さくら インベスト 勧誘。 大阪府/投資用マンションのしつこい勧誘電話についての苦情が増えています!

商品先物取引業者に対する行政処分を行いました (METI/経済産業省)

さくら インベスト 勧誘

典型的な事例 勤務先に、「投資用マンションを購入しませんか」という勧誘電話がかかってきた。 「今は忙しいから」と断ったが、また同じ内容の勧誘電話がかかってきた。 再度断ったが、その後も勧誘電話がしつこくかかってくる。 勤務中に何回も電話がかかってくるので仕事に支障が出て困っている。 対応のポイント 1 「今は忙しいから」などと、はっきりと断らずあいまいな態度をとると、「購入の見込みがある客」と思われ、勧誘電話が続くことになってしまいます。 投資用マンションに興味がないのであれば、「興味がない」こと、そして、「もう勧誘電話はかけてこないでほしい」ことをはっきりと宅地建物取引業者に伝えましょう。 対応のポイント 2 断っているにもかかわらず勧誘電話をかけてくる宅地建物取引業者に対しては、 商号又は名称と勧誘を行った従業員の名前を確認し、宅地建物取引業法違反に当たる勧誘行為であることを指摘し、監督官庁に相談すると警告しましょう。 対応のポイント 3 しつこい勧誘電話が続く場合には、その宅地建物取引業者が大阪府知事免許業者であれば大阪府(住宅まちづくり部建築振興課宅建業指導グループ)へ、国土交通大臣免許業者であれば国土交通省(近畿地方整備局建政部建設産業第二課不動産業第一係)へ相談しましょう。 (このような記録メモがあれば、行政庁が宅地建物取引業者を指導する際の参考資料となります。 ) 2 ご相談いただく際には、どのような勧誘行為があったのか等についてお話をうかがう場合があるため、府庁にお越しいただいての相談が望ましいです。 しかし、遠方にお住まいの方など府庁にお越しいただくのが難しい場合は、電話やメールによる相談でも結構です。 (上記 1 の記録メモなど参考資料があれば、府に相談される際にご提出ください。 ) 注 「業者名は分からないが電話がかかってきて迷惑だ」という内容や電話番号だけでは宅地建物取引業者が特定されておらず指導監督することはできません。 少なくとも業者名は聞き取るようにしてください。 ここからは、具体的な相談事例を紹介しながら、注意すべきポイントをご説明します。 事例1 「マンション経営についてのご案内です」と自宅に宅地建物取引業者から電話があり、「興味がない」と断ったが、また自宅に電話がかかってきて「マンション経営についての資料を送りたい」と言われた。 「不要なので送らないでください」と伝えたが、後日、業者から資料が届いた。 さらに、業者から「資料を見てくれたか」と電話がかかってきたので、「興味はないので二度と電話をかけてこないでください。 資料も送らないでください」と伝えたら、資料を送り返すよう言われた。 資料の返送を断ると、「資料を送り返してもらえるまで何度でも電話する」と言われた。 何度断っても勧誘電話をかけてくるのは多大な迷惑であり、また、自己の立場ばかり主張する業者の態度に憤りを感じる。 ここでいう「マンション経営」とは、つまり、購入した投資用マンションを賃貸して賃料収入を得る、というものであり、この宅地建物取引業者がかけてきた電話の目的はマンション購入を勧誘することです。 本事例のように、勧誘に先立って勧誘目的を告げず、相手方が断っているにもかかわらず、マンション購入の勧誘電話を継続する行為は宅地建物取引業法に違反します(宅地建物取引業法第47条の2第3項、宅地建物取引業法施行規則第16条の12第1号ハ、ニ)。 事例2 投資用マンションの購入を勧める電話が午後10時に自宅にかかってきた。 電話をかけてきた宅地建物取引業者は、「賃料収入で儲かる」と強引に勧めるが、業者が言うような高収益が得られるとは思えない。 不審なので断ったが、その後も夜間にしつこく勧誘電話がかかってきて困っている。 本事例のように、迷惑を覚えさせるような時間(一般的には午後9時から午前8時までの時間帯)に勧誘電話をすること、また相手方が断っているにもかかわらず、マンション購入の勧誘電話を継続する行為は宅地建物取引業法に違反します(宅地建物取引業法第47条の2第1項、宅地建物取引業法施行規則第16条の12第1号ニ、ホ)。 また、宅地建物取引業者は、宅地建物取引業に係る契約の締結の勧誘をするに際し、相手方等に利益を生じることが確実であると誤解させるべき断定的判断を提供する行為が禁じられています(宅地建物取引業法第47条の2第1項)。 購入した投資用マンションを賃貸しても、借り手がつかず空き部屋になることもありますし、物件の維持管理等の費用がかかりますので、必ずしも「儲かる」とは限りません。 投資用マンションを購入すれば賃料収入で「儲かる」というようなオーバートークは、宅地建物取引業法に違反する可能性があります。 事例3 勤務先に宅地建物取引業者から電話がかかってきて、「税金対策になる」と言うので話を聞いたところ、投資用マンションのオーナーになることを勧められた。 「勤務中で忙しいから後にしてほしい」と伝えたら、「今夜、自宅へ説明に行く」と言われ、承諾してしまった。 業者が自宅に来ると、契約を断っても居座られて強引に契約させられるのではないかと不安だ。 ここでいう「投資用マンションのオーナー」とは、購入した投資用マンションを賃貸して賃料収入を得る、というものであり、この宅地建物取引業者がかけてきた電話の目的はマンション購入を勧誘することです。 本事例のように、勧誘に先立って勧誘目的を告げないことは、宅地建物取引業法に違反します(宅地建物取引業法第47条の2第3項、宅地建物取引業法施行規則第16条の12第1号ハ)。 投資用マンションのオーナーになることによって節税効果があるかどうかについては、業者のセールストークを信用してしまうのではなく、税理士等の専門家に相談するなど慎重に検討してください。 また、宅地建物取引業者が自宅に来ることを不安に思うなら、その業者に連絡して、やはり自宅に来てほしくないことを伝えましょう。 強引に「行く」と言われたり、身の危険を感じるような場合には、最寄りの警察署に相談しましょう。 なお、業者から「自宅に行く」または「勤務先に行く」と言われて承諾し、自宅または勤務先で説明を受け、その場で売買契約をしてしまった場合、その売買契約はクーリング・オフ(無条件解除)することができます。

