ヨーチー ブリーダー。 ミックス(MIX、ヨーチー)子犬 女の子 茨城県 11371

ミックス(MIX、ヨーチー)子犬 女の子 茨城県 11371

ヨーチー ブリーダー

ヨークシャーテリアの子犬の平均値段・販売価格はいくらくらい? ブリーダーの値段 ペットショップの値段 60頭の平均価格 27万6,747円 11万9,740円 最も高い子 38万円 21万3. 840円 最も安い子 10万円 5万4,000円 ヨークシャーテリアの平均的な 値段は10~25万円程度になります。 一般的に子犬の販売価格は、人件費などがかかるペットショップの方が高くなる傾向にあります。 ですが、当サイトが調べたタイミングではペットショップの方が安いという結果になりました。 ただ、今回調査したペットショップはネット通販を行っているショップでした。 店舗販売がメインのショップとは違うので、実際に店舗販売している値段とは異なる場合があります。 参考までに、ブリーダーが販売しているヨーキー60頭の平均価格は27万6,747円で、最も高い子が38万円、最も安い子が10万円でした。 ペットショップも同様に60頭の平均価格は11万9,740円で、最も高い子が21万3,840円、最も安い子は5万4,000円でした。 【極小・ティーカップ】ヨーキーの値段相場はいくらくらい? 「極小」や「ティーカップサイズ」と付いたヨーキーは、だいたい 30万円~50万円程度で販売される子が多いです。 ただ、極小サイズやティーカップサイズのヨーキーを探していたところ、 80万円というメスの極小ヨーキーを見つけました。 ご存知の方は飛ばして頂いて結構ですが、「極小ヨークシャーテリア」や「ティーカップヨーキー」・「ポケットヨーキー」といった犬種は存在しません。 血統書を発行する場合は全て「ヨーク・シャーテリア」として発行されます。 もちろん、両親が小さければ生まれた子が成犬になっても小さいままのケースが多いです。 ただ、「成犬になっても小さいまま」という保証はありません。 また 、まともなブリーダーはこのような極端に小さい子を作出しません。 極端に小さな子は病弱で、病院に通わなければまともに生きられない子が多くなる為です。 小さいことをさも「珍しい」・「可愛い」といったように販売するブリーダーは、金儲けしか考えていない繁殖屋が多いです。 「小さい子がカワイイ」という考えを否定するつもりはありませんが、「小ささ」と「病弱さ」は比例するということを忘れないでください。 よって、「白色」や「チョコ」カラーのヨーキーはミスカラーとなります。 ただ、国内ではJKCで認められている「ダーク・スチール・ブルー」のみになります。 当サイトで調べたタイミングでは「チョコ」と「白」といったカラーの子は見つかりませんでした。 ただ、退色によって銀色になることはありますが、真っ白になることはあまり聞きません。 白いヨーキーを街中で見かけた人は、似た犬種 ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア と見間違えた可能性もあります。 ヨークシャーテリアは、成長と共に毛色が何度も変化する犬種として有名です。 たとえ、子犬の時にレアカラーと呼ばれる珍しい色でも、その色のまま大きくなるとは限らないので、「レアカラー」という言葉に踊らされて、高い金額を払わないように注意しましょう。 「ミックス犬」や「ハーフ犬」は病気に強く、長生きするという紹介をされることがあります。 ですが、これは両親が健康であることが前提です。 また、子犬の時は両親の特徴をもっていますが、成長するにつれて容姿が変わります。 これはどちらの血が強く出るか分からない為です。 また、酷い子は両親とは全く違う特徴が現れたりもします。 まともなブリーダーは「ミックス犬」や「ハーフ犬」を作出しません。 ほとんどがお金目当ての繁殖屋なので、狭い敷地に様々な犬種を放し飼いにして、管理が不十分なので、両親が分からない為です。 ショップもブリーダーも販売するにあたり血統書が不要なので、どのように成長しようが関係ないんです。 本当に純血同士から生まれた「ハーフ犬」もいますが、やはりどちらに似るかは分かりませんし、「両親が犬種特融の遺伝疾患などをもっていなかったか」というのは確認したいところです。 ヨークシャーテリアの値段の差って何が違うの? ここからはヨークシャーテリアの値段の差についてまとめました。 特別ヨーキーに限った話ではありませんが、値段の差は次のような理由から生まれます。 購入先による値段の差 良いブリーダーはショーに出場する為に交配し、ショーの基準をクリアした子を育ててショーに出します。 基準から外れてしまった子をペットショップに卸したり、連絡をした飼い主希望者に販売します。 その為、ブリーダーが自分の元に残す子を「ショータイプ」、販売する子を「ペットタイプ」と言い、「ペットタイプ」の方が安いです。 「ショータイプ」は譲り受けるブリーダーにもよりますが、50万円は見ておく必要があります。 ペットショップは悪質な繁殖屋などが出荷した子を、競りを通して購入します。 店員などの人件費がかかるので、一般的には ブリーダーから迎えるよりもペットショップの方が高くなる傾向があります。 血統による値段の差 父親がショーのチャンピオン犬だったり、両親がチャンピオン犬の場合、値段が上がります。 当然、両親がチャンピオン犬の方が値段が高くなります。 ですが、チャンピオン犬同士の子でも病気などがあると安く売られます。 両親がチャンピオン犬でありながら子犬の販売価格が安い場合、購入先に理由を確認しましょう。 販売側もトラブルを避けたいので、普通は理由を説明してくれます。 性別による値段の差 ブリーダーは子犬を埋めるメスを自分の元に残したがります。 また、ヨークシャーテリアのような超小型犬は小さいほど高く売れる為、オスと比べて小さくなり易いメスの方が高くなる傾向にあります。 「チョコ」や「白」はミスカラーですが、ペットショップではレアカラーとして高く販売されるケースが目立ちます。 「白」などは色素が薄いアルビノの可能性もあります。 先天的に内蔵が弱かったりすることがあります。 ヨーキーに良くみられる退色は銀色っぽくなりますが、この場合は真っ白で黒目の部分が赤かったりします。 容姿による値段の差 ヨーキーに限らず、どの犬種でも言えますが可愛く見える子は高く売られます。 例えば毛量が少ない子は、貧相で病的にも見えてしまうので安くなります。 ヨーキーの毛は本来ストレートですが、毛がウェーブしていても可愛く見えれば高くなります。 得に最近は「ウェーブ」の子が「珍しい=他とは違う」という理由で需要が高い傾向にあります。 値段も高くなりがちですが、正しい犬種を後世に伝えるという意味でも、素人の交配は止めて下さい。

