くるみ ボタン ピアス 作り方。 くるみボタンにビーズの縁取り(直接縫いつけ)

くるみボタンの種類と比較

くるみ ボタン ピアス 作り方

他に、パールビーズやアクリルビーズもかわいいですよ。 【道具】 ・ ビーズ針、ビーズに針が通れば普通の針でも大丈夫ですが、何回か往復するので、なるべくビーズ針のほうがいいと思います。 からみにくくて丈夫です。 ) 作り方(1) ビーズは左から右につけていきます。 糸を二本取りにしてしっかりと玉止めしたら、画像のように 少し下あたりから針を刺し、くるみボタンのふち、 真ん中あたりから針を出します。 作り方(2) 糸を引いたら、ここからスタートです。 作り方(3) まずは一つめのビーズを通します。 作り方(4) 次に、右から左に針を通しますが、この時の間隔はつけるビーズと同じ幅かそれより気持ち広いくらいの幅にします。 ビーズ一個分先のところから針を刺し、はじめの針穴のところから出します。 作り方(5) ビーズが一つつきました。 ビーズの大きさと針穴が同じぐらいの幅なのがポイントです。 作り方(6) 今、糸は左側から出ているので、これを右側に戻します。 先ほどつけたビーズの左側から針を刺し右側へ出します。 作り方(7) 糸はその都度よく引っ張ってくださいね。 これで次のビーズをつける準備ができました。 作り方(8) また一つ次のビーズを通します。 作り方(9) そして先ほどと同じように、ビーズ一個分のところから左に向かって針を刺し、左側の同じ針穴から出します。 作り方(10) 今、二つのビーズの真ん中から糸が出ている状態です。 作り方(11) 今つけたビーズの左から右へ針を通して右側へ戻します。 作り方(14) 最後までつけ終わりました。 これで裏側の目立たないところに針を刺し一度返し縫した後に玉止め、でもいいですが、 今回はヘアアクセサリー用途の為、補強の意味もこめてもう一手間かけます。 作り方(15) 最後のビーズをつけ終わったところで、そのままビーズに一周糸を通します。 2個から3個ぐらいずつまとめて通していって大丈夫ですので、どんどん通していきます。 作り方(16) こうやって一周糸を通すことで多少のバラつきも整ってビーズが揃います。 補強にもなるので面倒でなかったら、是非やってみてください。 作り方(17) あとは糸が出ている真下から針を刺し、目立たないところで一回返し縫をしてからしっかりと玉止めします。 作り方(18) 裏側はこんな感じです。 使用する糸はビーズと同系色のほうが目立ちにくいかと思います。 透明テグスはさらに目立ちませんが、扱いづらいのでミシン糸、ビーズ糸のほうがつけやすいと思います。 作例1 上の二つは27mmのくるみボタンで左は5mmのパールビーズ、右は丸大ビーズ(3mm)です。 下は二つとも18mmのくるみボタンに丸大ビーズをつけています。 作例2 18mmのくるみボタンはパッチンどめにちょうどいいかなと思います。 作例3 27mmのくるみボタンは一つでも存在感バッチリです。 ヘアゴムにちょうどいい感じです。 くるみボタンを両側に二つつけたヘアゴムもいいですね。

次の

【100均】くるみボタンの作り方!素敵なアイディアとアレンジとは?

