魔王 に なっ たら 領地 が 無人 島 だっ た。 義助のブックマーク一覧

魔王になったら領地が無人島だった1

魔王 に なっ たら 領地 が 無人 島 だっ た

購入済み 一巻は成り立ちにもなってねぇ かーぼー 2016年04月06日 内容とタイトルにこれほど隔たりがある小説も珍しい。 この手の小説ではありふれた、死んだら神の好意で転生させて貰った話し。 一巻は幼少時の話に終始して、魔王どころか人より魔法を使うのが上手な日雇いのドカタ人夫になったところまで。 スローな展開に先行きが全く見えない。 洋服を縫ってたり食事やお菓 子を作ってみたり、それを細かく説明して文字数増やしてんのか?と読んでてイライラした。 主人公がヘタレだし、主武器がスコップで副武器がバールとか、物凄くふざけた読む気をなくす設定。 スコップが武器にはなるとしても、スコップを武器以外に使わないのであれば、わざわざ安いぐらいの理由でスコップを武器にする必要性がそもそも無い。 と言うか、このままの展開で進んだら、いったい何巻になったら魔王になるんだ? 一巻の主人公の年齢…8歳。 8歳で土方してます。 全くよく分からない物語です。 2巻? 出ても買う訳無いだろ!.

次の

魔王になったら領地が無人島だった1

魔王 に なっ たら 領地 が 無人 島 だっ た

今回紹介する小説家になろうのジャンルは主人公が魔王の作品になります! 魔王と言われると、悪逆非道な悪役を想像する方がほとんどだと思いますが、 主人公が魔王の作品にそのイメージ通りの魔王はほとんどいません! スローライフをしたり、人と共存したり、ちょっと変わったストーリだったりする作品が多いので好みの作品を見つけてみてください!• 魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~ 作者:秋 あらすじ: 人も、精霊も、神々すら滅ぼして、魔王と恐れられた男がいた。 不可能を知らぬ魔王アノスは荒んだ世界に飽き、転生の魔法を使った。 二千年後。 目覚めた彼を待っていたのは、魔王を育てるデルゾゲード魔王学院である。 そこでアノスが目にしたのは、平和に慣れ、弱くなりすぎた子孫たち。 そして驚くほど低次元な魔法術式だった。 その上、正真正銘、魔王の始祖である彼が、なぜか不適合者の烙印を押されることになってしまい……!? 一口メモ: 世界に飽きた魔王の主人公が、転生の魔法を使って2,000年後の世界に転生しました! 2,000年後に転生した主人公が見たものは、衰退した魔法技術と弱くなった子孫達でした。 そんな世界で魔法技術が衰退したことが原因で 不適合者の烙印を押された主人公によるチートな学園生活を書いたストーリーになります。 主人公は過激な性格ですが、敵対しないものには優しさを見せる一面もあります。 しかし彼は手柄を王子に横取りされ、お払い箱となる。 それでも男はめげることなく、敵対していたはずの亜人たちに受け入れられ、彼らの集落でスローライフを始めた。 『前世の知識』がある彼は、徹底的な『リアリスト』として領地を経営していく。 「魔王様、なんでレベル1の勇者を襲うんですか?」 「育ちきる前に倒す。 それが兵法だ」 「魔王様、偽金を敵国に送ってどうするのですか?」 「敵国の経済を混乱させて自滅させる」 「人狼部隊が攻めてきました。 銀の弾丸を使いますか?」 「弾丸ではなく、大砲をぶち込め」 こうして古い体質を『改革』したアシト。 民衆からも部下からも愛される領主になった彼は、やがて歴代最強の魔王と呼ばれることになる。 一口メモ: ファンタジーのお約束?そんなことなど主人公には関係ありません! 戦隊もので例えるならば、変身シーン中に敵を倒してそうな主人公による魔王ライフストーリーです! 戦闘だけではなく領地経営もあります! ファンタジーのお約束を見たい方には向いていませんが、面白い作品です! 魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~ 作者:月夜 涙(るい) あらすじ: 魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする だが、創造の魔王プロケルは絶望ではなく希望を糧に得ようと決め、悪意の迷宮ではなく幸せな街を作りたくさんの人間を集めることにした しかし、彼の作った街は魅力的すぎて、他の魔王にも人間にも目をつけられることになってしまう しょうがないので、ユニークスキルと独自の知識で超強力な最強魔物軍団を結成、苛烈な罠を仕掛けた地下迷宮を作り、その上に、豊かな街を作ることになる。 魔王プロケルは味方には優しく、敵対するものにはどこまで冷酷になる魔王として君臨しはじめた これは表と裏、両方の顔を持つ、変わり者魔王の物語 一口メモ: 記憶として現代の地球の知識を持つ魔王が主人公の物語です。 