次の

トイプードル・ティーカッププードル ブリーダー直送センター

ヨーチー ブリーダー

チワワミックス犬でオススメな種類 オススメしたい種類のチワワ ミックス犬はこれ! 日本ではすっかりお馴染みとなりました、人気の愛玩犬チワワ。 その人気の秘密は、平均2. 2kgといった小ぶりサイズに、大きな目、初めて犬を飼う方にも扱いやすい犬といったところでしょう。 ところが、チワワも抜け毛の多さや神経質で臆病な面、関節の弱さなどをいった不安な面も持っております。 そういったチワワのデメリットを他の犬種とミックスすることによって、上手く軽減したり、また良さを引き伸ばしたりと、どのミックス犬も魅力満載です。 サイズも小さい種類なら3kg未満、大きい種類なら5kg、6kgと個性溢れる種類がいるのもチワックスの魅力でしょう。 当店にで現在ご紹介している中で人気のあるチワワミックス犬や過去ご紹介していた中でのミックス犬も含めて、チワワミックス犬の魅力をご紹介しておりますので、これからミックス犬を飼いたいという方は、ぜひ一度様々な種類の犬達をチェックして下さい。 その中で自分に合ったミックス犬がいれば、当店の子犬販売情報がありますので、そちらも併せてチェックして下さい。 チワワミックス犬でおススメな種類 メニュー チワワミックス犬の魅力は? ・大きなクリクリ目の顔立ちが受け継がれます チワワミックス犬の魅力はなんといっても、クリクリ目とやや短めな鼻、大きな目と鼻を上手くバランスしてくれる頭の形が受け継がれる事だと思います。 たとえば、ミニチュアダックフンドは、鼻が長く、全体的にシャープな顔立ちをしておりますが、チワワとのミックスで生まれたチワックスは、チワワのように目が大きく、鼻が短くなった状態で生まれてきます。 またトイプードルの目はアーモンドのような形をしており、やや小さめになっておりますが、 チワワとミックスする事で、クリクリで大きな目をしたチワワらしさを受け継いだチワプーが生まれてきます。 ・小ぶりなサイズで、短足、バランス良く詰まった胴体が受け継がれます 更にもう1つの魅力は、サイズが小さく、短足で胴が詰まっておりますので、ヘルニア気質を持ったミニチュアダックスフンドや足が長めでいつもぴょんぴょん跳ねて関節に負担がかかるトイプードルには丁度良いバランスになっていきます。 ・抜け毛の少ない長毛犬種との相性が良い! マルチーズやヨークシャーテリア、トイプードルなど、抜け毛は少ないものの伸びっぱなしの犬は結構な頻度でのトリミングが必要となりますが、被毛の長さが一定で止まるチワワをミックスする事で、純潔種と比べても、トリミングの頻度が少なくなります。 もちろん、トイプードルとのミックスしたチワプーは、トイプードル程ではありませんが、被毛がウェーブしておりますので、トリミングでカットを楽しむ事も可能です。 当然チワワの血を受け継いでいるチワワミックス達も多頭で飼育された環境でも対応できる犬です。 ただし、幾ら多頭飼育に向いているからといって、新しく後輩犬として迎えたり、新たに後輩犬を迎えた際にいきなり一緒の環境に入れてしまうような事は避けて下さい。 はじめは必ずサークル内で新しく迎えた子犬を飼育し、徐々に慣らす事が大切です。 オススメのチワワミックス犬の種類 Puppy'sRingにて現在も販売しているオススメのチワワミックス犬の種類になります。 各ミックス犬の簡単な特徴や、販売ページへ移動もできますので、気に入った種類のミックス犬がおりましたら、ぜひ各子犬販売ページをチェックして下さい。 オススメのチワワミックス犬の種類 メニュー チワックス チワワとミニチュアダックスフンドのミックス犬) 恐らくチワワとミックスした犬で最も知名度の高いミックス犬。 胴が長くヘルニアになりやすい犬種であるミニチュアダックスのデメリットをチワワとミックスする事でそのデメリットを軽減してくれるのが魅力です。 サイズは3kg~4kgと片手で簡単に制御する事が可能なサイズです。 