コロナ 美容 院 行っ てい いか。 コロナが流行っているけど、そんな時に美容室に行っても良いのか?

新型コロナの影響でいつもの美容院に行きたくないからリバースケアした

コロナ 美容 院 行っ てい いか

美容院のコロナ対応とは? しっかりした方針をもって美容院を営業しているところは、やはりきちんとしたコロナウイルス対策を行っています。 自粛要請を守っている 日本政府の要望を受け、自粛要請を守っていることを、ホームページなどで紹介しています。 店内管理を明らかにしている 細心の店内管理を心がけていることを、ホームページなどで明らかにしています。 クラスターの認識が高い コロナウイルスの蔓延により、自店がクラスターになり得る点を明確にしています。 その他にも、美容院では様々なコロナウイルス対応を開いています。 店内・スタッフに対して• 毎朝の検温(37. 5度以上なら自宅待機)• マスクの着用とこまめな手指の消毒• 施術毎の器具の消毒やセット面の消毒• 扉やレセプションなど、お客が触れる場所のこまめな消毒• こまめな換気• サロン内で人の密度が高くならないように、お客の予約を制限• シフト制にして可能な限り最小のスタッフで営業• 施術はとなりのお客と1席以上空ける• シャンプー中の会話禁止 お客に対して• 来店時の検温(37. 5度以上の発熱)、咳や喉のいたみなど体調がすぐれない人には予約の変更をお願いする。 入店時の手指消毒、お客が施術中、マスクの着用を認めている。 予約の際に、2週間以内に海外渡航歴のある人・感染が疑われる人と接した人には、2週間後以降に来店の変更をお願いする。 美容業界も、ここまで企業努力をしています。 ただ、やはり美容師は悲鳴を上げ、警鐘を鳴らしているんです! そのわけは…。 コロナ対応で美容院がキャンセルを求める理由とは? 美容院がキャンセルを求める理由の一つは、お客に対する不安のようです。 また、自分の勤めるところがクラスターになってしまったら…との心配も、理由の二つ目として当然だと思います。 美容師の意見は? 美容師の方で同じ考えの人がいるって思うとなんとか頑張れるな。 変に意識高いひと多いから言いにくいけど 、やっぱりこの事態で営業するのって頭おかしいよね?? 同じ境遇の方、今日も社畜頑張りましょう!(引用:Twitter) 美容室を経営してる者です。 緊急事態宣言の中それでも美容室、理容室は生活に今必要ですか?会話、接触は避けれません、 危険と隣合わせです。 このままでは助かる命も助かりません(引用:Twitter) 毎日多数のお客を接客して、誰がどこで感染しているかもわからない。 笑顔で接客はするが、内心は感染する、感染させるのどちらにもなりうる恐怖。 美容室ってそんなに急用ですか。 皆さんコロナの話ばかりしますが、それなら来るなよ、が全国の美容師の本音です。 (引用:Twitter) 理美容室の休業要請の再検討をお願いしたいです。 キャンセルが出るどころか予約は増えるばかり、 コロナを甘く見ている人がこんなにいるのかと驚きますが、これが現実…毎日恐怖です。 しかし補償がなければ 生活が成り立たなくなる為明日も現場に立ちます(引用:Twitter) 私も美容師。 もちろん感染したくない。 なのにお客さんは平気で来るし、来ては 「コロナ怖い、マスクない、どこにも行けない」って言ってベラベラ喋ってくる。 話したくないのに。 髪は切らなきゃならない、自分で切れないからって、それ今じゃなきゃダメですか?(引用:Twitter) 切実な意見ですよね…。 「しかし補償がなければ生活が成り立たなくなる為明日も現場に立ちます」 過酷な現実が、ここにあります。 お客の意見は? コロナ対策で1回店内でできる予約減らして人との間隔あけてるし、施術したら店員さん手洗いうがい消毒してるし椅子とかも終わる度消毒してるみたい!換気の為にドアずっと空いてたな。 客としてはそうしてくれるのはありがたいね(引用:Twitter) 私もそろそろ髪染めたかったのですが コロナの影響で美容院はやめようと思ってセルフでやろうと思っていました!(引用:Twitter) 今は、いつも通り通勤して、飲食店で食事をする、 美容院に行くといった、我々一人ひとりの「普通」の行動自体が、感染を拡大させるリスクだと、強く認識すべきです。 自分が「無症状の感染者だ」と思って行動することが、大切だと思います。 このことが、多くの人に伝わればと願っています。 (引用:Twitter) 美容室でクラスター発生ってニュース聞いて、来週予約入れてた美容室キャンセルした。 うちの市内はまだ感染者でてないけど、 わざわざ自分から濃厚接触しにいく訳にもいかないよね。 (引用:Twitter) 本当に他人事じゃないよ!その 雑誌本当に綺麗?クロスは?シャンプー台は? 出されたお茶には?コロナのウイルス付いてない?(引用:Twitter) 「客としてはそうしてくれるのはありがたいね」 企業努力が実ったと、美容師さんも喜んでいると思います! 「我々一人ひとりの「普通」の行動自体が、感染を拡大させるリスクだと、強く認識すべきです」 本当にそうですね。 自覚が増しました!!.

