自家製チャーシュー。 自家製チャーシューの賞味期限はどれくらい持つ?

自家製チャーシューの材料はどれ?料理ビギナーさんでもOK

自家製チャーシュー

成城石井の自家製チャーシューと10種具材の冷やし中華を食べてみた こちらが成城石井の 「自家製チャーシューと10種具材の冷やし中華 599円(税抜)」です。 上の段には具材が入っています。 下の段には麺とタレが入っています。 麺の上に具材を乗せるとこうなります。 こちらは自家製のチャーシューになります。 肩ロースなので脂が結構ありました。 こちらは厚揚げになります。 冷やし中華に入っているのは珍しいですね。 こちらは南瓜です。 こちらはオクラです。 ネバネバがいいですね。 トマトです。 お口直しにぴったりですね。 きくらげです。 コリコリ食感が楽しいですね。 胡瓜です。 冷やし中華には欠かせません。 錦糸玉子です。 こちらも冷やし中華の定番ですね。 人参とくらげです。 中華麺です。 このくらいの太さが好きです。 こちらの黒酢タレをかけて食べます。 黒酢でサッパリと食べられますが、味付けはわりと濃いめの醤油ベースなので、全部はかけない方がいいかもしれません。 個人的に冷やし中華はごまダレが好きなので、タレはイマイチでした。 全体的には具材がたくさん入っているので満足度が高いですね。 成城石井「自家製チャーシューと10種具材の冷やし中華」の原材料とカロリー 【原材料名】 中華麺、豚肉、醤油、南瓜、トマト、オクラ、砂糖、厚揚げ、玉葱、胡瓜、くらげ、胡麻油、チキンエキス、食酢、大豆油、錦糸玉子、レモン果汁、香酢、人参、生姜、オイスターソース、みりん、食塩、きくらげ、甜麺醤、蜂蜜、韓国風だし、鶏がらスープの素、ねり胡麻、酵母エキス、チキンコンソメ、紅腐乳、五香粉/加工澱粉、かんすい、クチナシ色素、凝固剤、ミョウバン、グリシン、ソルビット、リン酸塩(Na)、乳化剤、増粘剤(加工澱粉)、カラメル色素、炭酸Ca、酸化防止剤(V. E)、(一部に小麦・卵・豚肉・大豆・ごま・鶏肉・乳成分・牛肉・ゼラチンを含む) 【栄養成分】• 熱量:546Kcal• たんぱく質:18. 脂質:25. 炭水化物:60. 食塩相当量:4. 4g 成城石井の人気商品をネットで購入 成城石井の人気商品を食べてみたいけれど、近くに成城石井の店舗がない場合もありますよね。 そんな時はネットで購入することもできるんですよ。

次の

【みんなが作ってる】 自家製チャーシューのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

自家製チャーシュー

しかし、一人暮らしに節約はつきもの。 いつでもラーメン屋さんに食べにいけるわけではありません。 では家でラーメンを作ってみようとしても、スーパなどで売っている市販のチャーシューってなんだか美味しくない。 でも安心してください。 しかし、普段食べるチャーシューってあまり焼いている感じがしませんよね。 チャーシューって、本当に豚を焼いた料理なのでしょうか? この問いの答えは、YesでありNoであります。 この料理は、豚バラ肉やモモ肉の塊の表面に「紅糟(ホンサオ)」 お米を紅麹で発酵させたもの などを塗って、炉で焼きます。 準備する材料は以下の通りです。 全体量としてはお肉がひたひたになるだけの液量が必要ですが、タレは煮詰めていくので最終的に濃くなることを想定して水で好みの濃度に調整してください。 まず、豚バラブロックを用意します。 赤身と脂肪の割合はお好みですが、チャーシューの肉をメインで味わいたい場合はなるべく脂の少ないものを選ぶといいです。 用意したブロック肉を油が外側になるようにして丸め、タコ糸などで縛ります。 一応、塊肉の伝統的な縛り方などもあるにはありますが、家庭では、なかなか幅の分厚い塊肉は手に入りませんので、お好きな巻き方で結構です。 ただ、上面と底面が平らで、真ん中に隙間のない円柱状にしっかりと固定できるように縛ってください。 玉ねぎ、人参は大きめのざく切りにし、ニンニクは皮を剥かずに底の根の部分を落とします。 鍋の底面や肉の側面などに野菜を敷き真ん中に肉を入れたら、タレを肉がひたひたになるくらいに加えて、火にかけます。 中火くらいで水面がふつふつしているくらいがいいです。 沸騰すると、徐々にアクが出てくるので、丁寧に取り除きつつ煮詰めていきます。 タレが減ったら水を加えてください。 最終的に、竹串などがすっと通るくらいになれば完成です。 香味野菜の旨味が染み込んだ絶品チャーシューです。 好みの厚さに切って、ラーメンのトッピングにするもよし、チャーハンの具とするもよし、酒のつまみにするもよし。。 工夫次第で用途は様々です!! はい、簡単でしたね。 煮込みの際に鍋を焦げ付かせないように注意しましょう!! ちなみに、この調理の間に煮汁には豚肉の脂が溶け出しています。 チャーシューを使ってお手軽に!.

