スプレッド シート マクロ ボタン。 キングソフトのSpreadsheetsは、エクセルで作ったマクロ(マクロボタン)は...

「Excel」シートにボタンを設置!

スプレッド シート マクロ ボタン

シートに新しくボタンを追加する方法とは? それでは、シートにボタンを設置してクリック処理を作る手順を説明します。 開発タブから挿入を選択し、ボタンのアイコンをクリック 挿入のメニューでどれがボタンかわかりにくいですが、マウスを乗せると次のような説明が出ます。 「 マウスをのせて説明を見ればどれがボタンか確認できる」と覚えておけば忘れても思い出すことができるのでおすすめです。 シートのボタンを置きたい場所をクリック ボタンを設置したいセルをクリックします。 クリックしながらマウスを動かすと、サイズを指定して配置することもできます。 このあたりは図形を挿入する場合と同じですね。 マクロ名を入力し、新規登録をクリック シートをクリックしてボタンを挿入すると、クリック時の処理を設定するための「マクロの登録」ウィンドウが開きます。 マクロ名を入力し、新規登録ボタンをクリックすると作成したマクロの処理を書くためのVBE VBA専用のエディタ が起動します。 VBAの処理を書く 作成したマクロの中に処理を書きます。 今回は、メッセージを表示するための処理を書きました。 シートに戻ってボタンをクリックする シートに新しく作ったボタンをクリックして、次のようなメッセージが出れば作成完了です。 設置したボタンの見た目を変える方法とは? 追加したボタンは表示名、ボタンサイズ、フォントなどを変えることができます。 補足 最初に補足ですが、ボタン作成後一度でもセルを選択してしまった場合は、先に Ctrlキーを押しながらボタンを選択する必要があります。 選択すると次のように、選択状態となります。 Ctrlキーを押さずに選択してしまうとボタンをクリックした処理が動いてしまうので注意してください。 表示名変更方法 ボタン選択後、ボタンに表示されている文字をクリックすることで文字を変えることができます。 図形で文字を入力する場合と、同じ操作ですね。 フォントを変える方法 フォントを変えたい場合はホームタブのフォントから変更することができます。 太字とサイズ変更はよく使うので、覚えておくと便利ですね。 既にあるマクロをボタンクリック時に実行する方法とは? 既に作成済みのマクロをボタンクリック時に実行する方法は、3つあります。 ボタン新規作成時に選択する ボタンをシートに挿入する際の「マクロの登録」画面で、作成済みのマクロを選択してOKボタンをクリックすると、作成したマクロの処理を実行することができます。 右クリックからマクロの登録を開いて選択する ボタンを作成してから、実行するマクロを変更することもできます。 ボタンをCtrlを押しながら選択してから右クリックでマクロの登録を選択 2. 作成済みのマクロを選択してOKボタンをクリック マクロから別のマクロを呼び出す 作成したマクロから、処理する別のマクロを呼び出すこともできます。 「 call 作成済みのマクロ名」をボタンクリック時のマクロに書くことで、別のマクロの処理を実行することができます。 Sub 初めてのボタンクリックマクロ Call 既に作成済みのマクロ End Sub Sub 既に作成済みのマクロ MsgBox "作成済みマクロ実行!" End Sub 補足:とにかく早くマクロを実行したい方へ 余談ですが、「速くマクロを実行するためだけによく使うマクロをボタン化したい」と思っているのであれば、マクロに ショートカットキーを設定した方が速いです。 詳しくは以下記事の「 ショートカットキーでマクロを戦力化しよう」の見出しで説明しているので、目次から飛んでみてみてください! まとめ 今回は、 Excelシートからボタンクリックでマクロを実行する方法について紹介しました。 ボタンをクリックしてマクロを呼び出せるようになると、Excelツールづくりの幅がぐっと広がります。 ぜひ試してみてくださいね!.

次の

VBA基本(シートにボタンを作る。)