次の

【Bコミ×田嶋智太郎】2020年の資本主義【さくらインベスト】 / 株式投資セミナー

さくら インベスト 勧誘

「株式会社さくらインベスト」の代表取締役「 宮井智浩」と、同社取締役及び「東郷証券」の顧問を務めていた「 上村昌也」が 金融用品取引法違反 損失補填 の容疑で逮捕されていたことが判明しました。 どうやら「東郷証券」がトラブル回避や取引継続の為に、顧客8名に対して損失を補填したことが金融用品取引法に違反した模様。 4名の顧客には「東郷証券」が直接補填したが、残り4名は「株式会社さくらインベスト」に口座を開設させたうえで、 差金決済取引の利益に偽装して補填したようです。 損失補填が刑事事件として立件されるのは約20年ぶりのことらしく、「宮井智浩」や「上村昌也」が犯した罪の重大さを物語っていますね。 この件に関して「株式会社さくらインベスト」のホームページには謝罪文が掲載されていますが、営業を自粛する旨は記載されていなかったので、のうのうと営業を続けていくのかもしれません。 ちなみに、口コミ・評判は代表取締役と取締役の逮捕の件で持ち切り。 ユーザーからは『さらなる捜査に期待したい』や『事実解明されることを願う』など、今回の事件を機に「株式会社さくらインベスト」の実態が暴かれることを望む内容が多く見受けられます。 まあ、「株式会社さくらインベスト」が自社内で取引偽装をできることが公になり、多くのユーザーの信頼を損なってしまった今、実態解明がされる前に「株式会社さくらインベスト」の存続が危うくなる可能性も大いにあり得ると思いますが…。 再逮捕されました。 ニュース記事では「法人税を脱税した疑いなど」と記載されていることから他にも悪さをしている可能性が考えられますね。 「株式会社さくらインベスト」は、『投資に関する幅広い知識や高次元の技術を発信して投資家の喜びに貢献する』とキャッチコピーと掲げてサービス展開を行う、商品先物取引の投資情報サイトです。 野放しにしておくと被害者が出る可能性もあるため、口コミサイトや2chの評判、サービス内容、社長「宮井智浩」の経歴などの 運営実態を事細かに検証していきたいと思った次第です。 適正な評価が気になる方は、以降の検証記事も是非ご一読下さい。 シンプルに「株式会社さくらインベスト」という固有名詞、更には「株式会社さくらインベスト 評判」といったメジャーなキーワードを付属してインターネット検索してみると、「 転職会議」などの求人サイトが数多く該当する為、「株式会社さくらインベスト」の 利用者の評判は該当しません。 そこで、検索キーワードの視点を変えて、「株式会社さくらインベスト 勧誘」や「株式会社さくらインベスト 電話」、「株式会社さくらインベスト 迷惑」という組み合わせでインターネット検索をしてみた結果、 『被害を受けた』というユーザーから評判が多く該当することが判明しました…。 評判が書き込みされている口コミサイトや2chがいくつか存在しましたが、中でも炎上していたのが「電話帳ナビ」という口コミサイトに書き込みされている評判でした。 telnavi. しかも『電話番号を教えた記憶は無い』という内容も見受けられる為、「株式会社さくらインベスト」が 名簿を特殊ルートで入手して、片っ端から勧誘電話を掛けていることが分かります。 これは悪質な迷惑電話により契約を締結しようと勧めてくる悪質業者が頻繁に用いる営業手法だけに、管理人の中では印象がかなり悪いです。 を表示した顧客に対し、同項第二号から第六号までに掲げる勧誘をすること。 商品先物取引法第214条第5号 ------------------- 要約すると、必要の無い電話だった場合、2度と電話してこないよう業者に伝えると、業者は勧誘電話を掛けてくることができないということです。 それでも、しつこく勧誘電話をしてくるのであれば、商品先物取引業の管轄である 経済産業省の専用部署に相談するといいでしょう。 「株式会社さくらインベスト」を利用する前のユーザーが書き込んだ評判は検証することができましたが、実際に利用したユーザーが書き込む評判は結局検証できませんでした。 そこで、「株式会社さくらインベスト」の実力を検証する為の肝となるのが 従業員の質。 同社が出稿している求人サイトの募集要項を見ると、『入社時に、金融・投資に関する知識は必要ありません!』