ゴーヤ の 栽培 方法。 ゴーヤの育て方と摘心のやり方【プランター栽培】

ゴーヤ栽培は摘心が必須、栽培の時期とプランターでの上手な育て方とは?

ゴーヤ の 栽培 方法

なぜ摘心が必要?(てきしん) 摘心とは 「摘心」とは適度に新芽を摘みとって、成長を促す方法です。 ゴーヤのつるが伸びたら、つるの先をハサミで切り取ってください。 そうすると、つるから脇芽と呼ばれる新しい芽が出て、株から新しいのつるが増えます。 なぜ摘心が必要? 摘心をすると一つのつるに新しい芽が出て、そこからつるが伸びていきます。 このつるのことを「子つる」といいます。 子つるを摘芯すると、そこからまた新しい芽が出てつるが増えます。 ゴーヤの花は、子づるの方が雌しべが多いという特性があります。 一株で多くの実を収穫するためには、子づるを伸ばしていく必要があるのです。 子づるを摘心すると、またそこから芽が出てつるが伸びていきます。 これを孫つるといいますが、 親づるから子づる、孫づると増やしていくことによって、 一株でたくさんの実を収穫できるのです。 図解(動画)で確認 ゴーヤの摘心(時期・回数) 摘心の時期と回数 ゴーヤの葉は 「根本の双葉」、 そして次に生えてくる丸い形をした 「初生葉」、 その次に生えてくる 「ぎざぎざした形の本葉」 があります。 最初の摘心は、ゴーヤの本葉が4〜5枚ついたら、 つる先をハサミで切り取ります。 緑のカーテンを作りたい場合は、本葉が9枚になるまで待ってから、 9枚目と8枚目の間のつるを切って9枚目の本葉を摘んでください。 そうすると子づるが生えてきます。 子づるは上に生えているものほど、元気がありますから、 上から3本だけ残して、他の子づるは切り取ってください。 2回目の摘心は、つるから子づるが生えてきて、 子づるに葉が7枚出たら、最初の摘心と同様に 6枚目の本葉と7枚目の本葉の間でつるを切ります。 子つるから孫つるが生えてきたら、しっかりとしたつるを2本程度残して、 ほかの孫つるは切り取ってしまいましょう。 細い孫つるを残しておくと、そちらへ栄養が送られるので、 大きい実が実りにくくなるからです。 上の方ばかり茂ると手入れがしにくいですし、 緑のカーテン効果も期待できません。 下を茂らせるように心がけましょう。 また摘心をするとつるが増えますから、栄養不足になりがちです。 しっかりと肥料をあげてください。 苗を購入してプランターに移し替え場合は、 すぐに摘心すると枯れてしまうことがあります。 植え替え後、約1週間たつとプランターの土に ゴーヤの根が定着しますから、それから摘心をしてください。 カテゴリー• 100• アーカイブ•

次の

ゴーヤ栽培は摘心が必須、栽培の時期とプランターでの上手な育て方とは?