くるみ ボタン ピアス 作り方

また、通し穴が一体型なので、強くひっぱってもとれることがなく、ヘアゴム用に最適です。 打ち具がしっかりしていてとても使いやすいです。 金具をセットする土台(画像:白い方)がきつすぎず、布とくるみボタンをセットする時に布がずれにくいです。 (これで土台部分が透明だったら完璧です!) 打ち具(画像:黄色い方)も押す時に手が痛くなりにくいです。 (サイズが同じなら、ミラクルボタンや100均のくるみボタンにも使えます。 加工の仕方はに載せていますので、参考にしてください。 やや厚めの生地にも使えます。 (逆に薄手の生地は何枚か重ねる必要があります。 ) 裏側も通し穴以外はフラットに仕上がるので、裏側の見た目は一番きれいかと思います。 ゴムの結び目も隠せるタイプです。 慣れるまで結構失敗したりもします。。。 補充用金具は、少量で販売しているところは少なく、大量パックになっていることが多いです。 100円で20個以上入っているものもあります。 専用の打ち具で押し込むだけで作れるので、簡単に作れます。 輪っかの部分が簡単にはずれ、フラットになるので、ヘアピンやリボンの飾りなどに加工しやすいです。 打ち具の土台が透明なので柄の位置を確認することができます。 また、作りが若干甘いので、ヘアゴムなど、ひっぱることが多い用途にはあまり向かないかもしれません。 くるみボタン比較(1) 5種類のくるみボタンの形状を比べてみました。 (PCの方は拡大してご覧ください) ミンクとクロスシーは18㎜の規格がないので、20㎜サイズ(生地は2枚重ね)を使用しています。 裏面以外は、いまひとつ違いがわかりにくいですが、微妙な違いはありますね。 くるみボタン比較(2) こちらはミンク、クロスシーは25㎜サイズ(生地は2枚重ね)、他3種は22㎜を使っています。 大きいサイズになると、ミンク、クロスシーは少し平たいような気がします。 (私の打ち方が悪いのかもしれませんが) 他の3種類はそれほど違いがないように感じます。 くるみボタン比較(3) 18㎜サイズでの比較です。 22㎜ではあまり違いがないように感じました。 このサイズでは、100均のほうがはめこみ部分とトップのカーブがやや甘い感じがします。 でも、100円ですから、仕方ないかな。 今後この辺が改善されるといいですが。 やっぱり表面は丸くカーブしていたほうがかわいいです。 100均商品はキットも数種類あり、入っている個数も違ったりするので、そのときどきによって品質も違う可能性があります。 ということで、こちらはあくまでも参考程度にしていただければと思います。 くるみボタン比較(4) 15㎜から27㎜までのくるみボタンを並べてみました。 押し込むタイプ (薄地~ 普通地用) ・種類1 12㎜ 9・12 15㎜ 8・11 18㎜ 6・9 22㎜ 5・8 27㎜ 4・7 ・種類2 金具のみ 12㎜? 15㎜? 26日現在のものです。 価格・仕様などは変更になっている場合がありますので、販売店などでご確認ください。

次の

くるみボタンの種類と比較

くるみ ボタン ピアス 作り方

簡単かわいい! くるみボタンでロゼットを作ろう! 【ハンドメイド無料レシピ】 ロゼット ハンドメイド 簡単かわいい! くるみボタンでロゼットを作ろう! 最近ようやく春めいてきましたね! わたしもたまに間違えるのですが、「ロゼッタ」ではなく正しくは「ロゼット」です。 【ポイント】使う布の模様が大きめの場合は、大きめのくるみボタンキットを購入することをお勧めします。 小さいものを選んでしまうと、せっかくの柄がきれいに出ず、もったいないことになってしまいますのでご注意下さい! キットに含まれている台紙を使って、ボタンにしたい部分の布を切り取ります。 切り取った布と、キットに含まれる道具を準備し、くるみボタンを作ります。 くるみボタンの詳しい作り方はこちらをご覧ください。 周りに付けるレースにギャザーを寄せます。 【ポイント】 縫い方は普通の並み縫いで大丈夫です。 最終的にギャザーを寄せてしまいますので、大雑把で構いません! 間隔などもあまり気にせずざっくりと! 笑 矢印の方向に縫っていきます。 縫っている糸をぎゅっと引っ張り、ギャザーを寄せていきます。 今回はきつめのギャザーにしたので、引っ張れるところまで引っ張っています。 くるみボタンのフチの長さと同じになるくらいまで3・4の行程を繰り返します。 先程指に巻き付けたワイヤーを、ハート型が平らになるように下敷きの上に乗せましょう。 ギャザーを寄せたものを丸くして、つなぎ目を縫い合わせます。 くるみボタンの裏側に接着剤を付けます。 レースが大きめなので、きちんと付くようにたっぷりつけました! 接着剤の上からレースを貼り付けます。 【ポイント】レースに重みがなく浮いてきてしまうので、上に重いものを乗せて安定させつつ乾かすといいと思います。 そのとき、レースと重りがくっ付いてしまわないようご注意下さい! 裏側から飛び出さない程度の大きさにフェルトをカットし、ブローチピンを縫い付けます。 くるみボタンとレースが完全に付いたら、レースの上から接着剤でフェルトを貼り付けます。 【ポイント】このとき、縫い付けたブローチピンも接着剤で固定しておくと、より安定していいと思います。 カラーのリボンを使った ロゼットはガラリと雰囲気が変わります。 作り方もとっても簡単で手軽に作れるロゼットです。

次の