年金受給者でもお金を借りられる。 年金受給者でも借りれるローン

年金受給者・高齢者でも借入れできるキャッシング!電話調査してみました!

年金受給者でもお金を借りられる

「年金担保融資」は、国民年金や厚生年金保険または労働者災害補償保険の年金を担保として融資することが法律で唯一認められた制度です。 申込が出来るのは 独立行政法人「福祉医療機構」と日本政策金融公庫で申し込みが出来ますが、年金の種類によって申し込み先が違います。 資金使途 具体的な利用目的 保険・医療• 疾病の予防に必要な経費• 負傷及び疾病の療養に必要な経費• 出産に必要な経費• その他、保健・医療に必要な経費 介護・福祉• 介護・福祉に係るサービスの利用に必要な経費• 介護・福祉に係る物品の購入に必要な経費• その他、介護・福祉に必要な経費 住宅改修• 住宅の改修等に必要な経費• 住宅や土地の購入に必要な経費• 住居の引越しに必要な経費 教育 ・教育や学習等に必要な経費 冠婚葬祭 ・冠婚葬祭などで必要な経費 事業維持 ・正業を営むために必要な経費 債務整理 ・債務整理などの返済に必要な経費 生活必需品の購入 生活に必要な耐久消費財の購入に必要な経費 お金を借りるためには、確認資料を提出する必要があります。 ただし、10万円以下の場合、確認資料は不要です。 確認資料として認められる資料は• カタログ、パンフレットは、金額の表示があるもので、資料に金額の表示がない場合には別に金額表示のある資料が必要になります。 物品購入などを目的とした申込みで、確認資料が領収書になる場合は、領収書の有効期限は発行後3カ月以内のものに限られます。 「年金担保融資」の利用条件 融資が受けられる方は以下の年金証書を持っている方で、なおかつ、その年金を受給している方が対象になります。 国民年金証書• 厚生年金保険年金証書• 国民年金・厚生年金保険年金証書• 船員保険年金証書• いくらまで借りられる? 融資限度額は3つの要件を満たす額の範囲内になります。 保証人 保証人については、連帯保証人が必要となります。 なお、信用保証機関による信用保証制度を利用する事も可能です(ただし保証料が必要になります) その場合は 公益財団法人年金融資福祉サービス協会の保証になります。 必要書類を用意する 申込に際して用意しなければならない書類が有ります。 用意する書類 備考 借入申込書 取り扱い金融機関にて用意しています。 年金証書 年金証書は借入申込時に取扱金融機関へ預ける事になります 年金支給額を証明する書類 年金の支払いや振込、決定などの支給額が解る通知書 実印、印鑑登録証明書 3ヶ月以内のもの 本人確認書類 こ運転免許証や身体障碍者手帳、マイナンバー、住民基本台帳カード、パスポートなど本人である事を証明できるもの 申込に際しては、これらすべてが必要になるので、申し込みをする前に用意しておく必要があります。 申込方法 申込方法は、年金の受け取りに利用している銀行や信用金庫等の店舗(「独立行政法人福祉医療機構代理店」と表示されている金融機関)で申し込みが出来ます。 店舗に借入申込書が用意されているので、 本人が直接金融機関窓口で借入申込みの手続きを行ないます。 (融資については、借入申込後、福祉医療機構の審査で決定するので、申し込みをしたからと言って必ず融資が受けられるものではありません。 ) なお、ゆうちょ銀行や農協及び労働金庫などの金融機関は、取扱窓口に指定されていません。 これらの金融機関で年金を受け取っている方は、近くの銀行や信用金庫などで「独立行政法人福祉医療機構代理店」と表示されている金融機関へ年金受取口座の変更手続きが必要となります。 返済方法 返済方法は、年金支給機関から直接、独立行政法人福祉医療機構に支払われる事になります。 