スプレッド シート マクロ ボタン

getRange "B3:B10". 特に「円グラフ」の場合は、新規に作成するようにしているので、既存の「円グラフ」を削除してから、スクリプトの再実行を行わないと、何重にも重なって「円グラフ」が表示されるので、注意してほしい。 Excel VBAとの違い Excel VBAで図形にマクロを関連付ける場合は、図形を選択してマウスの右クリックから表示される「マクロ」を選択するとマクロの一覧が表示されて、その中から選択するようになる。 この点に関してもExcel VBAとGASでは、見栄えが異なるだけで、処理の手順としては大差がない。 Google Apps Scriptの「トリガー」 次に、スプレッドシートのメニューに「メニュー」項目を追加して、前述のスクリプトを実行させる処理を解説する。 スプレッドシートにメニューを追加するには、スプレッドシートが開いたときにメニューを追加するスクリプトを実行する必要がある。 そのようなときは、下記の「トリガー」(イベントハンドラ)を使用する。 スプレッドシートを開いたときに実行される。 開いたWebページをリロードした場合なども実行される。 他にも、スプレッドシートを編集したときに実行されるトリガー「onEdit」がある。 例えば、いろいろなセルを書き換えるたびにイベントが発生し、このトリガーが呼び出されることになる。 その他のトリガー これらの外にも、トリガーの種類があるが、本稿では省略する。 気になる方は、下記のURLを参照してほしい。 Excel VBAとの比較 Excel VBAでブックが開いたときに自動実行させる方法には、2通りの方法がある。 シートが編集されたときのイベントはWorksheet. Changeを使用することになるだろう。 スプレッドシートが開いたときにトリガーを呼びメニューを追加する ツールメニューから「スクリプトエディタ」を起動する。 開いたエディタ画面から「onOpenイベント」というファイルを作成する。 「onOpenイベント. gs」内に、リスト3のコードを記述する。 リスト3 スプレッドシートが開いたとき、「メニュー」項目を追加するコード 変数sheetに現在のアクティブなスプレッドシートを取得して参照する(2行目)。 変数myMenuで空の配列変数を作成する(3行目)。 空の配列変数myMenuのpushメソッドで、メニューの名前と実行するスクリプトの名前を指定していく(4〜5行目)。 最後に、addMenuメソッドで、「メニュー」という項目を追加し、内容に配列変数myMenuに追加された項目名とスクリプトを追加する(6行目)。 これを実行すると図10のように、スプレッドシートのメニューに「メニュー」という項目が追加されるが、最初に実行した場合は、追加されていないことが多い。 その場合はWebページをリロードすると追加される。 図10 スプレッドシートに「メニュー」が追加され、クリックすると内容が表示される 図10の「メニュー」から各項目を選択すると、図8や図9のように表示される。 Excel VBAとの違い Excelに独自のメニューを追加する場合は、「」オブジェクトを使用する。 Excelのメニューバーは「Worksheet Menu Bar」という名前のCommandBarオブジェクトである。 下記のようなタイプがある。 表 VBAのCommandBarオブジェクトの形式 コントロール名 説明 msoControlButton ボタン msoControlEdit テキストボックス msoControlDropdown ドロップダウンリストボックス msoControlComboBox コンボボックス msoControlPopup ポップアップメニュー VBAでは、メニューバーに指定する形式(Type)を、表のように、いろいろ選択できる。 しかしGASでは、テキストだけの表示になる点が、VBAと異なる。 次回は、フォームのデータをスプレッドシートに追加しメールで知らせる方法 今回はこれで終わりだ。 次回は、最終回。 フォームのデータをスプレッドシートに追加しメールで知らせる方法を紹介する。 薬師寺 国安(やくしじ くにやす) 1950年生まれ。 フリーVBプログラマー。 高級婦人服メーカーの事務職に在職中、趣味でVBやActiveXに取り組み、記事を執筆。 2003年よりフリー。. NETやRIAに関する執筆多数。 Windowsストアアプリも多数公開中(約270本)。 Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。 Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。 Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。 PROJECT KySSは、1997年に薬師寺聖と結成したコラボレーション・ユニット.

次の

【ExcelVBA】ボタンをシートに設置してマクロを実行する方法とは?

