鶏肉 ワイン。 鶏肉の煮込み料理レシピまとめ!和風や洋風で柔らかくジューシーに!

鶏もも肉の白ワインビネガー煮 金子 淑光シェフのレシピ

鶏肉 ワイン

【材料】2人分• 鶏もも肉…300g• なす…3本• ししとう…5本• A砂糖…大さじ2• A味噌…大さじ2• A酒…大さじ2• 水…200cc• 白すりごま…大さじ3 【作り方】• 鶏肉は脂と皮を取り除いて、一口大に切る• なすはヘタとガクを取り除き、縦半分に切って斜めの切り込みを入れたら半分に切る• なすと鶏肉の皮目を下にしてフライパンに並べたら、油を回し入れて加熱する• 焼き色がついたら裏返して、蓋をしたら5分程蒸し焼きにする• 蓋を取り Aの材料と水を加えて、5分程煮込む• 煮込み終えたらししとうを加えて絡め、ごまを振って完成 【材料】3人分• 鶏もも肉…600g• マッシュルーム…60g• オリーブオイル…大さじ2• 塩コショウ…少々• 薄力粉…適量• ドライトマト…適量• バター…10g• ローズマリー…1本• にんにく…1片• 鷹の爪…1本• ホールトマト…200g• 白ワイン…100cc• 白ワインビネガー…大さじ2• チキンブイヨン…100cc• パルミジャーノレッジャーノ…10g• EXVオリーブオイル…大さじ1 【作り方】• ドライトマトはお湯で戻し、細かく刻む• ホールトマトをボウルに出して皮を取り除き、軽く潰しておく• マッシュルームは薄切りにして、ブロッコリーは房で切り分けて洗う• にんにくは芯を取り除いてつぶし、パルミジャーノレッジャーノを細かくする• 鶏肉は余分な脂を取り除き、一口大に切ったら塩コショウを振り薄力粉をまぶす• フライパンにバターを溶かし入れ、マッシュルームをソテーしたら塩を振り取り出す• 余分な脂を拭き取ったフライパンにオリーブオイル、にんにく、唐辛子、ローズマリーを入れて熱する• 先にローズマリーを取り出して、その後にんにくと唐辛子を取り出す• 鶏肉をソテーして火が通ったら余分な油を捨てて、白ワインを加えて炒める• 白ワインビネガー、チキンブイヨン、2、1、8、3を加えて蓋をして10分程煮込む• パルミジャーノレッジャーノとEXVオリーブオイルを加えて混ぜたら器に盛り付ける• 茹でたブロッコリーとパセリを散らせて完成 【材料】2人分• 骨付き鶏もも肉…大2本• 塩…小さじ1• 白胡椒…小さじ1• マッシュルーム…200g• 白ワイン…100ml• 生クリーム…150ml• バター…30g 【作り方】• マッシュルームは薄切りにして、鶏肉は半分に切って塩と胡椒を揉みこむ• フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏肉を両面こんがりするまで焼く• 鶏肉を取り出したフライパンにマッシュルームと薄切りにした玉ねぎを加える• しんなりしたところに鶏肉を戻して、生クリームを加えたら蓋をして煮込む• 鶏肉を器に取り出す• フライパンにバターを加えて煮込み、鶏肉にソースをかけたら完成 【材料】2人分• 鶏もも肉…1枚• 白菜…300g• しめじ…1パック• 塩コショウ…少々• サラダ油…小さじ1• 有塩バター…20g• 薄力粉…大さじ2• A水…100cc• A牛乳…200cc• A胡椒…少々 【作り方】• 鶏肉を一口大に切って、塩コショウを揉みこむ• 白菜は根元を切り落として2cm幅に切り、しめじは石づきを取って小房に分ける• フライパンに油を入れて熱し、鶏肉を入れて焼き目を付ける• しめじを加えたらしんなりするまで炒めで、バターを加えて溶かす• 薄力粉を振り入れたら、粉気がなくなるまで炒める• 白菜と Aの食材を加えて煮立ったら、蓋をして10分程煮る• 煮込み終えたら全体を混ぜて、とろみが出たら完成.

