小説家になろう 閲覧履歴。 【小説家になろうおすすめ】転生少女の履歴書【レビュー】

サイト案内

小説家になろう 閲覧履歴

直前の漢字に対してひらがなとカタカナが有効• 《》内にフリガナ• ()内にフリガナ• |で部分指定• ルビ振り補助機能を使う 例えば、小説にライトノベルというルビを振りたいなら、小説《ライトノベル》や小説(ライトノベル)で 小説 ライトノベルとなります。 《》や()は直前の連続した漢字に対して有効なので、ひらがなが入るとそこで自動的に区切ることになり、「楽しい小説《ライトノベル》」とした場合は、「楽しい 小説 ライトノベル」となってしまいます。 「楽しい小説」全体に「ライトノベル」を振る場合は「|楽しい小説《ライトノベル》」というように|で範囲を指定してください。 「 楽しい小説 ライトノベル」となります。 逆に、「説」の部分にだけルビを振りたいなら、「楽しい小|説《ライトノベル》」とすれば「楽しい小 説 ライトノベル」とすることもできます。 この|での範囲指定を使っていくと様々な応用ができるので、色々と試してみてください。 小説家になろう公式サイトでも詳しく説明されているのでこちらも合わせてご参考ください。 小説家になろう入力補助でのルビ振り機能 小説家になろうでは、入力補助機能としてルビ振り機能が付いています。 (他には一括変換や自動一字下げ機能があります) 新規小説作成か執筆中小説を選択すると、入力補助アイコンが表示されるので、その中の「ルビ」アイコンをクリックしてください。 これでルビを振る文字とルビの入力ポップアップが表示されます。 それぞれを入力して「ルビの挿入」を押すだけで、ルビが振った状態の文字が入力されます。 ちなみに、横の「傍点」アイコンでは「・・・」が振れるのでこちらも合わせてご使用ください。 小説家になろうルビ振りの注意点 では続いて、小説家になろうでのルビ振りの注意点もまとめておきましょう。 ここは覚えておかないとルビ振りに失敗してしまうポイントとなってしまいます。 タイトルにはできるだけ伝わりやすくわかりやすい文字を使うことをおすすめします。 かっこいいタイトルよりもわかりやすいタイトルの方がアクセス数は伸びる傾向です。 ルビはどのくらい使うべき? ルビをどのくらい使うのが適正かも少し気になる点かもしれませんね。 これは個人差もある部分ですが、できるだけルビを使わなくてもわかる文章にするというのがおすすめです。 あえて難しい漢字を使ってルビを振るくらいなら、 わかりやすい表現で読みやすい方を選ぶ方がユーザーライクな気がします。 かと言って全く使わないわけにもいきませんし、「呟く(つぶやく)」「翻す(ひるがえす)」のように読める人と読めない人が微妙なラインもあるでしょう。 まあ、迷ったらルビを振る方が確実でもあるので、ちょっと難しい読みならルビを振って、できるだけ難しい漢字は使わないというのがおすすめのラインです。 ルビだらけでもうっとおしいと感じてしまうので、読者のことを考慮して適切にルビを使ってみてください。 直前の漢字に対して振り仮名• 《》か()内に振り仮名• |で部分指定• 簡単ルビ振り機能も まとめるとこのような感じですね。 《》か()を使って、|で範囲指定をするという基本を応用していきましょう。 若干の注意点としては、他のサイトではルビ振り仕様が異なる場合もあるので、コピペで同時投稿する場合は注意してください。 例えば、現在のカクヨムでは「《》」や「|《》」は使えますが「()」括りは使えないようです。 この辺りのルビ仕様は小説家になろう側も変わる可能性もありますし、できるだけスタンダードなルビ振りをしていく方がいいかもしれませんね。 小説家になろう公式サイトでも詳しく説明されているのでこちらも合わせてご参考ください。