魔王は戦力を整え、ダンジョンを作ることでお互いに牽制しあっています。 魔王同士による戦国時代と考えれば分かりやすいかもしれません! 魅力的な力を持つ主人公は他の魔王から狙われがちで、戦闘シーンも多めです。 魔王から領主にジョブチェンジ!? ~ダンジョンから始める領地経営~ 作者:一条おかゆ あらすじ: ラストダンジョン100階層に鎮座し、魔を統べていた魔王・キマドリウス。 彼は悔しくも勇者との戦いに敗れ、第二の人生を歩まざるを得なくなった。 一口メモ: 勇者に敗れ魔王を辞めた主人公がひょんなことから領主となります。 そして、領地を発展させるために選んだ手段はダンジョンを作るという作戦でした。 魔王を辞めたのにダンジョンを作るという魔王時代と同じようなことをしている主人公による領地経営ものの作品です! 魔王の器 作者:月野文人 あらすじ: 剣と魔法の世界。 大国の名門貴族家に生まれながら、ろくに魔法が使えない少年は不遇の日々を送っていた。 そんな少年の運命は、ある魔族との出会いによって大きく動き出す。 宿命の出会いが少年の人生を変え、周囲を巻き込み、やがて世界を揺るがす事になる。 そんな物語です。 一口メモ: 今回 紹介する作品の中で一番魔王っぽさがない作品となります。 魔法が使えず、貴族の家から追い出された主人公が辺境領主の息子として育てられ、辺境から国を興していくストーリーになります。 シリアスな作品ですが、ついつい夜中まで読んでしまう魅力的な作品なので戦記系の作品が好きな方には是非読んで頂きたいです。 割とシリアスな場面が多めで人も良く死にます。 魔王になったら領地が無人島だった 作者:昼寝する亡霊 あらすじ: 元地球の人間でこの世界に転生し、魔族になってしまった主人公のカームは避けられる戦闘は極力避け、降りかかる火の粉は全力で払いのける生活をしていたらいつの間にかそれなりに強くなっていた。 ある日突然、目の前に現れたどう見ても自分より強い魔族。 その魔族が「君ってなかなか強いみたいだね、それくらい強くなったら魔王になれるけどどうする?」と交渉をしてきたが、拒否権は無かった。 一口メモ: 魔族として転生した主人公が異世界で暮らしていると、突然現れた魔族に魔王になるように強要されます。 魔王になったは良いものの領地は無人島で何もないところから主人公の魔王ライフが始まります! 無人島の魔王って討伐もされなさそうですよね! 史上最強の大魔王、村人Aに転生する ~村人(規格外)による、普通だけど普通じゃない英雄譚~ 作者:下等妙人 あらすじ: 神話に名を刻む史上最強の大魔王、ヴァルヴァトス。 王としての人生をやり尽くした彼は平穏なる人生を求め、転生魔法を用いて村人へと生まれ変わった。 数千年後の時代に生まれた彼は、アード・メテオールという名で、村人としての人生を楽しんでいたのだが…… 両親の勧めで入学した学園にて、想定外の事実を知る。 「えっ!? この魔法、不可能呪文(ロスト・マジック)なんですか!?」 「コレも!? アレもソレも!? 俺が使う魔法、ほとんど不可能呪文(ロスト・マジック)!?」 アードは普通の村人として転生したのだが……それは「古代世界における普通」だったのだ。 数千年の時を経て魔法の力が劣化した現代では、古代世界の普通であるアードが扱う技術は規格外極まりないものばかりで…… 次代の王へと担ぎ上げようとする王族達。 命を狙ってくる元配下。 そんな普通じゃなさ過ぎる連中を一蹴して、アードは己の道を邁進する。 「俺は普通の村人として生活したいんだ! もう王様生活なんてやってられっか!」 一口メモ: 大魔王の主人公が自ら数千年後に村人として転生して普通に暮らそうとする物語です。 しかし、主人公の生きていた時代の普通が転生後の普通ではなく… 普通に暮らしたかった主人公を周りが放っておかない!主人公は普通の生活を手に入れることができるのでしょうか!? 魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのする 作者:流優 あらすじ: なんか気が付いたら、ダンジョンの防衛機構である『魔王』になっていた。 周囲には強大な魔物が徘徊し、生存競争を戦い抜く割と物騒な世界らしいので、死なないようにダンジョンを発展させて身を守るはずが、何故か思っていた以上にほのぼのしている。 ……どうしてこうなった。 そんな世界を生きることになった主人公ユキは、その図太い神経を発揮して、ダンジョンに住み着いた自堕落な覇龍の少女や吸血鬼幼女らと共に、時に笑い、時に怒り、時にロマンを求め、時に頰をにやけさせながら、日々を好きに生きて行く……。 一口メモ: 今回紹介する作品の中で最もほのぼのしている作品になります! 魔王になった主人公は命を懸けたバトルを予想していた主人公ですが、実際は ほのぼのスローライフの作品になっています! 周りの仲間の女の子達が可愛いです!.