次の

「つけ麺の元祖」大勝軒に自家製チャーシューのつくり方を教わってきた【料理人のまかないメシ】

自家製チャーシュー

自家製チャーシュー作ったので手順を書いとくよ ども、おっさんです。 半年に一度くらいの頻度で自家製チャーシューを作りたくなります。 今回も久しぶりに作ろうと思いレシピを検索したけど、いつもクックパッドで見るレシピが見当たらなかったので、うろ覚えで再現してみました。 手順とレシピをまとめたので書いておきます。 結構適当だけど激ウマです。 用意するもの 材料は豚バラブロック1kgをベースに書いてきます。 豚バラブロック…1kg• ごま油…大さじ1• 塩…適量 煮汁用• 水…400cc• 醤油…400cc• 酒…400cc• みりん…200cc• 砂糖…大さじ10• ハチミツ…大さじ1• 白ネギの青い部分…4本• にんにく…ひとかけ• 生姜すりおろし…大さじ1 道具• タコ糸• フライパン• 圧力鍋(なければ深めの鍋)• ジップロック• タッパー 調理手順概略 ざっくり、以下の手順でつくる。 豚バラブロックを10cmくらいの長さに切る• 豚バラブロックに塩をまんべんなくぬり15分位放置• タコ糸で縛る• フライパンで焼く• 圧力鍋か深めの鍋で煮る• 5と平行して煮汁をつくる• 5と平行してゆでたまごをつくる• 茹でた豚バラと煮汁をさます• ジップロックに煮汁と豚バラを入れる• 一晩放置• 完成 こんな感じ。 調理手順詳細(写真付き) では写真付きで詳しく書いていきます。 豚バラブロックに塩を塗る まず、豚バラブロックを写真のように10cmくらいにカットし、表面に塩をまんべんなくぬります。 塗ったら15分位放置。 1kgだとすぐ食べ切っちゃうのでこれくらいの値段でないとお得感がでないかも。 タコ糸で縛る 崩れないようにタコ糸で豚バラを縛ります。 この作業が結構苦手で適当に縛ってるので写真は参考にしないように。 縛り方は崩れなければなんでも良いと思います。 この後の調理で豚の油が溶けて小さくなるので 結構きつ目に縛っとくのがコツ。 フライパンで焼く フライパンに ごま油を大さじ一杯引き中火で焼いていきます。 こんな感じに焼いていきます。 表面に焼色をつけていきます。 これくらいまで焼きます。 豚バラから油がめちゃめちゃでるので揚げる感じで焼いてきます。 時間は15分位かな。 圧力鍋で煮る フライパンで焼いた後、圧力鍋で煮ます。 自分の使ってる圧力鍋だと 圧力かける時間は20分。 圧力鍋によって時間や水の量が違うかもしれないので説明書とか確認してください。 圧力鍋じゃない場合は 深めの鍋でたっぷりの量の湯を沸かし、40分-50分位煮込みます。 普通の鍋より圧力鍋のほうが ぷりぷりの触感になるような気がするけどそこはお好みで。 圧力鍋使うと調理時間が短縮できていいですよ。 煮汁を作る 鍋に煮汁の材料を入れ弱火で煮込みます。 沸騰しないように、沸騰しそうになったら火を止めながら20分位煮込みます。 煮汁の材料を再掲。 水…400cc• 醤油…400cc• 酒…400cc• みりん…200cc• 砂糖…大さじ10• ハチミツ…大さじ1• 白ネギの青い部分…4本• にんにく…ひとかけ• 生姜すりおろし…大さじ1 煮玉子を作りたい場合はゆでたまごも作っときましょう。 豚バラと煮汁を冷ます 煮込んだ豚バラと煮汁を冷ましましょう。 冷まさずにジップロックに入れると悲惨なことになります。 ジップロックに豚バラと煮汁を入れる ジップロックに豚バラを入れ、煮汁を入れます。 なるべく空気を抜いときましょう。 で、冷蔵庫で一晩寝かします。 冷めてないとジップロックに穴が空いていて悲惨なことになります。 煮玉子をつくる 煮玉子を作りたい場合はこんな感じに、タッパーに煮汁とゆでたまごを入れて冷蔵庫で一晩寝かすだけ。

次の