耐えられない」 結局、料理だけでなく掃除や洗濯などすべての家事の負担はこれまでと変わらないにもかかわらず、お互いのストレスばかりが増大する今の生活。 それでも四六時中、夫と顔を合わせていなくてはならない状況にイライラもピークに達したA子さんは「この生活がずっと続くと思うと耐えられそうにない。 幸い私たちには子どももいないし、離婚という選択肢もありかもしれない」とため息をつく。 長期化する在宅勤務に際しては、「家事代行サービスの導入」や「家の間取りの見直し」などの策を講じることでストレスを軽減できるケースもある。 それにかかる費用や手間には代えられない円滑な夫婦生活が得られる可能性はあるだろう。

次の