またお顔もクリクリ目で大きく、鼻もミニチュアダックスフンドより短いのが特徴的 カラーは定番のブラックタン、レッドから、チョコタン、ダップルとミニチュアダックスフンドで人気のカラーもおります。 またクリームカラーの子もおります。 チワックスの子犬販売情報あります! Puppy'sRingブリーダーのチワックスの子犬販売情報あります。 詳細については、下部分の子犬販売情報ページにてチェックしてください。 チワプー チワワとトイプードルのミックス犬) チワックスと同じく知名度の高いチワワミックス犬です。 チワワは抜け毛が多く、シャイな性格をしている子が結構いますので、そのデメリットを軽減してくれる社交的で抜け毛の少ないトイプードルとのミックスは、相性が良く、トイプードルより丸みのあって、目が大きいのが特徴的です。 サイズは2. 5kg~4kgと片手で簡単に制御できる大きさです。 またトイプードル程ではありませんが、トリミングによるカットを楽しめるのが魅力的。 抜け毛の気になる方や初めて犬を飼う方にはオススメのミックス犬です。 チワプーの子犬販売情報あります! Puppy'sRingブリーダーのチワプーの子犬販売情報あります。 詳細については、下部分の子犬販売情報ページにてチェックしてください。 チワマル チワワとマルチーズのミックス犬) チワプーと同じく、抜け毛の多いチワワのデメリットを軽減してくれるミックス犬チワマルです。 またシルバー世代の方に圧倒的な人気があるマルチーズは、同じくシルバー世代からの支持が高いシーズーと同じく、成犬になるとシャカシャカと落ち着きのない性格が少なくなりますので、そういったどっしりとした性格をお好みの方にはチワマルもオススメです。 サイズは3kg程度の子が多く、片手で簡単に制御可能なサイズです。 カラーは、マルチーズがホワイト一色のため、マルチーズの影響というよりも、チワワのカラーの影響を受けやすいです。 クリームの一色もおりますが、2色のパーティカラーの子が多いです。 被毛はマルチーズの影響を受けますので、ややウェーブがかったロングで、マルチーズ程ではありませんが、トリミングでのカットが必要になります。 チワマルの子犬販売情報あります! Puppy'sRingブリーダーのチワマルの子犬販売情報あります。 詳細については、下部分の子犬販売情報ページにてチェックしてください。 ヨーチー チワワとヨークシャーテリアのミックス犬) チワマルと同じく、チワワの抜け毛問題を緩和してくれるミックス犬ヨーチーです。 ヨークシャーテリアとチワワとのミックスはトイプードル同様に相性が良く、サイズも小ぶりで、鼻も詰まった大きい目のお顔になります。 サイズは2. 5~3kg程度と片手で十分制御可能なサイズです。 抜け毛は少なくなりますが、チワワよりも被毛の長さが増えますため、ヨークシャーテリア程ではありませんが、トリミングでのカットが必要になります。 カラーは、ヨークシャーテリアの影響でブラックタン系やフォーン系のカラーが多いです。 ただしこれもヨークシャーテリアの影響のためか、子犬の頃はブラックタンであっても、成長するにつれブラックカラーの毛が抜けていき、カラーが変化していく可能性があります。 これはヨークシャーテリアをミックスした種類の犬は大体同じような現象になります。 ヨーチーの子犬販売情報あります! Puppy'sRingブリーダーのヨーチーの子犬販売情報あります。 詳細については、下部分の子犬販売情報ページにてチェックしてください。 チワポメ チワワとポメラニアンのミックス犬) ポメラニアンといえば、そのフワフワな被毛が人気のひとつですが、実際飼うとなると、抜け毛が非常に多く、管理もなかなか大変な犬です。 トリミングでもポメラニアンの毛はドライヤーの風とも相まって、部屋中に舞い散りますので、すぐに分かる程です。 そのボリュームある被毛をチワワとミックスする事によって、ボリュームが少ないミックス犬になります。 お顔自体は他のチワワミックスとは異なり、元々の純潔種とそれ程変化がないのも特徴的です。 