スプレッド シート マクロ ボタン

Excel for Microsoft 365 Excel for Microsoft 365 for Mac Excel 2019 Excel 2016 Excel 2019 for Mac Excel 2013 Excel 2010 Excel 2007 Excel 2016 for Mac フォームコントロールボタンまたはコマンドボタン ActiveX コントロール を使って、ユーザーがクリックしたときにアクションを実行するマクロを実行できます。 これらのボタンは、プッシュボタンとも呼ばれます。 これは、ワークシートの印刷の自動化、データのフィルター処理、数値の計算などに使うように設定できます。 一般的に、フォームコントロールのボタンと ActiveX コントロールのコマンドボタンは、外観と機能に似ています。 ただし、次のセクションで説明するように、いくつかの違いがあります。 ボタン フォームコントロール コマンドボタン ActiveX コントロール 以下のセクションでは、Windows または Mac 用の Excel のボタンにマクロを追加する方法について説明します。 マクロと VBA ツールは [ 開発] タブにあります。 このタブは既定で非表示になっています。 最初の手順は、有効にすることです。 詳細については、記事「 」を参照してください。 ボタンを追加する フォームコントロール• [ 開発] タブの [ コントロール] で [ 挿入] をクリックし、[ フォームコントロール] の [ ]をクリックします。 ワークシートで、ボタンを配置するセルをクリックします このセルは、表示されるボタンの左上隅に表示されます。 [ マクロの登録] ポップアップウィンドウが表示されます。 ボタンにマクロを割り当てるには、[ OK] をクリックします。 ボタンのコントロールプロパティを指定するには、ボタンを右クリックし、[ コントロールの書式設定] をクリックします。 コマンドボタンを追加する ActiveX コントロール• [ 開発] タブの [ コントロール] で [ 挿入] をクリックし、[ ActiveX コントロール] の [ ]をクリックします。 コマンドボタンの左上隅を表示するワークシートの場所をクリックします。 [ コントロール] で [ コードの表示] をクリックします。 これにより、Visual Basic エディターが起動します。 右側のドロップダウンリストの [クリック]が選択されていることを確認します。 されると HelloMessage。 コマンドボタンのサブプロシージャで、次のいずれかの操作を行います。 ブック内の既存のマクロの名前を入力します。 マクロを検索するには、[ コード] グループの [ マクロ] をクリックします。 1つのボタンから複数のマクロを実行するには、サブプロシージャ内に別々の行にマクロ名を入力します。 必要に応じて、独自の VBA コードを追加します。 Visual Basic Editor を閉じて、デザインモードがオフになっていることを確認し [ デザインモード] をクリックします。 ボタンの一部となった VBA コードを実行するには、作成した ActiveX コマンドボタンをクリックします。 ActiveX コントロールを編集するために、デザイン モードで作業していることを確認します。 [ 開発] タブの [ コントロール] で [ デザイン モード] をオンにします。 コマンドボタンのコントロールプロパティを指定するには、[ 開発] タブの [ コントロール] で、[ プロパティ] をクリックします。 コマンドボタンを右クリックし、[ プロパティ] をクリックすることもできます。 注: [ プロパティ] をクリックする前に、プロパティを調査または変更するオブジェクトが選択されていることを確認します。 [ プロパティ] ボックスが表示されます。 各プロパティの詳細を確認するには、プロパティを選択し、F1 キーを押して Visual Basic のヘルプのトピックを表示します。 Visual Basic ヘルプの [ 検索] ボックスにプロパティ名を入力することもできます。 次の表は、利用可能なプロパティをまとめたものです。 指定する対象 使用するプロパティ 全般: ブックを開いたときに、コントロールを読み込むかどうか。 ActiveX コントロールでは無視されます。 AutoLoad Excel コントロールがフォーカスを受け取って、ユーザーによって生成されたイベントに応答できるかどうか Enabled フォーム コントロールを編集できるかどうか Locked フォーム コントロールの名前 Name フォーム コントロールとその下に位置するセルとの連結方法 自由に移動できる、移動できるがサイズ変更できない、または移動もサイズ変更も可能 Placement Excel コントロールを印刷できるかどうか PrintObject Excel コントロールが表示されるかどうか Visible フォーム 文字列: フォントの属性 太字、斜体、サイズ、取り消し線、下線、および太さ Bold、Italic、Size、StrikeThrough、Underline、Weight フォーム コントロールの上に表示する、コントロールを識別または説明するための説明テキスト Caption フォーム コントロールの内容を行の最後で自動的に折り返すかどうか WordWrap フォーム サイズと位置: すべての内容が表示されるようにコントロールのサイズが自動的に調整されるかどうか AutoSize フォーム 高さまたは幅 ポイント単位 Height、Width フォーム コントロールからワークシートの左端または上端までの距離 Left、Top フォーム 書式: 背景色 BackColor フォーム 背景のスタイル 透明または不透明 BackStyle フォーム 前景色 ForeColor フォーム コントロールに影を適用するかどうか Shadow Excel イメージ: コントロールに表示するビットマップ Picture フォーム ピクチャとキャプションとの相対的な位置関係 左、上、右など PicturePosition フォーム キーボードとマウス: コントロールのショートカット キー Accelerator フォーム ユーザー設定のマウス アイコン MouseIcon フォーム ユーザーが特定のオブジェクトの上にマウスを置いたときに表示されるポインターの種類 標準、矢印、I ビームなど。 MousePointer フォーム コントロールがクリックされたときにフォーカスを受け取るかどうか TakeFocusOnClick フォーム マクロと VBA ツールは [ 開発] タブにあります。 このタブは既定で非表示になっているため、最初の手順は有効にします。 [ リボンのユーザー設定] カテゴリの [ メイン タブ] の一覧で、[ 開発] チェック ボックスをオンにしてから、[ 保存] をクリックします。 ボタンを追加する フォームコントロール 次の手順に従います。 [ 開発] タブの [ ]をクリックします。 ワークシートで、ボタンを配置するセルをクリックします このセルは、表示されるボタンの左上隅に表示されます。 [ マクロの登録] ポップアップウィンドウが表示されます。 注: 既にボタンを挿入している場合は、それを右クリックして、[ マクロの登録] を選択します。 [ マクロの登録] ダイアログボックスで、[ 新規] を選択します。 これにより、 Visual Basic Editor VBE が次のコードでウィンドウに表示されます。 コマンドボタンのサブプロシージャで、 sub行と End sub行の間で、次のいずれかの操作を行います。 ブック内の既存のマクロの名前を入力します。 Sub プロシージャ内の別々の行にマクロ名を入力すると、1つのボタンから複数のマクロを実行できます。 独自の VBA コードを追加します。 [ デザイン モード] をクリックしてデザインモードがオフになっていることを確認し、Visual Basic エディターウィンドウを閉じます。 ボタンを編集するには、ボタンを右クリックし、[ Visual Basic] を選択します。 ボタンのコントロールプロパティを指定するには、ボタンを右クリックし、[ コントロールの書式設定] を選択します。 補足説明 では、いつでも専門家に質問できます。 では、サポートを受けられます。 また、 では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。 関連項目•

次の