ゴーヤ の 栽培 方法

もくじ• ゴーヤの特徴 ゴーヤはウリ科の野菜で、別名ニガウリやツルレイシとも呼ばれています。 熱帯地域原産の野菜なので、暑さに強いのが特徴です。 気温が高いほど育成が活発になるため、真夏の暑い日差しを遮る緑のカーテンとしても大活躍します。 食事は沖縄の代表料理の一つ、ゴーヤチャンプルーが有名ですよね。 天ぷらなどの揚げ物や、サラダにするのもおすすめですよ。 苦みのもとのモモルデシンは食欲増進を期待できるため、夏バテの時期にピッタリです。 ビタミンC・カリウム・カロテンが多く含まれており、栄養的にも非常に優れた野菜です。 種類ごとの特徴 ゴーヤは栽培産地によって種類が少々異なります。 また、一般家庭向けに園芸店で取り扱っている種にも多くの種類があります。 ゴーヤの中でも収量の多い品種は島娘です。 他には超大型種の願寿ゴーヤ、色白で肉厚の純白ゴーヤ、太くてイボの大きい中長ゴーヤなどがあります。 苦みが苦手な人は、あばしゴーヤがおすすめですよ。 苗の植え付けは5月上旬に行います。 真夏から9月頃まで収穫を楽しめますよ。 プランターでも可能?ゴーヤの栽培方法 ゴーヤは種から育てる事も可能ですが、1株から約30本もの収穫ができるため、 家庭菜園では苗を購入した方が簡単です。 プランターでも手軽に栽培することができますが、その際は 置き場所に注意しましょう。 室外機のそばなど熱風が当たる場所は、乾燥が激しく植物を弱らせてしまいます。 苗からゴーヤを育成する人は【苗を購入する 良い苗の選び方 】の項目からご覧ください。 種を選ぶ まずは良い種を選びましょう。 発芽率を上げるため、種のとがっている部分を、爪切りやペンチで少しだけ切りとります。 この時、 中の種まで傷つけないように注意してください。 水を入れたコップに種を入れ、下に沈んでいったものが発芽率の良い元気な種です。 種まきと育苗 9~12cmのポリポットに市販の培養土を入れ、直径5cm・深さ1cmの穴を作ります。 厳選したゴーヤの種のとがった方を下に向け、3粒ほどまきましょう。 種をまいたら、その上から1cmほど培養土をかぶせます。 土を手で軽く押さえて、たっぷりと水やりを行いましょう。 発芽率をより良くするため、気温が低い日はホットキャップ ビニール製のミニテント を利用しましょう。 発芽したら、ホットキャップは外しても大丈夫です。 本葉が2枚になるまで発芽したら、元気の良い苗を1本だけ残して間引きをします。 本葉が5~6枚になるまではポットで育て、水やりは土の乾燥がひどい時に行います。 夜に水やりをすると苗が無駄に伸びてしまう徒長の原因になるため、 水やりは朝に行いましょう。 苗を購入する 良い苗の選び方 園芸店で苗を購入する場合は、以下の点に気を付けながら苗を選ぶと良いですよ!• 本葉が4~5枚ついている• 葉の色が良くツヤがある• 子葉 最初に出た双葉 がついている• 節と節の間がつまっている• 茎が太い 古い苗は葉が小さく色も薄いです。 ゴーヤは1株にたくさんの実がなるため、 初心者の人は1~2株など、少数の苗から購入することをおすすめします。 株間はどのくらい?苗を植える ゴーヤは南国野菜のため、植え付けは気温が高くなってから行いましょう。 5月の連休以降が最適です。 菜園に植える場合、植え付け2週間前に石灰をまき、1週間前には元肥 窒素・リン酸・カリを含んだ肥料 をまぜこんでおきましょう。 プランターで育成する場合は、大型サイズ 20L以上 のプランターにしましょう。 土は市販の培養土を利用すると便利です。 プランターの底には鉢底石を敷いておきましょう。 菜園やプランターの土に、苗ポットと同じくらいの大きさの穴をあけ、そっと苗を植えこみましょう。 根を傷つけないように気を付けてくださいね。 苗の周りを少しくぼませて、水やりをした時に、苗に水が浸透しやすいようにしてあげましょう。 植え付けた後は、たっぷりと水やりをします。 株間は20~25cmほどとりましょう。 少し菜園に余裕がある場合は50cmの株間をとっても良いですよ。 