言うなれば、被毛のボリュームが少ないポメラニアンのようです。 ただ犬の性格となると、チワワとポメラニアンとは結構違って、チワワはどちらかというと自分が認めた犬や人以外はあまり好きではありませんが、ポメラニアンは社交性が高く、他の人や犬とも打ち解けやすいです。 出来れば直接見た方が良いです。 そういった性格がミックスする事により、神経質で他の犬や人に警戒心の強いチワワとは異なった社交的で好奇心の強いチワポメになります。 サイズはポメラニアンのサイズに影響を受けますので、小さい子ですと2. 5から3kg、大きい子ですと4kg程度の子もおります。 どの子も片手で十分制御できるサイズです。 カラーは様々なカラーがありますが、多いのはフォーン系、クリーム系、パーティ系です。 チワポメの子犬販売情報あります! Puppy'sRingブリーダーのチワポメの子犬販売情報あります。 詳細については、下部分の子犬販売情報ページにてチェックしてください。 他にもこんな種類が!チワワミックスの子犬達 過去Puppy'sRingにて紹介しましたチワワミックス犬の種類です。 現在は残念ながらご紹介しておりませんが、当店提携店舗にて販売する可能性もございますので、もしお探しの方がいらっしゃいましたら確認しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。 【お問い合わせ】 メール: 他にもこんな種類が!チワワミックスの子犬達 メニュー キャバチワ(チワワとキャバリアのミックス犬) 右側の子がキャバチワです。 成犬のチワワとの違いがわかりますでしょうか? サイズ2. 3kg程度のチワワと6kg、7kg近くもあるキャバリアから生まれたミックス犬キャバチワです。 お顔やボディの形状は、どちらかというとキャバリアの影響が強く、ぱっと見はキャバリアに近いです。 ただ、兄弟によってはチワワの影響も強くでる子もおりますので、全部がキャバリアに近いというわけではありません。 性格はキャバリアの影響が強く出やすく、非常に甘ったれな子が多いです。 また攻撃的な面も少なく、社交的で犬に対して仲良くなるのが得意な印象です。 そのため、多頭飼育の後輩犬としてはオススメの子です。 抜け毛はチワワ、キャバリアのどちらも多いので、抜け毛が気になる方にはオススメできません。 トリミングで定期的なカットは特に必要ありませんが、足やお尻、耳の飾り毛などは、カットしてあげましょう。 サイズは4kg~5kgで片手で制御可能ですが、ずっと抱っこするは少し重いです。 非常に大食漢なので、食べすぎには十分注意が必要です。 カラーは、キャバリアの影響のためか、レッド系、パーティカラーが多いです。 ペキチー(チワワとペキニーズのミックス) 鼻が詰まったペチャ顔で真っ白な被毛が魅力的なペキニーズとチワワとのミックス犬ペキチーです。 鼻が詰まった犬とチワワとのミックス犬ですので、どちらかに似てくるかにより非常に顔立ちが変わってきますが、うまくバランスとれた子はとても可愛らしいです。 またペキニーズはかみ合わせが悪く、鼻も詰まっているので呼吸が下手な子が多いですが、チワワとミックスする事により、かみ合わせが良くなったり、鼻が幾分が長くなりますので、夏場の厳しい環境にも、純潔種より耐えられるようになります。 サイズはペキニーズのサイズに影響を受けてしまいますので、4kg~6kg程度になります。 性格はシーズーっぽいマイペースな子が多く、飼い主にはよく懐きます。 ただ食に対する執着心が強いので、子犬の頃から食べている途中で餌をとったり、体を触ったりして、触れない子にならないような躾が大切です。 また良く食べる犬ですので、太りやすいです。 食べる量は上手く管理してあげて下さい。 カラーは、ホワイト系やフォーン系の子が多いです。 Puppy'sRingで販売中のミックス犬子犬情報 他にもたくさんの種類のミックス犬子犬情報あります! ミックス犬の子犬情報は下段のページでチェックして下さい。