次の

魔王になったら領地が無人島だった1

魔王 に なっ たら 領地 が 無人 島 だっ た

今回紹介する小説家になろうのジャンルは主人公が魔王の作品になります! 魔王と言われると、悪逆非道な悪役を想像する方がほとんどだと思いますが、 主人公が魔王の作品にそのイメージ通りの魔王はほとんどいません! スローライフをしたり、人と共存したり、ちょっと変わったストーリだったりする作品が多いので好みの作品を見つけてみてください!• 魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~ 作者:秋 あらすじ: 人も、精霊も、神々すら滅ぼして、魔王と恐れられた男がいた。 不可能を知らぬ魔王アノスは荒んだ世界に飽き、転生の魔法を使った。 二千年後。 目覚めた彼を待っていたのは、魔王を育てるデルゾゲード魔王学院である。 そこでアノスが目にしたのは、平和に慣れ、弱くなりすぎた子孫たち。 そして驚くほど低次元な魔法術式だった。 その上、正真正銘、魔王の始祖である彼が、なぜか不適合者の烙印を押されることになってしまい……!? 一口メモ: 世界に飽きた魔王の主人公が、転生の魔法を使って2,000年後の世界に転生しました! 2,000年後に転生した主人公が見たものは、衰退した魔法技術と弱くなった子孫達でした。 そんな世界で魔法技術が衰退したことが原因で 不適合者の烙印を押された主人公によるチートな学園生活を書いたストーリーになります。 主人公は過激な性格ですが、敵対しないものには優しさを見せる一面もあります。 しかし彼は手柄を王子に横取りされ、お払い箱となる。 それでも男はめげることなく、敵対していたはずの亜人たちに受け入れられ、彼らの集落でスローライフを始めた。 『前世の知識』がある彼は、徹底的な『リアリスト』として領地を経営していく。 「魔王様、なんでレベル1の勇者を襲うんですか?」 「育ちきる前に倒す。 それが兵法だ」 「魔王様、偽金を敵国に送ってどうするのですか?」 「敵国の経済を混乱させて自滅させる」 「人狼部隊が攻めてきました。 銀の弾丸を使いますか?」 「弾丸ではなく、大砲をぶち込め」 こうして古い体質を『改革』したアシト。 民衆からも部下からも愛される領主になった彼は、やがて歴代最強の魔王と呼ばれることになる。 一口メモ: ファンタジーのお約束?そんなことなど主人公には関係ありません! 戦隊もので例えるならば、変身シーン中に敵を倒してそうな主人公による魔王ライフストーリーです! 戦闘だけではなく領地経営もあります! ファンタジーのお約束を見たい方には向いていませんが、面白い作品です! 魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~ 作者:月夜 涙(るい) あらすじ: 魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする だが、創造の魔王プロケルは絶望ではなく希望を糧に得ようと決め、悪意の迷宮ではなく幸せな街を作りたくさんの人間を集めることにした しかし、彼の作った街は魅力的すぎて、他の魔王にも人間にも目をつけられることになってしまう しょうがないので、ユニークスキルと独自の知識で超強力な最強魔物軍団を結成、苛烈な罠を仕掛けた地下迷宮を作り、その上に、豊かな街を作ることになる。 魔王プロケルは味方には優しく、敵対するものにはどこまで冷酷になる魔王として君臨しはじめた これは表と裏、両方の顔を持つ、変わり者魔王の物語 一口メモ: 記憶として現代の地球の知識を持つ魔王が主人公の物語です。 魔王は戦力を整え、ダンジョンを作ることでお互いに牽制しあっています。 魔王同士による戦国時代と考えれば分かりやすいかもしれません! 魅力的な力を持つ主人公は他の魔王から狙われがちで、戦闘シーンも多めです。 魔王から領主にジョブチェンジ!? ~ダンジョンから始める領地経営~ 作者:一条おかゆ あらすじ: ラストダンジョン100階層に鎮座し、魔を統べていた魔王・キマドリウス。 彼は悔しくも勇者との戦いに敗れ、第二の人生を歩まざるを得なくなった。 一口メモ: 勇者に敗れ魔王を辞めた主人公がひょんなことから領主となります。 