水やりと追肥について 植えたばかりの苗は、土に根付くまでに少々時間がかかります。 根が乾燥しないよう、植えてから1週間くらいはしっかりと水を与えてください。 1週間を過ぎてからは、土の乾燥が目立つ時以外は水やりを控えるようにしましょう。 プランターで育成の場合、土がすぐに乾燥してしまいがちです。 涼しい朝と夕方の1日2回、水をたっぷり与えることを心がけてください。 植え付けて2週間が経過した所で、水やりを兼ねて液体肥料をあげましょう。 肥料不足になると実が大きくならないため、2週間ごとに液体肥料をやると良いですよ。 あくまでも目安なので、成長具合を見ながら追肥を行ってください。 支柱立てとネットの張り方 ゴーヤを育てる際はツルの誘引のため、早めに支柱を立てましょう。 1株につき支柱は1本です。 実の数が増えた時に倒れてしまう事があるので、支柱が揺れないようにしっかりと立てて固定しましょう。 支柱を立てたらツル用のネットを設置します。 ご家庭の手すりや柵を利用しても構いません。 苗を真上から見た際に、ツルが数字の8の字を描くようにツルを誘引します。 ネットとツルを交差させ、間に丸い空間ができるようにしましょう。 ツルはどんどん成長し、すぐに子ヅルや孫ヅルが伸びてきます。 子ヅルや孫ヅルをV字に伸ばしていくと、後々の管理がしやすいですよ。 摘心 てきしん について ゴーヤは基本的に細かな世話は必要ありませんが、更なる収穫のため摘心 茎を途中で摘み取ること を行いましょう。 ゴーヤは親ヅルよりも、子ヅルや孫ヅルに実が多くつきやすいです。 親ヅルの本葉が6~7枚になったら先端の芽を摘み取って、子ヅルを伸ばしていきましょう。 緑のカーテンを作るには 緑のカーテンを簡単に作りたい時は、 市販の緑のカーテン用の支柱を活用しましょう。 実を多く収穫するよりも カーテンを立派にしたい場合、摘心は行わなくて結構です。 ゴーヤをのびのび自由に育てると良いですよ。 ゴーヤの収穫 ゴーヤは、花が咲いてから20日前後で収穫が可能です。 以下の様子が見られたら、ヘタの部分をハサミで切りとって収穫しましょう。 つややかな緑色• イボの盛り上がりが目立つ• 大人の手首くらいの太さ 収穫時間は午前中がおすすめです。 甘みのある新鮮な実が収穫できるうえ、ハサミで切りとった部分が日光消毒できますよ。 時期を逃すと、1日で熟れて黄色くなったり、実が破裂してしまいます。 ゴーヤは若採りするくらいが調度いいです。 黄色いゴーヤはジャムのようにトロっと甘くて美味しいのですが、 完熟した実を残しておくと株が弱ってしまうため注意が必要です。 7~9月頃まで収穫が楽しめるため、沢山できた場合はスライスして天日乾燥したり、ワタを取り軽くゆでて冷凍保存しましょう。 受粉について ゴーヤは同じ株に黄色く可愛らしい雄花と雌花が咲き、自然に受粉をして実をつけます。 しかし、マンションなど、なかなか虫 ミツバチなど がやってこない環境で育成中の場合は、実付きが悪い事も…。 このような時は、人工授粉に挑戦してみましょう。 ゴーヤの雌花の花粉を、雄花 小さなゴーヤの先についた花 に、こすりつけてみてください。 雄花は、 できるだけその日の朝に咲いた新鮮なものにしましょう。 晴れた日の午前中に行うと更に効果的です。 雌花が咲いたら丁寧に水やりをし、様子を見ます。 人工授粉も試してみると良いでしょう。 曲がったゴーヤが目立ちます 栄養、または水分不足が原因です。 こんな時は石灰を1株あたりに半つまみまいてください。 曲がったゴーヤは見られなくなるでしょう。 連作はできますか 4~5年は連作が可能です。 ゴーヤは、連作障害を受けにくい野菜だと言われています。 ゴーヤ栽培のまとめ ゴーヤの栽培方法や摘心、ネットの張り方などについてご紹介しましたが、皆さんいかがでしたか? ゴーヤは栄養豊富で、緑のカーテンにもなる万能野菜だということが分かりました。 快適なガーデンライフを送りながら、自家製ゴーヤをもりもり食べましょう!.