年金支給機関から偶数月に支給される年金のうち、 1回あたりの下限は1万円、上限は支給額の3分の1以内の範囲で、申込者が指定した返済額になります。 年金の支給は、年金支給額から返済額を差し引いた金額を 「返済剰余金」 として指定した預金口座に振り込まれます。 カードローンでお金を借りる事は難しい インターネット上には「年金受給者はカードローンが利用できるか」という多くの書き込みが見られますが、 「利用は厳しい」というのが結論です。 年金以外の収入が必要 例えば、消費者金融の申込条件は、年金収入だけでも可能という条件の所は少なく、年金以外にアルバイトやパートなどの収入がある事が条件になっているところがほとんどです。 年金に加えて安定した他の収入があれば申し込みが可能で、安定した収入とはアルバイトなども含まれます。 年齢制限がある また、年金受給者がクリアしなければならない条件に年齢制限があります。 消費者金融の場合、上限年齢は69歳、70歳まで申し込みが可能ですが、銀行カードローンの場合は上限65歳というところが多く、年金受給者が利用できるのは消費者金融になります。 大手消費者金融の融資条件は年金収入だけでなく、では融資をしているところはほとんどないので、実際のところ年金受給だけの方がカードローンを利用するのは厳しく、 「プロミス」や「アコム」「アイフル」などは年金受給者は申込できません。 年金受給だけで申し込みが出来るカードローン 年金受給だけで申し込みが出来るというカードローンはスルガ銀行の「したく」、じぶん銀行のカードローンなら申し込みが可能です。 スルガ銀行したく スルガ銀行の「したく」はゆうちょ銀行から申し込みをするカードローンです。 契約期間 1年毎の自動更新 利率 年7. 0~14. 9%(左記範囲内でスルガ銀行が決定します) 遅延損害金 年利19. 5% 利用可能年齢が70歳以下となっている事や、パートやアルバイトはもちろん、年金受給者でも申し込みが可能なカードローンとなっています。 「したく」はゆうちょ銀行に口座を持っている事が条件ですが、スルガ銀行に直接問い合わせをして申込する事も出来ます。 自分銀行カードローン じぶん銀行カードローンは、収入が年金受給だけという年金受給者でも申し込みが可能です。 利用条件• 契約時の年齢が満20歳以上70歳未満• 利用用途 原則、自由(事業性資金は除く) 融資限度額• au限定割 誰でもコース:10万円以上800万円以内• au限定割 借り換えコース:100万円以上800万円以内 利用期間 1年(原則として、審査のうえ自動更新します。 ) 借入利率 通常:2. 2%~17. 5%(年率)• au限定割 誰でもコース:2. 1%~17. 4%(年率)• au限定割 借り換えコース:1. 7%~12. 金融情勢などによって予告なく変更する場合があります。 遅延損害金 年利19. 5% 多くの銀行カードローンの利用上限年齢が65歳までというカードローンが多いですが、じぶん銀行カードローンは、69歳まで利用が可能です。 まとめ 年金受給だけで生活をしている方がカードローンを利用することはかなり厳しくなります。 しかし、アルバイトやパートをしていれば、「安定した収入がある」という条件はクリアできますが、ネックになるのが 年齢制限です。 消費者金融の場合は69歳まで、銀行カードローンの場合は65歳までと言うところが多く、年金以外に収入があっても、年齢制限ではねられてしまいます。 ですから、年齢が70歳に近い人や超えている方、年金だけで生活をしている方は、この 「年金担保融資制度」がおすすめです。 ただ、申込から融資までに時間がかかるので、前もってお金が必要だとわかっている時は、早めに申し込みを済ませておく事をおすすめします。