次の

コロナが流行っているけど、そんな時に美容室に行っても良いのか?

コロナ 美容 院 行っ てい いか

福井新聞の調査報道「ふくい特報班」(通称・ふく特)で、新型コロナウイルス感染を心配する美容師の声を紹介したところ、感染防止策を工夫しながら営業を続けている店も多いという声が寄せられている。 福井県美容業生活衛生同業組合は「店によって対応はさまざまだが、従業員、利用者がともに安心できるよう、全県で安心・安全の取り組みを広げていきたい」と呼び掛けている。 美容院は県の休業要請対象から外れている。 営業を続けている店で働く美容師から「ふく特」に、感染の不安を訴える声が寄せられた。 これに対し同組合は「店側、利用者双方にとって、可能な限り営業していくことがよいと考える」との方針で、組合員にマスクや消毒液を配布する一方、自主休業やふりの客を断るケースもあることから、融資や助成金の申請支援も行っている。 従来から組合員に感染症対策講習を行ってきたが、新型コロナウイルスにはいまだ不明な点も多くこれまでと同様とはいかないのが大きな課題だ。 福井市のある店は、客同士の感染を防ごうと、ビニールシートで座席を仕切る対策を講じている。 鯖江市の店では髪留めのピンを使ってマスクのひもを首の後ろでつなぎ、カット中も客にマスクをしてもらっている。 また、肌がかぶれにくい特殊なテープでマスクを口に固定する方法も使うなど、店独自でさまざまな工夫をしている。 同組合の加盟率は県内美容院の3割程度だが、山田理事長は「組合の枠を超えて感染対策を講じ、ウイルスに打ち勝つまで頑張ろう」と呼び掛けている。 してください。 情報提供をお待ちしております。 メールやファクス、郵便でも受け付けます。 情報源の秘匿は厳守します。

次の

コロナが流行っているけど、そんな時に美容室に行っても良いのか?

コロナ 美容 院 行っ てい いか

これから先、私たちはCOVID-19と共存の道を進むようです。 残念ながら、ウイルスがゼロ状態になることはないから。 このことを大前提として、恐れすぎず、賢く避けていかないと。 恐れは恐れたそのものを招きます。 所謂、引き寄せの法則。 コロナを引き寄せたいと思っている人なんていませんよね。 美容室からお葉書を頂いたのがきっかけで、 私はもう美容院に行ってきました。 白髪がすごすぎたのと、傷んだところをカットしてもらいに。 結果、行って良かった!! 下がり気味のテンションも少し上がりました。 店内では、細やかな対策をして下さっていて マスク着用のまま シャンプー、カラーリング、カットまでして頂きました。 会話はほどほどに。 歯科医院にも行きました。 不安を伴いながらも行きました。 外食も行こうと思っています。 できることはやる! 自分のことだけを考えると、 元々引きこもることに何ら抵抗がなく むしろ楽しめる方なので、楽々過ごせるのですが 今の世の中の状況を見ると、怖がってばかりはいられません。 私が使うお金なんて僅かかもしれませんが それでもお店側は本当に感謝してくださいます。 「助かります」と。 私の両親はずっとお店をやっていて、 私たち兄弟姉妹3人をそれぞれ大学まで行かせてくれました。 両親がお店でどれだけ働いていたかは、ずっと見てきたし、 手伝いもしてきたので、よく分かっています。 忙しかったのはまさにお客様のおかげ。 お客様がいらしてくれたからこそ、忙しくさせてもらいました。 本当に有り難いと今更ながら感謝の気持ちでいっぱいになります。 あの時、今のような状況になったとしたら、 私たち兄弟姉妹の人生は変わっていたでしょう。 どんな状況であれ、一人一人が社会を動かす担い手となっているということを 忘れてはいけないと思っています。 だから、自分のことだけを考えるのではなく 問題そのものに対する正しい認識と 適切な対応で、それほど恐れることなく 生きられると信じて止みません。 今回の場合だと、とにかく手洗い。 手を洗う。 手を洗いましょう。 それからマスク。 マスクはエチケット。 マスクをしましょう。 大人が、正しく見せていきませんか? 大人が腹をくくりましょう! これから先、日本人の質が上がるか、下がるか 問われているような気がしてなりません。 ブログ村ランキングに参加しています。

次の