と記載されいてるので、 勧誘電話をしてくる従業員は頼りにならないと思っておいた方が賢明でしょう。 では、運営の根幹を担う幹部の実力はどうなのか? 「株式会社さくらインベスト」の従業員で自ら顔出しをして、TwitterやYOUTUBEチャンネルなどを運営している「 御堂唯也」という従業員を発見。 ここまで大々的に宣伝や露出を行っているということは「株式会社さくらインベスト」において幹部的な立ち位置にいると思われます。 しかし、「御堂唯也」の経歴や実績を知ることはできず。 また、代表を務めている「 宮井智浩」の経歴や実績も検証しようと思いましたが、何も情報は該当せず。 「株式会社さくらインベスト」が信頼できるのか否かは、 実際にサービスを利用してみないことには分からないことが判明しました。 これは管理人が常日頃から感じていることですが、実態が不透明な人間に対して安易に情報料金を支払い、資産を預けることはかなりリスクが高いと思います。 ギャンブルのような投資が嫌であれば、実力や実績が目に見えて分かる業者を利用した方が賢明でしょう。 続いて検証するのは 「株式会社さくらインベスト」の会社情報です。 会社情報を見てみると、商品先物取引業者としての資格を保有している正規の業者ということが分かります。 また、大阪府を本拠地として、横浜と名古屋にも支店が存在することも分かりました。 正規の業者で、規模も大きく、資金も豊富な会社がなぜ名簿を買って片っ端から勧誘電話を掛けるなんて昭和のやり方で経営しているのか?なんだか腑に落ちません…。 補足情報ですが、「株式会社さくらインベスト」は以前に「株式会社アップルタイムズマーケット」という会社名で運営を行っていましたが、平成26年に現在の社名に変更した沿革があります。 不祥事を起こして苦肉の策として社名変更したわけではなさそうなので、特に追及することもありません。 読者の方からの提供情報をキッカケに検証を開始した結果、悪質の一歩手前とも言える勧誘を行っていることが判明。 もし「 06-6347-1680」から電話が掛かってきた場合、安易に話を鵜呑みにするのではなく、自身にとって必要なのか不要なのか、一度 電話を切って冷静に検討しましょう。 また、運営体制は信頼できそうな印象を受けましたが、運営を行っている従業員の実力が不明だった点を踏まえると、管理人からは満を持して利用をオススメすることはできません。 業界にはたくさんの投資情報サイトが存在するので、色々と比較して優劣を判断することをオススメします。 投資情報サイト以外にも、株価予想ツール(ソフト)なども良いです、是非記事をご覧ください。 最先端株ツール <利益を出すならココ!! 内容は全て「原油に投資しませんか」である。 電話番号は勿論伝えていない。 国際状況はどんどん変わっていくが、さくらインベストの理屈だと毎年原油が上がっている事になるが、逆に頭打ちになれば損する可能性が高い。 その為投資はしなかった。 数日前も電話があり「また今から原油が上がります」と言う。 しかし、過去2回は世間話や会話があり、ある程度話も通じたのだが、今回は辿々しく覚えたマニュアルを延々と棒読みするだけの明らかな素人。 質が下がっているなと感じ適当にあしらい電話を切った。 すると数日後サウジなどの原油の増産体制でなんと原油価格は更に暴落。 そこで別の人間から電話。 謝罪でもするのかなと思っていたら「原油は掘り出すのに金が掛かる為その価格以下で掘り出している今は赤字、必ず上がる」と。 その理屈はわかるが投資するほどまとまった資金を用意できないので投資はしないと伝えると、 「なにも生活費を入れろとは申しておりません。 生活費とは別のお金がありますよね... 」 投稿者:田中浩さん 「さくらインベストと取引をして とんだ散財を強いられました。 こことは絶対に付き合わない事です。 投資情報室の川北主任という素人以下の知識しか持ち合わせていない男のアドバイスを聞いて、 多大な損失を受けました。 そもそも 初めて一週間しか立たない素人に、 いきなり売りと買いを両建てさせて あっという間に投資額を 増やさせられて、 損失が出ても 身動きが取れない状態にして、 お客様が損をしても 手続き料を増やす 方法で 自分の成績を あげています。 金融のことをもっともらしく話しているけども全くのど素人です。 大切な資産を守るためには まずさくらインベストと 接触しない事が一番だと思います」.