次の

ヨークシャーテリアの販売価格と値段の差は?失敗しない子犬の選び方

ヨーチー ブリーダー

ヨーチー ヨークシャーテリアとチワワのミックス犬 子犬販売情報 小型犬で人気の定番ともいうべきヨークシャーテリアとチワワから生まれたミックス犬ヨーチーの子犬販売情報です。 (一方ではチワヨーキーとも呼ばれております。 ) 年の出産回数はすくないですが、お引き渡ししました子犬は皆お顔グッドで非常に可愛らしいヨーチーに仕上がっておりますので、ヨークシャーテリアのミックス犬や抜け毛が少なく、小型サイズの犬をお探しの方にはオススメです。 ヨーチーってどんな犬? 抜け毛のないヨークシャーテリアと小ぶりサイズで、他の犬種とのミックスをしてもバランスの良い犬を輩出できるチワワから生まれた小型犬です。 被毛の状態はヨークシャーテリアのようにロングコートで口周りはテリア犬によくある特徴の被毛になります。 ただヨークシャーテリアとは異なり、チワワの血が入っている分、被毛の長さもある程度のラインで止まりヨークシャーテリア程トリミングが必要な犬にはならないのが特徴です。 目の大きさやお顔の特徴がチワワに似ている子が多く、被毛の状態ともバランスがとれております。 画像を見て頂けたらお分かり頂けると思いますが、目も大きめでクリクリ、マズルも詰まっており、ヨーキーとチワワの良いところを受け継いでおります。 【両親情報】 父親 ヨークシャーテリア サイズ2. 2kg 母親 チワワ・ロング サイズ 2.

次の