次の

年齢確認

小説家になろう 閲覧履歴

年齢確認 このページには18歳未満(高校生以下)の方に好ましくない内容が含まれる 可能性があります。 18歳未満(高校生以下)の方の閲覧を固くお断りいたします。 ご利用のブラウザはJavaScriptが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、JavaScriptを有効にしてください。 ご利用のブラウザはjQueryが利用できない可能性があります。 ブラウザやセキュリティ対策ソフトの設定を見直してください。 ご利用のブラウザはCookieが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、Cookieを有効にしてください。 現在表示中のページは小説家になろうグループの管轄ではない可能性があります。 アドレスバーを確認し、URLのドメイン部分が nl. syosetu. comである事を確認してください。

次の

「小説家になろう」と「エブリスタ」違い《閲覧履歴、アクセス解析》

小説家になろう 閲覧履歴

直前の漢字に対してひらがなとカタカナが有効• 《》内にフリガナ• ()内にフリガナ• |で部分指定• ルビ振り補助機能を使う 例えば、小説にライトノベルというルビを振りたいなら、小説《ライトノベル》や小説(ライトノベル)で 小説 ライトノベルとなります。 《》や()は直前の連続した漢字に対して有効なので、ひらがなが入るとそこで自動的に区切ることになり、「楽しい小説《ライトノベル》」とした場合は、「楽しい 小説 ライトノベル」となってしまいます。 「楽しい小説」全体に「ライトノベル」を振る場合は「|楽しい小説《ライトノベル》」というように|で範囲を指定してください。 「 楽しい小説 ライトノベル」となります。 逆に、「説」の部分にだけルビを振りたいなら、「楽しい小|説《ライトノベル》」とすれば「楽しい小 説 ライトノベル」とすることもできます。 この|での範囲指定を使っていくと様々な応用ができるので、色々と試してみてください。 小説家になろう公式サイトでも詳しく説明されているのでこちらも合わせてご参考ください。 小説家になろう入力補助でのルビ振り機能 小説家になろうでは、入力補助機能としてルビ振り機能が付いています。 (他には一括変換や自動一字下げ機能があります) 新規小説作成か執筆中小説を選択すると、入力補助アイコンが表示されるので、その中の「ルビ」アイコンをクリックしてください。 これでルビを振る文字とルビの入力ポップアップが表示されます。 それぞれを入力して「ルビの挿入」を押すだけで、ルビが振った状態の文字が入力されます。 ちなみに、横の「傍点」アイコンでは「・・・」が振れるのでこちらも合わせてご使用ください。 小説家になろうルビ振りの注意点 では続いて、小説家になろうでのルビ振りの注意点もまとめておきましょう。 ここは覚えておかないとルビ振りに失敗してしまうポイントとなってしまいます。 タイトルにはできるだけ伝わりやすくわかりやすい文字を使うことをおすすめします。 かっこいいタイトルよりもわかりやすいタイトルの方がアクセス数は伸びる傾向です。 ルビはどのくらい使うべき? ルビをどのくらい使うのが適正かも少し気になる点かもしれませんね。 これは個人差もある部分ですが、できるだけルビを使わなくてもわかる文章にするというのがおすすめです。 あえて難しい漢字を使ってルビを振るくらいなら、 わかりやすい表現で読みやすい方を選ぶ方がユーザーライクな気がします。 かと言って全く使わないわけにもいきませんし、「呟く(つぶやく)」「翻す(ひるがえす)」のように読める人と読めない人が微妙なラインもあるでしょう。 まあ、迷ったらルビを振る方が確実でもあるので、ちょっと難しい読みならルビを振って、できるだけ難しい漢字は使わないというのがおすすめのラインです。 ルビだらけでもうっとおしいと感じてしまうので、読者のことを考慮して適切にルビを使ってみてください。 直前の漢字に対して振り仮名• 《》か()内に振り仮名• |で部分指定• 簡単ルビ振り機能も まとめるとこのような感じですね。 《》か()を使って、|で範囲指定をするという基本を応用していきましょう。 若干の注意点としては、他のサイトではルビ振り仕様が異なる場合もあるので、コピペで同時投稿する場合は注意してください。 例えば、現在のカクヨムでは「《》」や「|《》」は使えますが「()」括りは使えないようです。 この辺りのルビ仕様は小説家になろう側も変わる可能性もありますし、できるだけスタンダードなルビ振りをしていく方がいいかもしれませんね。 小説家になろう公式サイトでも詳しく説明されているのでこちらも合わせてご参考ください。

次の