そして、領地を発展させるために選んだ手段はダンジョンを作るという作戦でした。 魔王を辞めたのにダンジョンを作るという魔王時代と同じようなことをしている主人公による領地経営ものの作品です! 魔王の器 作者:月野文人 あらすじ: 剣と魔法の世界。 大国の名門貴族家に生まれながら、ろくに魔法が使えない少年は不遇の日々を送っていた。 そんな少年の運命は、ある魔族との出会いによって大きく動き出す。 宿命の出会いが少年の人生を変え、周囲を巻き込み、やがて世界を揺るがす事になる。 そんな物語です。 一口メモ: 今回 紹介する作品の中で一番魔王っぽさがない作品となります。 魔法が使えず、貴族の家から追い出された主人公が辺境領主の息子として育てられ、辺境から国を興していくストーリーになります。 シリアスな作品ですが、ついつい夜中まで読んでしまう魅力的な作品なので戦記系の作品が好きな方には是非読んで頂きたいです。 割とシリアスな場面が多めで人も良く死にます。 魔王になったら領地が無人島だった 作者:昼寝する亡霊 あらすじ: 元地球の人間でこの世界に転生し、魔族になってしまった主人公のカームは避けられる戦闘は極力避け、降りかかる火の粉は全力で払いのける生活をしていたらいつの間にかそれなりに強くなっていた。 ある日突然、目の前に現れたどう見ても自分より強い魔族。 その魔族が「君ってなかなか強いみたいだね、それくらい強くなったら魔王になれるけどどうする?」と交渉をしてきたが、拒否権は無かった。 一口メモ: 魔族として転生した主人公が異世界で暮らしていると、突然現れた魔族に魔王になるように強要されます。 魔王になったは良いものの領地は無人島で何もないところから主人公の魔王ライフが始まります! 無人島の魔王って討伐もされなさそうですよね! 史上最強の大魔王、村人Aに転生する ~村人(規格外)による、普通だけど普通じゃない英雄譚~ 作者:下等妙人 あらすじ: 神話に名を刻む史上最強の大魔王、ヴァルヴァトス。 王としての人生をやり尽くした彼は平穏なる人生を求め、転生魔法を用いて村人へと生まれ変わった。 数千年後の時代に生まれた彼は、アード・メテオールという名で、村人としての人生を楽しんでいたのだが…… 両親の勧めで入学した学園にて、想定外の事実を知る。 「えっ!? この魔法、不可能呪文(ロスト・マジック)なんですか!?」 「コレも!? アレもソレも!? 俺が使う魔法、ほとんど不可能呪文(ロスト・マジック)!?」 アードは普通の村人として転生したのだが……それは「古代世界における普通」だったのだ。 数千年の時を経て魔法の力が劣化した現代では、古代世界の普通であるアードが扱う技術は規格外極まりないものばかりで…… 次代の王へと担ぎ上げようとする王族達。 命を狙ってくる元配下。 そんな普通じゃなさ過ぎる連中を一蹴して、アードは己の道を邁進する。 「俺は普通の村人として生活したいんだ! もう王様生活なんてやってられっか!」 一口メモ: 大魔王の主人公が自ら数千年後に村人として転生して普通に暮らそうとする物語です。 しかし、主人公の生きていた時代の普通が転生後の普通ではなく… 普通に暮らしたかった主人公を周りが放っておかない!主人公は普通の生活を手に入れることができるのでしょうか!? 魔王になったので、ダンジョン造って人外娘とほのぼのする 作者:流優 あらすじ: なんか気が付いたら、ダンジョンの防衛機構である『魔王』になっていた。 周囲には強大な魔物が徘徊し、生存競争を戦い抜く割と物騒な世界らしいので、死なないようにダンジョンを発展させて身を守るはずが、何故か思っていた以上にほのぼのしている。 ……どうしてこうなった。 そんな世界を生きることになった主人公ユキは、その図太い神経を発揮して、ダンジョンに住み着いた自堕落な覇龍の少女や吸血鬼幼女らと共に、時に笑い、時に怒り、時にロマンを求め、時に頰をにやけさせながら、日々を好きに生きて行く……。 一口メモ: 今回紹介する作品の中で最もほのぼのしている作品になります! 魔王になった主人公は命を懸けたバトルを予想していた主人公ですが、実際は ほのぼのスローライフの作品になっています! 周りの仲間の女の子達が可愛いです!.

次の