次の

ゴーヤの育て方!プランターでの植え付け・管理・収穫まで!

ゴーヤ の 栽培 方法

原産地はアジアの熱帯地方。 乾燥に強く病害虫もほとんど発生しないため、手間いらずで簡単に育てられる家庭菜園初心者に超おすすめの野菜。 別名「ツルレイシ」「ゴーヤ」とも呼ばれています。 夏の暑さ対策として「ニガウリのグリーンカーテン」はとても人気があり、ネットを張って日よけとしての栽培も人気。 ニガウリにはカロチン(ビタミンA)・ビタミンC・カリウムなどの栄養素が豊富に含まれています。 ニガウリは炒め物にしたりサラダにしたりと様々なお料理に使えて便利な夏野菜。 ニガウリはとにかく夏の暑さには強いのが特徴です。 夏場の高温期に弱い野菜が多い中で、このニガウリは暑くなればなるほどグングン伸びて葉が生い茂り成長が盛んになる少し変わった野菜。 初心者でも失敗が少ないので人気があります。 ニガウリの種まきは3月から。 苗の植え付けは(・)が可能です。 収穫期間は種まきから約3か月(7月~10月頃まで) ニガウリは4月上旬から種を植えられますが、畑への植え付けは気温が十分に上がってからにしましょう。 ニガウリは放任栽培でも育ちますが整枝をすると更に実成りが良くなります。 親弦よりも子弦や孫弦にたくさんの実がなるので親弦は摘心しましょう。 グリーンカーテンとして育てる時はネットをしっかりと張りましょう。 実が付いても株がある程度成長するまでは摘み取るのが長期栽培のコツ• 盛夏に成長が良くなって葉が茂りすぎて日光不足にならないように摘葉する。 ニガウリは連作には強くないので最低2年は間隔を空けましょう。 ニガウリ栽培に適したプランターサイズ ニガウリは根を広く張る為、栽培に適したプランターサイズは大型サイズ(60㎝~)または、大型の深底(30㎝以上)タイプを利用します。 ニガウリの株間は40㎝程度なので、大型サイズのプランターなら2株を植えることが可能です。 ニガウリ栽培の土作り ニガウリ栽培に適した用土は市販の野菜の土など利用すると直ぐに植え付けが可能でお手軽です。 自分で作る時は赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1を混ぜ合わせた物を使います。 菜園でニガウリを育てる時は、1㎡あたり、苦土石灰を100g、堆肥を3kg、化成肥料(15:15:15)を100g、ヨウリン30を施します。 畝は幅120cm、高さ15cmとします。 植え付け前の準備として、市販のプランターに2~3㎝ほどを残して培養土を入れておくようにします。 植え付ける1か月前までに土作りを済ませておき、植え付けの2週間前に元肥を施しておくようにしましょう。 ニガウリのおすすめの品種 育てやすいニガウリの品種には「さつま大長れいし」「白れいし」「あばしゴーヤ」「島さんご」などがあります。 基本的にどの品種を選んでもよく育ちます。 育てる株数が少ない時やニガウリの栽培が初めての方は園芸店などで苗から購入して育てるのも良いでしょう。 楽天で人気のニガウリの種は アマゾンで人気のニガウリの種は ニガウリの種は一昼夜水に浸けておくと発芽が揃います。 水を入れた種コップに入れると良い種は下に沈むので、沈んだ種を選んで植え付けましょう。 この方法で未発芽種を見極めることが出来ます。 種の尖った方(突起がある面)を下に向けて植えるのが上手く発芽させるポイント。 ニガウリの種をポット播きをする時は、9㎝のポットに種を3~4粒ほど点まきしましょう。 気温が低い時に種を蒔く時は用土の表面にビニールなどを被せて保温し発芽したら取り外します。 芽が出たら本葉が1枚の頃に間引いて1本立てにし、本葉が5~6枚になるまでポットで育てましょう。 畑に直播きする時は株間を40~50㎝ほどあけて、1か所あたりに種を3~4粒点まきして下さい。 ニガウリの種は数年は保存が可能です。 