次の

骨つき鶏もも肉の赤ワイン煮

鶏肉 ワイン

「 鶏肉に合うワインは何ですか?肉だから赤ワインですか?」などと聞かれることがあります。 その問いに対しては「 調理法次第」が答えとなります。 鶏肉に限りませんが、どんな食材も、その 調理法によって合うワインはガラリと変わってくるもの。 特に鶏肉はクセのない白身の肉なので、調理法も幅広いさまざまなバリエーションがあり、「鶏肉に合うワイン」を一言で説明することは不可能です。 また一昔前は「肉には赤ワイン、魚には白ワイン」と言われていた時代もありますが、最近では「 ワインは料理の色に合わせる」という考え方が主流になっています。 ざっくり言えば、「料理の色が白っぽければ白ワイン、赤茶~黒のような色だったら赤ワイン」という考え方です。 そこでここでは、日本人にも 馴染み深い鶏肉料理をいくつか考え、それらに 合うワインをざっくり 5つのタイプに分けてご紹介したいと思います。 おすすめリースリング: トリンバック・アルザス・リースリング (辛口リースリングのお手本。 口の中を引き締めるような酸味が心地良い) | シャルドネ(樽熟成) 料理の色合いが 白っぽく、こってりとした感覚の鶏肉料理には「 樽熟成したシャルドネ」が合います。 樽熟成したシャルドネの 酸味はまろやかで、 ヨーグルトや バターのような乳製品の香りがあり、また樽から来る ナッツや バニラのような香ばしさやコクもあります。 「鶏肉のクリーム煮(フリカッセ)」「鶏肉のグラタン」「チーズチキンカツ」「棒棒鶏(バンバンジー)」など クリーム、チーズ、ゴマを使った鶏肉料理と合わせると、食材とワインの コクが相乗効果を生み出すでしょう。 おすすめのボルドー赤: ル・オーメドック・ド・ジスクール(ボルドー・メドック3級ジスクールのセカンド。 素晴らしいコスパ) | ロゼワイン/ロゼスパークリング ここまでご紹介してきた通り、料理の色が「白っぽければ白ワイン」「茶色に近ければ赤ワイン」というのが料理とワインのマリアージュのシンプルな原則です。 しかし、実際の料理では、 白赤どちらとも決めかねる場合もあるでしょう。 例えば「鶏肉のバター醤油焼き」では「バターなので樽熟成のシャルドネ?でも醤油なのでピノノワール?」と迷ってしまいます。 他にも「チキン南蛮」「ねぎと鶏肉のチーズ味噌焼き」「鶏肉の醤油バターソテー」「タンドリーチキン」「鶏のちゃんちゃん焼き風」「鶏もも焼きおろしポン酢」なども白赤どちらかにしようか迷うところです。 迷ったときに白赤どちらを選ぶかは、個人の好みやそのときの気分もあるので、どちらを選んでも構いません。 それでも、もしどうしても迷ったら、白と赤の 中間のロゼを選びましょう。 ロゼワインは料理の さまざまな要素と接点を持ち、どんな料理とも 手堅く寄り添ってくれます。 特に スパークリングのロゼ(中でもシャンパーニュ製法のもの)は懐が深く、最強の オールマイティーワインです。

次の

鶏肉とじゃがいもの白ワイン蒸し

鶏肉 ワイン

寒い季節になると食べたくなるのが煮込み料理。 ワインをたっぷり使ったコックオーヴァン、鶏肉の赤ワイン煮を作ってみました。 ワインで世界的に有名なブルゴーニュ地方発祥の料理なので伝統的に作るならブルゴーニュの赤ワインで作るのがいいでしょう。 Coq au vin コックオーヴァン、ヴァンはワインの事で、コックは繁殖用雄鶏の事。 繁殖の役目を終えた老いた雄鶏をおいしく食べるために作られた料理。 老いた鶏の硬い肉を半日ほど赤ワインに漬け込んでから調理し、仕上げに鶏の血や肝臓のペーストでソースを仕上げる。 ですが現代的には若鶏を使うのが一般的。 それに鶏の血なんて売っていないですからね。 材料 4人分• 鶏もも肉 4本• 玉ねぎ 1個• 人参 1本• ニンニク 1片• マッシュルーム 5個• ベーコン 50g• 赤ワイン 500cc• 薄力粉(とろみ付け用)適量• ダークチョコレート 10g• 塩コショウ 適量 作り方 1. 玉ねぎ角切り、マッシュルーム薄切り、ニンニク薄切り、人参を輪切りにします。 付け合せはじゃが芋のピュレ、いわゆるマッシュポテトがおすすめです。 出来る限りシンプルなレシピに仕上げた赤ワイン煮です。 作ってから一晩寝かせると味にまとまりが出て、よりおいしくなりますよ。 関連記事 シンプルでリッチなじゃが芋のピュレ マッシュポテト - EMOJOIE CUISINE emojoiecuisine.

次の