次の

年金受給者がお金を借りれる方法!審査が通るカードローンも紹介!

年金受給者でもお金を借りられる

カードローン申込条件の 年齢制限を見る• 年金を収入源と見なすことはできない可能性が高い カードローンの中には、申込可能な上限年齢が「65歳まで」というものも多くあります。 また、 年金を収入源と見なして借入できるカードローンはほとんど存在しません。 不動産収入やアルバイト収入など、年金以外の安定した収入がある場合のみ申し込めます。 無職または休職中の障害年金受給者は、融資を断られる場合が多いです。 年金以外にも収入がある人には、特に申込可能な年齢上限が高いカードローンを検討してみてください。 審査について詳しく知りたい場合は、「」もあわせて読んでみてくださいね。 年金を担保にして借り入れをする方法 年金収入しかない人が民間の会社からお金を借りることは厳しいです。 年金は安定した収入とみなされないため、業者も警戒して融資を断ります。 しかし、 公的な融資制度であれば、年金しか収入源のない高齢者でも、お金を借りることはできます。

次の

年金受給者でもカードローンで借入れできる!審査落ちしない申し込み先の選び方を解説!

年金受給者でもお金を借りられる

年金受給者でもカードローンは作れるの?と不安に感じている方も多いと思います。 結論から申し上げますと、 カードローンに申し込むことは可能です。 申込み年齢はキャッシング会社によって異なりますが、「69才まで」というところが多いです。 70才の誕生日を迎えると申込めなくなってしまうかもしれませんが、69才までの方であれば問題なく申し込むことができますよ。 下記に主要なキャッシング業者の申込み年齢についてまとめていますので、参考にしてください。 カードローン名 申込み年齢 20~78歳までの方 20~69歳までの方 20~69歳までの方 20~69歳以下の方 満20歳以上満66歳未満の方 満20歳~69歳までの方 年金受給者でも借りれるカードローンてあるの? カードローンは安定継続した収入がないと契約できませんが、年金も収入とみなして貸し付けをしているところがあります。 また年金収入とは別に収入があるかたは、借りれるカードローンの選択肢が広がる場合があります。 各銀行の特徴を、年金受給者と似て自身での収入がない専業主婦向けに比較紹介しています。 年金受給者の方でも、アルバイトなどをして安定した収入がある方向けのカードローンも紹介中! 消費者金融は年金受給者でも借りれるか? 消費者金融の場合は、年金受給のみでは借りるのは難しいです。 年金に加えて安定した他の収入があれば申し込みが可能です。 申し込める年齢は満20歳から満69歳までのように銀行よりも高くなっています。 また、年金受給者がお金を借りれるとしても消費者金融は総量規制の対象なので1年間の年金の総額の3分の1までしか借りれません。 年金の受給額が少なければ必要な金額を借りれないということもあります。 また、高齢になるとけがをしたり病気になったりする可能性が高くなるため、消費者金融では年金受給のみの方への貸し付けには消極的のようです。 なお、年金を担保にお金を貸すという貸金業者もありますが、これは法律に反したことで闇金の手口です。 絶対に契約しないようにしてください。 年金受給者でも借りれるカードローンの選び方 年金受給者でも借りれるのは銀行のカードローンです。 年金の他に収入がある方なら消費者金融からの借り入れも可能です。 銀行のカードローンの金利を比較 年金受給のみの方は銀行カードローンで借りることができますが、年金から返済をしていくとなると金利が高いとかなり返済が苦しくなります。 それで、なるべく金利が低いカードローンを選ぶ必要があります。 三菱東京UFJ銀行のバンクイック金利は年1. 8~14. 0~14. 年金受給のみの方の場合は、限度額が低く設定されるため金利は高くなります。 ですから最高金利が低いカードローンを選んでください。 上記の3つの中ではみずほ銀行のカードローンの金利が一番低くなっています。 でも、将来的にも使いたいと思うのであれば、無利息期間はなくても金利が低い銀行カードローンがおススメです。 また、自分の年金の振込口座がある銀行のカードローンを利用すると審査に有利になるでしょう。 年金の他に収入がある場合 年金受給と共に、不動産を有していて賃貸料が入るとか、個人事業主としての収入がある、アルバイト代が入るという場合には、消費者金融のカードローンでも借りることができます。 プロミスのカードローンは金利が4. 5%~17. 8%で限度額は500万円、アコムのカードローンは金利が年3. 0~18. プロミスにもアコムにも30日間の無利息期間があるので、無利息期間内に完済できるとか、短期で完済できる場合には返済負担を減らすことができます。 消費者金融は審査は緩めですが、金利が高いので、特に審査に不安が無ければ銀行カードローンがおススメです。 また、貸金業者の中には年金を担保に貸すという闇金があるので注意してください。 高齢者が悪徳業者に振込み口座の通帳や印鑑を取られてしまうというトラブルも起きています。 高齢の親がそのようなトラブルに巻き込まれないように日ごろからコミュニケーションを図って金銭面での問題が起きないように注意してください。

次の