次の

大阪府/投資用マンションのしつこい勧誘電話についての苦情が増えています!

さくら インベスト 勧誘

本セミナーは、これまで全く「コモディティ投資」に触れたことが無い方必見!の初めての方にやさしい投資セミナーとなります。 マイナス金利下において注目を浴びる投資商品ですが、そもそも「コモディティ」とはなんなのか、今回は投資のプロであるさくらインベスト様に解説をいただきます。 また、特別ゲストとして、テレビに多数出演をされている門倉貴史氏をお招きし、今、世界経済がかかえるリスクとはなんなのか、独自の視点からご講演いただきます。 めったにない機会となりますので、是非皆様奮ってご参加ください。 本セミナーは商品先物取引を活用したセミナーのため、70歳以上のお客様はご参加いただけません。 概要 日時 2016年10月21日(金)12:30開場 13:00開演 会場 名古屋会議室 プライムセントラルタワー名古屋駅前店 第4会議室 〒451-0045 愛知県名古屋市西区名駅二丁目27番8号名古屋プライムセントラルタワー13階 参加費 無料(事前申込制) 定員 40名 <講師プロフィール> 95年慶應義塾大学経済学部卒業。 同大学卒業後、浜銀総合研究所の研究員となる。 社団法人日本経済研究センター、東南アジア研究所(シンガポール)への出向を経験後、02年に第一生命経済研究所に移籍、経済調査部主任エコノミストとして、アジアやBRICs諸国についての論文を数多く発表する。 05年に同研究所退社して、現在はBRICs経済研究所代表を務める。 同志社大学大学院非常勤講師。 「統計数字を疑う」(光文社新書)、「官製不況」(光文社新書)、「イスラム金融入門」(幻冬舎新書)、「反米経済」(PHP研究所)など著書多数。 当セミナーは商品先物取引の契約等の締結を勧誘する目的がございます。 当セミナーは商品の性質上、70歳以上のお客様はご参加いただけません。 お申込み多数の場合は、抽選とさせていただきます。 当選の発表は「招待状(はがき)」の発送をもって代えさせていただきます。 当日はご入場時に、受付に招待状をご提出ください。 お忘れになった場合は、受付にてお客さま情報を再度ご記入いただきます。 当セミナーの掲載資料に記載された情報に関しては、万全を期してはおりますが、将来の相場動向等の予測や内容を保証するものではございません。 また、万一この情報に基づき損害を被った場合でも弊社は責任を負いかねますことを予めご了承ください。 当セミナーで提供する情報はあくまでも個人的な相場観であり、内容を十分ご理解された上でご自身の判断と責任においてお取引ください。 商品先物取引は、相場の状況によっては取引証拠金以上の損失が生じる場合がございますのでご注意ください。 講演の性質上、小さなお子様連れのご来場はご遠慮願います。 今回御申込いただきました皆様の個人情報は、個人情報保護法に則り、主催者及び協賛社それぞれの責任において管理致します。 個人情報は招待状発送業務及びこの御応募のフォローやサービス改善のためのアンケート調査類の実施、及び協賛社の株式会社さくらインベスト(詳しくは)より、商品のご参考となる情報提供や販売活動に使用致します。 同意の上、御申込ください。 第三者に開示することはありません。 免責事項• この情報は投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。 又、弊社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,inc. に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。

次の