余った種は冷暗所(温度と湿度が安定した場所)に保管しておけば翌年以降も利用することが出来ます。 種を蒔いたあと発芽するまでは用土が乾かないようにしっかり水やりを行うのが上手く発芽させるポイント。 ニガウリは1株からたくさんの実がなります。 種から植えると株数が多くなるので、少ない株数で良いという方やニガウリ栽培が初めてという方は苗から購入して育てると良いでしょう。 ニガウリの良い苗は本葉が5~6枚程度で、葉や茎の緑色が濃く節間の詰まった茎の太いものを選ぶようにしましょう。 ニガウリの苗の植え方(植え付け方) ニガウリの植え方ですが、苗は気温が上がり本葉が5~6枚になった頃が植え付け適期。 植え付け前にポットごと水に浸けて吸水させ水切りをしておきます。 ポットより一回り大きめの植え穴を掘って、中央部に根鉢を壊さないようにそっと入れ、周囲の土を根元に被せてやりましょう。 株間は1m程度、苗を植える深さは根鉢の表面と周囲の用土の高さが揃う程度にするのがポイント。 参考: 苗を植え付けた後はたっぷりと水やりして根の活着を良くします。 ニガウリは乾燥に強く多湿に弱い性質なので、苗が根付いた後は土の乾燥がひどい時以外は極力水やりを控えるようにします。 幼苗期は害虫の予防に を掛けておきましょう。 幼苗期と発生時期が重なる「ウリノメイガの幼虫」に食害を受けるとニガウリの苗が全滅してしまうことがあります。 ニガウリの追肥の頻度と与える量 ニガウリの追肥は最初の果実が膨らみ始めたら定期的に施します。 プランター栽培の場合は化成肥料10gを縁に沿って2週間に一度のペースで与えましょう。 液肥の場合は週に1回水やりを兼ねて与えて下さい。 ニガウリの栽培期間は長いので途中で肥料切れを起こさないのがポイント。 基本は元肥に緩効性肥料を施し、株の成長を見ながら追肥を行います。 参考: ニガウリを畑(菜園)で育てる時は、弦の誘因のため1株あたりに1本の支柱を苗を植えた後早いうちに立ててやりましょう。 支柱をしっかりと立てておかないと、台風時の強風や実の数が多くなった重みで倒れてしまうことがあるので注意が必要です。 参考: 弦を誘引する時は真上から見た時に8の字を描くように紐を交差させて弦と紐の間に空間を作って支柱に固定するようにします。 ニガウリをグリーンカーテンとして育てる時は支柱の代わりにネットを張ります。 弦が伸び始めたらネットを張って次々と出てくる子弦と孫弦を誘引してやります。 子弦はネットに絡ませておくと後は勝手に自分から絡んでいきます。 弦はV字に伸ばしてやると管理がしやすく限られたスペースを有効に利用出来て、より多くの実を収穫することが出来ます。 ニガウリの摘心 ニガウリは基本的に放置でも十分に育ちますが、より多くの果実をつけさせるために摘心を行いましょう。 ニガウリは親弦よりも子弦と孫弦に果実を多くつけますので、親弦の本葉が5~6枚になった頃に先端を手で摘み取ってしまいます。 ニガウリは病害に強い野菜なのでさほど心配はいりませんが、青枯れ病・うどん粉病・苗立枯病・モザイク病の病害に掛かることがあります。 病害になる原因は、密植して植えすぎている、灌水量が多過ぎる、肥料が適切な量でない、枝葉が込み合って日光・通風不足なっている、土壌の排水が悪いなどです。 病害にならない畑作りに心掛けることはもちろんですが、万が一病害にかかった時は早急に対応することが大切です。 ニガウリを栽培する時に発生しやすい害虫は、ウリノメイガ・オオタバコガ・タバココナジラミ・トマトハモグリバエ・ウリキンウワバ・ハダニ類・ハムシ・センチュウ類・ハンスモンヨトウなどです。 害虫の対策ですが、吸汁する害虫には定植時に防除粒剤を施したり発生初期に薬剤を散布したりなどして駆除出来ます。 薬剤を使う事に抵抗がある方はシルバーマルチやシルバーテープなどを設置して飛来を防ぐのも有効です。

次の